Search

検索したいワードを入力してください

2018年11月09日

カレーに合うトッピング23選!変わったトッピング3選

カレーが大好きな方に必見です。カレーに少しトッピングをするだけでより一層おいしいカレーが食べられます。レシピと一緒にカレーに合うトッピング23選をご紹介しますのでぜひともご参考にしてください。変わったトッピングもご紹介しますのでアレンジしてみてください。

カレーに合うトッピング23選!変わったトッピング3選

カレーが人気の理由

カレーに合うトッピング23選!変わったトッピング3選

カレーは日本人の食卓に欠かせないメニューの1つです。大人から子供までに愛されるカレーはアレンジが豊富なことが人気の理由の1つです。例えばカレーライスやカレーうどんなど毎日でも飽きないです。

また、たくさん一気に作るにも最適で長期保存もできます。そして、カレーにトッピングもすればとても豪華で食べ応えも抜群なメニューになります。辛さや味付けもバラエティーが豊富なカレーは誰もが大好きなお料理です。

カレーに合うトッピング23選

カレーに合うトッピング23選!変わったトッピング3選

カレーはそのまま食べてももちろんおいしいですが、トッピングをすることで、レストランでも提供されてもおかしくないほどおいしくい食べることができます。

カレーのトッピングとしてとても人気があるレシピをご紹介しますのでぜひともご参考にしてください。自宅でも簡単に作れるレシピばかりなのでぜひともチャレンジしてみてください。お料理が初心者の方でもレシピにそって作れば失敗することなく作ることができます。

トッピング1:ハンバーグ

カレーのトッピングとしてとても人気がある「ハンバーグ」です。ハンバーグはカレーライスに添えるだけでとても豪華なメニューにかわります。お子様にも大人気のレシピなので完食間違いなしです。

レンコン入りのハンバーグは食感もよくてやみつきになります。豚と牛の合いびき肉を使用することで牛の濃厚さと豚のジューシーさがたまらなくおいしいです。ハンバーグにスプーンを入れたときの肉汁が半端ないです。

材料
牛豚ひき肉 250グラム
レンコン 200グラム
☆塩こうじ 大さじ2
☆塩コショウ 少々
●ケチャップ 大さじ4
●中濃ソース 大さじ2
●酒 大さじ1
サラダ油 小さじ1

作り方
.レンコンはラップを軽く包み
電子レンジ600W1分加熱する。
粗熱が取れたら、皮のまま1/3量を粗みじん切りに、残りはすりおろす。
2.ボウルに①とひき肉と☆印を加え
粘りけが出るまでしっかりこねる。
3.②を4等分にし、俵型に成形し
中央をくぼませる。
4.フライパンにサラダ油を中火に熱し、③を並べる。
両面焼き色がついたら、フタをして
3分蒸し焼きにする。
火が通ったら、お皿に盛り付ける。
5.ハンバーグを押して、透明の汁が出てきたら火が通ってます。
汁がピンク色の場合は、もう少し焼いて下さい。(怖い方は爪楊枝を刺して確認してください)
6.フライパンはそのままにし
火を弱め、●印を加え
軽く煮たったら火を止めて
ハンバーグにかける。

出典: http://www.recipe-blog.jp/profile/276501/recipe/1306665 |

トッピング2:とんかつ

カレーと豚カツとカロリーが気になる方にもおすすめの「ノンフライとんかつ」です。カレーのトッピングとしては定番の豚カツですが油を使って揚げることなく作ることができます。

基本的な下ごしらえは通常の豚カツと同じですが、揚げるのではなくオーブンで焼き上げることで火を通します。揚げたて熱々のおいしい豚カツと同じように出来上がります。しかし、揚げない分だけカロリーオフでヘルシーです。

材料
豚ロース肉 2枚
塩 適量
ブラックペッパー 適量
サラダ油 大さじ1
薄力粉 適量
卵 1~2個
パン粉 適量

作り方
1.豚ロース肉は余分な脂をとってめん棒で軽くたたき、塩、ブラックペッパーで下味をつける。
2.1を薄力粉→溶いた卵→パン粉の順に衣をつける。
3.オーブンシートを敷いた天板に2をのせ、サラダ油をまわしかけ、220℃のオーブンで20~25分焼く。

出典: http://www.recipe-blog.jp/profile/201871/recipe/1220901 |

トッピング3:ほうれん草

カレーにおすすめのトッピングする野菜といえばほうれん草です。「油少なめのヘルシーほうれん草カレー」はほうれん草があっさりとした味わいで思わずおかわりしてしまうほどのおいしさです。

野菜が苦手なお子様もカレーに入れ込むことでおいしく食べてくれるとお母さんも大絶賛です。ほうれん草は茹でるとかさが減るのでたくさん入れても問題ありません。

材料
ほうれん草 150g
鶏もも肉 1枚
玉ねぎ 中2個
ニンジン 3センチ
ニンニク ひとかけ
ショウガ 3センチ角
無糖ヨーグルト 100g
オリーブ油 大さじ1
水 400cc
■合わせ調味料 ■
ハチミツ 大さじ1
砂糖 小さじ2
塩麹 大さじ1
味噌 大さじ1
醤油 大さじ1
■スパイス ■
カレー粉 大さじ1.5
コリアンダー 小さじ1/2
パプリカ 小さじ1/2
ターメリック 小さじ1/2
ガラムマサラ 少々
クミン 少々
シナモン 少々
唐辛子 少々

作り方
1.玉ねぎ、ニンジン、ニンニク、ショウガをみじん切りにしてオリーブ油でしんなりするまで炒めます
2.ほうれん草は熱湯で30秒茹でてから水を切ってぶつ切りにします
3.鶏もも肉をぶつ切りにしてフライパンで焼き目が付くまで炒めます
4.1と2に水200ccを加えてミキサーにかけます、中身を鍋に移して水200ccとヨーグルトを加えます
5.3の鍋に合わせ調味料とスパイスと鶏もも肉を入れて煮込みます
6.弱い中火〜弱火で30分ほど煮込んで塩で味を整えて出来上がりです

出典: http://www.recipe-blog.jp/profile/32561/recipe/1044579 |

トッピング4:じゃがいもコロッケ

じゃがいものコロッケはカレーにとてもあうトッピングです。カレーのトッピングとしてはとてもオーソドックスなメニューです。コロッケをそのまま食べてもおいしいですが、カレーと絡ませることで一段階、おいしくなりとても贅沢なカレーになります。

コロッケは外はさくさく、中はほっこりとした食感にするためにも揚げ方とじゃがいもの潰し方がポイントです。お好みのコロッケになるように調節してみてください。

材料
じゃがいも 6個くらい
A.バター 10gくらい
A.塩 適量
A.粗挽き黒胡椒 好きなだけ
A.鶏ガラスープの素 適量
A.牛乳 50mlくらい
溶き卵 適量
小麦粉 適量
パン粉 適量
サラダ油 適量

作り方
じゃがいもは皮を良く洗い半分に軽く切れ目を入れて、ラップの上にキッチンペーパーを引いた上に乗せ包んで火が通るまでチン。
2.やわらかくなったじゃがいもの皮を冷水につけながら剥いて、Aとボウルに入れマッシュする。
3.好きな形にして、小麦粉→溶き卵→パン粉の順につけていく。
4.180℃の油で衣がきつね色になるまで揚げたら完成。

出典: http://www.recipe-blog.jp/profile/284557/recipe/1313936 |

トッピング5:パプリカ

パプリカをカレーにトッピングすると色鮮やかな見た目も美しいカレーが出来あがります。パプリカと相性がよいズッキーニも入れて野菜が盛りだくさんのカレーは栄養も満点で育ち盛りのお子様がいる家庭にもおすすめです。

カレーの味付けにはルーだけでなくウスターソースを加えるとコクのあるマイルドなカレーが出来ます。市販の調味料をあわせてオリジナルの味を作れます。

材料
ひき肉 250g
ズッキーニ 1本
茄子 1本
パプリカ 1/4ずつ
玉ねぎ 1/2
カレールー 二個
お水 200cc
ニンニクチューブ 適量
しょかうがチーム 適量
ケチャップ 大さじ2
ウスターソース 大さじ1
インスタントコーヒーまたはチョコレート 20g

作り方
フライパンでひき肉を炒める、色が変わったら玉ねぎをいためる。ニンニクチューブ、生姜チューブ入れます
2.ズッキーニとパプリカ・茄子を細かく切って、全て入れる!茄子がしなしなになるまでよく炒める
3.お水をいれ、沸騰させ、カレールーを二個いれ、溶かし混ぜる
4.ケチャップ、ウスターソースを入れます。隠し味にコーヒーを小さじ2いれます。チョコレートもokです
5.よく混ぜたら出来上がりです( ´ ▽ ` )ノ

出典: http://www.recipe-blog.jp/profile/195608/recipe/1079364 |

トッピング6:かにクリームコロッケ

カレーにとてもあう人気のトッピングといえば「かにクリームコロッケ」です。かにクリームコロッケはレストランでもトッピングされているほど、一般的にウケがよい一品です。

かにクリームコロッケはじゃがいものコロッケと違ってじゃがいもを茹でてつぶす手間がないため時間もかからずとても簡単です。かには缶詰を使えばコストもかけずにおいしいかにクリームコロッケの完成です。

材料
・本ずわいがに缶・・・・・・・1缶(135g)
・ホワイトソース・・・・・・・・・適量
・玉ねぎ・・・・・・・・・・・・・・・1個
・白ワイン・・・・・・・・・・・・・・大さじ1
・EVオリーブオイル・・・・・・・小さじ1
・ギャバンホワイトペパー・・少々

・小麦粉
・たまご
・パン粉(オーブンの場合はこんがりパン粉)

作り方
1、お鍋にオイルと玉ねぎを入れ、弱火でしんなりするまで炒める。
2、白ワインを加え、アルコールを飛ばしたらカニを汁ごと加え、全体に混ざったらホワイトソースを加える。
3、ぼたぼたっとたれるくらいまで煮詰めたら、ホワイトペパーを加え容器に入れて粗熱を取り、冷蔵庫で冷やす。
4、等分し、たまご、小麦粉、パン粉の順で衣をつけ170度の油で揚げるか、オーブンの網に乗せて焼く。

出典: http://www.recipe-blog.jp/spice/recipe/926 |

トッピング7:アボカド

女性にも大人気のアボカドをトッピングにしたカレーです。アボカドは熟した食べ時のものを選ぶことがポイントです。固めのアボカドしかないときはカレーのルーと一緒に煮込めばほどよい感じにアボカドが柔らかくなります。

アボカドと相性がよいチーズをまぶしてチーズが溶けたら完成です。癖になるおいしさなのでリピートすること間違いなしです。

材料
ご飯 1人前
カレー 1人前
シュレッドチーズ 適量
アボカド 1/4個
温泉卵 1個
フライドガーリック 1片分
黒コショウ 少々

作り方
カレー・温泉卵・フライドガーリックを作る。
2.ご飯にカレーをかける。
3.シュレッドチーズをのせてレンジアップしてチーズを溶かす。
4.マッシュしたアボカド➡温泉卵をのせる。
5.黒コショウをする。

出典: http://www.recipe-blog.jp/profile/224611/recipe/1264831 |

トッピング8:豆

食物繊維とイソフラボンがたっぷり含まれる豆をトッピングしたカレーです。豆の種類はどれを使ってもカレーにうまく絡まりとてもおいしいです。

スタミナ満点なので夏バテの季節にも大人気のレシピです。ドライカレーはお弁当にも入れやすいので作りすぎても食べきることができます。また、一品としてもお酒のおつまみやサイドメニューとしても最適です。

材料
鶏ひき肉(豚ひき肉でも可) 140~150g
インゲン豆(市販の煮てあるものでなんでも可 1カップ位 
玉ねぎ 1/2 みじん切り
ピーマン 1個 0.5mm位角に切る
人参 2cm位 みじん切り
にんにく 1個 みじん切り
生姜  1かけ みじん切り
カレー粉 大さじ1

作り方
1.フライパンにニンニク 生姜を入れ香りが出るまで炒めたら玉ねぎを入れ良く炒める。鶏ひき肉 人参、ピーマンを入れ火が通るまでじっくり炒める。
2.豆を入れ炒め合わせたらカレー粉を入れて更に炒める。
3.a)をいれ10分ほど焦がさないようにかき混ぜながら炒める。

a)塩 少々
ウスターソース 大さじ1
ケチャップ 小さじ2
コショウ 少々
※ナツメグ 粉末 少々
※クミン 粉末 少々
ローリエ 1枚
粉末コンソメ
※なくても可

出典: http://www.recipe-blog.jp/profile/285629/recipe/1306350 |

トッピング9:チーズ

チーズカレーは最後にトッピングするだけととても簡単なので自宅でも楽しまれています。チーズを加えることでドリア風のカレーになります。盛り付け時にご飯の上にカレーをかけてチーズをのせてから少しオーブンでチーズに焦げ目をつけても香ばしくなりとてもおいしいです。

チーズのおかげでカレーにコクがでてご飯がすすみます。

材料
ご飯 1人前
カレー 1人前
シュレッドチーズ 適量

作り方
カレーを作る。
2.ご飯にカレーをかける。
3.シュレッドチーズをのせてレンジアップしてチーズを溶かす。

出典: http://www.recipe-blog.jp/profile/224611/recipe/1264832 |

トッピング10:牛筋

おでんの具材でも大人気でもある牛筋をトッピングした「トマトたっぷり牛筋カレー」です。トマトたっぷり牛筋カレー牛筋は煮込めば煮込むほど味が染みておいしくなるので、カレーを作ってから数日寝かせることでさらにうまみが増します。

洋食屋さんも驚く程の仕上がりでとてもおいしいです。トマトはリコピンがたくさん含まれており、疲れ防止にもよいとされています。疲労回復にも抜群です。

材料
(2人分)
牛筋肉 100g
玉葱 大1/2こ (くし型スライス)
蓮根 1/2節 (乱きりをして灰汁抜きをしておく)
野菜のブロード 400cc 
A.トマトホール缶 1/3
A.赤酢 大匙1
B.ガラムマサラ 小匙1
B. コリアンダー 小匙1/2
B.クミンパウダー 小匙1/2
B.ジンジャーパウダー 小匙1
B.あらびきガーリック 小匙1
B.ターメリックパウダー 小匙1
B.あらびきレッドパウダー 小匙1/2
B. しお 小匙1
B.カレーミックスパウダー 大匙1
B.ナッツメグ 少々
B.パプリカパウダー 小匙1
クローブ 2本
ローリエ 1枚
野菜のブロード 200cc (後で足す分)
蜂蜜 大匙1
りんご 1/4切れ(すりおろす)
サラダオイル 適量

作り方
1. 牛筋肉を下茹でして、食べやすいサイズに切る
2. フライパンサラダオイルを温めて玉葱を炒めたところにBを加えて炒めます
3. 2にAと1と野菜のブロード・ローリエ・クローブを加えて煮込みます
4. 3にりんごのすりおろし・蜂蜜・下茹でした蓮根を加えて10分程煮込みます
5. 皿に盛り付けて出来上がり

出典: http://www.recipe-blog.jp/spice/recipe/83264 |

トッピング11:ナン

カレーライスに馴染みが強い日本ですが、最近ではカレーの本場であるインドのナンを用いた食べ方も浸透してきています。カレーをナンで食べることはレストランがほとんどですが、自宅でも簡単にナンを作りカレーにトッピングすることができます。

ハイテクノロジーを用いた主婦の強い味方であるホームベーカリーが大活躍です。クッキングが初心者の方でもボタン1つで焼き上げることができとても楽ちんです。

材料
強力粉 250g
薄力粉 50g
ヨーグルト 大さじ2杯
はちみつ 10g
塩 小さじ1/2
ぬるま湯 180ml
サラダ油orオリーブオイル 20g
ドライイースト 5g

作り方
1材料をホームベーカリーにセットして生地コースで一次発酵。
2.出来上がった生地を6~8等分にして丸め10分ベンチタイム。
3.丸めた生地を円錐型にして、三角形になるように軽く引っ張りながら大きく伸ばします。
4.油を引かずにテフロン加工のフライパンで両面焼く。

出典: http://www.recipe-blog.jp/profile/201895/recipe/1033786 |

トッピング12:うどん

カレーとておも相性がよいトッピングといえば「うどん」です。日本のうどんをタイ料理とコラボレーションさせた「タイ風カレーうどん」はあっさりしていて絶品です。冷凍うどんを使うことで時間も短縮できるので調理時間はわずか10分です。慣れてくると5分ほどで作ることができます。

コストパフォーマンスも最高でお財布にも優しいレシピです。遅めのディナーでも胃もたれがしないと絶賛です。

材料
冷凍うどん 1玉
★水 200ml
★八方だし 適量
タイ風シーフードカレー(検索してね) 適量
万能ネギ 適量
フライドオニオン 適量

作り方
1.✿ミツカン様の八方だし✿を使ったうどんにタイ風シーフードカレーをかけました。
2.鍋に★・冷凍うどんを入れて火にかける。
※だしの濃さはお好みで。
3.器に盛り付け温めたカレーをかけて万能ネギ・フライドオニオンを飾る。

出典: http://www.recipe-blog.jp/profile/224611/recipe/1278682 |

トッピング13:トマト

トマトをたっぷりと入れて煮込んだおいしい「茄子と手羽元のトマトカレー」です。トマトの酸味が後味がとてもよくて食べやすいです。茄子ともとても良くあいますのでとてもおいしく食べられます。

具材の食感を残すためにも野菜は大きめに切りましょう。トマトは特に煮込むと溶けてしまいがちなので大きくカットすることがポイントです。少し形が残るぐらいで完成です。

材料
手羽元 3〜6本
茄子 2本
玉ねぎ 1/2個
生姜(チューブ) 3CM くらい
ニンニク(チューブ) 3CM くらい
オリーブオイル(バター) 10g
◎カルダモン 小さじ1
◎クミン 小さじ1
◎コリアンダー 小さじ1
◎オールスパイス 小さじ1
★トマト 3個
★カレー粉 大さじ2
★ローリエ 1枚
★水 300ml
牛乳 100ml
塩・黒コショウ 少々

作り方
1.手羽元は骨に沿って切り込みを入れる。
2.トマトを皿の上でザク切りにする。
※汁も使いますよ。
3.シメジは石づきを取って小房に分け、茄子は乱切り、玉ねぎはスライスする。
4.鍋にオリーブオイルを熱しニンニク・生姜を炒める。
5.◎を加えて泡がたつまで炒める。
6.玉ねぎを加えてしんなりとするまで炒める。
7.手羽元・シメジ・茄子を加えてザックリと炒める。
8.★を加えてコトコト煮込む。
※トマトの皮を取り除く。
9.手羽元に火が通ったら牛乳を入れて塩・黒コショウで味を調える。
10.お皿にご飯とカレーを盛り付けご飯にパセリを散らす。

出典: http://www.recipe-blog.jp/profile/224611/recipe/1265570 |

トッピング14:ごぼう

若返り効果にもよいといわれているごぼうをからげにしてカレーにトッピングします。カレーお煮込んでいる間にごぼうの唐揚げを作れば時間の節約にもなりおいしいトッピングを作ることができますので最高です。

お酒を飲む人にはビールのおつまみにも最適です。晩酌が終わった後においしいカレーと一緒に食べれば満足すること間違いなしです。食物繊維がたっぷり含まれたごぼうはお通じもよくなり便秘を改善してくれます。

材料
ごぼう 2本
醤油 大さじ2
酒 大さじ2
みりん 大さじ2
片栗粉 少々
塩胡椒 少々
揚げ油 適量

作り方
1.ごぼうを洗い、5cm幅に切って更に縦半分に切る。
2.袋にごぼう・醤油・酒・みりんを入れて15分ほど漬け込んで下味をつける。
3.下味を付けたごぼうに片栗粉をまぶして油で揚げて、揚がったら熱いうちに塩胡椒をふる。

出典: http://www.recipe-blog.jp/profile/58904/recipe/1314100 |

トッピング15:卵

卵はカレーのトッピングにも最適です。オムレツにしてカレーに盛り付けるもよし、ゆで卵にしてカレーに入れ込むこともありです。オムレツにした場合、朝ごはんにもぴったりの一品です。

卵のトッピングはその他にも卵焼きや田島きいにすることもおすすめです。出汁巻きの場合は大根おろしも添えて和風なカレーを演出することができます。少し大人のカレーと言った雰囲気で上品な一品になります。

材料
<茄子と筍のオムレツ>3人分
茄子 1cm角切り 中1本分
筍  茄子同じ大きさにカット 1カップ
玉葱微塵切り 半個分
ニンニク微塵切り
溶き卵 5個とマヨネーズ大匙3
焼き油
塩コショウ
添える用の野菜 茹でたインゲン スライスしたプチトマト

<ルーを使わないスパイスカレー>4人分
(肉アリのレシピですがオムレツに乗せる時は肉なしにします)
鶏肉もも肉 400gとキウイかパインか果汁(柔らかくする為)
筍水煮細切り 200g
干し椎茸スライス 戻したもの 1/2カップ 
ココナッツミルク 450g
クミンパウダー(少ないと物足りない上品なカレー風味) 大匙1半
コリアンダーパウダー(清涼感のある柑橘系の香り) 小匙4
GABANガラムマサラパウダー(仕上げ用に最後に加えると香りが残る。少量ずつ加える) 小匙2
ターメリック 大匙1
レッドペパー<パウダー>  少々
ココア 小匙2又は粉コーヒー少々
ジャム小匙2又はケチャップ小匙1半
生姜すりおろし 大匙2
にんにく8片 微塵切り60g
ローリエ   2枚
塩      適量
水かスープ 300g
オリーブ油 50g
ワイン又はウィスキー、ブランデーなど
とろけるスライスチーズ4枚
アボカドスライス 適量
ごはん   4杯
刻みパセリ 適量トッピング
粉チーズ  適量トッピング

作り方
<茄子と筍のオムレツ>
1.ノンスティックのフライパンで具を油で炒める
  玉葱と筍を炒める
  茄子も加え炒める
2.溶き卵にマヨネーズを混ぜる
3.フライパンに炒め物 フライパン油を敷き溶き卵を流して固まりかけたら
4.1の野菜を載せて半分にパタンと折る
5.カレー(レシピ下記)をのせプチトマトやインゲンを添える
  トッピングは粉チーズとドライパセリ

<ルーを使わないスパイスカレー>
1 肉の下ごしらえ(今回不使用ですが肉使用の場合)
  チキンをキウイかパインの汁に10〜15分漬ける
2 オリーブオイルを熱したフライパンで肉を焼きワインを回しかけ取り出し、玉葱をキツネ色に炒める
※玉葱は40分以上かけて(冷凍だと時短)焦がさずあめ色に炒甘味を出す!
3 ニンニク微塵切りを1に加え(玉葱を端に避けて)トロ火で炒める
4 筍、干し椎茸、水、ココナッツミルク、ローリエを加え沸騰直前の状態で好みの固さまで数分煮る。
  肉も戻し最後にスパイス・生姜すりおろし・ココア等を加える。
  (沸騰させて煮混むと肉が固くなるので注意)

残ったカレーは焼きカレーにもなる
5 バターを塗った器にご飯を敷いて
6 とろけるスライスチーズをのせる
7 カレーを乗せアボカドを敷き
8  粉チーズをびっしり散らして焼き色を付ける
  刻みパセリを散らして完成

出典: http://www.recipe-blog.jp/spice/recipe/88711 |

トッピング16:鶏の唐揚げ

子供にも大人気のから揚げをトッピングしたカレーです。唐揚げのレシピは「鶏のレモンペパー唐揚げ」を見れば誰でも簡単に作れます。レモンペッパーが最高でカレーの日以外にもおすすめおかずです。

お弁当のおかずにも大評判で老若男女問わず大人気です。毎日でも食べたくなるような一品なのでレシピは頭の中に書いておくことがベターです。

材料
(4人分)
●鶏もも肉 600g
〇酒 大さじ2
〇すりおろししょうが 小さじ2
〇すりおろしにんにく 小さじ1
〇ハウス香りソルトレモンペパーミックス 大さじ1/2
★小麦粉 大さじ2
★片栗粉 大さじ2
※揚げ油 適量

作り方
1.鶏肉を3cm角くらいのぶつ切りにします。
2.〇と★をそれぞれ混ぜ合わせます。
3.ビニール袋に鶏肉と、混ぜ合わせた〇を入れます。
4.口が開かないようにしっかりおさえ下味用のタレが全体になじむよう、袋の上からよーくもみこみます。
5.さらに、混ぜ合せた★を入れます。
6.少し空気を入れてふくらませた状態で、同じように口をしっかりおさえ、シャカシャカ。粉が全体にまぶせれればOKです。
7.180℃に熱した油で3分間揚げて、取り出します。次の肉を入れ、3分間揚げている間、休ませておきます。
8.3分間お休み中。この時点で多少の赤みが残っていても問題なしです。
9.3分間揚げた鶏肉を取り出し、休ませておいた鶏肉を戻し入れます。さらに1分間揚げて取り出します。(この2度揚げがポイント)
10.器に盛って、出来上がり〜♪

出典: http://www.recipe-blog.jp/spice/recipe/89056 |

トッピング17:かぼちゃ

かぼちゃはほんのり甘くて辛いカレーが苦手なお子様いる家庭にもおすすめのトッピングです。ダイエット中の方にもじゃがいものかわりにかぼちゃを入れることでカロリーをおさえることができるのでおすすめです。

体重が気になる方はさらにご飯を玄米にかえることでさらにカロリーをオフすることができます。おいしいカレーが食べられてウェイトダウンが期待できるので一石二鳥です。女性に必見の一品です。

材料
鶏もも肉 100g
かぼちゃ 1/8個
ピーマン 2個
玉ねぎ 1/2個
サラダ油 小さじ2
水 500~700ml
カレールー(箱) 1/2個
ご飯(白米または玄米) 茶わん2杯半

作り方
1.鶏もも肉は余分な脂を除き、1口大に切る。かぼちゃは種を取り、角切り。ピーマンは種、へたを取り、せん切り。玉ねぎは皮をむき、薄切り。
2.鍋にサラダ油をひき、1を入れて炒める。
3.水を入れて、時々アクを取りながら煮込む。
4.カレールーを入れて煮込む。
5.皿にご飯を盛り、4をかける。

出典: http://www.recipe-blog.jp/profile/201871/recipe/1310493 |

トッピング18:エビフライ

エビフライをカレーにトッピングすることで見た目があとても豪勢になります。おもわず笑顔になってしまいそうな一品です。エビフライはエビの大きさを考えて数本添えつければ完成です。

通常であればタルタルソースが欲しくなるエビフライですが、カレーのルーと絡めることでとてもおいし食べられます。エビフライがメインになるのでカレー自体にはお肉やシーフードを入れなくても問題ありません。

材料
にんじん 1/3本
玉ねぎ 1/2個
ほうれん草 1/3羽
バター 10g
水 500ml
カレールー(箱) 1/2個
えびフライ 4~6本
ご飯(白米または玄米) 茶わん2杯半

作り方
1.にんじんは皮をむき、半月切り。玉ねぎは皮をむき、薄切り。
2.ほうれん草は3~4等分に切る。
3.鍋にバターをひき、1を入れて炒める。
4.水を入れて時々アクを取りながら煮込む。
5.カレールーを入れ、2を入れて煮る。
6.皿にご飯を盛り、あらかじめ作ったえびフライをのせ、5をかける。

出典: http://www.recipe-blog.jp/profile/201871/recipe/1032461 |

トッピング19:チキンカツ

豚よりも牛よりも鶏が好きな方にはカレーのトッピングは「チキンカツ」がおすすめです。チキンカツは揚げたてを食べやすい大きさにカットしてご飯に盛り付けます。そこにカレーをかけるととてもおいしそうでゴージャスなチキンカツカレーの出来上がりです。

チキンは胸肉よりももも肉をえらぶことでよりジューシーさを味わうことができます。

材料
にんじん 1/3本
玉ねぎ 1/2個
ほうれん草 1/3羽
バター 10g
水 500ml
カレールー(箱) 1/2個
チキンカツ 2枚
ご飯(白米または玄米) 茶わん2杯半

作り方
1.にんじんは皮をむき、半月切り。玉ねぎは皮をむき、薄切り。
2.ほうれん草は3~4等分に切る。
3.鍋にバターをひき、1を入れて炒める。
4.水を入れて、時々アクを取りながら煮込む。
5.カレールーを入れ、2を入れて煮る。
6.皿にご飯を盛り、あらかじめ作って、5~6等分にカットしたとんかつをのせ、5をかける。

出典: http://www.recipe-blog.jp/profile/201871/recipe/1033467 |

トッピング20:明太子

カレーが中途半端に残ってしまったというときにおすすめのトッピングレシピは「明太マヨと残ったカレーで作るバケットトースト2種」です。明太子とマヨネーズはとてもあいますのでカレーと絡めてパンにつけると立派な一品になります。

昨日は晩御飯のカレーだったという時にも次の日の朝ごはんおしてを活かしても最適です。カレーライスと違った形なので飽きることなくおいしく食べることできます。

材料
バケット (1㎝厚のななめ切り)4枚
明太子 1腹(皮からしごき出す)
マヨネーズ 大さじ2
パセリ (みじん切り)大さじ1
前日の残りのカレー 適宜
ナチュラルチーズ 大さじ2

作り方
1.バケット2枚に明太子、マヨネーズ、パセリを混ぜたソースをぬる。
2.もう2枚には前日の残りのカレーをのせ、ナチュラルチーズチーズをかける。
3.1,2共にオーブントースターで焦げ目がつくまで焼く。

出典: http://www.recipe-blog.jp/profile/17713/recipe/4130 |

トッピング21:豆腐

豆腐はダイエットメニューでも大人気の食材ですが、カレーにもトッピングすることができます。雰囲気は麻婆豆腐をイメージするとわかりやすいです。作り方も麻婆豆腐ととても似ており、カレーのお肉はミンチをチョイスします。その方が豆腐とより絡むことができ全体的においしくいただくことができます。

材料
合いびき肉 100g
豆腐(もめん) 1丁
玉ねぎ 1/2個
カレーフレーク(またはカレー粉) 大さじ2
水 100~200ml
コンソメ(固形) 1個
オリーブオイル 大さじ1
しょうゆ 大さじ1
ご飯(白米または玄米) 茶わん2杯半

作り方
1.玉ねぎは皮をむき、みじん切り。
2.フライパンにオリーブオイルをひき、1、合いびき肉を入れて炒める。
3.豆腐を崩しながら入れて炒める。
4.水、コンソメを入れて煮る。
5.カレーフレークとしょうゆを入れて、汁けがなくなるまで煮る。
6.皿にご飯を盛り、5をかける。

出典: http://www.recipe-blog.jp/profile/201871/recipe/1212584 |

トッピング22:コーン

カレーのトッピングにおすすめの食材はコーンです。「海老とコーンのココナッツカレー」はコーンとても相性がよくとてもおいしいです。ココナッツカレーは栄養も満点でタイやアジアの国々でも大人気です。

カレー粉にココナッツミルクを加えるだけで作ることができますのでとても簡単です。通常の
カレーよりもおっしゃれでおいしいココナッツカレーは特に女性に人気があります。

材料
むきえび(大) 150g
とうもろこし(むいたもの) 正味50g
ゴーヤ 1/4個
赤パプリカ 1/4個(40g)
玉ねぎ 1/4個(50g)
(A)オリーブオイル 大さじ1
(A)にんにく・しょうがのすりおろし 各小さじ1/2
カレー粉 小さじ2
ココナッツミルク 1/2缶(200g)
ナンプラー 大さじ1
雑穀ごはん 2杯

作り方
1.(下準備)
とうもろこしはゆでて、むいておく。
2.ゴーヤは縦半分に切り、ワタを取って薄切りにする。
赤パプリカは縦4等分に切る。
玉ねぎは乱切りにする。
3.フライパンに(A)を入れて火にかけ、えびと玉ねぎ入れて中火で焼く。
4.玉ねぎがしんなりとしてきたら、残りの野菜すべてを加える。
全体的にひと混ぜしたらカレー粉を入れて全体に絡める。
ココナッツミルク、ナンプラーを加えて蓋をして弱火で8~10分煮込む。
5.5お皿に雑穀ごはんを盛り付け、カレーをかける。

出典: http://www.recipe-blog.jp/profile/14695/recipe/752199 |

トッピング23:シーフード

カレーのトッピングの定番であるシーフードはエビやイカやホタテなどお好きなシーフードを入れます。シーフードの出汁がでてカレーのおいしさをより一層引き立てます。カニなどロブスターなどの高級食材を入れるととても豪華な仕上がりになります。家族の誕生日会にもぴったりです。

鮭などの魚も意外と相性がよいのでシーフードだけでもバラエティーがとても豊富です。

材料
バター 20g
むきエビ 5〜6尾
★生姜(チューブ) 3CMくらい
★ニンニク(チューブ) 3CMくらい
イカ 5〜6切れ
ホタテ貝柱 5〜6個
マグロ 50g
醤油 1/4カップ
スープストック 3カップ
マグロの漬け汁 大さじ1
カレールゥ(甘口) 3片

作り方
1.マグロを醤油に30分漬け込む。
2.鍋にバターを溶かし、むきエビ・★をいためる
3.イカ➡ホタテの順に加えて炒める。
4.漬けマグロを加える。
5.スープストック・マグロの漬け汁を加える。
6.甘目のカレールゥを加える。
※辛くしすぎると魚介の香りが飛んでしまう。
7.トロミがついたら出来上がり。

出典: http://www.recipe-blog.jp/profile/224611/recipe/1313450 |

おすすめのレトルトカレーはこちら

Happy Belly ビーフカレー中辛 180g×15個

Amazonで見る

口コミ

そんなに辛さに強い人じゃなければ丁度いいと思う。 そんな俺は辛いのはあんまり得意ではない。 このカレーは丁度いい辛さ。

カレーはレトルト商品も多数販売されており、時間がないときの食事にとてもお役立ちです。レトルトカレーのなかでもこちらのビーフカレーはレストランで食べるカレーのようにコクがあり絶品です。

変わったトッピング3選

カレーのトッピングは自由なので少し変わり種のトッピングをご紹介しますのでぜひともご参考にしてください。思いもつかないトッピングが意外とマッチすることもあるので興味のある方はぜひともチャレンジしてください。

トッピング1:天ぷら

チキンカツやコロッケや豚カツに唐揚げなどカレーにはたくさんの揚げ物をトッピングします。しかし、天ぷらはをトッピングすることはとても珍しいです。エビや季節の野菜の天ぷらもおすすめです。

トッピング2:生卵

カレーに生卵をトッピングするとじゅるっとした食感がとてもおいしくおすすめです。最後に生卵を落とすだけとても簡単なので調理時間をかえることなくおいしく食べられます。

トッピング3:マヨネーズ

マヨラーに大人気のカレーにマヨネーズをトッピングするととてもマイルドになりおいしいです。少し辛く作りすぎてしまったときには辛さをおさえるにもマヨネーズはとても役立ちます。

カレーに合うトッピングを探してみよう!

カレーに合うトッピング23選!変わったトッピング3選

カレーに合うトッピング23選はいかがでしたか。カレーは自宅で作りにもとても人気があるレシピです。そのカレーにトッピングをすれば同じカレーでも飽きずに食べることができるのでおすすめです。ぜひともお気に入りのカレーのトッピングを探してみてください。

この記事に関連する情報もチェックしよう!

カレーが大好きな方に必見です。カレーについて他にも必見の関連記事があります。一緒にチェックしておけば次回のカレーのクッキングタイム役立つこと間違いなしです。カレーにあうおかずも一挙公開です。

Related