Search

検索したいワードを入力してください

2018年10月12日

レモン水のおすすめの作り方10選|レモン水の効能3つ

レモンには食物繊維やビタミンC、クエン酸が含まれており、デトックスや疲労回復、美肌効果が期待できます。レモン水を飲むと、体内に溜まった毒素を排出することができます。メリットが多いレモン水の作り方、ご存知でしょうか。レモン水の作り方10選をご紹介いたします。

レモン水のおすすめの作り方10選|レモン水の効能3つ

レモン水とは

レモンには食物繊維が含まれていて、水分も摂取することで排便を促し、デトックスができます。レモンには100gに2.8gの食物繊維が含まれています。レモン水を飲むと、体内に溜まった毒素を排出することができます。

それではレモン水の作り方10選をご紹介いたします。作りたいけれどレモン水の作り方がわからない、またはアレンジレシピの作り方を知りたい方は一読ください。

レモン水の作り方10選

作り方1:レモン水

材料はレモンと水だけの、レモンの味を生かしたスタンダードな飲み物です。水以外の飲み物が飲みたい時に、レモンの輪切りを入れてみてはいかがでしょうか。レモンのスッキリとした爽やかな味で気分転換ができます。

レモン水の作り方は、輪切りにしたレモンをミネラルウォーターに入れて10分ほど置きます。お好みで氷を入れると冷たくいただけます。

レモンはお好きな量を入れましょう。はちみつや塩を入れても良いです。

出典: http://www.recipe-blog.jp/profile/241025/blog/16769973 |

作り方2:レモンミント水

ミネラルウォーターに輪切りレモンとミントを入れるだけのシンプルな作り方の飲み物です。レモンとミントの爽やかな風味で朝に飲むとシャキッと気が引き締まります。冷蔵庫に入れておくと、ひんやりとした冷たさでいただけます。いつものレモン水にちょっと足したい時に、ミントを入れてみてはいかがでしょうか。

<作り方>レモンの皮をたわしでしっかり洗い、輪切りにする。そしてミネラルウォーターに輪切りにしたレモンとミントの枝2本を入れ、冷蔵庫で冷やします。

材料は、ミネラルウォーター500ml、レモン輪切り5枚、ミントの枝2本です。

出典: http://www.recipe-blog.jp/profile/7794/blog/16957070 |

作り方3:マスカット&レモン水

レモン水に種を取り除いたマスカットを入れるのもオススメです。レモンの爽やかさの後にマスカットの甘みがクセになります。作り方が簡単なので、普段と違うレモン水を楽しみたい方に飲んでいただきたいアレンジレシピです。

<作り方>マスカットの皮を剥いて種を取り除き、グラスに入れます。水を入れ、レモンの輪切りを飾れば完成です。

コップ1杯分の材料は、水120cc、マスカット5粒、レモンの輪切り1枚です。

出典: http://www.recipe-blog.jp/profile/41845/blog/15488670 |

作り方4:フルーツビネガーウォーター

水出し紅茶にお好みのカットフルーツとレモン、メイプルシロップ、お酢を入れて冷蔵庫で冷やすだけで簡単にフルーツビネガーウォーターができます。

最後に、パセリもトッピングすると見た目も華やかな、レモン水のアレンジドリンクになります。フルーツはチェリーを使用しましたが、お好みのフルーツを入れてみてください。

<作り方>水出し紅茶を作ります。そしてレモンを輪切りにし、チェリーは味が染み込むように、種を取って切り込みを入れます。容器に材料を入れ、冷蔵庫で2時間ほど冷やせば完成です。

材料は、水320cc、紅茶葉小さじ1、リンゴ酢大さじ1.5、メイプルシロップ大さじ1弱、チェリー10粒、レモン1/2個、パセリ5本です。

出典: http://www.recipe-blog.jp/profile/130694/blog/16122536 |

作り方5:炭酸レモン水

炭酸水がお好きな方にオススメです。こちらは水ではなく、炭酸水を使用します。炭酸のシュワシュワっとした爽快感がたまらない、簡単にできるドリンクです。夏の暑い時期や、お風呂上りなど、美味しく毎日ゴクゴク飲めます。

<作り方>レモンを適当な大きさに切り、グラスに氷と炭酸水を入れます。レモンを軽く絞り、そのままグラスに入れます。

材料は、レモン、炭酸水、氷の3つです。

出典: http://www.recipe-blog.jp/profile/43523/blog/14282069 |

作り方6:はちみつレモン葛湯

寒い時期や、体調が優れない時、風邪を引いた時などにホッと体が温まるレモン水のアレンジドリンクです。温かい葛湯を飲むことで、冷えた体を温めることができます。入れるはちみつの量でお好みの甘さに調節できます。

<作り方>鍋に材料を入れ、葛湯を入れてよく混ぜます。中火で火をかけ、透明感が出るまで火にかけます。透明感が出てきたら火を止め、でき上がりです。

1杯分の材料は水250ml、葛湯大さじ1、レモン果汁大さじ1、はちみつ大さじ1・1/2です。

出典: http://www.recipe-blog.jp/blog/sola/2010/03/post-57.html |

作り方7:ジンジャーレモンティー

生姜は体を温める効果があります。寒い冬の時期や、リラックスタイム、休憩時にジンジャーミントレモンティーはいかがでしょうか。生姜の他にも、レモンやはちみつも加えるので香り高いドリンクを楽しめます。

<作り方>生姜を洗い、皮付きで千切りにします。そして分量の水を鍋に入れ、煮立たせ、千切りの生姜を入れます。3分ほど煮立たせたらレモン汁を入れてよくかき混ぜます。最後にミントの葉を入れたら完成です。熱いうちに飲みましょう。

材料は、水800cc、生姜30-60g、はちみつ大さじ3、ミント適量、レモン汁50ccです。

出典: http://www.recipe-blog.jp/profile/22775/recipe/333914 |

作り方8:レモンとミントのリモナータ

夏の熱い時期にぴったりの、たくさんのレモンを使用したドリンクです。レモン、砂糖、ミント、水があればリモナータができます。手作りだと甘さを調整することができるので、甘いものが苦手な方にもオススメです。砂糖を入れるので、デザートドリンクとしてもお飲みいただけます。

<作り方>レモンを絞ります。絞ったレモン汁に砂糖を加えて溶かします。水とレモンを加え、冷蔵庫で約2時間冷やせば完成です。

材料は、レモン4個、砂糖65g、ミント10g、水700ccです。

出典: http://www.recipe-blog.jp/profile/201595/recipe/1028223 |

作り方9:レモンスカッシュ

一時期は”レスカ”と呼ばれていたレモンスカッシュ。懐かしいドリンクのレスカも自宅で作れます。無糖炭酸水にレモン、メイプルシロップを使用します。自宅で作るメリットはやはり、甘さの調節ができる点です。メイプルシロップを多めに入れて甘くしたり、少なく入れて甘さを控えめにしたり、日によって調整ができます。

<作り方>レモン汁、メイプルシロップ、炭酸水の順に入れ、かき混ぜてから氷を入れれば完成です。

材料はレモン汁大さじ1、メイプルシロップ大さじ2、無糖炭酸水100ccです。

出典: http://www.recipe-blog.jp/profile/251497/blog/17013531 |

作り方10:レモネード

作り方は、レモンを砂糖漬けにしてミネラルウォーターで割ればレモネードの完成です。お好みでミントを加えると、さらに夏などの暑い時期にはすっきりとした風味で爽やかに飲めるのでオススメなドリンクです。

<作り方>事前にレモンを砂糖漬けにしておきます。砂糖漬けしたレモンをグラスに入れ、ミネラルウォーターを注ぎ、氷を入れます。あればミントを入れて完成です。

材料は砂糖漬けしたレモン、ミネラルウォーター、ミントです。

出典: http://www.recipe-blog.jp/profile/50605/blog/14271782 |

レモン汁を絞るためのオススメなアイテムをご紹介

洗いやすく匂いの付かないセラミック製なので、使い勝手がいいです。料理のプロがチェックしており、使用感など考え尽くされたアイテムです。

レモンを絞り終わった後、注ぐ時に種が落ちてこない設計となっております。そして目立てが深いため、最後までしっかりと絞ることができます。1つあるだけで、レモン水を作る時に役立ちます。

レモン水の効能

免疫を上げる

レモンにはビタミンCやカリウムが含まれています。ビタミンCはリンパ系の免疫力を上げ、カリウムは脳機能や神経機能を刺激することで、血圧をバランス良く調整します。季節の変わり目で体調を崩しやすい時にレモン水を飲むことをオススメします。

特定の栄養の吸収率を上げる

良好な健康状態には、腸内環境が不可欠です。腸内環境を整えることで、”栄養の吸収率を上げる”ことができます。レモンにはペクチンと呼ばれる食物繊維が含まれています。ペクチンは乳酸菌など善玉腸内細菌の餌になり、善玉菌を増やすことができます。レモン水を飲むことで便秘解消になるため、腸内洗浄ができます。

注意点としては、胃腸が弱い方はレモンの量を調整すると良いでしょう。

クエン酸をたくさん摂取できる

クエン酸は”酸味成分”の1つです。レモンにはクエン酸が含まれています。果汁100gあたりのクエン酸含有量は6.5gで、数ある食品の中でもダントツでクエン酸の含有率が高いです。ビタミンCも豊富なため、クエン酸との相乗効果で免疫力を高め、疲労回復が期待できます。

レモン水を作ってみよう

レモンを摂取するにもレモンは酸味が強いため、そのままカットして食べるのは厳しいと感じる方も多いでしょう。飲みやすい方法としては、水や炭酸水またはお湯で割り、レモン水にすると飲みやすくなります。レストランでもレモンが入った水を目にした方もいるでしょう。自宅で簡単にレモン水を作ることができます。

健康に過ごすためのヒント

レモン水のおすすめの作り方10選|レモン水の効能3つ

レモン水にはビタミンCやクエン酸が豊富に含まれています。効果としては、疲労回復や美肌効果、腸内環境を整える、ダイエット効果があります。体のセルフケアとして、レモン水を飲むのはいかがでしょうか。

レモン水の作り方は普段の水にレモンを加えるだけなので手軽にできます。夏は冷水で、冬はお湯で飲み温まります。自分の体と向き合い、ケアしていくことで体調も良好になります。

Related