Search

検索したいワードを入力してください

2018年12月06日

マヨルカ島おすすめ観光名所12選|地中海に浮かぶ美しい島

スペイン領のマヨルカ島は年間300日以上は晴れると言われていて、夏になるとヨーロッパ中からバカンスに観光客が訪れています。自然と歴史がいっぱいの地中海の楽園と呼ばれるマヨルカ島のおすすめの観光スポットやグルメを紹介します。

マヨルカ島おすすめ観光名所12選|地中海に浮かぶ美しい島

マヨルカ島とは

マヨルカ島おすすめ観光名所12選|地中海に浮かぶ美しい島

マヨルカ島は地中海に浮かぶスペインのバレアレス諸島の島のひとつです。ローマ人やムーア人の遺跡があることでも有名で、パルマの街にはかつてはムーア人の要塞だったアルムダイナ宮殿や13世紀に建てられたパルマ大聖堂があります。

年間300日以上は晴れているという天候に恵まれた島で、アントニオ・ガウディーが改修したことで知られるパルマ・デ・マヨルカ大聖堂やベルベール城、など観光スポットが多いです。

マヨルカ島の気候

マヨルカ島は、ヨーロッパでは温暖なリゾート地として有名で、年間300日以上はたいへん太陽に恵まれる気候と自然が美しいことから地中海の楽園といわれています。

マヨルカ島の2月から12月の平均気温は約15℃で、平均最低気温は約4℃前後で最高気温と最低気温の差が大きいです。ベストシーズンの最高気温は25℃から30℃、この時期は雨がほとんど降らず、乾燥しているので、気温が高くても日陰に入ると涼しく感じます。

マヨルカ島への行き方

マヨルカ島おすすめ観光名所12選|地中海に浮かぶ美しい島

マヨルカ島は地中海に浮かぶ島なので、飛行機か船で行くかになります。

マヨルカ島へはたくさんの航空会社が就航しており、スペイン各地からもスペイン以外からもたくさんの便があるので、ヨーロッパ中の国からバルセロナやマドリードなどのスペインの主な主要都市を乗り継ぎせずに直接マヨルカ島に入ることが可能です。

スペイン本土のバルセロナ、バレンシア、デニア、イビサ、メノルカから、マヨルカ島行きのフェリーがあります。

マヨルカ島の観光名所12選

マヨルカ島おすすめ観光名所12選|地中海に浮かぶ美しい島

マヨルカの名前で親しまれているスペイン領のマヨルカ島ですが、ヨーロッパのハワイといわれる程リゾートホテルが立ち並んでいて、ビーチや観光スポットがたくさんある島です。

スペインのリゾート地としてではなく建築ファンにもおすすめの場所です。自然と歴史的建造物がたくさんある、地中海の楽園と呼ばれるマヨルカ島の観光スポットを紹介します。

1:パルマ大聖堂

マヨルカ島おすすめ観光名所12選|地中海に浮かぶ美しい島

パルマ大聖堂はマヨルカ島のシンボルで、ここにはラ・セオと呼ばれるキリスト教、カトリックの教会で、この教会はアントニオ・ガウディーが、教会内部の修復に関わったということでも有名です。

大聖堂内を午前中に見学すると、約1,236枚のステンドグラスが波と光が反射して、とても美しい色彩が現れるといいます。特に直系11mの巨大なバラの窓があって、外からの自然の光を受けてとても幻想的になります。

2:ベルベル城

パルマの街から西の丘の上にユニークな形をした14世紀のお城、ベルベール城があります。このお城は珍しく丸い形をしていて、最初はマヨルカの王の邸宅として使われていましたが、その後長い間、刑務所として使われておりました。

今では、歴史博物館として、中を見学することができ、高台にあるこのお城は、夜になるとライトアップされます。丸い円形状のお城は、ヨーロッパでもたいへん数の少ない貴重なお城になります。

3:サン・フランシスコ教会

狭い道路が網目のように広がる旧市街地、ゴシックやルネッサンス風の建物とマヨルカ島の典型的なパティオが建ち並ぶ中を歩くと、サン・フランシスコ教会が姿を表します。

ゴシック様式の回廊がとても美しく、カテドラルの東側はユダヤ人街だったところで、昔のアラブ時代の浴場が残っています。

4:アルムダイナ宮

10世紀にイスラム教徒が建てた要塞を、マヨルカ王の宮殿として14世紀頃に改築し、今もスペイン国王の夏の公邸や迎賓館として使われており、バレアレス州の軍司令部もあります。

建物は王の宮殿の他に、女王の宮殿、王室の礼拝堂と中庭があり、内部には豪華なフランドルのタペストリーや歴史的価値のある調度品が展示されています。宮殿のテラスからはパルマ湾が一望でき、マヨルカ島の絶景観光スポットです。

5:ポリェンサ港

マヨルカ島おすすめ観光名所12選|地中海に浮かぶ美しい島

マリョルカ島北部にポリェンサ港があり、ポリェンサの旧市街地の家のほとんどが17世紀と18世紀に建てられたもので、幅の狭いとおりが多く、市街地はとてもコンパクトです。

マジョール広場には13世紀にテンプル騎士団によって建設された天使の聖母教会が建っています。アルゼンチンの歌手、マリリーナ・ロスは、軍事政権から逃れるためにスペインに亡命するの際に「ポリフェンサ港」という曲を書いて、人気を得ました。

6:アル・カルバリオ

ポリェンサのマジョール広場北側に365段の階段があって、この階段はアル・カルバリオとして有名な丘の頂上に建つ礼拝堂に向かっています。アル・カルバリオの丘からの眺めは素晴らしく、この階段は1年の日数分だけあって3mの十字架が14本設置されています。

聖金曜日にはダバリャメントと呼ばれる行進が行われ、天使の聖母教会に向かって、松明に照らされた十字架がこの中を下っていく、復活祭の行事で重要とされています。

7:フルマントール灯台

マヨルカ島北端、フォルメントール岬に灯台がフルマントール灯台があります。フォルメントール岬は島の西岸のトラムンターナ山脈が、地中海に落ち込む細長い岬で、1863年に岬の断崖にフルマントール灯台が建てられ水面から210mにある灯台はバレアレス諸島でもっとも高いところになる灯台です。

地元の人には、風が合わさる場所と呼ばれ展望台や見晴らしのいい場所には、落下防止の柵が無かったりするので気をつけましょう。

8:サンチュアリ デ ルック

マヨルカ島の中心部にある標高543mのプイグ・デ・ランダの山は、サイクリングをする人達にたいへん人気があります。素晴らしい自然の景観、渓谷と洞窟の斜面にあるのが13世紀に建てられたサンチュアリ デ ルックの修道院です。

教会の広場には、マヨルカ島の町や村のすべての天国への道案内が記されていて、聖域になります。

9:エス・バルアード

現代美術エスバラードの博物館は、16世紀に建てられた守備の砦サンベール内にあり、壁に囲まれています。ゴーギャン、ミロ、ピカソ、シュナーベルなどの有名なアーチストの絵画、彫刻などを展示しています。

建物のメインテラスからは地中海の広がる景色を鑑賞することができるカフェがあり、コーヒーを飲んで過ごすことができます。博物館内で特別に造られたコンサートホールでは定期的にコンサートやお祝いを開催されています。

10:ドラック洞窟

ドラック洞窟は中世の時代、すでに1338年のマヨルカ島知事が、洞窟近くのマナコール市長に宛てた書簡にドラック洞窟のことが書かれていました。1896年フランス人探検家マルテルが洞窟を発見し、マルテル地底湖は全長115m幅30mあり、ヨーロッパでは最大の地底湖です。

1922年から1935年の間に一般公開のため見学路や鍾乳洞を照らす照明が整備されました。ドラックとはマヨルカ語でドラゴンのことをいいます。

11:カプデペラ

静かなノスタルジックな小さな街で、路地が狭く14世紀に建てられた要塞のお城へ行く街並みは、古き良きスペインが残されています。お城の一番上にはチャペルがあり、マヨルカの青い空にとてもマッチしてここから見る景色はとても素晴らしい眺めです。

レンガの広場に10~12世紀に建てられた、マヨルカのイスラム時代のトーレ・デ・ミケル・ヌニス という元防衛塔が立っています。

12:サンカルロス博物館

マヨルカ島を守る要塞が残っており、大砲が今でも数機、並んでいます。これらの大砲を使って防御交戦したことがわかり、小さな博物館では、パルマの銃や剣、短剣、当時の制服などが展示されています。

城や要塞として、攻め入る絶好の場所で、敵国ばかりでなく海賊からも守った要塞からパルマの美しい景色と港の風景を見渡すことができます。

マヨルカ島を効率よく楽しみたい方へおすすめの本

地球の歩き方 バルセロナ&近郊の町 イビサ島/マヨルカ島

Amazonで見る

口コミ

楽しい情報だけでなく注意すべき情報などに関しても、他のガイドブックよりこの本の方が情報量が厚く、もしものときの予備知識をつけるのにも役立ちました。

地球の歩き方のガイドブックは無駄な情報もなく、簡潔でアクセスや営業時間、特徴などさらに、おすすめ度記載もあるので、限られた日数での旅行にはとても役に立つ一冊です。

楽しい情報や注意すべき点などの情報に関しても詳しく記載されているので、他のガイドブックよりも情報量が多く、万が一のためにも知っておいた方が良い情報がたくさんあります。

マヨルカのグルメ体験おすすめ4選

マヨルカ島は青い海と美しいビーチ、美味しいシーフードと海に関するキーワードが浮かんできますが、世界遺産でもあるトラムンタナ山脈もあって、山にも恵まれています。海にも山にも恵まれたマヨルカ島ですが、伝統料理は海の幸よりか山の幸を取り入れた素朴な料理が多いのが多いです。

グルメ1:オリーブオイル

ワインよりも古い歴史を持つ味とされるのが、マヨルカ島のオリーブオイルです。スペインのマヨルカ島の土壌にあったオリーブ種を選んで育て、品質を追求して栽培しています。スペインでは260種以上の品種が栽培され、独特の味と香りが備わっています。

スペイン産オリーブオイルは、味と香りの面もバラエティーに富んでおり、スペインには好みにあったぴったりのエクストラ・バージン・オリーブ・オイルがあります。

グルメ2:サンタカタリーナマーケット

サンタ・カタリーナ地区にある、あまり大きくない市場で、魚貝類やワインなどを売っています。ワインを販売してるお店には品揃えもよく、お土産物を探すにはとてもおすすめです。

マヨルカ島の塩を売ってるお店、タパスやピンチョスが食べられるお店などは、どこか溜まり場のような雰囲気があります。色んなお店があり、安くて美味しいお店がたくさんあります。

グルメ3:パルマでエコファームマーケット

サンタ・カタリナ地区にあるパルマで一番古い市場で、観光客はもちろん地元の人もよく来る市場です。こちらの市場は、港町の趣を残しながらの観光スポットで、観光客がフラッと立ち寄れる雰囲気が漂ってます。

市場内にあるバルはいつもたくさんの人で賑わっていて、試食をさせてくれり果物店もあります。

グルメ4:アーモンド

マヨルカ島おすすめ観光名所12選|地中海に浮かぶ美しい島

1月末から2月の中頃にかけてマヨルカ島のアーモンドが開花します。アーモンドの木が開花すると、山々や田園では白やピンク色でいっぱいになり、マヨルカ島最大の観光スポットになります。

マヨルカ島のアーモンドは甘い味が有名で、そのまま丸ごと炒ったものをデザートに調理したり、またアーモンドの実や花から作った化粧品なども好評です。

マヨルカ島へ行ってみよう

マヨルカはスペイン語で大きいという意味で、マヨルカ島は日本の沖縄本島の3倍の面積があり、世界遺産に登録されてる建物や自然が溢れるマヨルカ島は、地中海の楽園とも呼ばれています。

スペイン領マヨルカ島はヨーロッパのハワイといわれるほど、リゾートホテルが立ち並んでいてビーチや観光スポット満載です。

この記事に関連する情報もチェックしよう!

オリーブオイルは野菜やお肉、魚などの食材と相性がいいです。オイルに浸けておくと酸化しないので長い間保存することができます。またオリーブオイルはバジルとも相性がよくソースにも使われています。

オリーブオイルを使った料理やバジルのソースは下記のサイトからからさらに詳しく知ることができるので、参考にしてください。

Related