Search

検索したいワードを入力してください

2018年11月01日

テネリフェ島の観光スポット13選|おすすめの食べ物は?

日本からなかなか気軽にいくことができないテネリフェ島へいくなら、どんなことができるのかいろいろと事前に知っておくと便利です。旅行をもっと楽しくするためにテネリフェ島でできる体験やおすすめの観光名所を13ヶ所集めてあります。是非見てみましょう。

テネリフェ島の観光スポット13選|おすすめの食べ物は?

テネリフェ島とは

テネリフェ島の観光スポット13選|おすすめの食べ物は?

テネリフ島について今回はご紹介していきます。テネリフェ島とはいったいどこにあるのでしょうか。また、何語を話している人たちが暮らしているのでしょうか。観光名所はどんなところあるのでしょうか。気になるテネリフェ島のグルメやテネリフェ島でできることを含め13の名所をご紹介します。

テネリフェ島は、スペインの領土です。1496年にスペインによって征服されて以来、スペイン領となっています。

スペインのカナリア諸島で最大の島

スペイン領であるカナリア諸島の一つで、最大の島といわれているのがテネリフェ島です。面積は面積は2,034km2、人口は899,833人で、多くのヨーロッパ人が避暑に遊びに行く島です。気温が温暖ということもあり、旅人が多く訪れます。

世界屈指のビーチリゾート

テネリフェ島の観光スポット13選|おすすめの食べ物は?

テネリフェ島は、海に囲まれた温暖気候のしまであるため海水浴や、マリンアクティビティを楽しむためのビーチがそろっています。そのためヨーロッパはもちろん、世界中より多くの観光客が訪れるリゾート地として知られています。

スペイン本土とは違う独自の文化

ヨーロッパから多くの文化が入ってきたテネリフェ島ですが、スペイン本土の文化とは少し違うといわれています。テネリフェ島では、公式の宗教はなく、一般的にローマカトリックを信仰している人が多い地域です。

楽園とまで言われるテネリフェではどのような文化があるのでしょう。それを知るにはテネリフェ島の美術館、アートギャラリー、映画館あるいは地元の音楽コンサートなどを見たり聞いたりしながら島を周遊しましょう。

テネリフェ島の観光スポット13選

テネリフェ島の観光スポット13選|おすすめの食べ物は?

ここではテネリフェ島でできること体験などを含めて13の観光名所をご紹介します。海外のレジャー地にきて何処へ行けばいいのか迷っている人や、これからテネリフェ島へ行こうと考えている人は、プランを立てる前に参考にしてみてはいかがでしょう。

1:テイデ国立公園

テネリフェ島の観光名所の一つとしておすすめなのが、世界遺産にもなっている最高峰の「テイデ国立公園」です。こちらは、海底から7500mの標高があるといわれていて、スペインの自然遺産となっています。

テイデ国立公園の観光ですが、ケーブルカーがありますので、そちらを利用することができます。車で行くこともできます。登り口は三か所ほどありますので、旅のプランにあわせてアクセスをしてみてはいかがでしょう。

2:サイアム・パーク

テネリフェ島にあるシーアムパークは、ウォーターパーク、つまりマリンレジャー施設です。幅広い年齢層で訪れて遊ぶのにとってもピッタリな場所です。色々ある施設のなかで、思い思いの過ごし方ができます。単にリラックスするひと、友人たちや家族とスライダーで遊ぶこともできます。

名前からイメージできるようにタイのシーアムがモチーフです。シーアムパークはテネリフェの38660 Costa Adejeにあります。

3:ロロ・パーク

テネリフェ島にあるロロパーク(Loro Parque)は、オウムがたくさんいるレジャー施設として知られています。ロロパークのオーナーは、他にもテネリフェ島でレジャー施設を営業しており、それがシーアムパークです。

オウムのほかに、ペンギン、ドルフィンなどを見ることができます。そのほかにチンパンジーや、カリフォルニアシーライオンなどもいます。

4.ラグーナ

テネリフェ島の見どころは自然もありますが、歴史的な建築物を見て歩くのもおすすめです。島はカナリア諸島の中では一番大きいといわれています。テネリフェ島は東京都と同じぐらいの大きさなので、中心部や町の歴史的地区を歩いたとしても時間はかからないでしょう。

特にラグーナエリアは、おすすめの建物が多く並んでいます。散策で疲れた足を休めるのにぴったりなカフェや飲食店も多くテネリフェ島おすすめの観光地です。

5.La Orotava(ラ・オロタバ)

ラオロタバは、テネリフェ島にある古い町並みのひとつです。坂道で石畳みがとても美しいエリアです。テネリフェ島にはそのような美しい町並みが残っていますので、ぜひ、カメラを片手に歩いてみるとよいでしょう。

バルコニーにはお花が綺麗にかざってあったり、16世紀ほどの建物は、とても特徴的でどれもインスタ映えする写真を撮ることができるでしょう。

6.バイキングテネリフ

テネリフェ島の南側にあるバイキングシップが一隻泊まっています。バイキング船に乗り冒険旅行にいくことができるのがRagnak バイキングアドベンチャーオブアトランティックオーシャンです。

朝十時が最初の出稿でおよそ二時間、午後からは三時間となっています。夕方にもアドベンチャーがあり、毎週金にょうびに二時です。子供連れのファミリー向けですが、大人でも十分に楽しめます。ぜひ参加してみましょう。

7.テイド天文台

テネリフェ島の観光スポット13選|おすすめの食べ物は?

テネリフェ島で天体観測をしてみませんか。ガイドがついてテネリフェ島の空をたのしむことができるのが、テイド天文台です。周囲も島ということもあり、空を見るのには絶好のスポットであるテネリフェ島で、丁寧な説明つきで太陽を楽しんだり夜空を楽しむことができます。

予約が必要なので、気になる方は、早めに連絡しましょう。

8.テネリフモンキーパーク

テネリフェ島で動物にふれあいたいとおもったら、テネリフェ島動物園モンキーパークへ行ってみましょう。モンキーズーパークとよばれる動物園のこちらでは、観光客はもちろん、地元の人も多く訪れて猿と触れ合うことができます。

動物を触れ合った後は、館内にあるレストランで食事をすることもできます。Llano Azul Arona, 38650 Los Cristianos, Arona, にあります。

9.イルカやクジラを見る

テーマパーク内で海の生き物のショーをみたりするのもいいですが、野生のクジラやドルフィンを見るツアーに参加してみるのはいかがでしょう。テネリフェ島ではクジラやドルフィンを見に行くツアーがあります。

英語もしくはスペイン語のガイドがおおいですが、3時間ボートセイリングも兼ねてのプチ旅行はなかなか面白い体験でしょう。

10.スクーバダイビング

テネリフェ島ではスキューバダイビングも人気です。もちろんシュノーケリングも可能です。おおきな亀と一緒に写真をとることができるうえに、ガイドがついてなので安心して初心者からダイビングを愉しむことができるでしょう。

アクティビティツアーは、ネットでもさがすことができますし、ネットだと心配という人は、現地でツーリストインフォメーションで相談しても良いでしょう。日本から旅行代理店を通してもいいです。

11.Puerto de la Cruz

テネリフェ島の観光スポット13選|おすすめの食べ物は?

ビーチリゾートとして知られるPuerto de la Cruz(プエルト・デ・ラ・クルス)は、サンタクルスとは反対側の海にあります。車でちょうど30分帆です。歴史のある地域のリゾート地で、ローカルな雰囲気を味わうことができおすすめのビーチです。

地元民利用のお店も多いために、のんびりと買い物をして数日滞在するにはおすすめのところです。

12.サンタクルスでショッピング

テネリフェ島の中心地サンタクルスでショッピング楽しまれるのもいいでしょう。Centro Comercial Meridianoは、夜22時まで営業しているショッピングモールの一つです。レストランからファッションまでいろいろと店舗がはいっていますし、幅広い年齢層の人が訪れても楽しめるようになっています。

Park Boulevard Mallも二階建てのモールでちょっとした食品から服に雑貨と販売されています。

13.Garachico散策

テネリフェ島で奇妙なプールを見たいと思ったら、がガラチコという港町を訪れてみましょう。噴火で溶岩に埋まってしまった港町には、溶岩がかたまってできたプールがあります。それがまた見どころの一つとなっています。

小さな町ですが、宿泊してみるのも楽しいところです。サンタクルスから車でおよそ1時間ほどのところです。

テネリフやカナリア諸島に興味を持ったら

カナリア諸島 たびたびの旅

Amazonで見る

楽天で見る

口コミ

超おすすめ!日本の窮屈な生活に疲れたときに読む本としては最適!スペインの中でも特に「のんびり&ゆったりそして人間らしい生活」のおくれるカナリア諸島。

テネリフェ島を含むカナリア諸島に興味をもったら、こちらの本「カナリア諸島たびたびの旅」を読んでみるのはいかがでしょうか。

スペイン本国とも違うカナリア諸島での生活についてを書いた本です。読み物としてもとても面白く、読みやすい本です。

テネリフェ島のおすすめ料理4選

先ほどは、テネリフの観光名所を中心にご紹介してきました。ここではテネリフ島のグルメについての紹介です。ここでは伝統的なカナリア諸島全域・テネリフで食べられている食事を四つご紹介します。

1:モホソース

スペイン料理でもおなじみのモホソースは、ポテトなどにかけて食べるのが一般的です。モホというのはソースのいみで、オリーブオイルを使ったもの、スパイシーなものとバリエーションも豊かです。クミン、コリアンダーなどのハーブを上手に使ったソースで、お店で食べる時はレストランオリジナルのソースが出てきます。

市販されているものもあるので、スーパーでチェックしてみましょう。

2.パパスアルガダス

お芋の料理で、パパスアルガダスというのがあります。ジャガイモの皮がしなって、しわしわになっていることからしわしわ芋という意味があります。伝統的な茹でたいもの料理で、カナリア諸島全般でみられる家庭的な料理の一つです。

これに先ほど述べたモホソースをつけたりして食べます。この料理は新ジャガイモでつくられるりょうりで、一般的には、塩をたして塩ゆでします。日本人にはなじみやすい味の料理です。

3:カルネ・カブラ

羊やヤギなどの肉が二が出てない人は、少し変わったお肉を食べに行かれてみるのはいかがでしょう。カナリア諸島にあるカルネ・カブラという料理は、山羊の肉を使った煮込み料理です。ジャガイモなどとたっぷりと煮込みます。

4.ゴフィオ

小麦を使った料理でゴフィオというのがあります。このゴフィオという料理は、カナリア諸島、テネリフィエ島の人にとってとても大切な食事の一つで、料理というよりは、ゴフィオという粉です。

カリビアン諸島でも食べられています。牛乳に入れて飲んだりする人もいますが、一般的には、スープに入れて食べます。

ひとによってはおにぎりのように外食用に、はちみづなどいれてスイーツにしたりとさまざまな食べ方がされています。

テネリフェ島の旅を楽しもう

テネリフェ島にいくには、日本から飛行機を利用して一度ヨーロッパの国のどこかへ飛ぶ形になります。直行便は欧州の国から出ているので、旅行会社で最もお得に行く方法を考えてみましょう。

欧州からだと飛行機ではなく、船でテネリフェ島へ行く方法もあります。日数がかかるところですので、どのようにしていくのがベストかいろいろと調べてみるのも楽しいでしょう。

プランを立てる時は、今回の情報を参考にしてみましょう。

この記事に関する情報もチェックしよう!

旅行をするときは、荷物が軽いほうが何かと動きやすく便利です。そんな時に衣類を小さくできる圧縮袋やスマートな収納方法を知っていると便利です。どんな圧縮袋があったり、キャリーへの収納方法があったりするのかを下記のリンクで知ることができます。

Related