Search

検索したいワードを入力してください

2018年11月02日

メデジンの観光スポット11選|コロンビアの治安事情は?

今回の記事では、コロンビアの第二の首都と呼ばれるメデジンがどういった都市なのかと言う点や、どのような観光スポットがあるのかなど、観光をメインに紹介しています。日本では行く人が少ないメデジンですが、山ほど観光スポットがあるため、気になった方は見てみて下さい。

メデジンの観光スポット11選|コロンビアの治安事情は?

メデジンとは

メデジンとは、薬のような名前で聞き覚えが無い方も多いでしょうが、コロンビアにある都市の名前になります。

コロンビアと言えば、何やら治安が悪そうだとか、物騒な事件をイメージしてしまいがちですが、コロンビア全体で見れば親日のコロンビア人はかなり多いです。

かつてコロンビアは殺人発生率が断トツで高かったというころもあり、悪いイメージになりがちですが、現在はその改善が大きく見られていることでも有名です。

コロンビア第二の都市

このメデジンは、コロンビアの首都ではありませんが、コロンビアの首都ボゴタに並んで大きい「コロンビア第二の都市」と呼ばれています。

何年か前に、一橋大学の学生が世界旅行中に寄ったコロンビアのメデジンで事件になったことがありましたが、その頃に比べても確実に治安は良く、決して旅行先として必ず行って危ないというような都市ではありません。

重要なのは、トラブルへの予防策なので、その点については後半に紹介します。

「最も革新的な都市」コンテストで1位

また、コロンビアのメデジンは2012年のウォールストリートジャーナルにおいて、「最も革新的な都市」コンテストで1位に選ばれました。

アンケートによって選ばれたのですが、選ばれた理由としては、メデジンの「近代的な交通網」に注目が集まったからだと言われています。

スラム街と都市部への交通網としてのケーブルカーや、スラム街に設置したエレベーター、他には公立図書館などを建てたことも要因と考えられます。

メデジンの観光スポット11選

メデジンでは、山の斜面にたくさんの家々が立ち並んでいるということもあり、その景色をロープウェイなどに乗って上から眺めると、日本では見られない素晴らしい景色が見られます。

そのため、夜景も山の斜面に沿ってライトアップされた家々によって美しく見ることができます。

また、おもちゃのような街や700段以上ある階段など、メデジンには観光として巡れる場所がたくさんありますので、ここから紹介していきます。

1:ピエドラ・デル・ペニョール

ピエドラ・デル・ペニョールは、悪魔の岩と呼ばれるもので、メデジンからは直通バスで1時間半程度かかる場所にあります。

メデジンに観光に来た方のほぼ全員が見に行くと言われる素晴らしい絶景が、とてつもなく大きい悪魔の岩の頂上から見渡せます。

一部では天空の城ラピュタのモデルとなった場所ではないかと言われており、途中740段もの階段を上る必要がありますが、登るだけの価値があり、まず日本では見られません。

2:グアタペ

グアタぺもメデジンを訪れた方ならほとんどの方が訪れる、まるでおとぎ話のような可愛らしい街並みが特徴の街です。

グアタぺはどこもかしこもカラフルでおもちゃのような外観をしている建物ばかりなので、ただ街を歩くだけでも楽しいと評判です。

また、グアタぺは、ピエドラ・デル・ペニョールに近い場所にあり、トゥクトゥクなどに乗って向かうことができます。

3:ロープウェイ頂上の夜景

メデジンは山の斜面にたくさんの家が立ち並んでいるので、昼間に見てもその景色は壮大ですが、最も美しいと言われるのはロープウェイの頂上から見下ろす夜景です。

ロープウェイは電車と直結しており、電車の料金のまま乗ることができます。また、登っていきながらも景色を楽しむことができるので、ロープウェイを使って夜景を見に行く方が多いです。

ロープウェイの頂上では、この世のものとは思えない景色が見れます。

4:スペイン公園図書館

メデジンに着たら、ぜひスペイン公園図書館に行きましょう。二つの黒いブロック型の建物になっており、貧困街に建てられたことにより、その景観はどこか見たこともない不思議なものになっています。

メトロのロープウェイを使って行けば行くことができるので、メトロを利用してみたいというかたにもお勧めできます。建物付近は貧困街で多少危険もあるため、外観だけ見たい方はそのままメトロで帰ることもできます。

5:植物園・科学館・プラネタリウム

スペイン公園図書館からメトロに乗って戻る途中の駅に、メトロUniversidad駅がありますが、こちらの駅では植物園や科学やプラネタリウムを扱ったアミューズメント館があります。

メトロUniversidad駅周辺から10分程度歩いた場所は、若干治安の悪いエリアもあるためそのあたりを昼間に歩くのはやめておきましょう。近くに大学もありますが、そのあたりは比較的安全なので歩いてみてもいいでしょう。

6:ボテロ・プラザとアンティオキア美術館

メトロParque Berrio駅周辺には、ボテロ・プラザと呼ばれる、フェルナンド・ボテロが創り出した銅像所狭しと並んでいる場所があります。

フェルナンド・ボテロは、メデジン出身の世界的「ぽっちゃり」芸術家であり、その近くにはボテロの作品をいくつも飾ったアンティキオ美術館があります。

7:サロン・マロガ

メトロSan Antonio駅周辺にあるのは、サロン・マロガと呼ばれるコロンビアの伝統的なカフェです。サロン・マロガは、コロンビアの伝統的なコーヒー文化を垣間見ることができる貴重な場所です。

味だけを見れば他の地域にもいくつもコーヒーショップはありますが、こちらの場所では、変わりゆくコロンビアと、変わらないコロンビアの名残をそこでコーヒーを飲む人々から感じることができます。

8:巨大ショッピングモール

メトロPoblado駅からタクシーまたは徒歩で行けるところに、メデジンの巨大なショッピングモールがあります。先進国でもあまり類を見ないほどの巨大な富裕層向けのショッピングモールです。

フードコートから眺める景色が良いと評判ですので、日曜の日中など商店街の店が閉まっている時間帯などに寄ってみてはいかがでしょうか。

9:Pobladoカフェ&バー通り

メトロPoblado駅周辺にあるカフェ、コロンビアのカフェ事情の最先端を行っているのが「Pobladoカフェ」です。昼は東京の代官山のような雰囲気で、夜は六本木のような雰囲気と、二面性を持っているエリアでたくさんのカフェや雑貨店、スイーツ店などが幹を連ねています。

また、Parque lleras(パルケ・ジェラス)周辺のバーでは南米のナイトライフを垣間見ることができ、新鮮な体験が楽しめます。

10:ベレン図書館

メデジンには、東京大学と連携して設計し建設した、ベレン図書館という施設があります。

こちらでは、週に何度か日本語教師のカオリさんが「メデジン日本語クラブ」を開いています。館内には、日本語の部屋やアートギャラリーなどもあり、Wi-Fi環境もあるため、少しくつろいで何か作業をしたいと言う方に好まれる場所です。

11:エスタディオアタナシオヒラルド・スタジアム

メトロEstadio駅周辺にあるコロンビアのサッカー文化を象徴する施設が、収容人数45000人規模のメデジンにあるサッカースタジアムです。

南米を代表する「アトレティコ・ナシオナル」と「インデペンディエンテ・メデジン」のホームスタジアムであり、南米チャンピオンを決める「コパ・リベルタドーレス」でも常連のため、国外から有名チームが試合に訪れることもしばしばあります。

メデジンに行くなら持っておきたい本!

タイトルを入力してください

Amazonで見る

楽天で見る

口コミ

これなしには旅には出られません。 最近は公式のサイトでも情報が見られるようですが、こういうエリアではスマホやタブレットをピコピコやるわけにはいきませんから、紙の本は必携ですね。

残念ながら、コロンビアやメデジンだけを取り扱っている日本人向けのガイドブックはあまり多くありません。

ですが、地球の歩き方シリーズは旅行ガイドブックとしてとても信頼性が高いため、コロンビアのメデジンに行く際には買って読んでおくことで損することはありません。

もちろん、他にも情報を揃える必要はありますが、まずはこちらの本を買って基本的なコロンビアの雰囲気を掴んでみて下さい。

コロンビアの治安事情

コロンビアは、かつて南米の危険地域と呼ばれていた国でもあるため、旅行の際不安な方も多いでしょうが、隣国のベネズエラに比べればはるかに安全な国です。

とは言っても、日本のような感覚で旅行に行っては危険な目に合うこともあるため、最低限の注意をして、しっかりと準備をした上で旅行に臨みましょう。

ここからは、そんなコロンビアの治安事情を紹介していきます。

90年代初めまで治安は最悪だった

かつて、麻薬王パブロ・エスコバルという人がいましたが、彼がいた頃のコロンビアの治安は最悪の状態でした。日暮れには外に出ると危険な状態であり、麻薬王が殺される90年代まではその状態が続きました。

麻薬王が生きていた頃は、麻薬の流通で大金持ちになった人や、麻薬に絡んでいる女優などもたくさんおり、国全体がマフィアと根強い結びつきをほどけないでいました。

今現在は、その治安事情も大きく変わりつつあります。

治安対策の効果で治安は良くなっている

コロンビアの首都ボゴタはまだ危険な面も多いですが、メデジンは治安対策の影響でかなり治安は良くなっています。

1990年には人口10万人あたり266件の殺人事件が起きていましが、2015年には人口一万人あたり20人と大幅な減少を見せています。

スラム街と都市部の交通網の整備や、なおかつスラム街に公立図書館などの公共の施設をいくつも作ったことで、風通しが良くなり今のような治安へと変わってきています。

メデジンを安全に観光するためのポイント

メデジンを観光するのであれば、やはり安全に観光するためのポイントを知る必要があります。

治安の良いエリアと悪いエリアを知ることや、夜の一人行動をしないこと、観光をする際にどのような行動を取るべきなのかを詳しく紹介していきます。

一つ一つ細かいポイントがあるので、確認してから観光に向かってください。

1:治安の悪いエリアを事前に調べておく

まずは、観光を楽しむ前にメデジンの治安の悪いエリアを聞き込みなどを通して調べておきましょう。インターネットで調べたり、事前にガイドブックなどを購入して読んでおくことである程度言っていい場所とダメな場所の区別がつきます。

現地についてからも、泊まった宿のフロントなどでメデジンの治安の悪いエリアを聞いておきましょう。現地の人しかわからないような場所もあるので、念には念を入れておくと安全です。

2:治安の悪いエリアには昼間でも近づかない

治安の悪いエリアが分かったら、その場所には昼まであってもできる限り近づかないようにしましょう。

興味本位で近づいたがために、持ち物を盗まれたり、何かの犯罪に巻き込まれるような危険性があります。

特に、メデジンでは二人組の強盗などがたまに目撃されているので、昼間であってもなるべく人の多い場所を選んで歩いて、治安の悪いエリアには行かないようにしましょう。

3:夜間の一人行動はなるべく避ける

歩いている場所が治安の悪いエリアではなくても、夜間に一人で行動することは危険なのでやめておきましょう。治安の悪いエリア以外でも、夜間になるとスラム街なども活発に動き出すこともあり、安全なエリアに危険人物が出歩いている危険性があります。

下手な犯罪に巻き込まれたくないのであれば、なおさら夜間の出歩きは厳禁です。どうしても必要な場合は、ガイドや現地人を連れたって歩きましょう。

4:宿泊先は周辺情報を調べてから予約する

宿泊先は観光においては最も重要なポイントとなってきます。

自分が一夜を共にする宿になるわけなので、その宿のある周辺エリアが安全でなれければ、自分自身も何か犯罪などの危険に巻き込まれる可能性が高くなります。

安いからといって、治安の悪いエリアやその場所に近い宿泊先にするのではなく、事前に安全な宿泊先であるか、またその周辺が安全であるかを調べてから予約しましょう。

5:スマホやカメラを出しながら歩かない

南米全体で強盗事件が頻発していますが、スマホなどの貴重品を持ち出歩ていると、そうした強盗事件の犯人のターゲットにされかねません。

そのため、なるべくスマートフォンなどはカバンなど安全に守れる場所にしまっておき、街を観光するようにしましょう。また、カメラなども貴重品に含まれるため、ターゲットにされたくなければ見えないカバンの中にしまっておくのがベストです。

6:人混みの場所ではスリに気をつける

「夜道を一人で歩くのは危険」などとよく言いますが、窃盗などのスリに関しては却って人込みの方が見つかりにくいため狙われやすくなります。

そのため、あまり混雑している場合は場所や時間帯を変えるなどで対処するか、もしくは盗まれないように持ち物にビニールをかけるなどしてスリ対策をしましょう。

7:カバンは前に背負う

メデジンに限らず南米全体でスリは日常的に起こっているため、どうしても被害に遭いたくないのであれば、持っているカバンやリュックなどは前に背負って歩くようにしましょう。

海外では、日本人は特に高価なものを持っていると思われ狙われやすいので、万全には万全を重ねて予防しておくくらいの準備が必要になります。

メデジンの旅を安全に楽しもう

メデジンの観光スポット11選|コロンビアの治安事情は?

ここまでメデジンがどういった都市なのか、また観光スポットや実際に観光する際にはどういった点に気を付ければいいのかなどについてご紹介してきました。

メデジンは危険だから行けないと思う日本人も多いですが、決してそんなことはなく、最低限の準備さえしておけば安全に、また日本ではお目に係れないようなものを見て味わうことができます。

行きたいと思った方は、この記事を読んでメデジンの旅を安全に楽しみましょう。

この記事に関する情報もチェックしよう!

メデジンなど、旅行するにあたって、旅行を数倍楽にしてくれる旅行グッズなどがさまざまに販売されています。

以下では、旅行には必須な衣類を圧縮することができる「圧縮袋」についてご紹介しています。衣類が最も嵩張るため、なるべく圧縮して持っていくことで荷物を空けることができます。

また、女性におすすめのキャリーケースなども紹介している記事があるので、気になった方はこちらの記事もチェックしてみて下さい。

Related