Search

検索したいワードを入力してください

2018年10月26日

ゴールドコーストのおすすめ観光10選と旅行ガイド

ゴールドコーストへの旅を考えてはいるけれど、サーフィン以外に何があるのかよくわからないという人や、何度も訪れている人も楽しめるおすすめの観光名所を10ヶ所まとめてみました。基本的な情報も掲載していますので、プランを立てるときの参考にしましょう。

ゴールドコーストのおすすめ観光10選と旅行ガイド

ゴールドコーストのオンシーズン

ゴールドコーストのおすすめ観光10選と旅行ガイド

ゴールドコーストとはどこにあるのでしょうか。ゴールドコーストは、オーストラリアにある世界的にも有名なレジャーエリアです。日本からすると南半球にあたる地域にあるゴールドコーストは、気候が反対なためにゴールドコーストオンシーズンは、日本が寒くなったときと考えて良いでしょう。

ゴールドコーストの気候と服装

ゴールドコーストのおすすめ観光10選と旅行ガイド

ゴールドコーストへの旅行ですが、いつ行くかによって着る服が変わってきます。年間を通して夏の気温は、30度前後です。つまりゴールドコースが夏の期間は、日本の夏の格好をしていけばよいでしょう。亜熱帯気候なので日本ほど湿気を感じずに過ごすことができ、一般的な夏服を用意するとよいでしょう。

ただし、注意が必要なのが日光です。南半球はオゾン層の破壊問題が深刻化しているエリアです。紫外線ケアだけ心がけましょう。

ゴールドコーストのおすすめ観光10選

それではここから、ゴールドコーストを楽しむためのおすすめの観光スポットご紹介していきます。よく知られた観光名所からあまりしられていないところまで厳選の10の観光名所です。

観光1:サーファーズパラダイス

ゴールドコーストの最も人気のエリアといえば、サーファーズ・パラダイスでしょう。まずはこのあたりから、観光を初めて見るのが良いでしょう。このエリアでは、ビーチでのアクティビティをたっぷりとたのしめるほかに、ショッピングやグルメも楽しめる施設が充実しています。

ゴールドコースト中心地ということで、多くの人が集まってきて賑やかなところですから、ただブラブラしていても楽しくおすすめの観光名所と言えます。

観光2:スプリングブルック国立公園

世界遺産にもなっているスプリングブリック国立公園へ観光に行ってみるのはいかがでしょう。オーストラリアの雄大な自然と滝を間近にみることができる名所です。公園内には、3つの展望台があり、そこから大自然を存分に楽しむことができます。

トレッキング時間は所要一時間程かかりますので、歩き慣れた靴を一足旅行バッグに入れていきましょう。ツアーでいくのがおすすめのゴールドコーストの観光名所です。

観光3:ホワイトウォーター・ワールド

子供連れの家族旅行なら一押しの観光名所がホワイト・ウォーターワールドです。ウォータースライダーなどがあるスイミングプールですが、海外の施設はカラフルでみているだけでもワクワクしてきます。

スライダーのスリリングさもダイナミックさもかなり違うので、是非予定がない日は、プランに入れてみてはいかがでしょう。ドリームワールドなど他の施設との共有チケットも発券されており安く入場できます。

観光4:シーワールド

海の生き物が大好きな人は、ダイビングやシュノーケリングなどを楽しむ他にも、ゴールドコーストでおすすめの水族館に行ってみるのはいかがでしょう。シーワールドは、水族館に遊園地がプラスしたような形の、楽しいレジャー施設です。

子供だけでなく大人も納得がいくダイナミックなショーを見ることができます。海をキーワードにしたテーマパークシーワールドは幅広い年齢層におすすめの観光名所です。

観光5:スカイポイント展望台

235mの高さからゴールドコーストの町並みを一望できるのが、スカイポイントQデック展望台です。ビーチサイドにあるたったの一つの展望台で、海も、町並みも両方見えるのが特徴の観光名所です。

昼間の展望台もおすすめですが、夜景も人気で、展望台施設内には、サンセットドリンクを飲むことができる場所もありますので、ロマンチックなひとときを過ごすことも可能です。360度のパノラマビューをぜひ楽しみましょう。

観光6:タンボリーン国立公園

トレッキングなどが好きな方、あるいはレンタカーを借りて山並みをドライブするならタンボリーン国立公園へ行ってみるのはいかがでしょう。丘陵からはゴールドコーストの町を見ることができ、景色も良い観光名所です。

ワイナリーも周辺にあるので、ワイン好きにはたまらない場所になることでしょう。ビジターインフォメーションセンターもあるので、詳しくはそちらでおすすめのスポットを聞き公園内をドライブ、周遊しましょう。

観光7:タイガーアイランド

ゴールドコーストのおすすめ観光テーマパークの一つなのがこちらの施設タイガーアイランドです。タイガーアイランドは、最大のテーマパークであるドリームワールド内にある施設のひとつで、オーストラリアの生き物たちとふれあうことができるのが魅力です。

スリルある乗り物が得意な人は、ライド系アトラクションも充実しているのでそちらで過ごす時間を多く摂ると良いでしょう。幅広い年齢層でたのしむことができる名所です。

観光8:レインボー湾

ゴールドコーストには様々な海岸があります。そのなかでも、静かなビーチで穴場なのがレインボービーチです。子供向けの遊具などもビーチにはあるので、幅広い年齢そうが訪れても楽しめる観光名所の一つです。ぼーっとするのもよし、サーフィンを楽しむもよしの素敵なビーチです。

穴場といえライフセイバーがいるビーチなので、安心して海を楽しみましょう。

観光9:マイアミ・マーケッタ

ゴールドコーストでお土産を買ったり、グルメを楽しむのにどこへ訪れると良いのか迷ったなら、多国籍な雰囲気がたのしいマイアミ・マーケッターがおすすめです。フラミンゴがたつ怪しげなゲート内は入場無料なので、お金がかからないというところがおすすめの理由の一つです。

ライブステージなども施設内ではあるので、グルメを楽しみながらローカル音楽を楽しんだりできるおすすめの観光名所です。

観光10:ワックスミュージアム

本物かと見紛うほど精巧にできている蝋人形がずらりとならんでいるのが、ワックスミュージアムです。ゴールドコーストで、天気が悪い時に園内の施設で楽しむならこちらがおすすめです。天気の良い日は自然をたくさん楽しみ、フリーの日もしくは天候が悪い日にこちらのミュージアムへ観光に訪れると良いでしょう。

一人で行くと、写真が撮るのが大変ですが、勇気をもって近隣の観光客に声をかけて撮影をお願いしましょう。

るるぶケアンズ ゴールドコースト

Amazonで見る

楽天で見る

口コミ

分かりやすく 良いと思います。 地図も見やすく この本でケアンズ 楽しめました。

ゴールドコーストへの旅行がはじめての人はもちろん、何度も行ったことがある人でも久しぶりなら、観光ガイド雑誌を購入して目を通しておくのがおすすめです。旅の情報師をつくりつづけている「るるぶ」ならではの視点で、おすすめのゴールドコーストの見どころを紹介してしていますので、役立ちます。

マップはデジタルが最近では便利ですが、アナログもわかりやすく、万が一、電池が突然切れた時に便利です。

ゴールドコーストについて

ゴールドコーストのおすすめの観光名所を10スポットほど紹介しましたが、ここからはゴールドコーストの基本的な情報をお届けいたします。ぜひ、旅までに基本的なことを頭に入れて、安全な観光旅行をしましょう。

国の正式名称と都市

ゴールドコーストというのは、都市名ですので、ただしくこの都市をいうとなるとオーストラリア連邦クイーンズランド州ということになります。ゴールドコースト市は、ローガン市ビーンリー、クーランガッタ地区ニューサウスウェールズ州と隣接しています。

ゴールドコースト市は、約南北に60キロメートルあります。

ゴールドコーストの治安

観光地として人気のあるゴールドコースト市の治安ですが、世界的に見ても安全な国に入ります。海外に行く時は、外務省のページでどのようなことが懸念されているかを確認しておくと良いでしょう。

現在2018年10月で、ゴールドコーストへ行くことに関して外務省のページでは特別目立つ記載はありません。

ゴールドコーストの通貨と時差

ゴールドコーストのおすすめ観光10選と旅行ガイド

ゴールドコーストはオーストラリアの国の都市なので、通貨はオーストラリアドルあるいはセントというものになります。単位はドルとセントにわかれており、紙幣は5.10.25.50.100でオーストラリアドルになります。コインのほうは、5.10.20.50セントの他に、さらに小さな1セント、2セントがくわわり、全部で六種類となっています。

ゴールドコーストへの行き方

ゴールドコーストへは、飛行機でいくことができます。東京、北海道札幌、大阪市、福岡市沖縄本島が主な出発地です。日本から直行便もでているので、アクセスはしやすいと言えます。値段に関しては乗る飛行機や時期によって変わってきます。直行便だと9時間の空の旅と楽しめます。

ゴールドコーストに行こう

ゴールドコーストのおすすめ観光10選と旅行ガイド

おすすめの観光名所10スポットをもとに、ゴールドコーストへの旅を計画されてみるのはいかがでしょう。日本が寒くなった頃に、暖かくなる南半球はとても魅力的です。寒い日本をしばしはなれて、サーフィンや海辺での散策を楽しめるのも南国ならではの楽しみです。直行便もでているので、予定もたてやすい観光都市と言えます。

ぜひ、安全に気をつけてゴールドコーストへ行ってみましょう。

この記事に関連する情報もチェックしよう!

下記のウェブサイトでは、オーストラリアの首都やオーストラリアに昔からいる先住民について詳しくまとめてあります。ゴールドコースト以外のオーストラリアの魅力を知ってみるのもいいでしょう。

Related