Search

検索したいワードを入力してください

2018年08月30日

ペトコ・パークの豆知識情報9つ|サンディエゴの魅力6つ

カリフォリニア州にあるペトコ・パークとは一体どんな場所なのでしょうか。ペトコパークについて簡単に理解ができるように、ペトコパークに関する情報を9つに分けてお届けします。また、ペトコパークがあるサンディエゴの町についても詳しく説明します。

ペトコ・パークの豆知識情報9つ|サンディエゴの魅力6つ

ペトコ・パークは街と一体化した球場である

カリフォルニアサンディエゴにある「ペトコ・パーク」は、2000年に建てられました。郊外にあるのではなく、町の中にある球場です。

球場設備のほかに、ビーチエリア、「ペトコ・パーク」を同じ芝生が使われているパーク・アット・ザ・パークでは子供たちが野球をすることができます。

ペトコ・パークの豆知識情報9つ

「ペトコ・パーク」とは何なのかを簡単に説明するために、今回は9つのポイントにわけて説明していきます。このポイントをしっかりを抑えることで、ペトコパークをよく理解できる豆知識となっています。

情報1「サンディエゴ・パドレスの本拠地である」

ペトコ・パークは、サンディエゴ・パドレスが本拠地としている球場です。サンディエゴ・パドレスは、ナショナルリーグ西地区に所属しているMLBの一つです。

サンディエゴ・パドレスができたのが1969年ですが、2004年にペトコパークが開場していらい、そこを本拠地としています。

情報2「2004年に開場」

サンディエゴ・パドレスがペトコ・パークを本拠地として使い始めた2004年が、ペトコ・パークの生まれた年でした。このペトコ・パークができるまでにいろんな問題があり、一時は工事もとまていましたが、サンディエゴ市などの助成もあり会場ができました。

情報3「収容人数は4万人を超える」

2004年にオープンしていらい、人もペットも一緒に入場できる野球場として人気の「ペトコ・パーク」ですが、この「ペトコ・パーク」は、一体何名ほど収容ができる野球場なのでしょうか。満員の時は、42445人の収容が可能です。

情報4「近くに海がある」

ペトコ・パークの豆知識情報9つ|サンディエゴの魅力6つ

「ペトコ・パーク」からは、徒歩20分で海を見ることができます。近くには、エンバーカデロマリーナ・パークがあります。遊歩道もあり、海を見て過ごすことができます。市民がいこうことができるように、自転車道路なども整備されています。バスケットボールなどもできる広場があります。

パブリックアートなどもみることができるので、天気が良い時はマリーナ周辺を散策してみるとよいでしょう。

情報5「ホームランの出にくい球場である」

「ペトコ・パーク」においてホームランがでる確率というのは、例年最下位です。その理由は、「ペトコ・パーク」の独特の形によるものです。「ビルジェームスハンドブック2011」という本の中では、ホームランがでにくい野球場として、2位にランキングしたことがあるほどです。

情報6「ダウンタウン内にある」

ペトコ・パークは、海にも近く、町中にある交通の便利なところにある野球場です。すぐそばにサンディエゴ・セントラル・ライブラリー、シアターなどがあります。レストランやスーパーなどもそばに点在し、「ペトコ・パーク」周辺を歩くだけでサンディエゴの街中を楽しむことができます。

情報7「アクセスの利便性が高い」

ペトコ・パークは駐車場もあるので、自家用車でもアクセスができます。ほかに、町の中にある野球場ということで交通公共機関を利用しても気軽に行くことができます。つまり、車でも公共交通機関でもアクセスできる利便性が高いところにある球場です。

ペトコ・パークへ行く人の多くが便利なトロリーを利用するでしょう。一日乗車券も発売しています。ペトコ・パーク周辺は見所がいっぱいなので、一日券で見て回るのもいいでしょう。

情報8「WBCの会場になったことがある」

ワールド・ベースボール・クラシックは通常WBCという名前で知られています。このWBCは、「ペトコ・パーク」を本拠地として活躍しているサンディエゴ・ぺドレスが所属しているメジャーリーグの選手会にって作られたものです。

2006年に開催されたWBCは「ペトコ・パーク」でした。この「ペトコ・パーク」での試合で日本が初優勝したのを覚えている人も多いでしょう。

情報9「サンディエゴ観光には欠かせない」

「ペトコ・パーク」の周りはトロリーで見て回ることができるし、周辺には様々な観光スポットがあります。また、野球好きなら試合があるかをチェックして「ペトコ・パーク」球場で野球を楽しむことができます。その点でもサンディエゴ観光からは外せません。

試合がないオフシーズンでも見学が可能ですので、ぜひ訪れてみましょう。

ペトコ・パークを含むサンディエゴ観光におすすめ

「ペトコ・パーク」の周りは様々な観光名所があります。サンディエゴの街をより楽しんで観光するには、定評がある観光雑誌「地球の歩き方」のサンディエゴ版を手にしておくと役に立つでしょう。

購入される際に、出版年を確認するのを忘れないようにしましょう。情報が古すぎて使えない場合があります。

サンディエゴの魅力6つ

ここでは、西海岸で人気の地域であるサンディエゴについて説明します。カリフォルニア州にあるサンディエゴは、同じくカリフォルニア州になるLAについで人口が多い場所として知られています。そんなサンディエゴはどんな特徴がある街なのでしょうか。サンディエゴの魅力がわかる6のポイントをご紹介します。

魅力1「陽気な人柄」

太陽が常に差し込み青い空と海そして、フルーツとナッツの国としてしられるカリフォルニア州にあるサンディエゴは、町のイメージどおりに、明るく陽気な人がらの人が多いです。温暖な天候であることが、性格に関与していると言われています。

天気が朗らかだと雨の日よりもでかけたくなる気持ちが強くなるでしょう。それに似ていると思えば、サンディエゴの人たちが陽気であることの原因がわかるのではないでしょうか。

魅力2「カラッとした気候」

場所によってサンディエゴの機構は若干かわりますが、「ペトコ・パーク」がある沿岸部のあたりは他のサンディエゴの気候と違い年間を通じて夏はすずしく、冬は温暖な気候です。湿気もなくカラッとした一年を通して快適な気候だと言われています。

魅力3「クラフトビールの産地である」

ペトコ・パークの豆知識情報9つ|サンディエゴの魅力6つ

聖地巡礼旅が流行っています。アニメに出てきた場所を訪れたり、好きな映画のロケ地を訪れたりするのが人気です。ビール好きにはサンディエゴがそんな聖地巡礼旅のひとつとしておすすめできます。

サンディエゴでは140をこえるビール醸造所があると言われています。サンディエゴの天気に合うあなたなりの味に出会えるでしょう。

魅力4「メキシコ文化に触れられる」

カリフォルニア州にあるサンディエゴは、メキシコ国境の町です。そのためメキシコからの移民が多くいて、アメリカでありながらスペイン語を耳にすることが多いです。町には移民のひとがもたらしたメキシコグルメなどがあり、メキシコ文化にふれることができる町です。

魅力5「美しいビーチリゾート都市」

ペトコ・パークの豆知識情報9つ|サンディエゴの魅力6つ

サンディエゴは、太平洋に面したカルフォルニア州にある都市です。100kmをこえる海岸線に白い砂浜と青い海のビーチはとても美しく、多くの人が観光やマリンアクティビティを楽しみに訪れます。ビーチによっては、ビクトリア朝のホテルがあったりと、滞在するホテルもユニークです。

魅力6「大人も楽しめる観光スポットが多い」

ビーチリゾート地としても知られるサンディエゴは、幅広い年代の方が楽しむことができる都市です。ビーチではマリンスポーツをはじめ、ホエールウォッチングなどのクルージングがあります。

メキシコン移民の文化や歴史的にふれることができる散策路がマリーナそばにあります。軍事関連や鉄道関連の博物館も充実しています。絶景も多く、サンセットが見どころの公園も海沿いに点在します。

ペトコ・パークの情報通になりましょう

日本からペトコ・パークがあるサンディエゴまでは10時間ほどの空の旅です。メキシコの文化が混ざったところです。前述したように、幅広い年齢層が訪れても楽しい見どころがいっぱいです。旅する前に、サンディエゴの町の情報を沢山手に入れて、楽し旅をしましょう。

その他の観光に関する内容も見てみよう

ペトコ・パークやビーチなどの観光地が目を引くサンディエゴですが、スペインやメキシコの文化が色濃く残る土地です。アメリカに観光しながら、他国の文化にも触れることができます。

日本は、どこかの国の領土になったことはありませんが、近隣との文化交流から他国の文化の影響を受けています。下記のリンクでは国内のおすすめ旅行先が紹介されています。ぜひ、自分らしい旅を発見してみましょう。

Related