Search

検索したいワードを入力してください

2018年12月07日

可愛いカピバラの赤ちゃんを見られるレジャースポット7選

近年人気が高まり、飼育する動物園も多くなってきたのがカピバラです。カピバラは非常に温和で大人しく、人間にも懐きやすい動物として人気が高まっています。そんなカピバラの赤ちゃんはさらに可愛いんです。カピバラの赤ちゃんが見られるスポットをご紹介します。

可愛いカピバラの赤ちゃんを見られるレジャースポット7選

カピバラってどんな動物?

可愛いカピバラの赤ちゃんを見られるレジャースポット7選

ずんぐりとした見た目につぶらな瞳が可愛いカピバラは、年々人気を博し今では動物園の人気者となっています。カピバラは、世界最大のネズミの仲間です。ハツカネズミのようなネズミをイメージすると、同じネズミの仲間とは思えません。

カピバラを見たことがある人も多いとおもいますが、カピバラってどんな動物なのでしょうか。カピバラについて見ていきましょう。

カピバラの生息地

カピバラの生息地は、南アメリカ東部のアマゾン川流域を中心とした、温暖な水辺です。水辺近くの草原や熱帯雨林など水辺近くであれば、さまざまな環境で生息することができます。

陸上での、のんびりとした動きからは想像できないほど泳ぎが得意で、ガラス張りで飼育されているところではアグレッシブな泳ぎを見ることもできます。

カピバラの好物

カピバラは植物食の動物なので、イネ科の植物が大好物です。他には、リンゴやスイカなどの果物も好んで食べます。

野生のカピバラは、主に水辺のイネ科の植物を食べていますが、動物園などで飼育されているカピバラは、牧草に加えて野菜や果物などを与えて栄養のバランスをとっています。

カピバラの赤ちゃんが見られるスポット7選

カピバラは一度に多くて8匹程度の赤ちゃんを産みます。大人のカピバラも十分に可愛いですが、カピバラの赤ちゃんはさらに小さくて可愛いので、一度見たら虜になってしまいます。

カピバラの赤ちゃんの体長は20から30センチほど、体重は1から1.5キロくらいしかありません。カピバラは成長が早いので、赤ちゃんに出会えたらラッキーです。カピバラの赤ちゃんが見られるスポット7選をご紹介します。

1:神戸市立王子動物園

神戸市立王子動物園は王子公園内にあり、約130種800点の動物を展示しています。ジャイアントパンダとコアラを一緒に見られる日本で唯一の動物園ということでも有名です。

神戸市立王子動物園のカピバラは、広々としたスペースでの単独飼育で、ふれあいやエサやりはできませんが、のびのびと生活するカピバラを見ることができます。赤ちゃんも頻繁に生まれているので、赤ちゃんを見られるチャンスの多い動物園です。

2:伊豆シャボテン動物公園

伊豆シャボテン動物公園は、1500種類のサボテンと120種類の動物を一緒に見ることができます。放し飼いにされている動物も多く、見るだけでなく動物と触れ合うことができる人気の動物園です。

カピバラとも触れ合うことができ、エサやり体験などができます。カピバラ露天風呂の元祖と言われており、露天風呂につかるカピバラを見ることができます。2018年3月には2頭のカピバラの赤ちゃんが生まれています。

3:那須どうぶつ王国

那須どうぶつ王国は、栃木県那須高原にある全天候型の動物園です。カピバラのほかにもアルパカやハシビロコウなどが出迎えてくれます。足湯に入りながらカピバラを見ることができます。

カピバラの展示スペースも広く、直接中に入ってカピバラと触れ合うことができます。露天風呂に浸かって気持ちよさそうにしているカピバラを間近で見ることができます。カピバラの数も多いのでタイミングが合えば赤ちゃんを見ることができます。

4:旭川市旭山動物園

旭川市旭山動物園では、ジェフロイクモザルとカピバラが同居する「くもざる・かぴばら館」があります。ジェフロイクモザルとカピバラを同時に見られるのは珍しいのでおすすめです。

温暖な地域に生息しているカピバラには、旭川市の冬の寒さは厳しいため冬季の展示はしていません。カピバラの赤ちゃんを見に行く際には、時期に気をつけてください。

5:長崎バイオパーク

カピバラの飼育数が最も多い動物園が、長崎バイオパークです。常時約30頭が飼育されていて、実質放し飼い状態になっており、自由にカピバラに触ったりエサを与えたりすることができます。

露天風呂はもちろん打たせ湯もあり、お湯に浸かるカピバラを間近で見ることができます。カピバラの飼育数が多いので、毎年のように赤ちゃんが生まれています。

6:埼玉県こども動物自然公園

埼玉県こども動物自然公園では、10匹以上が入れる大きな岩風呂があり、くつろぐカピバラを見ることができます。有料ですが、足湯に入りながら間近でカピバラを見られるイベントなども開催しています。

2018年10月には5頭の赤ちゃんカピバラが誕生しました。小さな赤ちゃんカピバラが温泉に浸かる姿は悶絶級の可愛さです。ぜひ、埼玉県こども動物自然公園にカピバラの赤ちゃんを見に行ってみてください。

7:神戸どうぶつ王国

ポートアイランド内にある全天候型テーマパーク神戸どうぶつ王国では、カピバラは放し飼い状態で飼育されています。カピバラの大好きな熊笹をエサとして与えることができます。

人が歩く通路をカピバラが歩いていたり、人との距離が近いのが魅力です。全天候型なので、天気に左右されず、カピバラの赤ちゃんに会うことができます。

カピバラ好きのあなたにおすすめの一冊

口コミ

動物園でのカピバラもかわいいですが、自然界のカピバラも大自然の中での他の動物との ふれあいなどが感じられて、また一味違ったカピバラに会えます。

動物写真家・岩合光昭さんが、ブラジルのパンタナールで撮影した野菜のカピバラの写真集です。鳥が頭や背中に乗っても気にしないのんびりとしたカピバラから、天敵ジャガーから逃げる野性味あふれるカピバラまで、動物園のカピバラでは見られない野生のカピバラを凝縮した写真集です。

とは言っても基本的には可愛いカピバラ、見れば見るほど癒されます。カピバラ好きなら、持っていても損はしないおすすめの一冊です。

カピバラの赤ちゃんが愛される3つの理由

可愛いカピバラの赤ちゃんを見られるレジャースポット7選

見た目からして可愛い、なんだか見ているだけで癒される動物それがカピバラです。カピバラは大人でも十分可愛いし癒されますが、赤ちゃんの可愛さは天下一です。カビパラの赤ちゃんが愛される理由を3つ探ってみましょう。

その1:おっとりした性格

カピバラの赤ちゃんの性格は、その見た目とおりおとなしくおっとりとしています。ぼけーっとしていて、他の動物に何をされても大概のことでは怒ったりしません。

大人のカピバラでもおっとりとして大人しいのですが、生まれたばかりの赤ちゃんは警戒心が無いため大人以上におっとりしています。見た目とおりのおっとりとした優しい性格も、カピバラの赤ちゃんの魅力です。

その2:友好的な性格

カピバラは非常に友好的な性格をしており、人間にもよく懐きます。元々、多少のことでは動じないおっとりとした性格をしているので飼育しやすい動物でもあります。

赤ちゃんになるとさらに穏やかで、怒るということは滅多にありません。他の動物に対しては無関心ですが、家族や群れの仲間にはとても優しいのもカピバラの特徴です。赤ちゃんカピバラであれば、人を仲間と認識しとことん懐いてくれます。

その3:おおきな瞳

赤ちゃんカピバラの最大の魅力は、なんと言っても大きなつぶらな瞳ではないでしょうか。もふもふの毛並みに大きな黒いまんまるの瞳、可愛くないはずがありません。

ぼーっとしていたり、目を細めていたりすることが多いですが、くりくりとした大きな瞳は赤ちゃんカピバラの最大の魅力と言っても過言ではありません。

癒し効果のあるカピバラの赤ちゃんを見に行こう

見ているだけでも癒される、癒し効果バッチリのカピバラの赤ちゃんは機会があったらぜひ見に行っていただきたい動物です。大人でも可愛いのに、赤ちゃんになればさらに可愛さは倍増します。

ぼーっと日向ぼっこをしているカピバラの赤ちゃんは見ているだけで癒されます。見ているだけで癒される動物はなかなか貴重です。何かに行き詰ったらカピバラの赤ちゃんを見て癒されましょう。

この記事に関する情報もチェックしよう!

カピバラについて見てきましたが、この記事に関連する情報を集めてみました。見るだけで癒されるカピバラはデートで訪れるもよし、なスポットです。

誰が見てもつい眺めてしまうカピバラは、誰と行っても楽しめる場所でもあります。カピバラの赤ちゃんの情報が手に入ったらぜひ誰かを誘って出掛けてみてください。

Related