Search

検索したいワードを入力してください

2018年12月05日

伏見稲荷大社のおもかる石|伏見稲荷大社を楽しむ7つの見どころ

伏見稲荷大社に鎮まる「おもかる石」をご存知ですか。パワースポット巡りがお好きな方々の間でも有名な、願いごとが叶うかどうかを教えてくれるとされる石です。本記事では、「おもかる石」を始め、尊い伏見稲荷大社の魅力について、詳しくお伝えします。

伏見稲荷大社のおもかる石|伏見稲荷大社を楽しむ7つの見どころ

伏見稲荷大社とは?

伏見稲荷大社のおもかる石|伏見稲荷大社を楽しむ7つの見どころ

京都市伏見区に鎮座される神社、「伏見稲荷大社」は、「千本鳥居」や「おもかる石」などで人気を集める、美しい祈りの地です。「お稲荷様」は日本全国に30000社も存在すると言われ、その総本宮が、「伏見稲荷大社」です。

御祭神は「稲荷大神様」で、五穀豊穣や家庭の安寧、願いごとの成就などを祈願したいと、たくさんの方々が参拝されます。海外からはるばる来られる方々も多く、幸せになりたいという想いが集まっています。

1:伏見稲荷大社の歴史

伏見稲荷大社のおもかる石|伏見稲荷大社を楽しむ7つの見どころ

伏見稲荷大社の御祭神、稲荷大神がご鎮座された時期は、大変歴史をさかのぼった和銅4年、奈良時代とされ、以降多くの方々からの信仰とともに現代を迎えられました。

1300年以上もの時を経て、私達の祈りに寄り添ってくださる伏見稲荷大社には、昨今「おもかる石」の人気やパワースポットブームの熱も相まって、参拝される方が増え続けています。

2:伏見稲荷大社への行き方

伏見稲荷大社のおもかる石|伏見稲荷大社を楽しむ7つの見どころ

伏見稲荷大社は、JR奈良線の稲荷駅から電車を降りてすぐのところにあり、市バスでの移動も、わかりやすくておすすめです。京阪本線の伏見稲荷駅から電車を降りて、5分ほど歩く道もあります。

自動車でアクセスされる場合は、阪神高速道路の上鳥羽出口から、およそ10分ほど、名神高速道路の京都南インターからは、20分ほどで到着しますが、道路は大変混み合いますので、お気をつけください。

3:伏見稲荷大社の料金情報

伏見稲荷大社のおもかる石|伏見稲荷大社を楽しむ7つの見どころ

「おもかる石」や伏見稲荷大社の拝観料は無料ですが、お守りや神札をいただく際には、初穂料を納める必要があります。ご祈祷を受けることもできますので、伏見稲荷大社の公式サイトにて、詳しい情報をご確認ください。

お守りの初穂料は、一体あたり500円から1500円ほどです。願意によりいくつもの種類がありますので、心を惹かれましたら、ぜひいただいてみてください。

おもかる石とは?

伏見稲荷大社のおもかる石|伏見稲荷大社を楽しむ7つの見どころ

伏見稲荷大社には、「おもかる石」という、いま抱いている願いが叶うかどうかを試すことのできる石があります。「重い」「軽い」が合わさって、「おもかる石」という名前になります。

「おもかる石」を持ったときの重さがどう感じるかで、願いが叶うかどうかが判断されます。伏見稲荷大社にお出掛けの際には、「おもかる石」をぜひ持ち上げてみてください。

1:おもかる石の歴史

伏見稲荷大社に続く「おもかる石」の歴史は、占卜の一種として古くから存在したということの他は、一般にはあまり詳細が伝えられていません。

「おもかる石」にはたくさんの方々の念、願いがこもっていること、多くの祈りを受けとめてきた石として、通常の石が持つ歴史とは異なることは確かです。

2:パワースポット

「おもかる石」の存在する伏見稲荷大社そのものが、祈りの心を集め続けてこられたパワースポットですので、赴かれることで、目に見えないエネルギーをチャージできることでしょう。

「おもかる石」は伏見稲荷大社だけではなく、他の地に開かれている神社にも存在しており、どこか畏れを抱く気持ちを湧き起こさせます。

3:体験内容

「おもかる石」を持ち上げた時、もし「軽い」と感じたなら願いが叶い、「重い」と感じた場合は叶いにくいとされ、体験される方々は皆さん笑顔になったり、お友達と盛り上がったりと楽しまれています。心弾む思い出を持ち帰られることでしょう。

切実な願いを抱いて「おもかる石」を持ち上げる方もいらっしゃいます。伏見稲荷大社の神様は、そんな方々の心を見守り、きっと導いてくださいます。

神社に参拝したい方におすすめの本

日本の神社100選 一度は訪れたい古代史の舞台ガイド

Amazonで見る

楽天で見る

口コミ

神社好きで各地を巡っている私はこのような本が好き。これを片手に神社巡りに出かけたい。

日本国内に神様の御息吹が鎮座する、歴史のある神社が100社も紹介されている素晴らしい書籍です。ページをめくっているだけでも、尊い神様の息吹を与ることができます。ガイドブックとしてもおすすめです。

遠い古来から続く日本の祈りに、想いを馳せてみてはいかがでしょうか。私達は護られているのだと、心深くに安心感を抱く時間を過ごせます。

伏見稲荷大社を楽しむ7つの見どころ

伏見稲荷大社のおもかる石|伏見稲荷大社を楽しむ7つの見どころ

「おもかる石」の他にも、「千本鳥居」や「熊鷹社」、「御剣社」など、伏見稲荷大社に参拝の際には、ぜひ巡り会っていただきたい見どころがたくさんあります。

伏見稲荷大社は、古来から人々の祈りを集める神社です。周辺を巡っているだけでも、どこか心安らぐひとときを過ごすことができます。以下にご紹介する場所などを見てきたなら、ご家族やお友達へのお土産話として、きっと素敵な想い出を語ることができます。

1:千本鳥居

伏見稲荷大社に荘厳な空間を作り出される「千本鳥居」は、朱色の連なりが圧巻の景観で、観光客の方々にも人気があります。祈りと感謝の想いを捧げる形として鳥居を奉納するという風習が、たくさんの鳥居が並ぶ景色に繋がりました。

他に二つとない場所の雰囲気は、海外から来られた方々をも驚かせています。

2:熊鷹社

「熊鷹社」は、行方がわからなくなった方の手がかりを掴むことができるとされる「こだま池」を擁する神社です。「熊鷹社」の奥に位置する「こだま池」は、手を打ち鳴らし、こだまが返ってきた方向に、見つけたい人の姿があるといいます。

素朴なお社の佇まいには、どこか優しさが感じられます。

3:御剣社

「御剣社」は、神祭の清き場として古くから信仰を捧げられ続けてきたお社です。稲荷山に尊い空間が広がっています。数多くの祈りを受けとめられてきた神聖な場です。伏見稲荷大社へ参拝される際には、ぜひ伺ってみてください。

4:伏見神寶神社

「伏見神寶神社」は、伏見稲荷大社に並ぶ千本鳥居近くの丘に鎮座される神社です。主祭は天照大神、「神宝さん」とも呼ばれます。平安時代から続く歴史の中、人々の信仰を集めてきた神社です。ぜひお参りしてみてください。

5:キツネの口入人形

伏見稲荷大社の神体山、稲荷山にある荒木神社には、「キツネの口入人形」という可愛らしいお人形があり、願いを叶えてくださるといいます。良縁の縁結びが期待できます。

願いが叶った後は、ご自宅に置くなり、神社に奉納するなりと、感謝の気持ちを込めましょう。ひとつひとつ手書きでキツネの顔が描かれた素焼きのお人形は、幸せを運んでくれる使者として人気を集めています。

6:稲荷茶寮

「稲荷茶寮」は、京都伏見区にお店を構えられる、抹茶やぜんざいのの美味しい甘味処です。オシャレな和風の空間で、生菓子や煎茶、かき氷などを楽しむことができます。

京都紅茶や宇治抹茶を召し上がって、心豊かな時間を過ごされてください。伏見稲荷大社にご参拝の際に、とてもおすすめの素敵な茶寮です。お友達と、ご家族と、またはひとり旅の想い出として、素晴らしい甘味を満喫してください。

7:スズメの丸焼き

伏見稲荷大社の参道には、なんと「スズメの丸焼き」を提供されるお店があります。「おもかる石」に出会った日の明るいお土産話に、衝撃的な想い出の追加はいかがでしょうか。

諸説ある「スズメの丸焼き」の由来ですが、その昔、五穀豊穣の実りをお授けくださる伏見稲荷の神様へのお供え物として、穀物を食べてしまうスズメを焼いたとの説も有力です。スズメの味わい、体験してみるのも度胸がつきそうで、ほのかにおすすめです。

伏見稲荷大社はおもかる石以外も魅力的

伏見稲荷大社のおもかる石|伏見稲荷大社を楽しむ7つの見どころ

千本鳥居や茶寮などを始め、伏見稲荷大社にはたくさんの魅力があり、祈りの聖地としての空気も格別です。お社の外観は美しく、厳かな雰囲気もあり、参拝される方々を迎えられています。

神社の境内に広がる自然の空気を吸い込むだけでも、気分が爽やかに変わります。「献花祭」や「御神楽」など、祭礼や神事も執り行われており、とても神秘的です。少し時間をとって、伏見稲荷大社へお祈りに行かれてみてはいかがでしょうか。

この記事に関連する情報もチェックする!

伏見稲荷大社のおもかる石|伏見稲荷大社を楽しむ7つの見どころ

「おもかる石」を始め、伏見稲荷大社の魅力についてお伝えして参りましたが、素敵な京都を楽しむために、上質な情報満載の、他の記事もぜひご参照ください。

夏の京都や観光スポット、日本で暮らす日本人として、ぜひ巡ってみたいおすすめスポット情報がぎっしり詰まっています。お休みの日の楽しみとして、素晴らしい街、京都を散策してみてはいかがでしょうか。歴史のたなびく美しい景色があなたを待っています。

Related