Search

検索したいワードを入力してください

2018年12月05日

ステンドグラスが美しい教会10個|ステンドグラスの教え4つ

日本には古くからの教会がたくさん存在しています。なかには美しいステンドグラスが窓に設置された教会もあります。ステンドグラスを鑑賞できる教会をご紹介します。ステンドグラスの歴史やキリスト教との関係も知ってステンドグラスの美しさを楽しんでください。

ステンドグラスが美しい教会10個|ステンドグラスの教え4つ

ステンドグラスが美しい教会は一度は行く価値がある

中世ヨーロッパでキリスト教の教会を中心に窓の装飾として発展したステンドグラスは、日本にも輸入され、明治時代には制作技術を身につけた日本人により造られるようになりました。教会以外の多様な建築物にも広がり、規模の大きいものは国会議事堂で13ヶ所のステンドグラスが配置されています。

教会のステンドグラスは、その美しく神秘的な光に神が宿っていると教えられ、キリスト教徒の礼拝や信仰として発展していきました。

ステンドグラスが美しい教会10個

教会のステンドグラスは、美術装飾品として楽しむだけではなく、歴史的背景や宗教との関係を知るきっかけにもなります。ステンドグラスが中世で栄えた理由は、純粋な美の追求ではなく信仰との深い関わりや聖職者の腐敗などでした。技術的な進化や表現の変化は建築様式の変化の影響を受けています。

ステンドグラスが美しい日本の教会をご紹介します。

教会1:大浦天主堂(長崎県・長崎市)

日本最古のキリスト教会で、国宝の指定、日本初の小バシリカの指定、世界遺産の登録(「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」)とさまざまな評価を受けている教会です。ステンドグラスの特徴として、正面祭壇奥に十字架上のキリストが描かれています。

1945年の長崎市への原爆投下によってステンドグラスは破損の被害を受け、修理されました。これまで天主堂内のステンドグラスは数回の修復により変化を経ています。

教会2:三浦町教会(長崎県・佐世保市)

外観は尖塔の先に十字架のデザインが印象的なお城のような建物で、佐世保駅前に位置しています。2004年に第6回佐世保市景観デザイン賞に選定されました。太平洋戦争の空襲を経験しましたが大きな被害はなかった教会です。

教会内は鮮やかな色のステンドグラスが美しく配置されています。

教会3:聖イグナチオ教会(東京都)

上智大学隣の楕円形の建物が聖イグナチオ教会ことカトリック麹町教会です。イエズス会の創立者で初代総長のイグナチオ・ロペス・デ・ロヨラから名付けられました。

主聖堂は蓮の花を象った天井が印象的で日光が差し込みます。祭壇を囲む楕円の壁に12枚のステンドグラスが飾られています。ステンドグラスのモチーフは神によって創造された大自然です。マリア聖堂、告解室、地下へのらせん階段にも美しいステンドグラスが並びます。

教会4:大阪カテドラル 聖マリア大聖堂(大阪府)

創立が1894年の古い歴史がある教会で、太平洋戦争の空襲による被害を受け再建されました。ステンドグラスは大小およそ100個あり、イエス・キリストや聖母マリアなどがモチーフとなっています。大聖堂のパイプオルガンは、2400本ものパイプからなりミサでは美しい音色が響きます。

クリスマスシーズンの人気スポットでシーズン中は訪れる人が増えます。

教会5:カトリック田平天主堂(長崎県・平戸市)

赤煉瓦造りの外観が印象的な教会で、教会の周辺の環境も含めて歴史的に貴重ということから国の重要文化財に指定されています。中の見学は事前に確認しておくと確実です。フランスから取り寄せたアンジェラスの鐘など見どころがたくさんあります。ステンドグラスは大天使ガブリエルやイエスなどがモチーフとなっており色鮮やかで美しいです。

教会6:明治村聖ザビエル天主堂(愛知県・犬山市)

明治時代をコンセプトにしたテーマパーク明治村内にある白亜の外観の教会です。聖フランシスコ・ザビエルを記念して明治23年京都に献堂されましたがこちらに移設されました。国の登録有形文化財に指定されています。

京都の時の教会の薔薇窓を保存・展示しています。

教会7:神田教会(東京都・千代田区)

明治時代の神学校の設立が始まりで1928年に現在の聖堂が建てられました。歴史のある教会です。2001年に国の登録有形文化財に登録されています。広い聖堂内の窓にそれぞれ美しいステンドグラスが飾られていて、ひとつひとつゆっくりと鑑賞すると安らぎや神聖な気持ちになるでしょう。

聖フランシスコ・ザビエルの聖遺骨やマドニーナなどもこの教会の特徴ですのでご覧ください。

教会8:藤城清治美術館(栃木県・那須郡)

2013年にオープンした美術館の敷地内にある小さな教会で、素敵なステンドグラスを見ることができます。緑あふれる自然の中にあり、藤城清治氏がデザインしたステンドグラスを楽しむことができます。

近隣にある那須ステンドグラス美術館もぜひ一緒に訪れてみて下さい。

教会9:東京復活大聖堂(東京都・千代田区)

1891年にロシア人亜使徒聖ニコライによって建てられた通称ニコライ堂です。正教会の荘厳な雰囲気の教会で外観のドーム屋根が特徴です。8箇所の先端部分がある八端十字架が見られます。関東大震災で大きな被害を受け、修復されました。1962年国の重要文化財に指定されました。

聖堂内では美しいステンドグラスとイコン(聖像)を鑑賞してください。

教会10:那須ステンドグラス美術館(栃木県)

那須ステンドグラス美術館には、セント・ラファエル礼拝堂、セント・ガブリエル礼拝堂、セント・ミッシェル教会が設置されており、それぞれで美しいステンドグラスを鑑賞することができます。ほとんどがイギリスで制作された1800年代のアンティークです。

イベントやコンサートが頻繁に開催されています。リチャード・リー氏のランプが多数展示されており見所のひとつとなっています。

写真集で鑑賞する世界のステンドグラス

世界の美しいステンドグラス 単行本(ソフトカバー)

Amazonで見る

楽天で見る

口コミ

写真集『世界の美しいステンドグラス』(パイ インターナショナル編著、パイ インターナショナル)に収録されている世界のステンドグラスは、いずれも息を呑む美しさです。

世界のさまざまなステンドグラスの写真をまとめた本から、たくさんの素敵なステンドグラスと出会いましょう。モチーフ、聖堂の建築や美しい装飾、歴史など楽しめる要素がいろいろあります。

教会のステンドグラスの教え4つ

教会のステンドグラスは、当時文字を読めなかった人々のために聖書の教えを絵で伝えるために作られたと言われています。美しい絵で信仰心が深まったのではないでしょうか。具体的にどんな教えがステンドグラスで表現されたのか、4つの教えを見ていきます。

教え1:悩んでもしかたがない

イエス様が野に咲く花々を指差し、人々に教えを説く様子が描かれている絵があります。神が世界の全てをつくったという考えのキリスト教では、人間も花も神がつくったということになります。

花は人間のように悩んだりしないけれどきれいに咲いている、悩まなくてもそこに咲いているということから、人間も悩む必要はないと教えています。「悩んでもしかたがない」という教えです。

教え2:どんな人にも愛をもって接しなさい

サマリア人が見ず知らずの旅人を助けている様子の絵があります。「善きサマリア人」という損得勘定なしに人助けをするお話です。「自分を愛するように、あなたの隣り人を愛せよ」、そうすれば永遠の命が得られますということで、すなわち「どんな人にも愛をもって接しなさい」という教えとなります。

教え3:素直になりなさい

イエス様が子供を祝福し撫でている絵があります。イエス様を素直に信じれば、あなたは祝福を受け救われるのだという意味です。子供のように素直になることを忘れないようにという教えなのでしょう。

教え4:事前準備が大事です

ランプを持った女性の絵があります。「十人の乙女たちのたとえ」です。思慮の深い女性はランプと一緒に油の準備をしていましたが、思慮の浅い女性は油を持っていませんでした。油の準備をした女性はランプに火を灯し花婿と部屋に入ることができましたが、油のなかった女性は買いに行かなくてはならず、花婿との対面が遅れたため部屋に入ることが許されませんでした。

重要な物事の機会を知り、準備することが大事だという教えです。

ステンドグラスが美しい教会を訪れてみましょう

ステンドグラスが美しい教会10個|ステンドグラスの教え4つ

寒い季節は空気が澄み切っていて教会の雰囲気が一層神秘的に感じられます。美しいステンドグラスを鑑賞するために教会巡りをしてみるのもおすすめです。その際は事前に見学可能かどうかHPなどで確認をしてから訪れてみて下さい。

この記事に関連する情報もチェックしよう!

では最後に、チャペルでの結婚式についてと、歴史を感じられる素敵な建造物が存在するベルギーについても詳しく知ってみませんか。ステンドグラスが美しい教会について楽しんで頂けましたら、関連する記事もチェックしてみて下さい。

Related