Search

検索したいワードを入力してください

2018年11月02日

日本の断崖絶壁の絶景10選|世界の断崖絶壁の絶景10選

断崖絶壁というと、足がすくんでしまうような危険な場所というイメージがありますが、日本各地や世界中には、絶景といわれる美しい景色を堪能できる、観光スポットとして人気の断崖絶壁がたくさんあります。ぜひ一度は訪れてみてほしい、断崖絶壁のかずかずをご紹介します。

日本の断崖絶壁の絶景10選|世界の断崖絶壁の絶景10選

断崖絶壁とは

日本の断崖絶壁の絶景10選|世界の断崖絶壁の絶景10選

断崖絶壁と聞いて、みなさんはどんな景色を思い浮かべるでしょうか。ちょっと足がすくんでしまうような場所というイメージです。

断崖絶壁とは、ほとんど垂直に切り立った崖のことです。日本全国や、世界各国には絶景と呼ばれる断崖絶壁がたくさんあります。

断崖絶壁の上に立つのは、ちょっと恐ろしい気もしますが、少し離れたところから見ると、きっと素晴らしい絶景が広がっているのではないでしょうか。

日本の断崖絶壁の絶景10選

日本の断崖絶壁の絶景10選|世界の断崖絶壁の絶景10選

日本には、どんな断崖絶壁があるのでしょうか。テレビなどでも紹介されているような有名な場所から、あまり知られていない秘境のような場所まで、数々の断崖絶壁が全国にはあります。

サスペンスドラマのラストに出てくるような場所や、夕日がきれいな写真映えするスポットなど、魅力的な断崖絶壁を、ぜひご自身の目で確かめに出かけてはいかがでしょう。

勇壮な自然の姿を目の当たりにして、きっと感動することでしょう。

日本の絶壁1:東尋坊(福井県)

東尋坊(とうじんぼう)は、福井県坂井市三国町安島にあります。東尋坊は、国の名勝・天然記念物にも指定されている迫力のある断崖絶壁です。

海岸線約1キロメートルにわたってつづく柱状節理(ちゅうじょうせつり)の荒々しい岩肌は地質学的にも珍しい奇岩で、高さ55メートルの東尋坊タワーなどを遊覧船からも楽しむことができます。

東尋坊には、「ライオン岩」や「ろうそく岩」と呼ばれる特徴的な巨岩も見られます。

日本の絶壁2:地獄のぞき(千葉県)

『地獄のぞき』は、房総半島南部の千葉県安房郡(あわぐん)鋸南町(きょなんまち)と富津市(ふっつし)の境にある鋸山(のこぎりやま)の頂上付近にあります。岩盤上から約100メートル下を望むことができる断崖絶壁です。

鋸山の南斜面にある日本寺は、聖武天皇の勅命を受けて約1300年前に開かれた関東最古の勅願所で、その境内・山頂エリアにあるのが地獄のぞきです。鋸山ロープウェーで行くことができます。

日本の絶壁3:インクラの滝(北海道)

日本の断崖絶壁の絶景10選|世界の断崖絶壁の絶景10選

日本の滝100選にも選ばれているインクラの滝は、北海道白老町(しらおいちょう)にあります。落差は約44メートルあり、滝幅は約10メートルある断崖絶壁です。

北海道胆振総合振興局管内を流れる二級河川・別々川の上流にあるインクラの滝は、別々の滝とも呼ばれます。

名称の由来は、かつてこの地で木材を切り出す作業が行われ、「インクライン」と呼ばれる貨物用ケーブルカーが滝の脇にあったことからきています。

日本の絶壁4:出雲日御碕灯台

島根半島の西端、島根県出雲市にある出雲日御碕(ひのみさき)灯台の近くに広がる日御碕海岸は、夕日がきれいに見える絶景ポイントです。

日御碕海岸は、ウミネコの繁殖地として知られています。遊歩道も整備されていて、松林を抜けた先には展望デッキもあり、日本海に沈む夕日を眺めることができます。

出雲日御碕灯台は、島根半島最西端の断崖絶壁にそびえたつ高さ43.65メートルの日本一高い灯台です。

日本の絶壁5:須佐ホルンフェルス

山口県萩市(旧須佐町)にある須佐湾の北の海岸沿いに見られる須佐ホルンフェルスは、海食崖(海食崖)と呼ばれる断崖絶壁です。

ホルンフェルスとは、変成岩の一種で、マグマなどの熱の影響を受けて砂岩などと接触変成したものです。約1400万年前に誕生した須佐ホルンフェルスは、灰白色と黒色の縞模様をなしていて、上面は畳約千枚の広さがあります。

日本の地質百選、21世紀に残す日本の風景遺産100選に選ばれています。

日本の絶壁6:御前埼灯台

御前埼灯台は、静岡県御前崎市御前崎の最南端に立つ大型灯台です。断崖絶壁にたたずむ白亜の灯台は美しく、歴史的文化的価値の高さからAランクの保存灯台に指定されています。

天気が良ければ、伊豆半島や南アルプス、富士山も望めます。毎日夜になると、灯台のライトアップがされ、幻想的な雰囲気になります。

ゴールデンウィークには『御前埼灯台まつり』が開催され、写真や資料の展示があったり、貝細工などの体験もできます。

日本の絶壁7:越前岬

福井県丹生郡(にゅうぐん)越前町血ケ平の越前岬も、岩場の多い断崖絶壁の海岸線となっています。日本海の荒波に削られた岩礁が、勇壮な景観を作っています。

近くには越前岬灯台や、展望台もあり、日本海を一望することができます。日本の夕陽百選にも選ばれていて、越前海岸随一の景勝地となっています。

一帯は越前水仙の群生地になっていて、冬場は越前水仙が咲き誇り、美しい景色が楽しめます。

日本の絶壁8:石廊崎

静岡県伊豆半島の最南端、賀茂郡南伊豆町にある石廊崎(いろうざき)には、断崖絶壁にある神社が見どころです。

岩場と一体になったように建てられている石室神社(いろうじんじゃ、いしむろじんじゃ)は、由来や創建時期には諸説ありますが、どうやってこの場所に建てたのか不思議になるような場所に建てられています。

岩場の向こう側には小さな熊野神社もあります。こちらも岩の中にめり込んだような作りになっています。

日本の絶壁9:左京鼻

長崎県北西部の壱岐市東にある八幡半島の先端、壱岐対馬国定公園内にある左京鼻と呼ばれる場所は、玄界灘に面して切り立った断崖絶壁です。

鼻とは、突端の断崖絶壁のことで、そのむかし陰陽師の後藤左京和尚が雨乞いのために、崖から身を投げようとしたことに由来して「左京鼻」と呼ばれるようになったと伝えられています。

左京鼻の目の前の海から突き出た「観音柱」と呼ばれる柱状節理の岩礁も観光名所になっています。

日本の絶壁10:城ヶ崎海岸

静岡県伊東市の南西にある城ヶ崎海岸は、約4000年前に大室山が噴火した時の溶岩が海に流れ出し、その後海の浸食によって削られた断崖絶壁の海岸です。

この断崖絶壁にかかる、長さ48メートル、高さ23メートルの門脇吊橋は、定員100名と頑丈にできている橋ですが、渡るのに少し勇気がいる吊り橋です。

晴れていれば、展望台から大島などの伊豆七島を見渡すことができます。

どうしてこんなところにこんな建物が!?

世界にはどうしてこんな断崖絶壁に立っているのか不思議な建物もたくさんあります。敵からの侵略を食い止めるためや、俗世を離れて神への信仰に没頭するためなど、理由はさまざまです。おどろきの建築物を解説し、絶景写真とともに紹介しています。

世界の断崖絶壁の絶景10選

世界各地には、スケールの大きい迫力満点の断崖絶壁がたくさんあります。むき出しの岩肌や、地層が見事なグラデーションになっている美しく、荒々しい絶景は、見る者に驚きと感動を与えてくれることでしょう。

世界の絶壁1:ロンダ(スペイン)

スペインのアンダルシア州マラガ県にある都市・ロンダは、断崖絶壁の街として有名な場所です。断崖の上に立つ白い街並みが目を引きます。

渓谷で二分されたロンダは、新市街地と旧市街地を街のシンボルでもあるヌエボ橋がつないでいます。

渓谷からヌエボ橋を見上げると、圧巻の景色が目に飛び込んでくるでしょう。自然が作った荒々しい崖の間を、美しい人口建造物がつないでいる姿がとてもダイナミックです。

世界の絶壁2:長空桟道(中国)

中国陕西省(せいせいしょう)華陰市(かいんし)にある華山(かざん)にあるのが、長空桟道です。標高2000メートルの断崖絶壁に作られた木造の桟道は、まさに命がけで渡る恐怖の道です。

かつては、「道士」と呼ばれる道教を信奉する人たちが修行していたという場所ですが、近年では観光客用に、近くにロープウェイが整備され、この命がけのアクティビティを楽しむ人が増えています。

入口でハーネスを装着して渡ります。

世界の絶壁3:グランドキャニオン(アメリカ)

アメリカのアリゾナ州北部にあるグランド・キャニオン国立公園は、1979年に世界遺産に登録されています。

東西446キロメートルに渡って広がる巨大な渓谷は、何十億年もかけて雨風や川、地殻変動などの浸食を受けて出来上がったものです。

広大な範囲に広がるグランドキャニオンには、いくつもの絶景ポイントがあり、それぞれの場所で異なる魅力的な風景に出会えます。

世界の絶壁4:シギリヤロック(スリランカ)

シギリヤロック(シーギリヤロック)は、スリランカの中部州マータレーにある世界遺産です。スリランカの観光名所ナンバーワンともいわれています。

ジャングルの中に垂直に切り立った、断崖絶壁の大きな岩山の上につくられた「空中宮殿」は、高さ約180メートルの場所にあります。

途中にあるフレスコ画は、5世紀後半に描かれたものですが、カラフルな女性の絵が印象的です。頂上手前では、大きなライオンの爪が迎えてくれます。

世界の絶壁5:プルピットロック(ノルウェー)

ノルウェー南西部のローガラン県フォーサンドにあるリーセフィヨルドにも、断崖絶壁の観光地があります。フィヨルドとは、氷河によって浸食形成された地形の入り江のことです。

プルピット・ロックは、このリーセフィヨルドの上に突き出た崖で、プレーケストーレンとも呼ばれています。崖の上は平らになっていますが、柵などは無く、スリル満点の絶景を味わうことができます。

観光シーズンは4月から10月ごろです。

世界の絶壁6:セブンシスターズ(イギリス)

イングランド南部のイースト・サセックス州にあるセブンシスターズと呼ばれるこの断崖絶壁は、白亜系チョークからなる海食崖です。

チョークとは石灰岩のことです。また、白亜紀に堆積した地層は白亜系といわれます。石灰岩が浸食された真っ白な岩壁が、7人の女性が並んでいるように見えるということで、この名称がつきました。

白い崖の上は放牧地になっていて、白と緑のコントラストが美しい絶景となっています。

世界の絶壁7:メテオラ(ギリシャ)

ギリシャ北西部のテッサリア地方北端にある巨大な岩の上に立っている建物は「メテオラ修道院」です。

30メートルから400メートルの高さの巨大な岩の塔が60個以上点在しています。「メテオラ」とは中空を表す言葉で、奇岩群の上に建っているメテオラ修道院群の総称でもあります。

この奇岩群ができたのは、およそ6千万年前といわれています。9世紀頃から修道士が修行を始め、14世紀頃に修道院が建てられました。

世界の絶壁8:ロカマドゥール(フランス)

フランスで、モン・サン・ミッシェルやエッフェル塔、ヴェルサイユ宮殿に次いで人気の観光地がロカマドゥールです。

かつてこの地で、聖アマドゥールの遺骸が腐敗していない状態で発見され、それから重要な巡礼地となりました。ノートル・ダム聖堂にある「黒い聖母マリア像」と「奇跡の鐘」が有名です。

この断崖絶壁の上にある村には、約600人ほどの住民が暮らしていて、訪れる観光客は年間で150万人といわれています。

世界の絶壁9:モハーの断崖(アイルランド)

アイルランド共和国西部、クレア州のドゥーリン近くにあるモハーの断崖は、大西洋にそびえたつ高さ約120メートルの断崖絶壁で、年間約100万人の観光客が訪れる人気のスポットです。

モハーの断崖の最高点には、オブライアン塔という19世紀の初めに建てられた石の塔があります。晴れた日は、アラン諸島が望め、ずっと先まで水平線が続く景色は壮観です。

崖沿いを歩くコースもあり、美しい景色を堪能することができます。

世界の絶壁10:アマルフィ海岸(イタリア)

イタリア南部のソレント半島南岸からサレルノにつづく海岸線が、アマルフィ海岸です。世界一美しいと評されるこの海岸線は、高級リゾート地としても有名です。

全長40キロメートルのアマルフィ海岸は、1997年に世界遺産に登録されました。断崖絶壁がつづく一帯は、中世初期から海洋共和国として栄えました。

街の中心にはサンタンドレア大聖堂があり、建立されたのは10世紀ごろだと言われています。

断崖絶壁の絶景を堪能しよう

世界中には、さまざまな断崖絶壁の、迫力ある場所がたくさん存在しています。実際に登ってみるのもスリルがあって楽しそうですし、少し離れたところから、勇壮な断崖を眺めてみるのも、きっと感動の体験となることでしょう。

写真などで見るだけでも、その凄さが伝わってきます。いろいろな断崖絶壁を堪能してみましょう。

この記事に関連する情報もチェックしよう!

絶景といわれる美しい景色や、きれいな夕日を眺められる絶好のスポットなど、世界にはまだまだ知られていない隠れた観光スポットがたくさんあるでしょう。

いろいろな情報を集めて、まだ見たことのない想像を超える美しい世界を探しに出かけてみてはいかがでしょうか。

Related