Search

検索したいワードを入力してください

2019年02月21日

淡路島のおすすめドライブコース5つ|観光名所22箇所

淡路島へ行くなら、おすすめなのがドライブです。今回は淡路島をドライブするときにおすすめな5つのドライブコースとそのコースでみることができる観光名所をご紹介しています。また、ドライブの途中で立ち寄り楽しめる体験処も紹介しています。

淡路島のおすすめドライブコース5つ|観光名所22箇所

淡路島の概要

淡路島は、瀬戸内海に浮かぶ島で、人口が13万人ほどいます。行政区としては兵庫県である淡路島は、ドライブにおすすめの場所です。今回は淡路島でのおすすめのドライブコースや観光のみどころを含め、どんな服装で訪れると淡路島を楽しめるかをご紹介します。

季節別ドライブ時の服装

淡路島へドライブを楽しむためには、島にあった服装で出かけましょう。暑すぎたり、寒すぎたりするとドライブも台無しです。

11月の末頃から3月はコートなどが必要な時期です。4月などはカーディガン、ジャケットなど上着を持って出かけましょう。5月と10月は薄手の上着を用意しましょう。

突然気候が変化したりしても困らないように、どの季節も薄手のカーディガンやジャケットを一枚カバンに入れておくとよいでしょう。

郷土の名物・名産・グルメ

淡路島のドライブコースをご紹介する前に、淡路島の郷土の名物、名産あるいはグルメをご紹介します。これらを知っておくとより楽しいドライブとなることでしょう。海に囲まれた島であることから、水産業が盛んで、ちりめんじゃこ、わかめ、のりなどが名産品です。

そのほかに、磁場産業としてお線香、真珠、淡路瓦などがありお土産としてお香、真珠などはおすすめです。

淡路島おすすめのドライブコース5つ

ここでは淡路島のおすすめのドライブコースを5つご紹介しながら、そのコースのみどころ、観光名所を詳しく説明していきます。小さな島とはいえ、見どころがぎゅっとつまっています。

コース1:海岸めぐりコース

淡路島のドライブコースの一番最初は、風光明媚な景色をたっぷりと楽しむことができる海岸巡りのコースをご紹介します。海岸沿いには、その地形と風景をいかした観光名所がたくさんあります。

観光名所1:道の駅あわじ

淡路島最初のドライブコースで、ご紹介するのは「道の駅あわじ」です。こちらの道の駅は、神戸淡路鳴門自動車道の淡路インター出口そば、垂水インターチェンジより20分ドライブした場所にあります。

こちらの道の駅は、淡路島でもセルフの丼サービスがあるとして知られています。海沿いにある道の駅なだけに、魚介類の鮮度は抜群です。コスパのよいどんぶりをドライブの途中に立ち寄って食べられてはいかがでしょう。

観光名所2:サンセットライン

淡路島の海岸ドライブを楽しむなら、外すことができないのが県道31号線のサンセットラインです。名前の通り夕刻には美しいサンセットを見ることができる場所です。

すぐそばには淡路島の夏の遊びの筆頭である海水浴ができる海水浴場があります。たっぷりとマリンアクティビティを楽しんだあと、夕日を見ながらドライブを楽しむことができるでしょう。

観光名所3:道の駅福良

淡路島海岸ドライブコースとして、おすすめなのが道の駅福良です。淡路島の南にある道の駅で、人気の観光名所が点在するエリアにあるため観光情報を手に入れたりとドライブのハブになる道の駅です。

ここでは、レストランでの食事はもちろん、マルシェを楽しむことができます。またドライブの疲れをとる足湯もあるので、すこし休憩に立ち寄るだけでもおすすめです。

コース2:神社・公園めぐり

淡路島のドライブコースの2番目としてご紹介したいドライブコースは神社仏閣や公園を巡りです。島は小さいけれど、とてもきれいに整備された美しい公園が点在しています。また、神社仏閣も歴史がありいろんな史跡を楽しめることでしょう。

観光名所1:明石海峡公園

家族ドライブで訪れるのにおすすめなのが淡路島国営明石海峡公園です。もちろんカップルや友達同士のデートドライブでも楽しめる場所です。淡路島の公園ということで、小さい公園をイメージする方もいるでしょう。しかし、ここは甲子園球場の10倍近い広い敷地があります。

阪神高速、第二神明道路から淡路島の高速道路に乗り換えてすぐのところにある公園です。道の駅がそばにあり何かと便利です。

観光名所2:月の山観音

淡路島にある世界平和大観音までドライブを楽しんでみましょう。全長100mの巨大な観音様は、海岸沿いをドライブしていると突如見えてきます。

すぐそばに淡路島の西国三十三箇所霊場のひとつ月山寺があるので、ドライブがてらに立ち寄るとよいでしょう。山そのものは、416mとさほど高くありませんが、かつて徒歩での銃礼者にとっては難所と言われた場所です。

観光名所3:淡路ファームパークイングランド

淡路島で、英国を感じることができる素敵なドライブ処がこちら、淡路ファームパークイングランドの丘です。動物、花、を見て楽しめるだけでなく食事処や体験コーナーなどもあるおすすめの観光スポットです。日本最多のうさぎがいるラビットワーレンも大変人気があります。

淡路島の農産物を活かしたお土産も売っています。徳島県側から、兵庫側どちら側からもアクセスがしやすくドライブを楽しめるでしょう。

コース3:淡路島七福神めぐり

山中に、市内、海岸など淡路島に点在する神社仏閣のなかには、七福神を祀っているところがあり、ドライブをしながら訪れるのにおすすめです。淡路島を宝船として見立てたということもあり、七福神巡るドライブはおすすめです。

今回は、七つのお寺について簡単な歴史をふくめご紹介します。時間を作って七福神めぐりのドライブを楽しまれてはいかがでしょう。

観光名所1:八浄寺

八浄寺は、生かせいのち、母念のみ寺として知られる寺です。本堂に大黒天様が祀ってあります。お寺そのものは、1394~1428年頃に開基が開いたといわれ、歴史の長い寺の一つです。

拝観は24時間可能ですが、七福神巡りの時間は別途もうけてありますので、時間をチェックしてドライブされるとよいでしょう。

観光名所2:宝生寺

淡路島の七福神めぐりの二番目は宝生寺です。こちらのお寺であうことができるのは寿老人です。

740年に建てられた刹那なお寺ということもありドライブで訪れる価値ありです。こちらでは七福神御影入宝帳がありますので、土産としていかがでしょう。ドライブで訪れも困らないように駐車場が完備しています。

観光名所3:覚住寺

覚住寺は、南淡路島にあるお寺で、592年にかの聖徳太子の命令によって創建といわれています。

毘沙門天を祀っているお寺になります。こちらのお寺のそばには、クア施設さんゆ~館があります。ドライブで疲れた体をそちらの立ち寄り湯ですっきりとさせてから訪れても良いでしょう。

観光名所4:万福寺

万福寺は、七福神の中でも、唯一の日本人が身である恵比寿様が祀られているお寺です。お寺は南淡路島にあります。こちらでは1月10日エビス祭りなるイベントも開催されます。

そのころにドライブして訪れるのもおすすめです。1200年ほどの歴史があるお寺として、淡路島の人々に愛されています。

観光名所5:護国寺

南淡路島にある護国寺は、真言宗のお寺で、こちらでは布袋様を祀っています。寺は、池泉回遊式となった庭園があります。そのため、布袋様だけでなく庭を楽しみにドライブに出かけてみるのもおすすめです。本尊としてつまっている布袋は、金運のご利益があるといわれています。

観光名所6:長林寺

福禄寿を祀っている淡路島のお寺が長林寺になります。お寺は737年に作られた由緒あるお寺さんです。

菅原道真にもゆかりがあったり、つかいだんじりというお祭りがあったりと、七福神以外にも見どころがあるお寺ということもあり、淡路島をドライブする際にぜひ立ち寄ってほしいお寺の一つであります。

また、毎年元旦から十五日まで福禄寿縁日が開催されます。

観光名所7:智禅寺

七福神の唯一の女性の神様である弁財天を祀っているのが、こちらのお寺です。寺の本尊は大日如来像で、1351年頃に創建されたといわれています。弁財天は、芸術の神として知られ、そのご利益は、芸術だけでなく良妻賢母などまで多岐にわたります。

寺は、淡路島の明神埼そばにあり海岸のドライブや淡路島ファーム池上などを楽しまれた後に立ち寄るのもおすすめです。駐車場があり、ドライブにも困らないでしょう。

コース4:北淡路めぐり

ここでは淡路島を北と南にわけておすすめのドライブコースと、見どころをご紹介していきます。最初にご紹介するのは北淡路めぐりとなります。北淡路をドライブの際に訪れてほしい四つの観光名所をご紹介します。

観光名所1:絵島

淡路島の岩屋漁港からアクセスができる絵島は、おのころ島とよばれ、古くは日本書紀にその名前が登場します。昼間も美しいですが、夜間はライトアップされるため、雰囲気が変わります。海岸のドライブスポットとしておすすめです。

平家物語にも登場する絵島は、そのほか、平清盛に関するエピソードなどもあるため、歴史好きにはたまらない観光名所の一つとなるでしょう。

嬉しいことに、閲覧、拝観が自由にできます。

観光名所2:岩樟神社

岩樟神社はいわくすとよばれ、淡路島の北部岩屋漁港近くにある観光名所の一つです。こちらの「いわくす神社」は、岩屋城跡の洞窟内に祀られている神社です。場所は神戸淡路鳴門自動車道の津名一宮インターより5分の場所にあります。

日本を作ったといわれる神様いざなぎ、いざなみの間に生まれたこども「ひるこのみこと」が船に乗って流されてたどり着いたのがこの地と言われています。

観光名所3:パルシェ香りの館

ドライブの途中風景だけではなく、ワークショップも体験できるのがこちら「パルシェ香りの館」です。神戸淡路鳴門自動車道北淡インターチェンジより15分ほどの場所にあります。施設では、子供が楽しめる大型遊具もあるため、家族でのドライブに訪れても楽しめる場所です。

ハーブづくりを楽しんだり、温室で花々を観察したあとには、食事処温泉も完備の施設なので一日のんびりと過ごすことができます。

観光名所4:淡路ハイウェイオアシス

淡路島北部のドライブコースで最後のおすすめの観光名所は、淡路ハイウェイオアシスです。<風景を眺めたりするだけでなく、淡路島グルメを楽しめるスポットとです。この淡路ハイウェイオアシスの利点のひとつは、高速道路を降りることなく利用できるところでしょう。

公園がそばに広がるので、ピクニックもできます。スライダーなどの大型遊具もあり子どもにも人気です。3タイプのレストランで淡路島のグルメが堪能できます。

コース5:南淡路めぐり

淡路島の南である南淡路めぐりを堪能することができるドライブコースをご紹介します。四国よりの南淡路島でも北に負けない観光名所があります。全部で四箇所観光名所をご紹介します。是非参考にあなたなりのドライブコースをたててみましょう。

観光名所1:うずの丘

絶景レストランがあることでしられるうずの丘は、鳴門の渦潮を見ることができる海峡そばにあります。大鳴門橋にもちかく、淡路島、鳴門のみどころがギュッと詰まった観光名所となっています。

絶景を見ながら楽しめるうずの丘のレストランでは、なんといっても生ウニを使った限定メニューのパスタが人気の一つです。そのほか、新鮮な魚介が手に入るエリアだから、それらの鮮度良しの食材をつかった淡路グルメを堪能できます。

観光名所2:渦潮ドームなないろ館

福良港にあるうずしおドームなないろ館とその周辺は、水産加工品が並ぶ施設あり、レストランあり、ドライブの疲れを取るのにおすすめの足湯うずの湯などもある複合施設のような場所です。

道の駅も併設されて、クルーズ船もでるから、車をいっとき停めてお土産をかったり、食事をしたりと、あれこれ楽しむことができる場所です。

潮をみる船が出るまでの間、退屈せずに足湯、食事、人形所るりをみて時間を過ごすことができます。

観光名所3:おのころ島神社

淡路島は日本画生まれたこととゆかりのあるエピソードが島のあちこちでみられます。とても神秘的な島です。そんな島ですからドライブでもミステリアスでありパワースポットであるこちらおのころ島神社を外すわけには行きません。

みどころは、神社の前に見える赤い大鳥居や、御神木、天の浮橋などです。たくさんあります。安産にご利益があるというお砂も神社西側の産宮神社にあり、妊婦さんが訪れます。

観光名所4:淡路島牧場

乳牛が淡路島でも行われています。淡路島牧場で飼われている牛とふれあったり、食事処でご飯をとったりできます。その他、牧場の魅力といえば、搾りたて、取れたのミルクで作る乳製品でしょう。こちらでも濃厚なアイスクリームを食べることができます。

広い敷地内では、乳搾りやバターづくりなどの牧場体験がすることもできます。デートでも子連の家族のドライブにもおすすめです。

観光名所5:伊弉諾神宮

日本が生まれた場所、つまり国生みの島として知られる淡路島には、それを裏付けるかのように古刹な神社が多いのが特徴ではないでしょうか。

淡路島にある伊弉諾神宮の境内には、夫婦大楠、放生の神池など見どころがあります。ぜひ、近くまで来たときは、ドライブで通りすぎずに由緒ある神宮を参拝していかれるのが良いでしょう。

淡路島をより深く知りたい人はこちら

今回のドライブコースのほかにも、淡路島をより深く知りたい人におすすめなのがこちらの本です。淡路島、鳴門の観光に役立つ島グルメも網羅しています。島のどこで絶景をみることができるのか、どのあたりのドライブを中心に観光してまわろうかなど、計画をたてるときにも役立ちおすすめです。

ドライブだけじゃない物足りない人には

淡路島をドライブして観光名所を巡る時に、風景、島のグルメだけでは物足りないと感じる人もいるでしょう。

島では観光名所施設で様々な体験ができる場所が併設しているところもあります。体験場所によっては、オリジナルのお土産を作ることもでき、新しい体験もでき一石二鳥です。

おすすめの体験場所を3つご紹介します。

おすすめ1:陶芸体験Juchi

陶芸体験ができるJuichiはなんて旅館の中にある陶芸体験どころです。日帰りでなく宿泊して島を楽しみたいと言う時に、旅館うめ丸仁滞在し翌日陶芸体験をするなどいかがでしょう。

陶芸体験は、電動ではありますがろくろを使った本格的な陶芸体験から、短時間で簡単に楽しめる絵付けもあるので、自分の技量や時間に合わせて行ってみましょう。

宿泊されなくても陶芸体験のかたには嬉しい特典・うめ丸での無料入浴が付きます。

おすすめ2:ステンドグラス工房ルヴェール

淡路島でここだけというステンドグラスの工房ルヴェールで、オリジナルのステンドグラス工作を楽しんでみましょう。

こちらの工房ではオーダーメイドでステンドグラスを制作してくれるので、ステンドグラスにしてみたいデザインがあったら、相談してみるのもいいでしょう。

体験教室は所要時間二時間程かかり、ランプなどを作ることができます。工房に行く前に事前に電話をすることを忘れないようにしましょう。

おすすめ3:淡路梅薫堂株式会社/お香づくり

淡路梅薫堂株式会社は地場産業でお香を作っています。ここでは日本全国のお香の7割ができるというから驚きです。

そんな会社の淡路梅薫堂江井工場ではお香づくり体験ができますので、ぜひ淡路島へ行った際にはドライブの途中で立ち寄ってみてはいかがでしょう。工場へは、津名一宮インターより車で15分ほどです。一人からお香づくりできます。

お香づくりの体験だけでなく、作ったお香は自分への土産となりおすすめです。

豊かな歴史がある淡路島でグルメも自然も楽しもう

さて、ここまでご紹介してきたドライブコース5つそのコース内での観光名所や淡路島で体験できることはいかがでしたでしょうか。ドライブのメインとなるのは淡路島の美しい風景、そしてこの島でたべることができるグルメでしょう。

ぜひ、このドライブコースを参考にオリジナルあふれるあなたなりの淡路島ドライブを計画してみましょう。

ドライブスポットとドライブデートのコツ

淡路島以外のおすすめのドライブスポットと、ドライブデートのコツを下記のリンクでご紹介します。車の中で二人きりのドライブデートはどんなことに気をつけると楽しめるのかヒントがたくさんあります。ぜひ、参考にしてよりよいドライブをしましょう。

観光スポット

Related

沖縄の絶景スポットおすすめ32選|奇跡の絶景に出会おう

沖縄を訪れる観光客の多くは、青い海と真っ赤な珊瑚礁が織りなす「チュラウミ」の景観に感動させられます。その一方で沖縄には、450年にも及ぶ琉球王朝から引き継がれてきた独特の伝統芸能や食文化があり、「シマンチュウ」との交流で実体験するのも旅の楽しみの1つです。
国内旅行
2019年03月22日
沖縄の絶景スポットおすすめ32選|奇跡の絶景に出会おう

おすすめのシルバーウィークイベント20選|子供向け5選

シルバーウィークはどんな風に過ごしますか。大型連休になるようなら海外旅行や国内旅行、となりますが、変則的だったら身近な場所に旅行に行くか、家にいるかになってしまいます。そこで、まだどこに行くか決まっていない方におすすめのスポットを紹介します。
国内旅行
2019年03月19日
おすすめのシルバーウィークイベント20選|子供向け5選

旅モニで当選するコツ5つ|旅モニのプランと使い方

旅モニというサービスをご存知ですか。この記事では、旅行モニターに応募できるサービスとして有名な旅モニについて、旅行モニターに当選するコツや注意すべき点などをご紹介しています。旅行が好きな方、旅行モニターに少しでも興味のある方は、ぜひ読んでみてください。
国内旅行
2019年03月08日
旅モニで当選するコツ5つ|旅モニのプランと使い方

話題のダガヤサンドウを満喫しよう!おすすめスポット19選

今注目のトレンドエリアとなっている「ダガヤサンドウ」に行ったことはありますか。「ダガヤサンドウ」はおしゃれなカフェや雑貨店などが多く立ち並んでいるので、食べ歩きや散策にもぴったりのエリアなんです。今回はダガヤサンドウのおすすめスポットを紹介していきます。
国内旅行
2019年02月21日
話題のダガヤサンドウを満喫しよう!おすすめスポット19選