Search

検索したいワードを入力してください

2018年11月10日

「ごまをする」意味や例文をご紹介|ごまをする方法10コ

「ごまをする」という言葉にたいしてどのようなイメージがありますか。多くの方は、世渡り上手というイメージがあるのではないでしょうか。上手にごまをする方法と例文をご紹介していますので、上手にごまをすれるようになりたい方は、ぜひご覧ください。

「ごまをする」意味や例文をご紹介|ごまをする方法10コ

ごまをするとは

「ごまをする」意味や例文をご紹介|ごまをする方法10コ

ごまをする人といえば世渡り上手なイメージがありますが、ごまをする方法を覚えておくと何かと得をすることもあります。しかし、中には媚びるようで嫌だと感じる人もいるでしょう。

こちらの記事では、ごまをするというのはコミュニケーションを円滑にする上で有効なスキルではないかということを提案します。この機会にごまをする方法を身につけてみてはいかがでしょうか。

意味

「ごまをする」というのは、自分よりも立場が上の人にたいしてお世辞を言うなどして良い印象を与えることによって、自分が気に入られようとすることを意味する言葉です。

「ごますり」と言われることもあります。媚びているイメージをもたれることもあるでしょう。こちらの記事ではごますりを好意的に解釈して、ごまをすることのメリットを述べていきます。

類語

「ごまをする」の類語には「媚びを売る」「おべっかを使う」「顔色を伺う」があります。どれも人に気に入られるために卑屈な行動をとるといったことが共通しています。このことからごまをすることにたいして良くないイメージをもたれることもあります。

また、相手の機嫌をとるための言葉にも類語があります。「お世辞を言う」「おだてる」「相手を立てる」などです。

上手にごまをする方法10コ

「ごまをする」意味や例文をご紹介|ごまをする方法10コ

上手にごまをする方法についてご紹介していきます。

「相手を尊重する」「持ち物や身につけているものを褒める」「褒め言葉を数パターン用意する」「意見に賛同する」「相手が求めていることを読み取る」「感謝の気持ちを伝える」「共感する」などの10個です。それぞれ解説していきますので、続きをご覧ください。

方法1:相手を尊重する

ごまをする一つ目の方法は「相手を尊重する」です。相手を尊重するということは、人間関係を円滑にするうえでとても大切なことです。人は誰しも皆、人から尊重されることで自分の価値を感じることができます。

相手を尊重するためには、相手の話に耳をかたむけて自分と異なる点も受け入れることが必要です。

方法2:持ち物や身につけているものを褒める

「ごまをする」意味や例文をご紹介|ごまをする方法10コ

ごまをする二つ目の方法は「持ち物や身につけている物を褒める」です。持ち物や身につけているものを褒めることで相手を喜ばせることができます。相手を喜ばせることができれば、会話が弾みやすくなるでしょう。

褒めるときは「ネクタイの色がお似合いですね」など具体的に褒めることをおすすめします。具体的に褒めることで信憑性が増します。

方法3:褒め言葉を数パターン用意する

ごまをする三つ目の方法は「褒め言葉を数パターン用意する」です。いつも同じ褒め方をしていると、信憑性が薄いと思われがちです。数パターン用意することで、本心から褒めていると思わせることができるでしょう。

効果的な褒め方としておすすめなのは、第三者の意見を交えることです。「○○さんも褒めていた」ということによって、説得力が増します。

方法4:意見に賛同する

「ごまをする」意味や例文をご紹介|ごまをする方法10コ

ごまをする四つ目の方法は「意見に賛同する」です。人は、自分の意見に賛同してくれる人にたいして好意的な印象をもつ傾向があります。人によっては、意見が合わない人にたいして他のことでも意見が合わないのでないかと感じてしまう人もいます。

時と場合によっては、人の意見に賛同することも必要なのではないでしょうか。

方法5:相手が求めていることを読み取る

ごまをする五つ目の方法は「相手が求めていることを読み取る」です。相手が求めていることを読み取るには、相手の気持ちに寄り添って考える必要があります。

ポイントは、相手の表情に注目するということです。表情を見れば相手の気持ちはだいたいわかります。作り笑いをするなど、自分の気持ちを隠していることもありますが、毎日のように意識していれば表情だけで人の心が読めるようになるといわれています。

方法6:感謝の気持ちを伝える

「ごまをする」意味や例文をご紹介|ごまをする方法10コ

ごまをする六つ目の方法は「感謝の気持ちを伝える」です。改めて言わなくても、相手は感謝していると分かっているはずだと思うこともあるでしょう。しかし、心の中だけで感謝をしていても相手に伝わることはないでしょう。感謝は言葉にして初めて伝わります。

「ありがとう」という言葉をその都度出すようにしましょう。感謝の気持ちはその場で伝えることが大切です。しつこく伝えるくらいがちょうどいいでしょう。

方法7:共感する

ごまをする七つ目の方法は「共感する」です。共感するためには、相手の立場に寄り添うことが必要です。表情からどのような気持ちなのか感じとったり、わからないときは尋ねることも必要です。

共感を具体的に伝えるための効果的な方法として、相手の言葉を繰り返すというものがあります。

方法8:物事に取り組む姿勢や成果をアピールする

「ごまをする」意味や例文をご紹介|ごまをする方法10コ

ごまをする八つ目の方法は「物事に取り組む姿勢や成果をアピールする」です。具体的には、行動力があることをアピールしたり、思考力や洞察力を持っていることをアピールすると効果的です。何事にも積極的に取り組むことで、周囲からの評価は上がります。

方法9:飲み会に参加する

ごまをする九つ目の方法は「飲み会に参加する」です。飲み会に参加することで、協調性をアピールすることができます。上司の機嫌をとるには絶好のチャンスです。注文役に徹するなどして、気遣いできるところをアピールしましょう。周囲の人にも好印象を与えることができます。

方法10:同僚や部下を見下さない

ごまをする最後の方法は「同僚や部下を見下さない」です。一部のマイナス面だけで判断しないようにするなど、広い心で接することが重要です。

人の悪い部分に注目するよりも、良い部分に注目するようにしましょう。人を見下す人は相手からも見下されるといわれています。人を尊重することを意識してみましょう。

コミュニケーションに興味があるあなたにおすすめ

タイプがわかればうまくいく! コミュニケーションスキル

Amazonで見る

楽天で見る

口コミ

基本的な、当たり前のことが中心ではあるが、その内容にとても優しさを感じ、人と接するのが少し楽しみになる。

ごまをすることもコミュニケーションスキルの一つです。コミュニケーションスキルをもっと高めたいと感じる方におすすめなのが『タイプがわかればうまくいく!コミュニケーションスキル』です。この機会にコミュニケーションについてもう一度考えてみてはいかがでしょうか。

「ごまをする」英語や中国語の表現

「ごまをする」意味や例文をご紹介|ごまをする方法10コ

ここからは「ごまをする」という言葉を、英語や中国語に置き換えてご紹介していきます。国や文化が異なると、どのような表現になるのでしょうか。

英語では「apple-polisher」、中国語では「拍马屁」という表現になります。それぞれ解説していきますので、続きをご覧ください。

英語

「ごまをする」は、英語で「apple polisher」といいます。直訳すると「りんご磨き」です。「apple polisher」の由来は、りんごが健康に良いとされているため、先生に取り入ろうとする小学生が、磨いたリンゴを先生に贈ったことからだといわれています。

中国語

「ごまをする」は、中国語で「拍马屁」といいます。直訳すると「馬のお尻を叩く」です。「拍马屁」の由来は、モンゴル族の牧民が馬を引きながら相手の馬のお尻を叩いて「よい馬だ」と褒め合っていたことにあるそうです。

馬が立派であろうとなかろうと「よい馬だ」と言ってお尻を叩くようになったことは「ごまをする」という言葉と共通しているといわれています。

ごまをする例文

「ごまをする」意味や例文をご紹介|ごまをする方法10コ

ここからは、ごまをするという言葉の例文についてご紹介します。

「ごますりと呼ばれても、彼女は目標を達成した」という例文があります。

他にも「日頃のごますりのおかげで、上司に気にいられた」や「目的達成のためには、ごますりと言われても構わない」などがあります。媚びても結果をだすという意味があります。

上手にごまをすって出世を目指しましょう

「ごまをする」意味や例文をご紹介|ごまをする方法10コ

いかがでしたか。「ごまをする」という言葉は、悪い意味で使われることもありますが、円滑なコミュニケーションをとる上では必要なスキルです。物事を円滑に進めるためには、相手に配慮して発言することも大切になります。

いつも本音でぶつかっているようでは無駄なエネルギーを消費してしまいます。必要以上に媚びる必要はありませんが、必要に応じて使い分けができると職場でもプライベートでも重宝されるのではないでしょうか。

この記事に関連する情報もチェックしよう!

「ごまをする」意味や例文をご紹介|ごまをする方法10コ

下記の記事では「愛嬌がある人の特徴10・愛嬌のある人になるための方法」や「嫌われる女の特徴7つ・脱出方法・同性に好かれる理由」について扱っています。これらの記事も併せてぜひ、ご覧ください。

ごまをするだけではなく、愛嬌のある振る舞いを身につけたり、好かれる人の特徴を意識することで、気づけば円滑なコミュニケーションがとれるようになっているでしょう。

Related