Search

検索したいワードを入力してください

2018年11月09日

面倒見がいいの意味・面倒見がいい人の9つの特徴とは

面倒見がいい人は、常に周囲の状況に気を配り、困っている人がいたらついつい助けてしまう人のことを言います。このように、相手のために行動しているので必然的に信頼が集まります。この記事では、面倒見がいい人の特徴や長所・短所などを紹介しています。

面倒見がいいの意味・面倒見がいい人の9つの特徴とは

面倒見がいいとは

面倒見がいいの意味・面倒見がいい人の9つの特徴とは

職場でうちの社長は面倒見がいいといった会話を聞くことがあります。この面倒見がいいとは、周囲に気を配り困っている人に手助けをする人のことを言います。また、このような人は的確なアドバイスをすることができるので、相談を受けやすく、周囲からの信頼も厚いです。

職場で頼られる人間であるため、何かトラブルに巻き込まれた場合でも頼られることが多いです。

「面倒見がいい」の意味

面倒見がいいの意味・面倒見がいい人の9つの特徴とは

「面倒見がいい」の意味は、明確な意味があまりありません。ですので、前述したような、周囲に困っている人がいたときに手助けをしてくれる人や世話好きな人を意味することが多いです。

面倒見がいい人の特徴・面倒見がいいの類語

面倒見がいいの意味・面倒見がいい人の9つの特徴とは

面倒見がいい人には、世話好きだったり周囲に目を配ることができる人が該当します。このような人は、職場において厚い信頼を得ているため、相談事を持ちかけられることも多いです。

では、具体的に面倒見がいい人の特徴は何でしょうか。今回は9つの特徴について説明します。

特徴1:人の相談にのる

面倒見がいい人の特徴の1つに「人の相談にのる」ということが挙げられます。「人の相談にのる」は前述したように、面倒見のいい人は的確なアドバイスを送ることができる傾向にあるため、積極的に相談にのることができ、また相談されることも多いです。

相談した人は、自分の悩みを解決する糸口を手に入れることができたため、自然と心が軽くなり笑顔になります。

特徴2:世話好き

面倒見がいい人の特徴の1つに「世話好き」ということが挙げられます。世話好きな人には、人の役に立ちたいという思いから行動している傾向にあり、面倒見がいい人にも当てはまります。したがって、面倒見がいい人には世話好きの人が多いです。

加えて、世話好きな人にはコミュニケーション能力が高い人が多いです。特に、相談にのることが多いため聞き上手である傾向にあります。

特徴3:思いやりの心がある

面倒見がいい人の特徴の1つに「思いやりの心がある」ということが挙げられます。思いやりの心がある人は、相手の立場になって考えることができたり、相手を傷つけないように言葉を選びながら相手に伝えることができます。

したがって、思いやりの心で相手の気持ちを考えて行動することができるため、必然的に面倒見も良くなります。

特徴4:周囲の状況を把握している

面倒見がいい人の特徴の1つに「周囲の状況を把握している」ということが挙げられます。これは、周囲の状況を常に確認することで、次に何をすればいいのか無意識に考えてしまう傾向にあります。

このタイプの人は、困っている人や手が必要なことに関して手助けを行ったり、何かあったらすぐに駆けつける人が多く、必然的に信頼が厚くなります。

特徴5:グループを統率する力がある

面倒見がいい人の特徴の1つに「統率力がある」ということが挙げられます。統率力を持つ人は常に周囲の状況を確認しているため、困っている場面を目や耳にしたらすぐに駆けつけてくれます。加えて、相談を受けることも多く頼られることが多いです。

このように、面倒見がいい人は周囲のことの変化に敏感に反応し、問題が生じたら解決するように行動するため、グループを統率する力があることがわかります。

特徴6:相手に尽くせる人

面倒見がいい人の特徴の1つに「相手に尽くせる人」が挙げられます。「相手に尽くせる人」とは前述したように、面倒見のいい人は世話好きな人が多く、自発的に行動する傾向にあります。

相手に尽くしてくれる人だけに、相手側は余計なことと感じてしまうこともあります。ですので、お互いが一定の均衡を保つことも大切になってきます。

特徴7:信頼されている人

面倒見がいい人の特徴の1つに「信頼されている人」が挙げられます。面倒見のいい人は的確なアドバイスを送ることができ、かつ困った人や場面を見たり聞いたりしたら、すぐに駆けつけてきてくれるため自然に信頼が集まるからです。

加えて、相談に乗ることも多いため、仕事以外の相談に関しても的確に答えてくれるのではないかと感じさせるほど信頼されている人が多いです。

特徴8:適格な助言をする人

面倒見がいい人の特徴の1つに「適格な助言をする人」が挙げられます。面倒見のいい人は、相手の相談事に対し自分の意見や職場の意見を考慮した上でアドバイスをしてくれます。相談事の解決とはならなくてもきっかけとなる助言をしてくれるため、精神的にも楽になります。

特徴9:差別なく誰とも接する人

面倒見がいい人の特徴の1つに「差別なく誰とも接する人」が挙げられます。面倒見のいい人とは好き嫌いなど主観のみで人に接することはなく、誰とでも平等に接することが容易にできる人です。

ですので、面倒見のいい人は常に柔らかい表情で対応し、多くの人に囲まれて日常を過ごしています。また、人間的に魅力があふれているので必然的に人が集まってきます。

面倒見がいいの類語

面倒見がいいの類語には、頼りがいがあって親しみが持てるという意味と人の面倒をよく見るという意味があります。前者の類語として、「頼りがいがある」「兄貴肌」「姉御肌」があります。一方、後者は、「世話を焼く」「世話好きな」があります。

ほとんど同じ意味ですが、「世話好きな」「兄貴肌」「姉御肌」について、掘り下げて説明します。

類語1:世話好きな

面倒見がいいの類語である「世話好きな」には、人の面倒を見るといった意味があります。このようなタイプは、人から感謝されることが嬉しかったり、何かと放っておけない性格の人が多い傾向にあります。

ですので、普通の人よりも余計に世話することが好きなため、ありがたいと感じる一方でおせっかいと感じてしまう方もいます。

類語2:姉御/兄貴分肌

面倒見がいいの類語である「姉御/兄貴分肌」には、前述したような頼りがいがあるという意味があります。特に、兄弟の中で長男や長女の人に当てはまる傾向にあります。このようなタイプの人は、行動力があったりグループの中でも仕切り役に適任だったりします。

加えて、知識が豊富なことも多く、社会でどのように振る舞ったらいいのか、人との接し方などを熟知しているため、人より優れている傾向にあります。

頼りがいがある人になりたい人におすすめ!

いますぐ! すごい行動力が身につく8つのコツ

Amazonで見る

楽天で見る

口コミ

毎日のように、開いて読んでます。後半は独自見解のような部分もありますが、読んでて元気が出てきます。

面倒見がいい人は、頼りがいがあって行動力がある人です。相手のために行動することは簡単にできることではないため、必然的に信頼のおける人になります。少しでも近づきたい方におすすめなのが「いますぐ!すごい行動力が身につく8つのコツ」です。

この本は、どのように行動すれば自分にとってプラスとなるのかが記載されています。まずは、自分のための行動力をつけて相手のために行動してみてはいかがでしょうか。

面倒見がいいを長所としてアピール

面倒見がいいの意味・面倒見がいい人の9つの特徴とは

これまでに既述した面倒見がいい人の特徴には、人の相談にのることができたり適格な助言をすることができるなどといったことがありました。この特徴から、面倒見がいい人の長所を上げることができます。

「気が利く」「行動力がある」「ポジティブ」の3つが長所になります。それぞれの点において、周りをよく見て状況を判断して行動しているため、仕事においても頼りがいがあり人材だと言えます。

面倒見がいいは短所にもなる?

面倒見がいいことは、長所な部分が目立ちますが短所になることもあります。それは、おせっかいに感じることもあるということです。

相手のための行動だったとしても、本当にその行動を望んでいるかというとそうでもありません。加えて、自分のことよりも他人のことを優先するということです。

以上のことから、常に相手のことを考えて行動することで気を遣わせてしまうので、短所にもなり得ます。

面倒見が良い人を見習おう

面倒見がいいの意味・面倒見がいい人の9つの特徴とは

面倒見がいい人は、常に周囲の状況を確認し困っていたら手助けをしたり世話好きといった特徴があります。これらの行動は、相手側からすると助かる部分が多く、頼りがいがあり信頼することができる人という位置づけになります。

仕事においても、問題が生じた時にフォローしたり相談にのってくれるため、職場の雰囲気も良いものになります。ですので、面倒見がいい人の行動を見習って周囲に気を配ってみましょう。

思いやりとは

思いやりとは、主に親切心から湧く心情であり「相手のためになればいいな」と思い、動くことです。また、何の見返りも求めずに行動していることから、礼節の一部であるとも言われます。

思いやりのある人には、誰にでも笑顔で接することができたり、相手の様子を注視ながら行動するという特徴があります。

Related