Search

検索したいワードを入力してください

2018年11月10日

動物に好かれる人になる方法5個|動物に好かれる人の傾向

身の回りに動物に好かれやすい人の方が一人はいるでしょう。動物好きの方は、羨ましいと感じる事もあるかもしれません。動物に好かれる人なるにはどうすればよいのかは、動物に好かれやすい人の特徴が鍵を握っています。今回は、動物に好かれる人間の特徴を紹介していきます。

動物に好かれる人になる方法5個|動物に好かれる人の傾向

動物に好かれる人はいい人が多い

動物に好かれる人になる方法5個|動物に好かれる人の傾向

動物に好かれる人間は、世の中に一定数いらっしゃいます。特に動物が好きと言う訳でもない方の中にも動物に好かれる方は少なくないので、好かれない人と何に違いがあるのか気になると言う方も多いでしょう。

動物に好かれる人は、往々にしていい人が多いと言われています。人間の性格の良さは、動物にも伝わっているのでしょう。

人にも好かれる

動物に好かれる人間は性格の良い方が多いので、人間にも好かれやすいと言えます。いつも怒っていたりどんよりとした気持ちでいる人よりも、明るい人の方が人間にも動物にも好かれやすいのは頷けます。動物に好かれる人間になるには、まず同じ種の動物である人間と仲良く折り合っていける性格でなけばならないのでしょう。

動物に好かれる人になる方法5個

動物に好かれる人になる方法5個|動物に好かれる人の傾向

動物好きの方は不運にも、動物には嫌われやすい性格をしている事がしばしばです。自分がなぜ動物に嫌われるのか、そして動物にどうやって好かれるのかについて気になると言う方も多いでしょう。

ここからは、動物に好かれる人ための方法について紹介していきます。動物好きの方は特徴を学び、動物に好かれる人間になるために利用してみてください。

方法1:動物も生き物ということを念頭に置く

動物が好きで、触りたい・抱っこしたい・すぐに近づきたいと言う動物好きの方は少なくありません。しかし動物も生き物です。自分よりも大きく不審な生物が急に近づけば、命の危険を感じて逃げ出してしまうのもしょうがないでしょう。

かわいい動物と言えど生き物なので、むやみやたらに動物と接しようとすることはやめてください。自分が他の大きな動物にされたらいやな事を、自分よりも小さな動物に無理強いするのはやめましょう。

方法2:低めでゆっくり話しかける

動物は、自分よりも大きく威圧感のある動物に急接近されると、恐怖心を感じます。さらに、早い口調でまくしたてるように喋りかけられると、威嚇されていると勘違いする事も少なくありません。動物に好かれる人になるには、はやる気持ちを抑えて姿勢を低くし、自分を認識させながらゆっくりと話しかけて警戒心を解いていくと良いでしょう。

方法3:目線を合わせる

動物に好かれる人になる方法5個|動物に好かれる人の傾向

犬などのよう忠誠心の高い動物とスキンシップをはかる際は、目線を合わせる事が近づくチャンスに繋がります。動物と視線の高さを同じにして視線を合わせると、意思の疎通も行いやすくなるでしょう。

しかし野生の動物と視線を合わせるのは、威嚇していると勘違いさせてしまうので注意が必要です。中には襲ってくる動物もいるので、特に危険な動物とは目を合わせないようにしてください。

方法4:触るときはゆっくりと

動物好きの方は、ふわふわとした毛並やざらざらの鱗などの、動物の質感を楽しみたいために動物に不用意に触ろうとします。人間同士でさえ知らない人に触られると不快に感じるので、動物のストレスは並ではないでしょう。

動物を触る際は、動物のストレスのない程度にゆっくりと触る事をおすすめします。まずは自分を認識させる・匂いを嗅がせるなどから始めていきましょう。

方法5:動物のペースに合わせる

動物に好かれる人になる方法5個|動物に好かれる人の傾向

動物は自由気ままに生きる生き物です。ある程度コミュニティを作る生き物もいますが、基本的に他の動物に合わせて生きるようなことはめったにしません。

意思疎通を取る事の難しい動物と触れ合う時は、人間側が動物を気遣う必要があります。人間のエゴで触れ合おうとしている訳なので、人間の気持ちを押し付けないようにしましょう。

動物に嫌われるNG行動

動物に嫌われやすい人は少なくありありません。中でも動物好きの人は、嫌われやすい行動をしている事もしばしばあります。

ここからは、動物に嫌われやすい人に共通してみられるNG行動について紹介していきます。動物になぜ嫌われるのか考えている方は、自分に当てはまるものを探していきましょう。

無理矢理触る

無理やり身体を触ったり、持ち上げたりするような人は動物から嫌われやすいと言えるでしょう。いきなり強く触られる・地面から持ち上げられるという行為は、動物が死の危険を感じている事もあるのでなるべく避けてください。特に有蹄類は持ちあげると泣き叫んで暴れる事もあるので、興奮でストレスを与えないように気をつけましょう。

目の前で素早く動く

目の前で素早く動く・奇怪な動きをするなどせわしない人間は、動物から嫌われます。「自分に危害を加えるかもしれない」「奇怪な動きで気持ち悪い」と動物が認識するからです。動物とスキンシップをはかる際は、変に素早く動いたり不審な態度をとるのではなく、堂々と、しかし威圧しない程度に物腰柔らかい姿勢で向き合ってみてください。

せわしなく話しかける

動物は基本的に、なにも危害を加えずじっとしている人間を好みます。自分に危害を加えない事がわかっているからです。それに反してせわしなく話しかけ、うるさい人間には嫌悪感を示す事もあるでしょう。

特に動物は子供の甲高い声やぺちゃくちゃと喋る声、大きな声を嫌います。威嚇と捉えられ、興奮する動物もいるので注意が必要です。動物と接する際はなるべく静かに、動物を興奮させないように気を付けましょう。

動物に好かれたい人へ

3M 瞬間消臭スプレー 無臭タイプ

Amazonで見る

楽天で見る

口コミ

値段が高めですが、効果は抜群です。

動物に好かれる人になるなら、匂いを気にするように心がけると良いでしょう。においに敏感な動物は、香水の匂いや柑橘系の香りなどを嫌います。動物に会う前には、必ず香水などの匂いを落としてください。

頑固な香水や柑橘類の匂いを落としたいのであれば「3M 瞬間消臭スプレー 無臭タイプ 」がおすすめです。ひと振りするだけで死臭も落とす協力な脱臭能力を持っています。

動物に好かれる人の傾向

動物に好かれる人になる方法5個|動物に好かれる人の傾向

ここまで、動物に好かれる方法や動物が嫌う人間の特徴などについて紹介していきました。ご自身が誤って動物の前で犯していた行動もあったのではないでしょうか。

では一体、動物に好かれる人はどのような人なのでしょうか。動物好きはぜひ知りたいことでしょう。ここからは、動物に好かれる人の傾向や特徴などを紹介していきます。

落ち着いた態度

動物に好かれる人は、比較的落ち着いた態度をしています。動物が人間に懐く大きな要因は、「自身に危害を加えるかそうでないか」です。明らかに危害を加える様子のない落ち着いた態度をしている方は、動物にとっても安心感が強い存在となりえるので、動物から好かれやすい傾向にあると言えます。

明るくおおらかな人

種族の違う動物と言えど、人間の感情を感じ取るのが上手な動物はたくさんいます。特に犬や猫などの人間と共存してきた期間が長い人間は、人間の感情の影響を受けやすいでしょう。

人間の感情を感じ取りやすいがゆえに、動物の多くは明るくおおらかな人間を好む傾向にあります。また明るくおおらかな人に多く見られる、他人に対して優しい人間も動物に好かれやすい性格と言えるでしょう。

忍耐強い人

動物に好かれる人は、常に最初から動物に好かれているわけではありません。性格が明るく、おおらかで物静かな人でも、動物に嫌われる事は少なくないでしょう。

動物に好かれる人が動物に好かれる人たる所以は、性格だけでなく忍耐強さがある点です。動物に許容されるために忍耐強く我慢し、動物に認められるまで努力すると言う精神の強さがあるからこそ、動物からも認められるのでしょう。

すぐに好かれるわけではない

動物に好かれる人になる方法5個|動物に好かれる人の傾向

今回は、動物に好かれる人の特徴や傾向・動物に嫌われる人、動物に好かれる人になる方法などについて紹介していきました。動物に好かれる人になるためにやるべき事を見つける事ができたでしょうか。

しかし今回紹介した方法を忠実に実践したとしても、確実に好かれる保証はありません。生き物を相手にしている以上、当たり前の事です。思いどおりにいかない事があると言う事を再認識し、忍耐強く動物たちと向き合っていきましょう。

この記事に関連する情報もチェックしよう!

今回の紹介をとおして、動物に好かれる人間になる方法を身につける事はできましたか。動物に好かれる人や嫌われる人の傾向などについて取り扱ってきましたが、実は動物との相性に性別が影響を与える事をご存知でしょうか。

実は、動物は男性よりも女性の方を好むと言われています。か弱い女性の方が、動物に危害を与えないと言う意志を示しやすいのでしょう。女性の性格について知りたい方のために、下記の記事を載せておきます。

Related