Search

検索したいワードを入力してください

2018年10月12日

無口な人の知って欲しい特徴17個|無口な人の心理状態3つ

あなたの周りに無口な人いませんか。また、無口な人との付き合い方に悩んでいる方もおられることでしょう。この記事では、無口な人について知っておいてもらいたい特徴に加えて、その心理状態についてもご紹介していますので、ぜひチェックしてみてください。

無口な人の知って欲しい特徴17個|無口な人の心理状態3つ

無口な人とは

無口な人の知って欲しい特徴17個|無口な人の心理状態3つ

あなたの周りに無口な人はいませんか。また、無口な人とのコミュニケーションがうまく取れず、付き合い方に悩んでいる方も意外と多いのではないでしょうか。

無口な人とはよく言えば物静かで控えめであり、あまり自分から積極的に会話をしない性格の持ち主のことを意味する言葉です。

反対に、無口な人のことを悪く言うとすれば、愛想がなく何を考えているのかわからないため、付き合いづらい人だと表現できるでしょう。

機嫌が悪いわけではない

無口な人について知っておいてもらいたいのが、決して機嫌が悪いから無口であるわけではないということです。

無口な人は控えめな性格をしているため、機嫌がいい時も悪い時も関係なく、常に物静かです。そのため、無口な人のことを「自分のことを嫌っているから、わざと不愛想な態度を取っているのでは?」と考えるのはやめてあげましょう。

無口な人の特徴17個

無口な人の知って欲しい特徴17個|無口な人の心理状態3つ

そもそも、どのような条件を満たしていれば「あの人は無口な人である」と言えるのでしょうか。ここからは、無口な人に共通してみられる主な特徴を17個ピックアップしてご紹介していきます。

このような特徴を知ることで、何を考えているのかよくわからないと思われがちな無口の人について、少しでもその内面を知る手がかりを得ることができるでしょう。

特徴1:口下手

無口な人に共通してみられる特徴としてまず挙げられるのが、口下手であるということです。

無口な人は、好き好んで黙っているわけではありません。本当はみんなの輪の中に入って積極的におしゃべりを楽しみたいけれども、口下手であるため何を言っていいか分からず、結果として無口になってしまっていると言えるでしょう。

特徴2:真面目

真面目であるということも、無口な人によく見られる特徴の一つとして挙げられるでしょう。

無口な人は礼儀正しく真面目な性格をしていることが多く、それゆえにあまり親しくない人と冗談を言い合ったり、わいわいと騒ぐようにして話をすることができません。

そのため、周囲からはしばしば「真面目過ぎてとっつきにくい人だ」「堅苦しい人だ」と思われてしまいがちです。

特徴3:集団行動が苦手

無口な人の知って欲しい特徴17個|無口な人の心理状態3つ

無口な人に共通してみられる特徴の一つとして、集団行動が苦手であるということも挙げられます。

いわゆる「コミュ障」や「ぼっち」と呼ばれる人が、このような特徴に当てはまると言えるでしょう。

無口な人は周囲の人とどうやって接していいのか、またどうやってコミュニケーションを取っていいのか分からず、集団になじむことがなかなかできないという特徴を持っています。

特徴4:沈黙が苦にならない

沈黙が苦にならないということも、無口な人に共通してみられる特徴の一つとして挙げられるでしょう。

多くの人は、会話が途切れて沈黙の状態に陥ってしまうことに恐怖心に似た感情を抱くため、何とかその場をつなげようとして無理にでも会話を続けようとします。

それに対して、無口な人はそもそも沈黙が全く気にならないため、無理に会話をつなごうとはしません。

特徴5:一人の時間が好き

無口な人に共通してみられる特徴の一つとして、一人の時間が好きということも挙げられます。

このような性格の持ち主は、誰かと一緒にわいわいと過ごすよりも、一人で静かな時間を過ごすことを好みます。

一心に打ち込める趣味を持っていることが多いと言えるでしょう。また、一人でいることに寂しさや孤独さを感じないということも、無口な人ならではの特徴です。

特徴6:人見知り

無口な人の知って欲しい特徴17個|無口な人の心理状態3つ

人見知りであるということも、無口な人によく見られる特徴の一つとして挙げられるでしょう。

人見知りな性格の持ち主は、恥ずかしがりやで初対面の人とあまりうまくコミュニケーションを取ることができないため、結果として無口な状態になってしまいがちです。

しかし、いったん心を開くと最初のころとは打って変わって、よくおしゃべりをしてくれるようになるでしょう。

特徴7:あがり症

無口な人によく見られる特徴の一つとして、あがり症であるということも挙げられます。

あがり症の人は、他人の視線を感じた状態では平静を保つことが難しいため、うまく会話をしたりコミュニケーションを取ることができません。

特に複数の人がいる状態だとあがってしまうため、自分の心を平常に保とうとして、無口になってしまいがちです。

特徴8:他人に興味がない

他人に興味がないということも、無口な人に共通してみられる特徴の一つとして挙げられるでしょう。

そもそも他人に関心がないため、他人と会話をしようという気にもならず、また誰かから話しかけられてもその人との会話を続けようという気持ちにもならないのが、無口な人ならではの特徴です。

そのため、しばしば周囲からは「とっつきにくい人だ」「愛想がなくて感じが悪い」と思われてしまうでしょう。

特徴9:空気が読めない

無口な人に共通してみられる特徴の一つとして、空気が読めないということも挙げられます。

空気を読むことができないために、相手とのコミュニケーションを放棄してその場の雰囲気を壊してしまいがちなのが、無口な人ならではの特徴です。。

決して悪気があるわけではなく、ただ単に周囲に対して鈍感で、空気を読めない性格をしているだけだと言えるでしょう。

特徴10:空気を読みすぎてしまう

空気を読みすぎてしまうということも、無口な人によく見られる特徴の一つとして挙げられるでしょう。

周囲の人の感情に対して非常に敏感で、デリケートな心を持っている人は、その場の空気を読みすぎてしまうあまり、「こんなことを言うとみんなから変に思われてしまうのではないか」と考えすぎてしまい、その結果何も口に出すことができなくなってしまいます。

特徴11:話を聞くほうが好き

無口な人によく見られる特徴の一つとして、自分から話をするよりも誰かの話を聞くほうが好きということも挙げられるでしょう。

無口な人は会話をしたがらないわけではなく、自分から積極的に話したり、あるいは自分のことについて話すのが苦手なだけです。

逆に、人の話を聞くのは好きだったりすることも多いと言えるでしょう。つまり、良い風に捉えるならば、聞き上手であるともいえます。

特徴12:プライドが高い

無口な人の知って欲しい特徴17個|無口な人の心理状態3つ

プライドが高いということも、無口な人によく見られる特徴の一つとして挙げられます。

というのも、プライドが高い人は選民意識やエリート意識のような歪んだ認識を持っているため、「自分が会話するには値しない」と周囲の人を見下しているからです。

無口な人の中でも、やたらと傲慢で尊大な言動を取る人がいれば、このような思考をしていると考えられるでしょう。

特徴13:話についていけない

無口な人によく見られる特徴の一つとして、話についていけないがゆえに無口になってしまうということも挙げられるでしょう。

普段はそんなに無口ではないものの、会話の内容がよく分からず、その話の内容についていくことができないため、仕方がなく黙っているという人も少なくありません。

特に入社してきたばかりの新入社員や、転校生などはこのような理由から無口になってしまうことがよくあります。

特徴14:目立ちたくない

目立ちたくないということも、無口な人に共通してみられる特徴の一つとして挙げられます。

無口な人は、周囲から注目をされることに居心地の悪さや恥ずかしさを感じてしまうため、何かを発言して誰かの視線を集めることにためらいをもっています。

その結果として、自分からは発言をしない無口な人になってしまうと言えるでしょう。

特徴15:コンプレックスがある

無口な人の知って欲しい特徴17個|無口な人の心理状態3つ

無口な人によく見られる特徴の一つとして、コンプレックスがあるということも挙げられるでしょう。

誰しも一つや二つはコンプレックスを持っているものですが、無口な人は自分に対して非常に強いコンプレックスを持っているため、自尊心が低く他人から注目されることに拒絶感を抱いています。

そのため、無口になることで極力目立たないように、そして人から注目されないようにしていると言えるでしょう。

特徴16:感情表現が苦手

感情表現が苦手であるということも、無口な人に共通してみられる特徴の一つです。

無口な人は、喜怒哀楽をどうやって外に出せばいいのかよくわからない不器用な性格をしています。また、自分の気持ちを言葉で伝えることに慣れていないため、人との会話を避けてしまったり、会話がぎこちなくなってしまいがちだと言えるでしょう。

特徴17:秘密主義者

無口な人によく見られる特徴の一つとして、秘密主義者であるということも挙げられます。

「自分のプライベートなことについて周囲の人に知られたくない」と考えている秘密主義者は、人との会話で自分のことを話したり、相手から自分について質問をされるのを嫌います。

このような理由から周囲の人との会話を避け、結果として無口な状態になってしまいがちです。

無口な人との付き合い方にお悩みの人におすすめ

無口な人との付き合い方に悩んでいるという方は、人気電話占いの「ヴェルニ」で相談してみてはいかがでしょうか。

ヴェルニは、電話一本で全国各地の人気有名占い師に相談したり、人間関係について占ってもらえる人気の占いサービスです。

直接占い師に会いに行く必要がありませんし、何より電話ならば話しにくいことであっても気兼ねなく打ち明けて相談することができるでしょう。

無口な人の心理状態3つ

無口な人の知って欲しい特徴17個|無口な人の心理状態3つ

あなたの周りに、無口で何を考えているのかよくわからない人はいないでしょうか。ここからは、無口な人の心理状態を3つピックアップしてご紹介していきますので、ぜひチェックしてみてください。

心理1:話しかけて欲しい

無口な人の心理状態としてまず挙げられるのが、自分から話しかけるのは恥ずかしいから誰かから話しかけてほしいということです。

無口な人は決して人付き合いを嫌っているわけではなく、人見知りで恥ずかしがりやのため、自分からは積極的に相手に話しかけることができないだけです。

そのため、相手のほうから自分に話しかけてくれることを望んでいます。

心理2:話すまで待って欲しい

話すまで待っていてほしいということも、無口な人の心理状態の一つです。無口な人は口下手で不器用な性格をしているため、なかなかスムーズに話をすることができません。

だからこそ、自分が話すまで相手には待っていてもらいたいと考えています。

心理3:避けないで欲しい

避けないでほしいということも、無口な人の心理状態です。無口な人は決して不愛想なわけではなく、恥ずかしがりやだったり自分に強いコンプレックスを抱いているがゆえに、自分から話しかけるのが苦手なだけです。

また、周囲の人とコミュニケーションを取りたいという意欲はありますので、無口である自分に失望して避けないでほしいと願っています。

無口な人の特徴や心理を理解しよう

無口な人の知って欲しい特徴17個|無口な人の心理状態3つ

今回は無口な人について特集してきましたが、いかがでしたでしょうか。ここでご紹介した無口な人の特徴や心理状態などをよく理解することで、一見何を考えているのかわからない無口な人とも、円滑なコミュニケーションを取ることができるでしょう。

性格を知ってコミュニケーションに活かそう

いろいろな人の性格を知ることで、コミュニケーションに活かしてみてください。以下の関連記事では、無口な男性の特徴や恥ずかしがり屋さんについて特集していますので、ぜひチェックしてみてください。

Related