Search

検索したいワードを入力してください

2018年08月11日

気持ちいいキスの仕方7つと相性がいいと感じるキスの特徴6つ

キスは恋人同士や夫婦では簡単に行う事ができます。そのため、簡単な行為だと認識している場合が多いですが、気持ちいいキスをするとなると知識だけではなく相手との相性も影響してきます。ここでは、気持ちいいキスの仕方などを紹介しています。

記事サムネイル

誰でも気持ちいいキスがしたい

トピック1058935/要素4948322
キスをするなら誰でも気持ちいキスをしたい願望があります。キスをすることは愛情表現の一つですが、比較的安易にすることができます。

そのため、慣れてしまうと大雑把にキスをしてしまう事が多いですが、気持ちいいキスができないと相手が不快に感じてしまう事もあります。そのため、キスのテクニックを磨き、自分だけではなく相手も気持ち良くなれるキスをするようにしましょう。

キスに相性はあるか

キスをした時に違和感を感じたり、今まで感じたことがない感覚を味わった経験がある人も多いのではないでしょうか。

キスには相性があるため、相性がいい同士がキスをすることで気持ちいいキスをすることができます。そのため、相性が悪い同士では気持ち悪いキスになります。しかし、相手が求めているキスをすることで相性を良くすることもできるため、努力することも大切です。

気持ちいいキスの仕方7つ

トピック1058935/要素4948331
気持ちいいキスをすることで互いに気持ちを高めることができ、より一層相手への愛情が強くなります。

気持ちいいキスをすることで長い期間仲良くすることができ、気持ちいいキスを定期的にすることで高齢になっても離婚することが少ないです。

気持ちよさでは性行為には劣ってしまいますが、キスは気軽にすることができるメリットがあります。次に、気持ちいいキスの仕方を紹介するのでキスに自信がない人は参考にしてください。

仕方1「お互い見つめあう」

気持ちいいキスをするためには、互いにキスをする心の準備をする必要があるため、互いに見つめ合ってからキスをすると気持ちいい気分になりやすいです。

不意にキスをされることを女性が望んでいる場合もありますが、驚きの気持ちの方が強くなってしまい、気持ちいいと感じにくいです。そのため、気持ちいいキスをする前に「これからキスする」という意思表示をすることで、安心してキスをすることができます。

仕方2「キスする瞬間を意識する」

キスをする瞬間は意識を集中することで気持ちいいキスを体験することができます。ポイントは唇の神経を研ぎ澄ませて相手の唇の柔らかさを感じ取ることが大切です。

また、少し湿らせる方が気持ちいいと感じやすいので、乾燥している場合は湿らせるようにしましょう。

仕方3「ソフトなキスから始める」

キスにはソフトにするキスとディープにするキスがあり、どちらも気持ちいいキスです。しかし、最初からディープなキスをしてしまうと気持ちが追いついていないため、気持ちよく感じにくいです。

最初はソフトなキスから始めることで、少しずつ気持ちいい気分になり、興奮することができます。そのため、最初にソフトなキスをして、互いに気持ちが興奮してきたらディープキスに変えるようにしましょう。

仕方4「スキンシップをとりながらキスする」

キスだけでもテクニックさえあれば気持ちいい気分にさせることができますが、キスと同時にスキンシップをとることでより気持ちいい気分にすることもできます。

仕方5「気持ちを伝えながらキスする」

内面的な刺激を与えることでも気持ちよさを高めることができます。性感帯を刺激する外的な刺激はより気持ちいい気分にさせることができますが、内面的な刺激は気持ち良さと同時に安心感を与えることができます。

そのため、「好きだよ」や「愛している」と言いながらキスをするだけでも気持ちを伝えられた側は気持ちいい気分を味わうことができます。

仕方6「場所を選ばない」

日本人は人前でキスをすることに抵抗があり、二人っきりの場面でないとキスをすることはあまりありません。

しかし、場所を選ばずにキスをすることで、本当の相手の気持ちを知ることができるため、精神的に気持ちいいキスをすることができます。また、普段しないことをしている可能性が高いため、新鮮味を感じることができます。

人通りが少ない場所でキスをするとドキドキ感が高まり、気持ちよさに変換されることもあります。

仕方7「愛している気持ちがある」

気持ちいいキスをすることで、自分は愛されていると感じることができます。

愛されていると感じることで安心感が強くなり、相手への愛情をより高めることができます。そのため、自分も気持ちいいキスをしてあげたい気持ちが強くなり、互いに気持ちいいキスをし合う事ができます。

愛情が伝わらないキスはどのようなテクニックを駆使しても相手が気持ちいいと感じることはないため、愛のないキスはしないようにしましょう。

相性がいいと感じるキスの特徴6つ

相性がいいキスを知ることで、相手に気持ちいいキスができているかを判断することができます。

キスが気持ちよかったか直接聞けないことが多く、キスで気持ち良くなってくれているのか分からないことが多いです。

キスの相性が悪くても性行為で気持ち良くさせればいいと感じてしまう人もいますが、キスは性行為中にも行われるため、相性が悪いキスでは、いくら性行為のテクニックが上手でも気持ち良く感じる可能性は低いです。

特徴1「長時間キスできる」

長時間キスできる場合は相手のキスとの仕方と相性が良いです。

キスされても不快になったり、キスしても気持ち良く感じないとキスの時間は自然と短くなります。キスだけでも相性が良ければ長い時間キスをしても満足いきますが、相性が悪くキスしてもすぐに止めてしまったり、性行為をし始めると相性が良くない証拠です。

そのため、長時間キスしても不快に感じさせないようにすることで二人の仲をより親密にすることができます。

特徴2「心地よく感じる」

キスをされている最中に心地よく感じたり、何も考えることができなくなると相手のキスとの相性は抜群である証拠です。

キスは互いに気持ちを高めるための方法だけではなく、相手の気持ちを心地よくさせる効果もあります。そのため、相手が悩んでいたり、落ちこんでいる時に優しい言葉をかけながらキスをすることで、不安な気持ちが払拭され一時的に悩み事を忘れることができます。

特徴3「癒される」

キスをすることで相手を癒すことができます。

そのため、相手が落ち込んでいる時にキスをすることで癒すこともできます。そのため、相手や自分の気持ちを興奮するためのキスや相手の気持ちを確かめるキスだけではなく、キスをすることで相手の気分を落ち着ける効果もあります。

相性が良ければキスをすることで相手を落ち付けさせることができますが、相性が悪いと不快な気分にさせてしまうため注意しましょう。

特徴4「気持ちよく思う」

キスをされて気持ち良く感じることができれば相性が良い可能性があります。

キスの仕方にはさまざまな方法があり、ソフトなキスもあればディープなキスもあります。人には好きなキスがあり、互いに好きなキスが同じれあれば互いに気持ち良いキスをすることができます。

例えば、ソフトなキスの方が良い女性とより濃厚なディープキスがしたい男性では、互いに気持ち良くなるキスの種類が違うため、相性は良くありません。

特徴5「幸せな気分になる」

トピック1058935/要素4948350
キスをされたりすることで幸せな気分になることがあります。

キスをされることで、相手が自分のことを欲していたり、愛している気持ちを知ることができます。また、キスをすることで自分の愛情を伝えることができ、受け入れてくれると幸せを感じます。

キスをした時に相手からも舌を入れるなどの行動をしてくれると相手も自分のことを求めていることを改めて実感することができるため、より強い幸せを感じることができます。

特徴6「キュンとする」

胸がキュンとする割合は圧倒的に女性が多いです。特に、女性には男性にして欲しい憧れの行動が人それぞれあります。憧れの行動と共にキスをされると胸キュンする可能性が高いです。胸キュンするキスをされるだけで、相手のことを好きになることもあります。

胸キュンで有名な行動は壁ドンです。そのため、壁ドンをされてキスをされると胸キュンする可能性が高いです。

キスのテクニックを磨きたい人におすすめの書籍

キスのテクニックを磨きたいと考えている男性は多くいるのではないでしょうか。また、キスのテクニックが必要なのは男性だけと考えている人も多くいるとおもいますが、女性もキスのテクニックを磨いて損をすることはありません。

キスのテクニックを磨きたい人にはこの本がおすすめです。相手のことを気持ち良くさせるキスやキスされた時の方法も掲載されているため、男性に限らず女性にも満足いく内容です。

相性が悪いと感じるキスの特徴4つ

トピック1058935/要素4948345
キスをするなら相性のいい人とキスをした方が気持ちいいと感じます。相性が悪いと相手を不快な気分にさせてしまい、相手との関係にひずみが発生してしまう可能性があります。

相性が悪いキスの特徴を把握することで、早めにキスの対策をすることができます。そのため、相性が悪いキスの特徴を把握しておくことをおすすめします。

特徴1「すぐにやめてしまう」

キスをし始めてもすぐに終わってしまったり、性行為に移ってしまうとキスの相性が悪い可能性があります。

キスの相性が悪くてもすぐに関係が悪化することはありませんが、長年付き合う事で少しずつキスに対して不満を感じてしまう事が多いです。もっとキスしたいにも関わらず、相手はこれ以上キスをする気がない場合はキスの相性は悪いです。

特徴2「タイミングが合わない」

キスをするタイミングは互いに求めている時に行うのがベストで、相性が良ければ自然とキスをすることができます。しかし、相性が悪いとキスのタイミングが合いません。

例えば、テレビを彼女と見ている時に不意にキスをしても相手のタイミングと違うため、キスをしても反応が薄いことが多いです。

特徴3「違和感がある」

キスをされて違和感がある場合は相性が良くない可能性があります。

違和感は言葉でいい表わすことが難しく、どこが違うのか自分でも判断できない場合が多いです。そのため、相手に治してもらおうにも改善してほしい点を挙げることができなく、いつまでも違和感を感じ続けてしまいます。

違和感を感じやすい状況は、元彼とのキスを身体が覚えてしまい現在のキスとの違いで違和感を感じている可能性が高いです。

特徴4「嫌な気分になる」

キスをされて嫌な気分になる場合は相性が悪いです。キスは気持ちいいと感じたり相手の愛情を確認する行為ですが、そのキスで嫌な気分になることは相手のことを嫌っている可能性があります。

そのため、相性が悪い以前にその人とキスをしたくないと感じています。好きでもない人に無理やりキスをされて相性が良かったとしても決して気持ちいいキスになることはありません。

気持ちいいキスを心がけましょう

トピック1058935/要素4948349
キスをする時には常に気持ちいいキスをするように心がける必要があります。自分だけが気持ちいいキスではなく相手が気持ち良くなるキスをすることが大切です。

相手に気持ちいいキスをしてあげたい気持ちでキスをすることで、相手も気持ちいいキスをしてあげたい気持ちが高まるため、結果的に互いに気持ちいいキスをすることができます。

その他恋愛に関する内容も見てみよう

キスとは単に唇を接触させる行為ではなく、恋愛の仕方や相手との関係性、年齢の差などで使い分けることで気持ちいいと感じることができます。

多くの人と恋愛をしてキスをすることでキスに対する知識や技術を身につけることができます。知識や技術を身につけることで相手が求めているキスを判断することも可能です。

Related