Logo
menu
詰めが甘い人の傾向6つ|詰めの甘さを改善するための方法
更新日:2020年08月28日

詰めが甘いために失敗した経験がある方に必見です。詰めが甘い人の傾向6つと詰めの甘さを改善するための方法をご紹介します。詰めが甘い性格はなおすことができます。少しの努力で失敗を防ぐことができるのであればすぐに取り組むべきです。

詰めが甘い人の傾向6つ|詰めの甘さを改善するための方法

詰めが甘い人とは

詰めが甘い人とは最後の最後で失敗したり、最終段階でミスをすることが多い人のことを言います。出だしは快調ですが、結局のところ最後でつまづくという傾向が強いので詰めの甘い人は詰めの甘さを改善したいと望む人が多いです。

詰めが甘いという言葉は将棋からきており、一手ずつ詰めていき最後には相手を逃げられないようにする詰めの手法にちなんでいます。詰めをしっかりとしておけば人生も勝敗を取れるということです。
関連
詰めが甘い人の傾向6つ|詰めの甘さを改善するための方法
大雑把の意味|大雑把な人の特徴7点・長所3点と適職4例 - cutee

失敗の原因になることも

詰めが甘いと失敗の原因になることも多々あります。失敗をするということはそれまでの過程に問題がるケースが強く、計画を詰めと言い換えている言葉です。誰しもが失敗を避けて成功したいと考えておりますが、どうしても詰めが甘いことがあり失敗に繋がってしまいます。

失敗をすることは悪いことではないですが、何度も失敗をする人は詰めが甘すぎるのでしっかりと詰めておくことが必要です。

詰めが甘い人の傾向6つ

詰めが甘い人はどこか抜けていたり、ネジが緩んでいることがあります。そのために、その甘さに気づかずに失敗をしてしまうことがあります。このような詰めの甘い人には同じ様な傾向がありますので特徴をご紹介します。これらの特徴に当てはまる場合は詰めの甘い人間である可能性が高いので気をつけましょう。
関連
詰めが甘い人の傾向6つ|詰めの甘さを改善するための方法
整理整頓ができない人の特徴6つとできるようになる方法7つ - cutee

詰めが甘い人には共通点がある

詰めが甘い人には失敗に繋がる共通点があります。どこか抜けている詰めの甘い方は、肝心なところで役に立たないことがあります。そうならないためにも普段の傾向から見直して詰めの甘い人間にならないように気をつけましょう。

自分で自覚できる共通点も多いので、自己分析をすることで詰めの甘い人間から脱出することも可能です。

傾向1:ポジティブすぎる

詰めの甘い人はとてもポジティブな考え方の持ち主であることが多いです。ポジティブであることはとても良いことですが、あまりにも前向きな考え方である場合、失敗を失敗と認識せずに改善にいたらないということがあり、詰めの甘さの改善にいたらないということがあります。

ポジティブな考え方はネガティブさよりも良いことですが、時にはデメリットになることもあるので注意が必要です。

傾向2:前に進むことだけ考える

詰めが甘い人はとにかく前に進むことが得意で、予想することがおろそかになるこことがあります。そのため、未然に作戦を練ることができずに最後の最後でミスをしてしまうことがあります。行動力が強くおもったことをおもったときに行う力はとても素晴らしいことですが、たまには立ち止まってしっかりと作戦を練ることも必要です。

前に進むことだけを考えて事前に考える力が補わなければとても大変な事態を招く可能性もあります。

傾向3:実行が早すぎる

詰めが甘い人に傾向として、計画を立てる前に実行してしまう傾向があります。実行が早すぎるために、用意や準備がおろそかになり結果的に失敗してしまうことになります。

仕事でもよく用いられるP(plan)D(do)C(check)A(action)とあるように、何かを始めるときにはplan(計画を立てること)はとても重要な工程となります。計画を立てることが不十分であると必ずその後の工程に影響を及ぼします。

傾向4:与えられた情報を疑わない

詰めが甘い方はある意味とても純粋であり、与えられた情報を疑うことが少ないです。情報を疑わないということは鵜呑みにしてしまい自分で確認をすることを怠ってしまいます。その結果、その情報が正しくない場合には振り出しに戻ってしまうケースがあります。

例えば、スカイツリーは大阪にあるという情報を入手して大阪旅行を計画して大阪に向ったところスカイツリーは東京にあるため旅の目的をはたせないなんてことになります。

傾向5:我慢できない

詰めが甘い人に傾向に我慢ができないということがあります。我慢ができないがために詰めが甘いというケースの人を言い換えるとせっかちであるということが考えられます。せっかちという意味は短期であったり、性急さということを意味しており、急ぐばかりに我慢ができないということといえます。

失敗しないためにも冷静で焦らずに行うことが大切です。

傾向6:注意力が散漫

詰めが甘い人は単純に注意力が散漫なためにミスをしがちであるという場合があります。詰めが甘いというと不注意により失敗も多く、もう少し周囲への注意を怠らなければ防ぐことができるミスもあります。

注意力は自分自身の性格と性質を知ることで高めることができます。周囲の雰囲気に流されずに集中することで圧倒的に補うことができます。

詰めの甘さを改善するための方法

詰めの甘さは自覚があれば改善することも可能です。まずはどのようなところが詰めが甘いかを自分自身を見つめなおしてから取り組むことが先決です。そして、自分の不得意である部分を強化することで必ず改善につなげることができます。

では、詰めの甘さを改善するための具体的な方法をご紹介しますのでぜひともご参考にしてください。

忍耐力を付ける

我慢が足りずすぐに投げ出してしまうタイプの方は、とにかく忍耐力をつける事に集中しましょう。忍耐とは少し苦しかろうがしんどかろうが耐える事により強化する事ができます。忍耐は人間関係や仕事など全てにおいて必要な物です。例えばダイエットや肉体改造も忍耐力が欠かせないように継続に繋げる事ができます。

忍耐力を強化することで詰めの甘さの改善もできる上にその他の事までも自然に伸び率がアップする事があります。

物事を成し遂げる

詰めが甘い人は最後まで目標を成し遂げることができず、中途半端で終わらせてしまう傾向があります。まずは、一つずつ着実に物事を成し遂げることが肝心です。物事への達成がスローであってもこつこつと進めていくことでいずれは達成することができます。

また、成し遂げることができれば、達成感などの喜びを覚えてまた新たな物事にチャレンジする活力にもなります。成し遂げる前に投げ出し続けると全て未達成で終わります。

事前準備をする

詰めが甘い人は準備段階から事が足りていないケースが多いので、まずは念入りに準備をする事で改善が見込めます。事前に準備をして計画を立てることは何事にもとても大切な工程であり、ここでこけていると最後で躓くことは目に見えています。準備が完璧であればあるほど達成率も大幅にアップします。

準備をするときはダブルチェックをして確認を怠らないようにしましょう。また、再度見返して抜けがないかをチェックしましょう。

自分の性格に悩みがある方にサービス

いつも詰めが甘くどうしても達成することが少ないと感じてもいまいいちどこが悪いのかわからず改善に至らない場合もあります。自分で自分のことを見直すことが難しく悩みを抱えている人にサービスをご紹介します。

悩みを抱えているときは占いで自分の方向性を導くこともできます。占いは自分の心境を話したり相談することもできるのでヒントを見つけられる可能性があります。
電話占い(ヴェルニ)

詰めが甘い人にならないための予防法

詰めの甘さは今まで問題なくても突然甘くなることもあります。それは油断や慣れなどからくるものが多く、日頃から予防しておくことでケアレスミスも防ぐことができます。

詰めが甘いなんていわれたことがない人でも予防を怠ると詰めの甘い人間になる可能性は十分に考えられます。そうならないためにも予防は定期的に行いましょう。また、詰めの甘い予備軍に属している方は予防をおろそかにするとすぐに詰めが甘くなります。

報連相を習慣づける

詰めの甘い人は必ず何か大事なステップを見過ごしていることが多いです。そうならないためにも日頃より報(報告)連(連絡)相(相談)を怠らないように注意しましょう。報連相をすることで自分が見落としがちなポイントも指摘してもらえ少なくともミスを未然に防ぐことができます。

会社の場合、報連相をすることはほとんど義務であり上司への報告必ずするべきです。習慣づけることでチームワークもアップさせることができます。

計画をしっかり立てる

計画を立てるときには目標に向ってどうすることでうまく進むことができるかと考えてプランニングします。しかし、計画はあくまで頭の中での予想と空想にすぎません。計画段階でどれだけシュミレーションができるかによって成功への道が開かれます。

この計画を安易に考えているとシュミレーションがうまくできず、実行したときにおもわぬ失敗に繋がることがあります。
関連
詰めが甘い人の傾向6つ|詰めの甘さを改善するための方法
要領がいい人になるための方法10個|仕事の要領をよくするには - cutee

問題の対処法を作る

問題は常に発生するものなので、問題が発生してもまずは落ち着いて考えることが大切です。どのような問題であってもP(plan)D(do)C(check)A(action)を回すことで必ずその問題をクリアにすることができます。

まずは計画をし行動に移し、問題が解決したかチェックして、改善の余地があればアクションに起こすことを忘れないようにしましょう。

あらゆる場面を想定する

詰めが甘い人の最大のポイントは読みが甘いことです。あらゆる場面を想定することができれば、その場面にぶち当たったとしても回避法を事前に考えることができるので簡単にすり抜けることができます。しかし、その読みが甘いと想定外場面にでくわすことになりどうしても対処できなくなり失敗に繋がってしまいます。

計画をしたときにこれ以上の異常事態がおこりえることはないか、もしおこったときの対処を事前に練る事です。

詰めが甘いと言われたら

詰めが甘いと自覚がなかったのに誰かに指摘された場合は否定をすることなく素直に受けとめましょう。自分の詰めの甘さは自分で気づかないことも多く、指摘されて初めて自覚を持つこともあります。この場合、指摘していただけることをありがたいと捉えることが大切です。

いいにくいことをずばりと言ってくれることは本当に優しさです。自分のことを本当に考えてくれているからこそ指摘もしてくれるということです。

この記事に関連する情報もチェックしよう!

詰めが甘い人は物事を想像する力や考える力を補うことも大切です。詰めが甘いということに関連する記事を一緒にご紹介しますのでぜひともご参考にしてください。関連する記事を一緒に確認することでさらに具体的なステップを見出すことができます。

頭の回転が速い人には特徴がありその特徴を抑えることで自分の回転率をあげることができます。訓練次第で人はいくらでものばすことができます。
関連
詰めが甘い人の傾向6つ|詰めの甘さを改善するための方法
頭の回転が速い人の14特徴|頭の回転を速くする7つの方法 - cutee
関連
詰めが甘い人の傾向6つ|詰めの甘さを改善するための方法
天才の特徴15・天才と凡人の違い・歴史上の天才たち - cutee
初回公開日:2018年10月25日

記載されている内容は2018年10月25日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

RELATED