Logo
menu
悟りを開くとは・悟りを開いた人の特徴10コと開くヒント10コ
更新日:2020年08月28日

悟りを開くということは特別な才能を持った人だけができることではなく、本来誰にで開くことができるのです。自分の意識を少し改革するだけで生活習慣が変化し悟りを開くことがどういうことか分かってきます。平穏な日々を過ごしたい方はぜひチャレンジしてみてください。

悟りを開くとは・悟りを開いた人の特徴10コと開くヒント10コ

悟りを開くとは

「悟り」と聞くと難しように感じますが、「悟りを開く」とは生きていく上でおこる迷いや苦しみから解放されて、物事の本質を見抜けるようになることです。生きていると悩みや挫折、病気や死などさまざまな苦悩や恐怖が存在します。

「悟りを開く」とそういう苦悩や恐怖から解放され、日々を穏やかに過ごせるようになります。生きていることに感謝を感じ、生きている意味を実感できるようになることが「悟りを開く」ことになります。
関連
悟りを開くとは・悟りを開いた人の特徴10コと開くヒント10コ
神通力の意味・神通力の種類6つと特徴・天狗の能力 - cutee

悟りを開いた人の特徴10コ

「悟り」というと仏様やお釈迦様のように俗世や欲望を捨てた「無」の境地に行きついた人を想像します。そこまでは目指さなくとも、悟りを開くのは簡単なことではありません。しかし今ある苦しみから解放されたい、新しい人生観を持ちたいという方にはです。

悟りを開くことで魂を解放することができるので、今後の生き方をかえていきたい人は悟りを開いた人の特徴をぜひ真似してみてください。

特徴1:規則正しい生活をしている

悟りを開くということは本来はとてもシンプルなことです。生きていくうえで時間に縛られたり人に縛られたりするので本来の人間としての時間というのを忘れがちです。本来のシンプルな自分を取り戻すためにはまず人間としての規則正しいサイクルを取り戻しましょう。

特徴2:冷静で落ち着いている

人はどうしても喜怒哀楽の感情に流されてしまいます。怒りや悲しみ、嫉妬という負の感情はその人本来の自分を変えてしまう力があります。悟りを開くということはこの負の感情からも解放されることを意味します。

悟りを開く人の最大の特徴は感情に支配されることなく常に理性的で穏やかな状態で入れることです。感情を平静に保つことは最初はとても難しいですが、感情を支配できると自分自身を解放することができます。

特徴3:自分の信念を持っている

悟りを開いている人は自分自身に信念をもっているので、ほかの人に何を言われても動じない強さや挫折にも負けない強さがあります。これは辛いことがあっても立ち向かっていく強い心にも感じますが、辛いことがあっても逃げてもいいということも表しています。

そこから逃げることがあってもまた立ち上がり、前に進むというしなやかな心が真の信念です。強い心というのはただ突き進むだけではなく臨機応変に対応することも大切です。
関連
悟りを開くとは・悟りを開いた人の特徴10コと開くヒント10コ
ストイックな人になるための9つの秘訣・ストイックな人の特徴 - cutee

特徴4:物事への執着心が無い

悟りを開くということは、あらゆる物事への執着がなくなることです。今の現代社会ではこれが一番難しいことですが、物欲や食欲などという欲を捨てることで感情が揺さぶられることも少なくなります。

物への執着や人への執着がなくなり何かを無くしても不安ではなくなり、人との別れも動じずに見守ることができます。悟りを開いた人は客観的に物事を見ることができるようになるので感情に左右されることが少ないです。

特徴5:目に見えないものに気づく

人は目に見えることのみ信じる傾向があります。目に見えない世界というのを真っ向から否定する人もいますが、目に見えることというのは世の中のほんの一部にすぎません。

目に見えないものにも注目することで世界はもっと広がります。目に見えない世界を感じることで心の中にあるわだかまりや欲望をもっと解放することができるようになります。苦しみや悲しみに直面した時は目に見えない世界を感じるように意識してください。

特徴6:エゴや欲望などの欲が無い

生きているとどうしても自分本位の行動をしてしまうことがあります。自分を大切にすることも大切なのですが、そこの根底には自分が一番可愛くて、自分が一番だというエゴが存在します。そこのエゴがある限りさまざまな感情に支配され続けてしまいます。

他人を優先にするということではなく自分ばかりを優先にすることをやめて、良いことも悪いことも受け入れる自然体な自分でいることが悟りを開いた人の特徴です。

特徴7:他者への関心や嫉妬を捨てる

悟りを開いた人の特徴で感情的ではないことがあげられますが、感情を波立たせる要因で多いのが他社との関わりからくる嫉妬や妬みです。他者をうらやむ気持ちや人と比較をすることは人生において重要なことではないと気が付くことが大切です。

他者への興味や関心を捨てることで相手が何をしていても、何を持っていても、何を言われても動じない心を持つことができます。悟りを開いている人は他者の言動や行動に振り回されない人です。

特徴8:手放すことが上手

悟りを開いた人というのは物事や人への執着心が無いため、それらを手放すことがとても上手です。執着がないと他者が自分の持っているものを欲しがるときも嫌な気持ちにならずに差し出すことができます。

恋愛においてもパートナーを束縛することなくなるので、他の人をコントロールすることがありません。そのため、負の感情を持つことが無いので相手を尊重することができ、人と争うことも無くなります。

特徴9:自分との対話が上手

日々生活をしていると自分自身を見つめな直すことがおろそかになってしまいます。悟りを開くということで自分自身をよく知ることはとても大切です。自分をよく知り理解することで他人の声もしっかりと聞くことができます。

悟りを開いた人は自分自身と会話をすることがとても上手です。常に自分に問いかけて自分の心を聞くことで常に正しい判断をすることができます。

特徴10:見返りを求めない

ここでいう見返りとはあからさまな見返りではなく、生活をしていくうえで知らず知らずのうちに求めている見返りです。仕事をしていくうえでも求めているのがお給料という見返りです。

家族がいる場合どうしても生活費というのは必要になってくるのですが、悟りを開く人というのは何に対しても見返りを求めないという考えをもっているのでボランティアや社会貢献に積極的に参加をしていることが多いです。

悟りを開きたいあなたにサイトはこちら

悟りを開きたいけれど感情に左右をされてしまうあなたには当たると評判の全国のの占い師が通話料無料で電話診断してくれます。普段は遠くて行けなかったということも電話なのでありません。電話サポートでスタッフが直接対応をしてくれるので安心です。

もっと心を強くしたいというあなたのお気に入りの占い師を見つけて迷いや悩みを吐き出してください。
電話占い(ヴェルニ)

悟りを開くためのヒント10コ

悟りを開いた人の特徴を見て実践することも大切ですが、いきなり悟った人と同じような行動をしようとしても難しいです。まずは悟りを開きたいという意識を持つことがとても大切です。

悟りを開く前に普段の行動や意識を変えていくことがとても大切なので、ここでは少しの意識改革をするだけでできる悟りを開く方法を10個ご紹介していきます。

ヒント1:無駄使いを減らす

無駄使いというとお金の無駄遣いを一番に考えます。もちろんお金の無駄使いも減らすことは大切ですが、お金に限らず食物や愛情や時間などあらゆることの無駄使いを減らす意識をしてください。

自分では意識をしていなくても何かに無駄使いをしています。お金の無駄使いに気を付けていてもご飯を残していたりせず、振り向かない相手にいつまでも愛情をそそいだりせず、悟りを開くために普段から無駄を見つけて改善をしてください。

ヒント2:執着心をなくす

人は知らず知らずに何かに執着をしています。物に限らず人間に対しても多かれ少なかれ執着や欲を持っていますが悟りを開くためにはこのような欲望がとても邪魔になります。

まずは部屋の中の断捨離をして、新しい物を増やさずに物事に執着をしない生活を心がけてください。人に対しても来るもの拒まずさる者を追わない気持ちを持ち、他者をうらやむ気持ちや嫉妬や執着を捨てる努力をしてください。
関連
悟りを開くとは・悟りを開いた人の特徴10コと開くヒント10コ
執着心が強い人の特徴8コ・執着心を捨てる方法5コ - cutee

ヒント3:冷静になること

人は感情的になると自分がコントロールできなくなります。感情的になった言葉というのは相手はもちろん自分自身を傷つけます。心が不安定な時に悟りを開くことはできません。

感情というのは意識を変えることでコントロールをすることができます。怒りの感情に支配されそうになったら深く深呼吸をして冷静さを取り戻してください。普段から深い呼吸法を試したり瞑想をすることで冷静になる切り替えスイッチか働くようになります。

ヒント4:五感を研ぎ澄ませる

悟りを開くためには心を柔軟にしてください。目で見えるものだけではなく、視覚、聴覚、触覚、味覚、嗅覚の五感を意識することで自分の奥深くを知ることができるようになります。

五感を強くするためにはきちんとした食事を取り、自然の中で自然の音を感じることが大切です。五感の機能を研ぎ澄ますことができると他者との関わり方や自分が何のために生まれてきたのかなどというスピリチュアルなことも理解できるようになります。

ヒント5:世の中の物事をシンプルに考える

人生というのはとてもシンプルなことを思い出してください。人は生まれてきて成長をしてそして死んでいくというサイクルを繰り返しているだけです。その成長の過程でさまざまな試練がありますが、それもすべて悟りを開くための通過点でしかありません。

悲しみや挫折など心を揺さぶられることが起こりますが、心をシンプルにすると勘ぐりや騙したりという複雑な問題を回避することができるので物事を冷静に見れるようになります。

ヒント6:他人と比べない

他者と接すると他人の評価や一般的な常識などを気にしてしまいますが、悟りを開くということは周りの評価を気にすることなく日々平穏に過ごすことです。悟りを開いている人は他者と比較をすることの無意味さをとてもよく分かっているので比べるということ自体をしません。

羨ましいと感じている相手も実は別のところで悩んでいたり苦しんでいることを分かっているので羨む必要がありません。表面上ではなく人の本質をみてください。

ヒント7:自分に限界を決めないこと

自分の限界とは体力の限界が来ても頑張り続けるということではありません。そもそも「ここまでしかできない」ことも自分の意識が決めているので本来の人間に限界はありません。

悟りを開く人は「限界」という感情を持たないので、それに伴う辛さや苦しさがないです。最終的に「死」に向かっていることを理解しているので「もう駄目だ」という感覚を持ちません。それより次の目標に切り替える心の柔軟さを大切にしてください。

ヒント8:言葉に左右されないこと

他者と接していると気づつける言葉を言う人や自分と比較をしてくる言葉を言う人もいます。その人はその言葉で相手より有利な自分を見つけて自己満足を得ていますが、後に残るのは虚しさだけです。

悟りを開くということは見せかけだけの自己満足ではなく心の本質から満足をして自分自身を見失わないでいられる人なので言葉には左右されません。悟りを開くためにはうわべだけの言葉に惑わされずに自分自身を言葉を信じてください。

ヒント9:弱さや不完全を認めること

人間とは本来、不完全で弱い生き物です。人間に生まれてきたこと自体が素晴らしいことなのですが、人はもっと自分の理想に近づこうとするので苦しくなってしまいます。不完全な自分を認めると物事がきちんと見えるようになります。

不完全なことが悪いことではありません。不完全の中に物事の本質がありそれを正面から受け止めてることで悟りを開くことがどういうことか理解できるようになります。

ヒント10:今の自分を認める

自分自身を認めるということは意外と難しいことです。どうしてもコンプレックスや短所に目がいってしまいます。他者との比較をやめ、自分自身ときちんと対話をすることを実行していると自然と自分を受け入れることができるようになります。

まずはあなたがあなた自身の何物でもないということを認めることで悟りを開くことがとても簡単になります。あなたはただ一人あなただけなので自己肯定をしてあげる事がとても大切になります。

悟りを開いた人の恋愛とは

悟りを開いた人というのは恋愛に関して積極的ではない傾向にあります。人生について常に考え諸行無常の精神を保とうとしているので恋愛に重きを置きません。他者に依存しないという特徴もあるので恋愛体質ではありません。

悟りを開く人は人に対して穏やかなのでモテる傾向にはありますが、こちらがアプローチをしてもやんわり断られる可能性が高いです。まずは相手を理解することから始めてください。

悟りを開くには心の準備が必要

悟りを開くことでとても大切なことは世の中のあらゆるものを大切にするという精神です。人や物を大切にするとことは当たり前のようですが実際にできている人は少ないです。普段忘れがちな謙虚な心を意識してください。

人でも物でも一期一会の精神を大切にすると自然と誰に対しても何に対しても優しく接する気持ちが出てきます。何事にも当たり前と思うことをやめて謙虚な姿勢で物事に取り組むことを意識してください。

仏教についてもっと知りたい

仏教の根本は全ての物に感謝をする気持ちです。自然の恵みや自分に命をつないでくれた祖先への感謝の心を常に持つことも大切です。普段身の回りにあるあらゆる物やできごとの一つ一つにも意味があることを理解してください。

人は「死」に向かって生きていることをきちんと理解するとその恐怖に飲まれることなく魂を解放することができます。仏教の教えとは煩悩から解放され魂を自由にすることに繋がります。
関連
悟りを開くとは・悟りを開いた人の特徴10コと開くヒント10コ
仏教の教えのおすすめの言葉・仏教の教えの中の死後の世界
関連
悟りを開くとは・悟りを開いた人の特徴10コと開くヒント10コ
【特徴別】おすすめのブッダの言葉・本|犀の角/諸行無常
初回公開日:2018年11月15日

記載されている内容は2018年11月15日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

RELATED