Logo
menu
紳士的な人物の条件10個|紳士の言葉の意味や反対語
更新日:2020年08月28日

英国男子ならぬジャパニーズジェントルマンになり方に必見です。紳士的な人物の条件10個や紳士の言葉の意味や反対語についてご紹介します。紳士に欠かせないアイテムなども含めご紹介していきますのでぜひともご参考にしてください。誰でも紳士になれます。

紳士的な人物の条件10個|紳士の言葉の意味や反対語

紳士とは

女性だけではなく男性からも憧れられるような紳士になりたい方に必見です。そもそも紳士とは品格があって、礼儀正しい男性のことを意味します。そのため紳士と聞くと教養があってすてきな男性をイメージしがちです。紳士と言われると男性にとっては誉め言葉であり嬉しいものです。

今までに紳士と言われたことがない男性も紳士といわれるようにポイントをおさえていればすぐになることができます。

女性にのタイプ

紳士といわれる中でも女性にの紳士とは、優しくてレディーファーストで女性の扱いを知っている男性のことを言います。会話も知的さが感じられ男性としての魅力と社会性の魅力を持ち備えた方です。

女性になタイプは周囲への目配りや気配りができる男性であり、日本の亭主関白とは異なります。文化によって異なる男性の立ち居地ですが、これからは日本でも紳士といわれるジェントルマンな一面も必須です。
関連
紳士的な人物の条件10個|紳士の言葉の意味や反対語
できる男の特徴9コ・持ち物と外見で見抜くポイント8コ - cutee

紳士的な人物の条件10個

紳士と呼ばれるにはそれなりの条件を伴っていなければなりません。逆に言えば、紳士的なポイントを抑えていれば誰でも紳士になることができるということです。紳士になりたい方はポイントを取り入れてみましょう。

難しいことではないので紳士になれるための条件について日常より少し意識をするだけで変わることができます。誰でも簡単にジェントルマンになれます。

見た目も中身も重要

紳士になるためには中身も重要ですが、見た目も気をつけるべきポイントがあります。服装で紳士かどうかを見極めることもできます。見た目を紳士的に変えることはとても簡単ではありますが、中身を紳士的に仕上げるためにはそれなりの意識が必要です。振る舞いに気をつけるだけではなく、根本的な中身を見直す必要があります。

人に対しての振る舞いや思いやりが紳士には持ち備えていなければなりません。

条件1:年齢に関係なく優しい

紳士であるべき条件の1つとして、誰にでも優しくできるということです。お年寄りにだけ優しくするというのではなく、誰に対しても優しくすることは紳士である条件です。優しさとは例えば、ドアを開けてあげることや席を譲ってあげることがあげられます。自分だけのことではなく周辺に対しても気配りができることが優しさの秘訣です。

誰に対しても平等に接することで紳士的な素質がアップします。

条件2:男性に対しても寛容

真の紳士とは女性に対してのレディーファーストだけでなく男性に対しても寛容であることが条件です。女性にモテるために女性だけに優しくするということは紳士のすることではありません。

誰に対しても優しく親切にする精神を持っているととても人間としても寛大になります。

条件3:女性優先の精神

ジェントルマンや紳士という言葉を聞くと、真っ先に頭に思い浮かべることは「レディーファースト」であるということです。レディーファーストということは女性を優先に扱うことであり、男性は女性をエスコートすることが欠かせません。

デートの場合、道を歩いている場合にも女性をエスコートして段差がない道を通るようにしたり、女性を車が通る道路側を歩かせないように配慮したりします。
関連
紳士的な人物の条件10個|紳士の言葉の意味や反対語
レディファーストの基本行動7つ|日本・海外のレディファースト - cutee

条件4:悪口を言わない

紳士は内面も品があることが条件です。そのため、悪口を言ったり愚痴ることはほとんどありません。悪口をよく言う男性は紳士的とはいえませんが、自分の意見を提示したり、間違っていることを指摘したりすることはあります。悪口と問題定義の区別をはっきりとわけておく必要があります。

問題定義もできず何も自分の意見や考察がないことは紳士とはまた異なります。

条件5:愚痴を言わない

悪口と同様に紳士は愚痴をこぼすこともほとんどありません。基本的にポジティブな考えで嫌なことを表に出すことはありません。会社の愚痴や同僚の悪口などを居酒屋でこぼしてストレスを発散している方も多いですが、紳士は別の形でストレスを発散することができます。

愚痴を口に出すことと頭で思うということで、紳士かそうでないかという差がつきます。

条件6:芯がある

紳士である条件の1つとしては「芯がある」ことです。芯があるということは自分自身の意見や考えをもっていたり、信念を持っていることです。誰かに流されることは少なく自分で道をみつけて切り開いていくタイプです。

芯がある人は仕事ができるタイプも多く、会社のなかでもポジションが高いことが多く、男女関わらず頼りにされることが多いです。

条件7:気分は常にフラット

気分が上がったり下がったりと感情の起伏が少ない方も紳士であることが多いです。紳士は自分で自分をコントロールできるため、感情のままに取り乱したりすることが少ないです。常に冷静で落ち着いています。

周囲から見ると気分がフラットであるように見えることが多いです。喜怒哀楽はありますが、特に「怒」と「哀」を表に出すことがほとんどありません。

条件8:懐が深い

紳士は懐が深く、お勘定についても寛大です。女性とデートに行って割勘なんてことはありえません。紳士はその懐の深さから女性に対してのエスコートの一環にご馳走することも含まれています。

懐の深い方でケチな方はおらず、経済的にも余裕があるケースが多いです。金銭面だけでなくても懐の深さは人間関係でもあらわれており、男女関わらずがあるキャラクターであることがあります。

条件9:アイロンをかけた服

紳士のみだしなみの心得として服装の着こなしは必須条件です。例えばスーツの場合、アイロンがかかっていないようなしわくちゃの状態であることは絶対にありえません。誰がみてもピシっと見える服装であることが条件です。

スーツの他にもシャツやカットソーやメンパンなども同じくアイロンをかけて、常に清潔感をキープしています。服装は特に崩れるとだらなさが表に出てしまうため注意が必要です。

条件10:所作が洗練されている

紳士の条件の1つとして「所作が洗練されていること」です。「所作」とは、身だしなみや振る舞い、身のこなしという意味があります。男性の自然で優雅な身のこなしこそが紳士であるということです。

普段から行っている紳士である振る舞いこそが自然と身に付いて紳士である素振りとなります。見よう見まねで無理やりしている場合はどこかぎこちなく本来の紳士である身のこなしとは異なります。

紳士と間違えやすい特徴

紳士であるかどうかを見極めるときにとても間違いやすいポイントがあるので注意しましょう。また、これから紳士になるために取り組もうとしている男性も間違った紳士にならないように気をつけましょう。

紳士と違って紙一重異なるだけでとても印象がよくない人物になりえる可能性もあります。勘違いしないようにすることが大切です。

高級ブランドコーデ

紳士は見た目も重要ですが、決して高級スーツにブランド物を身にまとうことではありません。高級ブランドをアクセントで入れることもありますが、ハイブランドを持っていないから紳士ではないということではありません。

なぜか紳士である条件にブランド物をイメージする人が多いのですがこれは間違った解釈ですので気をつけましょう。ブランド=紳士ということではありません。

初対面で優しい

紳士の条件に優しさということがありましたが、初対面で必要以上に優しさをかもしだすことは紳士ではありません。あまりにも優しさを初対面でだすととても馴れ馴れしくて反って悪い印象を受けることがあります。当たり障りなく振舞っていれば問題ありません。不必要に優しくするこが紳士ということではありません。

女性の扱いに慣れている

紳士である条件である「レディーファースト」を間違った解釈をすると、ただ単に女性の扱いに慣れているだけとみなされ、紳士とは異なります。女性にモテるために紳士的な方はレディーファーストするのではないことを理解しておきましょう。

女性を心地よくするために振舞う仕草はいきすぎると女たらしであるとみなされることがあります。サービスはさりげなくすることが大切です。

紳士について悩んでいる方にサービス

紳士的な振る舞いをしているつもりでもどうしてもから回ってしまうという方にサービスです。悩みを抱えているときは誰かに相談することが1番です。

電話占いサービスであるヴェルニは新たなサービスであり、顔を合わしたことがない相手だからこそ真の心の内を話せることがあります。
電話占い(ヴェルニ)

紳士の言葉の意味や反対語

紳士について初心に戻って、まずは言葉の意味についてきちんと理解しておきましょう。メディアや環境から与えられる印象はときに間違った内容であることがあります。実際のところは自分自身で調べたり、勉強したりすることも時には必要です。

間違ったイメージを植えつけてしまうと真の紳士への道は遠くなるので気をつけましょう。

紳士の意味

紳士の本来の意味とは、上流社会の人、上品で礼儀が正しい人、ジェントルマン、教養がある人などを意味します。イメージするのであれば昔で言うところの貴族がぴったりです。紳士とは品があることが欠かせません。また、相手を尊重することで紳士である態度をあらわせます。
関連
紳士的な人物の条件10個|紳士の言葉の意味や反対語
ジェントルマンな男性とは?特徴11コと性格・女性への接し方 - cutee

言葉の由来

紳士とは中国語である「士人」が由来となっており、社会的地位が高いことを意味していました。これは地方有力者を意味しており、現代の日本語における紳士とは少しニュアンスが異なります。

また、イギリスでの歴史的社会階層である地位が高い人という意味がある「ジェントリィ」が変化した「ジェントルマン」という言葉もまた紳士という意味を持つようになったということも有名なストーリーです。

紳士の反対語

紳士の反対語は「与太者(よたもの)」となります。意味としては、怠け者や不良や手がつけられない者などがあります。ばか者などということもあり、下品で教養がない人を言います。愚か者で役に立たない人なども紳士の反対の意味を持ちます。

紳士になりたいなら積み重ねが大事

紳士的な人物についてのご紹介はいかがでしたか。紳士的になりたいのであれば、日々の積み重ねが大切です。いくら紳士的な要素を理解したといっても1日で紳士的になれることはありません。紳士であることは自分で判断するのではなく、他人に評価されるものです。自分自身が気をつけて日常生活のなかで紳士的要素を身に付けていけます。

見た目だけでなく中身も磨こう

紳士になるためには見た目だけでなく中身を磨くことが大切です。紳士的な面は見た目にもあらわれますが、中身から滲み出るものです。そのため、いくら見た目ばかりに気をつけても真の紳士にはなりえることはありません。中身を磨くことは時間がかかりますが、時間とともに紳士になることは誰にでもできます。
関連
紳士的な人物の条件10個|紳士の言葉の意味や反対語
理想の彼氏に必要な14条件|絶対外せない必須3条件 - cutee
関連
紳士的な人物の条件10個|紳士の言葉の意味や反対語
忙しい彼氏と上手くいく方法11コ・忙しい彼氏の本音とは - cutee
初回公開日:2018年10月18日

記載されている内容は2018年10月18日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

RELATED