Search

検索したいワードを入力してください

2019年02月07日

略式結納とは・5つの手順|知っておきたい結納のマナー

略式結納という言葉を知っているでしょうか。正式な結納よりも手間と時間がかからないため、現在増えてきています。略式結納には覚えておくべきマナーや手順、必要な知識があります。略式結納までの準備や当日の流れなどをまとめました。

略式結納とは・5つの手順|知っておきたい結納のマナー

結婚前に行う儀式「結納」

略式結納とは・5つの手順|知っておきたい結納のマナー

将来結婚を夢見ている人であれば、結婚式や披露宴について調べたことがあるという人も多いでしょう。しかし、結婚式をする前には結納という儀式があることを知っているでしょうか。

昔は当たり前のようにされていた結納ですが、現在では結納を行わなかったり、略式結納をすることが一般的になってきています。結納は親族同士で行われることが一般的なので、どのようなものかわからないという人も多いでしょう。

結納の意味

結納とは古くからある日本の習慣であり、婚約の成立を確約するために行われます。新郎の家から新婦家に、お酒などの結納の品を納めるのが一般的です。結婚式はゲストを招き公の場で開かれることが多いですが、結納は新郎新婦と双方の家のみでおこなわれます。

結納は新婦の家で行われたり料亭やホテルで行われることが多く、食事や結納の品などは豪華なものを揃えるのが通例でした。現代では、コンパクトな略式結納が増えています。

略式結納とは

略式結納とは・5つの手順|知っておきたい結納のマナー

略式結納とは、レストランなどで新郎新婦と両家が集まりおこなう結納の方法のことを言います。古くからの結納ほど堅苦しくなく現代のニーズに合わせたものと言っていいでしょう。略式結納は、レストランの個室で結納の後、そのまま食事会になるパターンが多いです。

略式結納をさらに簡略化したもので、顔合わせの食事会のみが開かれることもあります。手間や費用を抑えられるので、現代では略式結納とともに増えてきています。

結納における仲人の役割

仲人さんの存在を知っている人はどれくらいいるでしょうか。「お見合いの場で双方を引き合わせてくれる人」というイメージを持っている人も少なくないでしょう。結納における仲人は、新郎新婦どちらか、もしくは両方がお世話になったご夫婦に頼まれることが多いです。

仲人は結納や略式結納を滞りなく進行してくれる上、新郎新婦にとっては今後の夫婦生活の支えになってくれます。仲人を頼むときには慎重に選ぶようにしましょう。

正式な結納

正式な結納は、多くの段取りを踏む必要があります。入室から結納目録の手渡し、結納品の整理から挨拶、その後の会食に至るまでの手順は、地域・宗教・家系などによって多岐に渡ります。

正式な結納は略式結納とは異なり、新郎側から新婦側へ結納品を送ります。結納に関わる段取りや品物は縁起がいいものが選ばれ、数や位置にも注意を配る必要があります。略式結納が増えてきたのに影響し、正式な結納の数は減ってきています。

略式結納

略式結納は、主にレストランやホテルで行われる結納方法です。略式結納自体は時間は短く、両家の挨拶と食事会を兼ねたものであることが多いです。ホテルなどでは略式結納用のプランが用意されているところもあります。

略式結納では仲人をたてる場合とそうでない場合がありますが、正式な結納のように厳粛な雰囲気ではありません。略式結納は「儀式」という意味合いよりは、「挨拶」という意味合いの方が多く含まれています。

仲人を立てない

略式結納を行う際に、仲人を立てない場合も多いです。主に新郎側の父親が仲人としての役割を担い、店の準備や連絡などをすることが多いです。両家に略式結納の経験がまったくない場合においても、専門誌やサイトなどで調べることで滞りなく進行できるでしょう。

仲人を立てない場合には、より和やかな雰囲気で略式結納が進むことが多いです。略式結納の後には両家の仲がさらに深まることが期待できます。

略式結納5つの手順

略式結納とは・5つの手順|知っておきたい結納のマナー

略式結納は正式な結納よりも簡略化しているとはいえ、5つの手順を踏む必要があります。略式結納には新郎側、新婦側にそれぞれ異なる準備が必要になります。新郎新婦は略式結納の手順を前もって頭に入れておくことで、相手の家族からの印象が良くなるでしょう。

略式結納自体は15分から20分ほどで終わります。部屋の作りや両家の地域の習慣によっても異なりますが、口上以外はあまり言葉を発さないのが一般的です。

手順1:結納品の飾り付け

略式結納を始める前に、まず結納品を飾りつけます。略式結納をする部屋が和室の場合は、床の間付近に飾りつけ、洋室の場合はテーブルの上に飾りつけられます。

略式結納の結納品は、目録、結納金、熨斗、子生婦、寿留女、友白髪、末広、勝男武士、家内喜多留、の9品目が正式です。一部を省略することも多く7品目であったり5品目であったりします。偶数は「割り切れる」という意味で縁起が悪いので、結納品の品目は奇数にします。

手順2:口上

略式結納の部屋には最初に新郎側、次に新婦側の家族が入室します。仲人がいる場合は仲人から口上がされることもありますが、一般的には新郎の父親から口上がされることが多いです。

「この度は◯◯様と、私どもの◯◯との縁談をご承諾くださいまして、ありがとうございます。本日はお日柄もよく、結納の儀を執り行わせていただきます。どうぞよろしくお願いいたします。」という口上が一般的です。

手順3:結納品贈呈

「◯◯より結納の品でございます。幾久しく、お納めください。」という言葉と共に、新郎の父親から新婦の父親に結納品の目録が渡されます。「幾久しく」は「いくひさしく」と読み日常では使われることが少ない言葉ですが、覚えておきましょう。

結納品の目録は、洋室の場合は手渡しで、和室の場合は専用の台に乗せられて渡されます。新婦側は「ありがとうございます。幾久しく、お受けいたします。」と言って受け取りましょう。

手順4:結納返し贈呈

新郎側から結納品の目録を受け取った後には、新婦側から結納返しを送ります。同じように「◯◯より結納の品でございます。幾久しく、お納めください。」という言葉と共に、今度は新婦の父親から新郎の父親に結納品の目録が渡されます。

結納返しが終われば略式結納は終わることも多いですが、婚約指輪の披露がなされることもあります。

手順5:記念撮影・会食

略式結納が終わった後は、記念撮影がされることがあります。両家揃っての写真は今後の人生においても多くはないので、撮影しておくことをオススメします。記念撮影が終わった後は会場を移して会食になります。

略式結納は決められた手順で進める必要があるので緊張してしまうこともありますが、会食では会話を楽しむようにしましょう。略式結納が終われば両家の距離が近づいたことを感じることができるでしょう。

略式結納に不安を抱えるあなたへおススメ

略式結納とは・5つの手順|知っておきたい結納のマナー

略式結納について不安を抱えているという人も多いでしょう。略式結納の手順や必要なものなどはネットで調べればわかることも多いですが、緊張してしまう気持ちはなかなか解消することができません。

不安を解消したいという人は、無料の電話占いを利用し第三者の意見を聞いてみることをオススメします。自分と違う立場の意見を聞くことで道が開けたり、悩みを解決できる可能性があります。

略式結納のマナー

略式結納とは・5つの手順|知っておきたい結納のマナー

略式結納は、正式な結納と同じように守らなければいけないマナーがあります。略式結納は現代のニーズに寄り添い、簡略化されたり時間や手間がかからないようになっている部分がありますが、崩してはいけない風習も存在します。

ひと昔前の世代の人たちは結納をすることが一般的だったため、マナーについては現代の人よりも詳しいです。両家の人たちに失礼に当たらないように、最低限のマナーを知っておく必要があります。

会場選び

略式結納の会場は大きく分けて3パターン存在します。ひとつめは新婦の実家で行うパターンです。ふたつめはレストランや料亭、みっつめはホテルで行われるパターンがあります。

レストランや料亭で略式結納をする場合は、両家の好みやお店の雰囲気を前もって調べておいた方が良いでしょう。お店によっては略式結納に慣れていることもあるので、ネットなどで口コミをチェックしておきましょう。アクセスなども重要です。

費用の負担

略式結納の費用は新郎新婦が二人で折半するのが一般的です。新郎新婦が主体となり両家の人を招くという意味合いが強いため、費用だけでなく会場探しなどの負担を二人で折半することが多いです。

地域によっては、新郎が全額を負担するという風習があるところもあります。「結納金は男性側が負担し、その他かかってくる費用を女性側が負担する」というように、前もって相談しておくのが良いでしょう。

結納品の選び方

結納品は縁起の良いものを選ぶ必要があります。長熨斗はもともとアワビで作られており、「不老長寿の食べ物」としての意味合いを持っています。寿留女は噛めば噛むほどに味がでるの、味のある仲のいい夫婦になって欲しいという意味が込められています。

結納品は現在ではネットで買うこともできますが、地域性や風習を考慮するのであれば、地域にある結納品専門店やブライダルサロンで購入することをオススメします。

婚約指輪

略式結納とは・5つの手順|知っておきたい結納のマナー

婚約指輪は婚約をする上で重要な役割を持っています。新郎から新婦へプロポーズの時に渡されます。「給料3ヶ月分」の値段が良いとされていますが、値段よりも婚約指輪を購入しプロポーズした覚悟の方が重要であると言えます。

略式結納の最後に婚約指輪を両家に披露することもあります。略式結納では婚約指輪は婚約記念品と呼ばれます。婚約指輪の裏には違いのイニシャルを掘る人も多くいます。

目録の作成

略式結納とは・5つの手順|知っておきたい結納のマナー

目録とは、結納品の内容を書いたものです。毛筆の手書きで、結納品の品物を箇条書きで記入します。一般には新郎新婦本人や父親が書くことが多いですが、現在では結納品販売店などで代筆してくれるところもあります。

目録は「一、子生婦 壱台」「一、寿留女 壱台」のように、品名を縦書きで記入します。目録の最後には「右之通り幾久しく敷目出度く御受納ください 以上」という文言を記入します。

ドレスコード

略式結納の際の服装はフォーマルなものにしましょう。女性であればキレイめなワンピース、男性であればスーツがいいでしょう。アクセサリーやネクタイなど小物で華やかさを出すのがオススメです。

席次

略式結納の際、一般に上座に新郎側、下座に新婦側が座ります。新郎新婦本人はもっとも入り口に近い席に座り、奥に向かって母親、父親という順番になります。席次については地域性もあるので、事前に話し合うと良いでしょう。

食事

略式結納の後の食事はカジュアルになりすぎないように注意すれば、これといって限定するものはありません。両家の好みを聞きながら、前もってコースを決めておくことをオススメします。

略式結納は家と家をつなぐ大事な儀式

略式結納とは・5つの手順|知っておきたい結納のマナー

現在では略式結納すら行わない夫婦も増えてきています。結婚は当事者だけでなく、家族間の関係をつなぐことだということを理解しておきましょう。一生に一度のことなので、行うことをオススメします。

結婚に関する情報を集めよう

結婚や結納に関する情報は、千恩師やネットなどいろいろな手段で集めることができます。身の回りに結婚を経験したことがある人がいるならば、その人に助言を求めても良いでしょう。結婚についての情報は以下のリンクをご覧ください。

マナー

Related

電車で飲食をするときの5つのマナー|飲食がNGとなるとき

電車内で飲食してはいけないとの決まりは法律にはありません。電車を運行している鉄道会社でもほとんどがその規定をしていません。電車内で飲食ができるのかは、個人のマナーに対する考えと電車内の状況によりますが、少なくとも臭いの強い食材やこぼれる汁物は避けるべきです。
暮らしマナー
2018年12月17日
電車で飲食をするときの5つのマナー|飲食がNGとなるとき

遅刻の理由・言い訳パターン9選・伝える際のマナー

自分に過失があって約束に遅刻してしまうとき、相手にマイナスイメージを与えない言い訳はないかと考えたことはありませんか。この記事では遅刻するときに相手に伝える理由・言い訳のパターンを紹介しています。遅刻した状況を上手な言い訳で乗り切りたい人は読んでみてください。
キャリアマナー
2019年02月19日
遅刻の理由・言い訳パターン9選・伝える際のマナー