Search

検索したいワードを入力してください

2019年02月07日

親族の結婚式のおすすめ服装23選|服装マナー・親族のみの場合

友人として結婚式に出席するのとは違い、親族の結婚式に出席する場合は、より服装のマナーに気をつける必要があります。年齢や既婚・未婚によって気をつけるポイントが違うので、いつ親族の結婚式に出席することになっても慌てないよう、しっかりマナーを把握しておきましょう。

親族の結婚式のおすすめ服装23選|服装マナー・親族のみの場合

親族の結婚式の服装マナー

新郎もしくは新婦の親族として結婚式に参列する場合、友人の結婚式に参列する場合と違って服装のマナーはしっかり守る必要があります。さらに、年齢や未婚・既婚によって服装も配慮すべきポイントが違ってきます。

いつ親族として結婚式に参列することになっても慌てることがないよう、しっかりマナーを覚えておきましょう。では、親族の結婚式の服装マナーを解説します。

マナー1:会場の品格に合う服装を選ぶ

親族の結婚式に参列することになったら、会場の品格に会う服装を選ぶのがポイントです。

結婚式を結婚式場で執り行うのが一般的ですが、格式高い会場や教会・神社などで行う結婚式もあれば、レストランや貸切のゲストハウスなどで行うカジュアルな結婚式もあります。

格式高い会場ではフォーマルな服装、カジュアルな会場では程よくきちんした服装と、会場の品格に合う服装で出席して、式の雰囲気を壊さないようにしましょう。

マナー2:友人としての参列時よりフォーマルに

親族として結婚式に参列するときは、友人の結婚式と違ってフォーマルな服装を意識するようにしましょう。

結婚式の服装は、お祝いの席にふさわしい華やかで上品な服装が基本です。特に女性は、おめでたい式を明るく華やかに彩るという役割もあるので、華やかな服装で参列する人が多いです。

しかし親族はゲストをもてなす側なので、華やかさよりもきちんとしたフォーマルな印象を与える服装で参列するようにしましょう。

マナー3:主催者側であることを意識する

親族として結婚式に参列する場合、主催者側であることを意識して服装を選びましょう。

新郎もしくは新婦の親族として結婚式に参列することは、ゲストをもてなす主催者側に立つということになります。式にふさわしくない服装や立ち振る舞いをするということは、新郎新婦にマイナスイメージを与えることに繋がります。

主催者側であることをしっかり自覚し、結婚式にふさわしい服装で参列するようにしましょう。

親族の結婚式の服装

親族として結婚式に参列する場合は、ゲストをもてなす主催者側であることを意識して服装選びをする必要があります。友人の結婚式とは違い、落ち着いた服装をするよう心がけましょう。

では、親族の結婚式の服装は具体的にどのような服装が選ばれているのでしょうか。実際のコーディネート例を参考に紹介します。

男性のおすすめコーデ

親族の男性は、準礼装で参列するのが一般的です。

準礼装とは、ブラックスーツやディレクターズスーツ、タキシードのことを指します。時間帯によって着る服装が決められており、昼間はディレクターズスーツ、夜はタキシードを着るのが正式なスタイルです。

ブラックスーツは準礼服の中ではもっとも格が低いと言われていますが、時間帯を選ばず着られるのでとても便利です。

コーデ1:<スタンダードスタイル>

親族の男性の服装としてもっともスタンダートなコーデです。

ブラックスーツに白のシャツとネクタイを合わせるのが、親族の男性の一般的な服装です。靴は黒の紐革靴で内羽根ストレートチップを選ぶのが基本となっています。

男性の服装は女性に比べて装飾が少ないので、靴まできちんとした物を選ぶようにしましょう。

コーデ2:<ベスト>

よりフォーマルな印象を目指すのなら、ベストを着るのがおすすめです。

ベストはドレスアップする目的で着用するので、ブラックスーツよりフォーマル感をアップさせたいのならベストを取り入れましょう。ベストの色に決まりはありませんが、シルバーグレーのベストは着るだけで一気にフォーマル感がアップします。

格式高い会場で行われる結婚式では、ベストを着てドレスアップしましょう。

コーデ3:<黒のベスト>

一部で「結婚式では黒のベストを着るのはNG」と言われていますが、ベストの色は特に決まりがないので、親族の男性が黒のベストを着用しても問題ありません。

しかし、ベストも黒にすると黒の割合がかなり多くなるので、重い印象になりやすいです。ネクタイや小物で華やかさを出すようにしましょう。

コーデ4:<ストライプのネクタイ>

親族の男性の服装では、スーツだけでなくネクタイの色柄にも配慮するようにしましょう。

近年若い世代の人には、フォーマルにもカジュアルにも対応できる光沢のあるシルバーやゴールドのネクタイが人気となっていますが、ストライプのネクタイも多く選ばれています。

ストライプはビジネス用というイメージが強いので、フォーマル感がでる光沢のある素材の物を選べば、結婚式でも問題なく着用することができます。

コーデ5:<ポケットチーフ>

親族はゲストをもてなす立場なので、よりフォーマル感が高まるポケットチーフを取り入れるのがおすすめです。

ポケットチーフにはさまざまな折り方がありますが、フォーマル度が高く華やかな印象になる「スリーピークス」という折り方がおすすめです。

既婚女性のおすすめコーデ

既婚女性は社会的立場から見て、きちんと落ち着いた印象の服装が好ましいです。膝下丈のスカートに袖がついたワンピース、無地でシックな色のドレスはフォーマルな雰囲気が出るので、親族の既婚女性に適しています。

あまりにも年齢と不釣り合いなデザインや、派手すぎる色の服装は避け、フォーマルなワンピースやスーツを選ぶようにしましょう。

コーデ6:<セットアップ>

きちんとしたネイビーのセットアップスーツは、親族の既婚女性におすすめのコーデです。

ネイビーは黒より重くなりすぎず、ほかのカラードレスよりも目立ちすぎないので、女性の結婚式の服装によく選ばれている色です。既婚女性らしい落ち着いた印象のスーツなので、親族の結婚式のぴったりの服装です。

コーデ7:<セレモニースーツ>

セレモニースーツも、親族の既婚女性の服装としておすすめです。

セレモニースーツは一着あれば、子供の入学式や卒業式・式典・演奏会など、幅広いシーンで着用することができるフォーマルな服装です。上品できちんとした印象になるので、一着持っていると便利です。

コーデ8:<パンツスタイル>

動きやすさを重視するのなら、パンツスタイルがおすすめです。

ドレッシーなデザインのパンツスタイルなら、きちんとした印象を保ちつつアクティブに動くことができます。小さい子供がいる既婚女性や、冷え性で足を出すワンピースが苦手な人におすすめの服装です。

コーデ9:<ワンピース>

フェミニンなワンピースを着用したコーデです。

レースがあしらわれたワンピースは、華やかで上品な女性らしい印象を演出することができます。レースのワンピースはデザインによっては下品な印象になってしまうので、ベーシックなデザインを選ぶのがポイントです。

袖口やスカートの裾など、ワンポイントでレースが使われている服装もおすすめです。

コーデ10:<ショール>

ショールを使ったコーデは、親族の既婚女性にもおすすめです。

ショールは巻き方によって印象に変化がつけることができ、空調による体の冷えを防ぐこともできます。一枚持っていると年齢問わず使うことができるので、長く使うことができる汎用性が高い便利なアイテムです。

親族の結婚式には、きちんとした印象になるシフォン素材やレース素材が適しています。コサージュやピンなどの小物をプラスすると、華やかさがアップします。

未婚女性のおすすめコーデ

未婚女性も既婚女性と同じように、きちんとした印象の服装を選ぶようにしましょう。

未婚女性は華やかな服装を選ぶ人が多いですが、派手な色やトレンド感のあるデザインのワンピースは親族の服装に適していません。結婚式というフォーマルな式の主催者側として参列するので、ゲストをもてなすのにふさわしいきちんとした印象の服装を選びましょう。

コーデ11:<レースワンピース>

レースが上品なワンピースは、親族の未婚女性によく選ばれているコーデです。

膝下丈で袖のあるワンピースはフォーマルな雰囲気になるので、親族の女性にぴったりの服装です。落ち着いたダークカラーのワンピースですが、レースがあしらわれているので重い印象になりにくく、程よく女性らしい上品な印象になっています。

コーデ12:<変形ワンピース>

人と被らない服装をする場合は、ストールを羽織ったようなデザインが印象的な変形ワンピースがおすすめです。

半袖やノースリーブのワンピースのような軽やかさがありつつ、袖のデザインがショールやボレロのような羽織に見えるので、適度に肌の露出を抑え、上品な印象になっています。

トレンド感を意識しつつきちんとした印象になるので、親族の未婚女性におすすめの服装です。

コーデ13:<カラーワンピース>

きれいな色のワンピースも、親族の未婚女性の服装に適しています。

親族側の服装はダークカラーが多くなる傾向が高いので、きれいな色のワンピースを着ると、明るく華やかにゲストを迎えることができます。失礼に当たらないよう、きちんとしたフォーマルな形のワンピースを選ぶのがポイントです。

コーデ14:<パンツスタイル>

ドレッシーな素材やデザインのパンツスタイルも、親族の未婚女性におすすめの服装です。

挨拶で立ったり座ったりする動作が多くなったり、会場を動き回ることが予想される場合は、アクティブに動いても服装が乱れにくいパンツスタイルが適しています。地味な印象にならないよう、髪型やアクセサリーで華やかさを出すようにしましょう。

コーデ15:<シンプルワンピース>

シンプルな形のワンピースは、親族の未婚女性にぴったりの服装です。

過剰な装飾がなくストンとした形のシンプルなワンピースは、幅広い世代に好まれるデザインです。ゲストが大勢参列する結婚式や、年齢層が比較的高めの人が多く集まる結婚式におすすめの服装です。

小学生以下の男の子のおすすめコーデ

小学生以下の男の子の結婚式の服装は、大人と違って厳格なルールはありません。しかし、キャラクターがプリントされたTシャツや明るい色のスニーカなど、カジュアルすぎる服装は避け、普段よりきちんとした服装を心がけましょう。

大人の礼服のように蝶ネクタイをしたり、ジャケットを羽織ったり、髪型もきちんとセットすれば、結婚式の雰囲気にマッチしたコーデが完成します。

コーデ16:<黒のスーツ>

黒をメインにした小学生以下の男の子の結婚式コーデです。

黒をメインカラーにしているので、落ち着いたフォーマルな印象のコーデになっています。ギンガムチェックの蝶ネクタイと靴下が子供らしくかわいらしい雰囲気をプラスしています。

黒やネイビーなどのダークカラーは、格式高い式場からカジュアルな会場まで幅広く対応できるので、服装選びに迷ったときはダークカラーを選ぶのがおすすめです。

コーデ17:<明るいカラーのスーツ>

爽やかな明るいグレーのスーツコーデです。

体にフィットしたグレーのスーツが、子供らしい明るくてかわいい雰囲気と、きちんとしたフォーマルな印象を与えます。靴はスエードや布などカジュアルな素材でなければブラウンでも可ですが、ダークカラーの革靴が好ましいです。

リングボーイ(新郎新婦が交換する結婚指輪を運ぶ男の子)の服装としてもおすすめです。

コーデ18:<半袖シャツとハーフパンツ>

半袖のシャツとハーフパンツのコーディネートです。

大人の結婚式の服装では、半袖のシャツはカジュアルな印象を与えるので親族の服装としては適していません。しかし、子供のコーデは特に細かい制約はないので、半袖のシャツを着用しても問題ありません。

また、スーツに白い靴下は新郎以外の大人の男性は着用NGですが、子供は着用しても問題ありません。

コーデ19:<小物を使ったコーデ>

ハットを使ったおしゃれなコーデです。

格式高い会場で行う結婚式には向きませんが、カジュアルな結婚式や新郎新婦と親しい人が集まる結婚式の場合、小物を使ったコーデもおしゃれでかわいいです。

小学生以下の女の子のおすすめコーデ

小学生以下の女の子も男の子と同じく、カジュアルすぎる服装は避け、普段より改まったワンピースやドレスなど、結婚式にふさわしい華やかな服装で出席しましょう。

服装の色は大人と同じく、ウエディングドレスの色を連想させる白や明るいベージュのワンピースは避けるようにしましょう。しかし、フラワーガール(バージンロードに花を撒く女の子)をする場合は、例外で白のドレスを着用することが認められています。

コーデ20:<カラーワンピースコーデ>

爽やかなブルーのワンピースがかわいいコーデです。

子供の結婚式の服装では、食べこぼしや汚れが気にならない黒やダークカラーもよく選ばれていますが、華やかなお祝いの席なので、会場の雰囲気を華やかにする明るい色が人気があります。

フラワーガールの服装にもおすすめの、上品なワンピースコーデです。

コーデ21:<上品カラーコーデ>

シックな色のドレスが主役のコーデです。

お祝いの席なので、「普段では着られないお姫様のような服装をさせたい」という声もよく聞かれます。しかし、結婚式の主役はあくまで新郎新婦なので、過剰なフリルや装飾がついたドレスや、派手すぎる色のワンピースはNGです。

明るくてもちょっとくすんだカラーのドレスなら、過剰に目立ちすぎず素敵な印象を与えることができます。

コーデ22:<モノトーンコーデ>

モノトーンで揃えたフォーマルな雰囲気を感じさせる落ち着いたコーデです。

きちんとした黒のワンピースは結婚式以外にも、入学式や発表会など、幅広いシーンで着ることができるので、一枚持っているととても便利です。

黒一色だと重い印象になるので、白や明るい色の上着や小物などで華やかさを足すようにしましょう。

コーデ23:<お揃いコーデ>

姉妹でおろそいのワンピースを合わせたコーデです。

襟付きの上品なカラーのワンピースはきちんとした印象に見えるので、格式高い結婚式場にもおすすめのフォーマルなワンピースです。

姉妹別々のコーデもかわいいですが、お揃いでコーデするとかわいらしさが倍増し、親族側の出席者の一員として、結婚式に明るい雰囲気をプラスしてくれます。

中学生や高校生

中学生や高校生が親族の結婚式に参列する場合、服装選びに迷うという話がよく聞かれます。制服がある学校に通っている中学生・高校生でも、結婚式は別途フォーマルな服を用意する必要があるのか、制服で出席していいのかよくわからない、という声も少なくありません。

中学生や高校生が親族の結婚式に参列する場合、どのような服装が良いのでしょうか。

制服でOK

制服がある学校に通っている中学生・高校生は、詰襟・ブレザー・セーラー服など、デザイン問わず制服で出席してOKです。スカートを短くしたり、ズボンもだらしなく履かないようにし、きちんと着るようにしましょう。

しかし、制服がない学校に通っていたり、制服に抵抗がある場合は、ブレザーにズボンを合わせたり、ドレッシーな素材のワンピースを着るなど、フォーマル感のある服装で参列すれば問題ありません。

恋愛を叶えたい人におすすめ

結婚式に出席すると、幸せそうな新郎新婦の姿をみて結婚に憧れる、という話はよく聞かれます。しかし、相手の気持ちがわからない、一歩踏み出す勇気が出ないなど、恋愛に関する悩みを抱えている人も多いです。

恋愛を叶えたいのなら、「ヴェルニ」に相談するのがおすすめです。「ヴェルニ」は、確かな鑑定力をもつ400名以上の占い師に、電話で相談することができます。恋愛の悩みをすっきり解決して、幸せな結婚に繋げましょう。

親族のみの結婚式のゲストの服装

結婚式には友人や会社の上司、お世話になった恩師などを招待するのが通例でしたが、近年は親族のみで執り行う結婚式も多くなっています。

親族のみの結婚式に参列する場合、新郎新婦の衣装に合わせて、親族同士で服装を揃えるようにしましょう。親族同士の服装のテイストが合っていないと、結婚式の雰囲気がだいなしになってしまうこともあります。

では、具体的にどのような服装を選べばいいのか、新郎新婦の衣装別に解説します。

新郎新婦がタキシード&ドレスの場合

結婚式の衣装としてもっとも多く選ばれているのがタキシード&ドレスです。

タキシードとドレスは結婚式のスタンダードな衣装で、格式高い会場やチャペル、ホテルやゲストハウスなど、さまざまな場所で行われる結婚式の衣装として選ばれています。特別な告知がない限り、新郎新婦の衣装はタキシードとドレスと考えていいでしょう。

新郎新婦の衣装がタキシードとドレスだった場合、親族はどのような服装を選べばいいのか説明します。

マナー1:一般的な結婚式の服装

新郎新婦の衣装がタキシードとドレスだった場合、親族は一般的な結婚式の服装にすれば問題ありません。

男性はブラックスーツやダークスーツ、女性はフォーマルワンピースやセレモニースーツなど、通常の結婚式と同じく、フォーマルな雰囲気の服装が好ましいです。

ドレスコードや特別な指定がない限りは、通常どおりの結婚式にふさわしい服装で参列するのが無難です。

マナー2:主役に格を揃えることが重要

親族のみの結婚式でも、一般的な結婚式と同じように、主役である新郎新婦と角を合わせた服装を選ぶようにしましょう。

格式高い会場で厳粛な雰囲気で執り行う結婚式にカジュアルな服装で参列したら、場の雰囲気を壊してしまい、主役の新郎新婦の意向に反することになります。

親族のみで顔見知りが多いからと言って、服装をいい加減に選ぶようなことはしないようにしましょう。

新郎新婦がスーツ&ワンピースの場合

近年結婚式のスタイルが多様化し、従来とは違う独特の形式の結婚式を執り行う新郎新婦も増えています。

カジュアルなレストランでの結婚式や海外で挙式など、一般的な結婚式と違うスタイル場合、新郎新婦の衣装がカジュアルなスーツ&ワンピースの場合があります。

新郎新婦の衣装がややカジュアルなスーツとワンピースの場合、親族はどのようなポイントに気をつけて服装を選べば良いのか説明します。

マナー3:主役に合わせたフォーマルな服装

新郎新婦の衣装がスーツとワンピースだった場合、親族は主役に合わせてややフォーマル寄りの服装を選ぶと失敗が少ないです。

カジュアルなスタイルの結婚式でも、Tシャツやデニム・スニーカーなどのカジュアルな服装はNGです。また、スラックスやチノパン・ポロシャツも適していません。

カジュアルなスタイルでも結婚式はお祝いの場なので、親族は場の雰囲気を壊さないようなきちんとした印象になる服装を選ぶようにしましょう。

マナー4:男性はスーツ/シャツ/ネクタイ

新郎新婦の衣装がスーツ&ワンピースだった場合、親族の男性はスーツにシャツ・ネクタイを最低限着用するようにしましょう。

ダークスーツやブラックスーツが望ましいですが、濃いめの色であればストライプのスーツでも着用OKの場合もあります。シャツやネクタイも白を選ぶのが無難ですが、派手すぎなければ若干カジュアルな色やデザインでも着用が認めらています。

どうしても迷った場合は、事前に確認するようにしましょう。

マナー5:女性はスーツ/ワンピース

新郎新婦の衣装がスーツ&ワンピースだった場合、親族の女性はスーツかワンピースを選ぶのが無難です。

色は白や明るいベージュは避け、露出しすぎないデザインのワンピースが望ましいです。ワンピース以外なら、セットアップやパンツスーツも着用OKです。

親族だけのカジュアルなスタイルの結婚式でも、適度にきちんとした印象になる服装を選ぶようにしましょう。

親族の結婚式にふさわしい服装で参列しよう

今回は、親族の結婚式に参列する場合の服装マナーと、おすすめ服装例を紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。

親族として結婚式に参列する場合、主催者側としてゲストをもてなす立場になるので、フォーマルな服装が好ましいです。きちんとした印象になるように、服の素材や色、着こなしを意識するようにしましょう。

お祝いの席にふさわしい服装で参列し、親族の一員として新郎新婦の新しい門出をお祝いしましょう。

結婚式のおすすめヘアアレンジをチェックしよう

結婚式は服装も大事ですが、ヘアアレンジも大事な要素の一つです。派手すぎる髪型は結婚式にふさわしくありませんが、普段と同じようなヘアスタイルのままだと、地味な印象になってしまいます。

結婚式にふさわしい華やかなヘアアレンジをすれば、服装を引き立て、より一層は華やかな雰囲気を演出することができます。ボブやショートボブでも十分にアレンジ可能なので、ぜひチャレンジしてみましょう。

コーデ結婚式

Related

結婚式に参列する親族の4つの心得|祝福するためのマナー

この記事では結婚式に参列する親族の心得やマナーについて紹介しています。親族は他の来賓客から見ると身内になり、ふさわしいマナーが必要です。結婚式の招待状を受け取った時の返事の仕方、ご祝儀の金額、結婚式での服装や振る舞いなど紹介していますので参考にして下さい。
結婚結婚式
2019年02月06日
結婚式に参列する親族の4つの心得|祝福するためのマナー

結婚式の2次会を開くための7つのポイント|成功の秘訣

最近の結婚式では、披露宴に呼びきれなかった友人や知人などを集めて、結婚式の二次会をやることが流れとなっています。二次会はどうしたら開けるのか、どうしたら楽しい二次会にすることができるのか迷う方に、二次会についてを詳しく紹介していきましょう。
結婚結婚式
2019年02月07日
結婚式の2次会を開くための7つのポイント|成功の秘訣

結婚式の費用を節約するには|取捨選択6つのポイント

結婚式を行う予定だけれど貯金に不安があるという方、結婚式費用を部分的に節約したいと考えている方は必見です。本記事では結婚式の費用を節約するには・取捨選択6つのポイントについて紹介していきます。節約しつつも素敵な結婚式を叶えていきましょう。
結婚結婚式
2019年02月07日
結婚式の費用を節約するには|取捨選択6つのポイント

結婚式の招待状の基礎知識とマナー|招待状の文例5つ

晴れの結婚式の日程が決まりました。誰にどのような招待状を送るか悩むとおもいます。招待状の基本知識とマナー、そして披露宴開催における代表的な5つのケースの文例を紹介します。文例を参考にして、心をこめた招待状を作成し、お二人の結婚式を迎えてください。
結婚結婚式
2019年02月07日
結婚式の招待状の基礎知識とマナー|招待状の文例5つ

結婚式のお祝いプレゼントランキングTOP5|選び方のポイント

大切な人への結婚式のお祝いプレゼントは、何にしようか悩んでしまいます。今回はそんな時にチェックしておきたい人気のプレゼントTOP5や、選び方のポイント・マナーをピックアップしてみました。この記事をチェックして、相手が喜んでくれるプレゼント選びをしましょう。
結婚式のお祝いプレゼントランキングTOP5|選び方のポイント

結婚の際にかかる費用の平均額5つ|挙式の際にかかる費用

本記事では結婚の際にかかる費用の平均額5つ、挙式の際にかかる費用について紹介していきます。これから結婚をしようと計画を立てているカップルの方、いつか結婚するためにお金はどのくらいかかるか気になっているという方はこの機会に結婚費用について考えておきましょう。
結婚結婚式
2019年02月07日
結婚の際にかかる費用の平均額5つ|挙式の際にかかる費用

来賓に喜ばれる結婚式引き出物5選|選ぶポイント7

もらってうれしいと感じる引き出物もあれば、困ったと戸惑う引き出物もあります。そこで、もらう立場になった商品選びで出席者の笑顔を引き出しましょう。たかが引き出物、されど引き出物です。間違いのない商品選びで結婚式の思い出をグレードアップしましょう。
結婚結婚式
2019年02月07日
来賓に喜ばれる結婚式引き出物5選|選ぶポイント7

結婚式のタキシードコーデ20選|カマーバンドの着用マナー

結婚式では正装が求められますが、正装の中でも人気のあるタキシードの、おしゃれな着こなしをいくつか紹介しました。結婚式他のフォーマルな場で着用されるタキシードでは、カマーバンドを装着することも良く行われていますが、その正しい着用ルールも知っておきましょう。
結婚結婚式
2019年02月07日
結婚式のタキシードコーデ20選|カマーバンドの着用マナー

結婚式の二次会でみんなで楽しく盛り上がるゲーム5選

結婚式の二次会、どのようなゲームをしたら、盛り上がって新郎新婦も喜んでくれるのか、不安になったことはありませんか。二次会でのゲームは、誰でも参加できてみんなが平等に楽しむことができなくてはいけません。ぜひこの記事をよんで二次会のゲームを考案してください。
結婚結婚式
2019年02月07日
結婚式の二次会でみんなで楽しく盛り上がるゲーム5選

結婚式に行きたくない21の理由・結婚式への参列の断り方

「結婚式に招待されたけど、実は行きたくない。」、そんな時の断り方と行きたくない理由をまとめました。また、招待状の返事の書き方やご祝儀についてもリンクを載せていますので同様に参考にしてください。結婚式の招待を断らなければいけない時の参考にしてください。
結婚結婚式
2019年06月06日
結婚式に行きたくない21の理由・結婚式への参列の断り方

結婚が決まってからの段取り12ステップ・式と入籍の順番

愛し合う男女は結婚して、幸せな家庭を築きたいでしょう。決意した後はどのようなステップでゴールインするのか、その過程を段取りよくご紹介します。また、結婚とは何か、意味やプロポーズ、結婚までの期間も見ていきましょう。上手い段取りを踏むヒントにしてみて下さい。
結婚結婚式
2019年06月06日
結婚が決まってからの段取り12ステップ・式と入籍の順番

同棲の挨拶を成功させる方法5つと挨拶に適した服装のポイント

同棲を始めたいけれど、まず何から始めればいいのか悩まれていませんか。挨拶はしたほうが印象がいいのはわかっているけれど、どんな風にすれば良いのでしょうか。今回は同棲の挨拶を成功させるためのポイントをご紹介いたします。これで同棲の挨拶も、同棲生活も怖くありません。
結婚コーデ
2019年02月06日
同棲の挨拶を成功させる方法5つと挨拶に適した服装のポイント

結婚式をしたくない彼氏/彼女の本当の理由6選と説得方法

結婚式をするかしないかで婚約者と揉めたことはありませんか。この記事では、結婚式をしたくない理由と、結婚式をするように婚約者を説得する方法を紹介しています。一生に一度の結婚式についてしっかり考え、円満な結婚生活を送れるようにしましょう。
結婚結婚式
2019年02月06日
結婚式をしたくない彼氏/彼女の本当の理由6選と説得方法