Logo
menu
来賓に喜ばれる結婚式引き出物5選|選ぶポイント7

初回公開日:2018年10月10日

更新日:2020年08月28日

記載されている内容は2018年10月10日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

もらってうれしいと感じる引き出物もあれば、困ったと戸惑う引き出物もあります。そこで、もらう立場になった商品選びで出席者の笑顔を引き出しましょう。たかが引き出物、されど引き出物です。間違いのない商品選びで結婚式の思い出をグレードアップしましょう。

来賓に喜ばれる結婚式引き出物5選|選ぶポイント7

引き出物の常識

結婚式にはいろいろと暗黙のルールや作法があって戸惑うことも度々です。中でも悩むのが引き出物です。

そこで、引き出物にかける金額、品数、選び方などをおさらいしましょう。
・引き出物の相場は約5000円
・品数は2品
・ゲストには全員同じ品物
・重すぎるや大きすぎるはマナー違反

などが一般的な常識です。

そこで、ここからはそれぞれの詳細について紹介します。
関連
来賓に喜ばれる結婚式引き出物5選|選ぶポイント7
結婚式の費用を節約するには|取捨選択6つのポイント - 結婚に関する情報ならCutee

引き出物の相場

引き出物の相場は5000円程度が平均ですが、地方によっては1万円以上の場所もあるので注意が必要です。

10代や20代前半の結婚式では3000円の引き出物というケースもありますが、もっとも多いのは5000円台です。

しかし一部の地方では、こうした常識が通用しない慣習があります。北陸地方や三重や和歌山などでは最低金額がほぼ1万円からとなっています。

地域によって常識が通用しないこともあるので要注意です。

ゲスト全員に同じ物を

ゲストの間に不公平感がないように、引き出物は全員に同じものがルールです。

結婚式が終わった後のロビーや二次会の会場などでグループが引き出物を確認している姿を目にすることがあります。さて、そのとき人によって引き出物が違っていたらどう思うでしょうか。

自分だけ人より安っぽい商品だとしたら、けっして気分のよいものではありません。挙式に贅を凝らしたのに引き出物で結婚式の印象が悪くなってしまっては本末転倒です。

引き出物の品数

引き出物の品数は、記念の品と消え物という2つセットが一般的です。消え物とは食べればなくなる食品類を指します。

ただし、ここにも例外があり昔からの伝統や風習を守っている地域では、2品のほかに紅白饅頭や赤飯をつけることが常識の場合があります。都市部では稀ですが地方の場合は確認する必要があるでしょう。

喜ばれる引き出物5選

来賓に喜ばれる結婚式引き出物5選|選ぶポイント7
※画像はイメージです
新郎新婦の自己満足に終わらないためにもゲストから喜ばれる引き出物を用意しましょう。

最近、のある引き出物ベスト5
1位 カタログギフト
2位 引き菓子
3位 食器類
4位 キッチン類
5位 インテリア用品


引き出物でとなっている品の特徴は機能性と汎用性です。記念品として飾っておくようなタイプではなく、実生活の中で便利に使える実用品が喜ばれる傾向にあります。

引き出物1:カタログギフ

引き出物でなのはカタログやギフトカード類です。

せっかくの引き出物でも趣味に合わなかったり、すでに戸棚の奥に捨て置かれているようなものでは、うれしいより困ったという思いが先にたつでしょう。

カタログやギフトカードの類は、好きなものを選べる汎用性があるので贈る方には安心感があり、もらった方も選択肢があって喜ばれる引き出物です。

引き出物2:引き菓子

結婚式は人生のクライマックス的なイメージがあり、もらった引き出物は捨てにくいという感覚があります。ぞんな背景から引き出物の定番として愛されているのが、いわゆる「消え物」で、その代表が引き菓子です。

最近のはバームクーヘンです。これにはバームクーヘンの模様のように夫婦として長い年月をかけて年輪を重ねていく、といった意味がこめられています。

ただ、引き菓子を選ぶ際、賞味期限には注意しましょう。
関連
来賓に喜ばれる結婚式引き出物5選|選ぶポイント7
京都の老舗「亀末廣」とは?おすすめの和菓子3選をご紹介 - スイーツ情報ならCutee

引き出物3:食器類

食器類はいくつあっても困るということがないので、引き出物としては重宝されるアイテムです。

ちょっとお洒落でセンスのよい食器類はが高い傾向にあります。しかし、あまりかさばったり、重いものは帰りの荷物になるので避けたほうがいいでしょう。また繊細なガラス細工も壊れやすいので要注意です。

引き出物4:キッチン用品

キッチン周りにはなかなか気の利いたアイデア小物がたくさんあります。ケトルやミルクパンといった定番でもいいですが、人とちょっと差をつけるならばユニークかつ利便性抜群のキッチングッズがです。

キッチン用のアイデア小物はネットなどで検索すると多くの商品が紹介されているので、好みに応じて選べるのも便利なところです。

引き出物5:インテリア用品

インテリアも引き出物の定番のひとつですがなのは小物系です。

小さいけれどかわいい一輪刺し、豪華なイメージのフォトフレーム、スマホなど携帯電話周りのアクセサリーのほか、ディズニーなどキャラクターのインテリアは女性を中心に好評な引き出物です。

結婚や恋愛相談は電話占いのヴェルニにお任せ

来賓に喜ばれる結婚式引き出物5選|選ぶポイント7
※画像はイメージです
電話占いの「ヴェルニ」は創業14年という実績のある占いサイトです。老舗占いサイト5社と業務提携を交わしていて在籍する占い師の数は、なんと400名以上です。

「ヴェルニ」は、恋愛、結婚から仕事や人間関係、今年や来年の運勢まで、どんな相談事、心配事、悩みにも的確に答えてもらえます。

また、朝9時から翌日の早朝5時までスタッフが常時サポートしているので、質問などリアルタイムに対応してくれる点も高評価です。
電話占い(ヴェルニ)

引き出物を選ぶポイント

引き出物を選ぶ際に大事なことは、もらう立場になって考えることです。

そこで、選ぶポイントと注意すべきポイントを考えましょう。

選ぶポイント
・実用性で選ぶ
・高級感で選ぶ
・万人受けで選ぶ
・自分が欲しいもので選ぶ
選ぶ場合の注意点
・新郎新婦の名前や写真入り
・重いや大きすぎる物


友人や知り合いの結婚式に参加した経験があれば、そのときの引き出物がどんな物で、どんな印象だったかを思い出してみましょう。

ポイント1:実用的

引き出物を選ぶ際に、最優先するのは実用的であるかどうかです。せっかくもらっても、引き出しの奥や押入れに突っ込まれたままでは贈ったった意味がありません。

ふだんのなにげない生活のシーンで活躍する実用的なグッズは、使うたびに新婚の2人に思いをはせてもらえる可能性があります。もし、そんな瞬間があるなら、最高の引き出物といえるでしょう。

ポイント2:高級感のあるもの

「えっ、こんな高級なものを引き出物で選んで大丈夫なの?」と思わせる商品選びで出席者を驚かせるのも楽しい趣向です。

引き出物は大きさや見栄えだけがすべてではありません。小さくても印象に残る引き出物があります。たとえばブランド物の小物アクセサリーです。誰もが知っている海外の高級ブランドでもキーホルダーのような小物は5000円ほどで購入が可能です。

まさかの高級感は結婚式のよい思い出になるでしょう。

万人受けするもの

出席したすべての人が笑顔になるような引き出物の選び方が理想です。

いうまでもなくゲストの性別、年齢はバラバラです。同年代の友人がいれば、親戚筋の叔父や叔母、ときには子供が出席するケースもあります。

それでも引き出物を選ぶときに念頭に置くべきは出席者全員に最適な引き出物です。引き出物はできるだけたくさんの出席者によろこんでもらうというアプローチが大切です。

自分がもらっても嬉しい

引き出物に選びに困ったとき、考えがまとまらないときには「自分だったら、なにがもらえたらうれしいか?」という基本に立ち返ってみましょう。

引き出物用のカタログは数多いので目移りして決められないという状況に陥りがちです。そのときは、自分が欲しい物でいいでしょう。

引き出物の袋に「新郎と新婦が欲しい商品を、愛をこめて選びました」といったメッセージをつければ意味のある商品選びになることでしょう。

引き出物で選んだらダメなもの

わかっているけどやってしまう失敗がありますが、残念なことに結婚式の引き出物でもときどき見かけます。

多くの場合は結婚で有頂天になっているカップルが陥りやすい罠といえます。代表的なものが、自分たち2人の写真入グッズを引き出物にしてしまう例、そして、相手のことを考えずに大きくて重量のある引き出物を選んでしまう場合です。

新郎新婦の写真・名前入り

引き出物として「もらっても困る引き出物」の堂々1位が2人の名前や写真入グッズです。

満面の笑みの新婚の2人がプリントされたTシャツやマグカップが引き出物では、たいていの人が当惑します。どこかに着て歩くことができなければ、部屋に飾るのも不自然です。まったく使い道がなく、かといって捨てることも難しいという、とても困った引き出物です。
関連
来賓に喜ばれる結婚式引き出物5選|選ぶポイント7
写真家ヨシダナギの作品5選|食してきた民族食材は? - 趣味に関する情報ならCutee

重たい・大きすぎる

出席者のことを考えずに選んで失敗する引き出物が、重すぎたり大きすぎたりする引き出物です。

出席者は近隣からだけとは限りません。遠い親戚ならば、遠方からわざわざ駆けつけてもらう人います。また車ではなく電車などの公共機関を利用して出席しているゲストもいます。

出席者にとって持ち運びに困るほど大きかったり、重かったりの引き出物は、たとえ高価なものでもけっしてうれしいものではありません。

引き出物は喜ばれたほうが気持ちいい

せっかく苦労して選んだ引き出物は、もらった相手が笑顔になってくれるのが最高です。

自己満足で終わらないためにも喜んでもらえる商品選びを考えましょう。受け取った人の笑顔が見られれば、それは贈った人にとってもうれしい、気持ちよい瞬間です。

和装のこと・二次会のことを知ろう

来賓に喜ばれる結婚式引き出物5選|選ぶポイント7
※画像はイメージです
結婚式は誰にとっても一大イベントです。一生の思い出となるような素敵な挙式とするために準備と基礎知識のインプットを忘れないようにしましょう。

洋装や和装のこと、結婚式後の二次会のこと、それに婚約指輪のことなど、その場になって慌てない完璧な準備が結婚式を成功させるポイントです。
関連
来賓に喜ばれる結婚式引き出物5選|選ぶポイント7
角隠しを着るための5つの方法|作り方・綿帽子との違い - cutee
関連
来賓に喜ばれる結婚式引き出物5選|選ぶポイント7
婚約指輪はいつつける?|既婚者アンケート10例・TPO別評価 - cutee

RELATED