Logo
menu
二人暮らしの夫婦の生活費の平均と簡単節約術4選・光熱費
更新日:2020年08月28日

夫婦で暮らしていくには夫婦の収入の差があるにしろ、最低15万円ほど生活費がかかります。どの世代の夫婦でも節約は必要になるので、将来の為にも生活を楽しくする為にも自分に合った節約法を選ぶ必要があります。夫婦で楽しんで節約できるような環境を作っていきましょう。

二人暮らしの夫婦の生活費の平均と簡単節約術4選・光熱費

生活費の平均

夫婦の生活費の平均は15万円から30万円となっており、夫婦二人で生活する場合は最低18万円ほどは必要になります。生活費の内訳は光熱費、水道代、電気代、家賃、食費、ガス代で最低でも15万円ほどがかかります。

また、その家庭での生活基準を踏まえながら、食費やその他の生活費を考えて節約していかないと生活に余裕を持たせる事が出来ません。

それでは便利な節約方法をご紹介しましょう。

二人暮らしの場合

夫婦二人暮らしの場合は、 食費、光熱費、通信費、家賃(住宅ローン)で考えると25万円以上は掛かります。

どこにいっても生活費は掛かるので、夫婦の生活費を見直す場合は収入を増やすか、節約するしか方法はありません。たとえば生命保険を見直したり、バーゲンやクーポンを利用したり、外食を減らしたりと生活に工夫が必要になります。
関連
二人暮らしの夫婦の生活費の平均と簡単節約術4選・光熱費
同棲の生活費やりくりの内訳6コ|同棲カップルの生活費分担方法 - カップルに関する情報ならCutee

夫婦の場合

夫婦でも、年齢や職業で収入が違うので生活費の基準が違ってきます。夫婦で考えた場合の生活費は子供がいない場合は、教育費や食費を考えなくて良いので、食費、光熱費、通信費、家賃だけで済みます。

生活費を夫婦で考えた場合、その夫婦に合わせた生活を送る必要があるので、収入に合わせた生活をするために、お酒や煙草を控えたり、子供がいない分将来の貯蓄に回す必要があります。

30代の夫婦の場合

30代の夫婦になると、20代の夫婦よりも収入が多くなりますが、基本的にかかる生活費は18万円ほどと他の世代とそれほど変わりません。

30代であれば会社での付き合いや、お互いの親との旅行があったり、収入に余裕がある分、余暇に回す事が多いからです。いざという出費が多くなるので、30代ならば、レンタカーを利用したり、外食を減らす事をしていきましょう。

生活費を押さえる方法4選

自分たちの収入に合わせて生活費を押さえることをしないと、将来設計ができなくなります。自分たちの収入やライフスタイルを考慮して、節約をしないと節約自体が辛いものになってしまうので、自分に合った節約法を選んでいきましょう。

主に食費がかかる場合が多いので食費を中心に考えた節約法4選をご紹介します。

方法1:外食を控える

夫婦二人で頻繁に外食した場合は、食費が多くなり、生活費への負担が多くなります。生活費の節約を考える場合、食費を見直す必要があるので、手っ取り早い節約法と言えるでしょう。

外食をするのをまったくやめるのではなく、外食中心の食生活を見直して家でも店の料理が楽しめるように、夫婦で料理を楽しみながら普段食べないものを作って食べる事で外食の雰囲気を味わいながら節約ができます。

方法2:作り置きをする

食事を多く作って、作り置きをする事自体はガス代や水道代の節約になります。明日の分の料理を作っておくので、明日の光熱費はかからずに済みます。

自分たちの食べる、カレーやシチューを作り置きしておくことで電気代やガス代、電気代の節約となります。作り置きをして置いたもので保存できるものがあれば、冷蔵庫で保存して使うようにしましょう。
関連
二人暮らしの夫婦の生活費の平均と簡単節約術4選・光熱費
日持ちする作り置きおかずレシピ15選|上手に日持ちさせるコツ - レシピを調べるならCutee

方法3:お弁当を持ち歩く

夫婦でお弁当を持ち歩けば、外出先で食事をする必要がなくなるので、食費の節約になるだけでなく、食費の分夫婦でレジャーを楽しむ余裕も生まれるでしょう。

夫婦でお弁当を作る事で夫婦の時間が増えて、家庭円満になるだけでななく、節約もできてしまうので、節約法です。たとえば、朝早く起きて食事を作るので、夜は早く寝るようになるので夜の電気代の節約にもなります。

方法4:早寝早起きで電気代削減

夏場ならば早く起きる事で、温度が低いのでエアコンを使う必要がなくなります。夜はどうしても電気代を使うような生活になるので、早寝早起きの生活は知らず知らずのうちに節約をしていることになります。

家族の生活の時間を朝中心に変える事で、健康にもよいので、食費の節約とともに電気代の節約にもなります。健康面でも良い事が多いので、医療費の節約にもなります。

「共働き夫婦のマネー術」を読んで賢く節約しよう!

30代の夫婦の場合の生活費について書かれた本になります。お金の貯まる習慣を学びながら、節約術を学べます。共働き夫婦の場合の収支の管理の仕方のチェック等もあるので、節約を考えている夫婦にとっては実用性のある本と言えるでしょう。

千葉県の3世代の同居等支援事業を利用する事も書かれており、この本を読まなければ、気づかない生活の知恵が書かれています。

光熱費のプランを見直してみる

光熱費のプランを考え直す事は食費と同じくらい必要になってきます。光熱費は本人たちの努力次第で押さえることができるからです。

自分の家の電飾をLEDの電球に変えてみたり、通信費の安いプロバイダーや携帯電話会社へ帰る事で節約する事が可能です。

通信費

現代人にとって通信費は誰でも必要になります。夫婦の生活に必要な光熱費や通信費の節約は食費を削るよりも本人の負担にならないので、手軽な節約法とも言えます。

大手の携帯電話会社のスマホを使わずに、格安スマホとしてコマーシャルされている商品を使う事でも通信費を節約できます。またプロバイダーも色々な会社が参入しているので、出来るだけ安いプランのある会社を選びましょう。

電気代

生活費を節約する上で、電気代は避けては通れない方法です。ほとんどの家電は電気を利用するので、電気消費の少ない製品に変える必要があります。

夫婦の長い生活で、古くなった家電は電気の消耗が大きいので、買い替えを考えたり、使っていないときはコンセントを抜いておきましょう。

水道代

現代は井戸の水等は使う人が少ないので、水道は必要なツールになります。水道は人が生きていく上で必要になりますが、考え方次第で節約をして生活費を押さえる事も可能です。

夫婦で使っているお風呂の水を洗濯機に使ったり、水洗トイレの水量を減らす事をして、節約をするようにしましょう。

ガス代

ガス代も生活していく上でどうしても必要になります。ガスも使い方次第で節約する事も可能です。夫婦の生活でガスは料理に使ったり、お風呂を湧かしたりするので、夏場は入浴の回数を減らしたり、ガスを使わない料理を作る事で節約できます。

鍋をガスにかけながら、その余熱で料理を作る事の可能です。またガス会社を選ぶ事が出来るようになったので、生活に合ったガス会社を選びましょう。

無理のない範囲で節約してみよう

夫婦の平均的な収入と主な節約法をご紹介しましたが、いかがでしたか?夫婦で節約をする裏側には将来の生活を考えて、節約する事が多く、できれば夫婦で協力して節約していく必要があります。

無理のない範囲で節約をすることで、収支に合わせた生活を送る事が出来るので、できることから無理しないで始める事が必要になります。ここに書かれた節約法の他に、自分たちが親しくしている夫婦に節約法を聞いてみても参考になるでしょう。
関連
二人暮らしの夫婦の生活費の平均と簡単節約術4選・光熱費
二人暮らしでかかる食費を抑えたい!すぐできる節約方法6つ - 暮らしに関する情報ならCutee

楽しく節約しよう

節約も始めからノルマを科してしまっては面白くなくなります。夫婦でゲームのように考えて節約することで、今まで知らなかった世界が開ける事もあるでしょう。

夫婦で楽しく節約するには、無理のない節約法を取り入れるのはもちろん、大きな目標を持って生活することで、節約をすることが苦にならないようにする事が必要になります。
生活費節約
食費節約
初回公開日:2018年07月27日

記載されている内容は2018年07月27日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

RELATED