Search

検索したいワードを入力してください

2018年09月13日

異性が結婚を意識するきっかけ8選・結婚をしなかった理由3つ

結婚したいけど、なかなか結婚するきっかけが見つからないという人は必見です。この記事では、結婚するきっかけや結婚しなかった理由などを紹介しています。結婚するにはタイミングが大切です。ぜひ読んでみて素敵で幸せな結婚をして下さい。

異性が結婚を意識するきっかけ8選・結婚をしなかった理由3つ

きっかけ

結婚した人の年齢や交際期間

異性が結婚を意識するきっかけ8選・結婚をしなかった理由3つ

近年、結婚をせずに同棲したまま一生を添い遂げるという人も少なくありません。昔でこそ結婚をするのがゴールという風潮がありましたが最近では女性でも外で働くことが当たり前となり、結婚がゴールという考えが少なくなってきました。

今回は結婚する年齢や交際期間についてご紹介します。

年齢

結婚する年齢は人それぞれさまざまですが、晩婚化が進み結婚する年齢が遅くなってきています。25歳以上になってから結婚する人が平均的に多く、仕事をしている女性は30歳を超えてから結婚する人もたくさんいます。

10代後半から20代前半にかけて、子供ができたことをきっかけに結婚する人や、30歳後半になり子供を産める最後のタイミングで結婚する人など出産によって左右される結婚も多いです。

交際期間

結婚するまでの交際期間も人によってバラバラです。しかし、交際1年未満で結婚する人は少ないです。

逆に交際期間が長すぎてもきっかけを見つけることができずに結婚するタイミングを逃してしまう場合があります。平均的には交際期間3年を目途に結婚を考えるようになる人が多いです。

異性が結婚を意識するきっかけ8選

異性が結婚を意識するきっかけ8選・結婚をしなかった理由3つ

結婚を意識するきっかけやタイミングは人それぞれさまざまです。結婚に踏み切るには、いろんなきっかけがあります。今回は、結婚を意識する代表的なきっかけを8選紹介していきます。

このようなきっかけがあれば、結婚を意識してこれからの未来を想像してみると良いでしょう。結婚を想像して良い未来が見える場合には、男性は勇気をだしてプロポーズをしましょう。きっと良い方向へ繋がるでしょう。

1:相手の結婚適齢期

友達や周りの人が結婚をしたことをきっかけにしたり、適度な結婚適齢期になったころに結婚をしようかと考え始める人が多いです。

逆に結婚適齢期を逃してしまうと結婚を急いでしまったり焦ってしまったりする場合もありきっかけを逃してしまうこともあります。結婚適齢期は女性のほうが強く意識しているパターンが多いです。

2:子供が欲しいと感じた

異性が結婚を意識するきっかけ8選・結婚をしなかった理由3つ

結婚において生活が一番大きく変わる点は妊娠、出産で愛する二人の間に子供が産まれることです。子供がほしいと感じ始めて結婚を意識するパターンは一番自然で多いです。しかしどちらか一方だけが子供好きという場合にはなかなか結婚に踏み切れないパターンもあります。

子供を出産することは、二人の愛の証です。子供が欲しいと感じて結婚したいと思うことはとても素敵で自然な流れと言えるでしょう。

3:家庭的な姿・献身的な姿

結婚をするにおいて相手に対する求めるものとして大切なのが、家庭的な姿や献身的な姿です。これから結婚して共に生活をしていくと考えたときに、家庭的な相手を選ぶことはとても重要です

そのため、家庭的な姿や献身的な姿を見ていると自然に結婚を意識するようになっていきます。

4:気を使わずに生活できる

相手に気を使わずにいられることは、単純なことですが一番重要なことです。出会ってすぐには相手に気を使ってしまい必要以上に意識してしまったり、自然に生活するのはなかなか難しいですが、交際期間が長いといつの間にか気を使わずに生活できるようになっていきます。

相手に何の気も使わずに自然体で生活できるようにお互いがなってくれば、自然と結婚を意識するようになってくるでしょう。

5:経済的に安定したから

特に男性側は、結婚するには相手を守っていかなければなりません。収入が安定しこれからの生活を支えていけるように、経済面で安定すれば相手との結婚が見えてきます。

結婚生活を始めてからお互いにすれ違いがうまれる部分があるとすれば、それは金銭面です。そのため、経済面は結婚生活にとても重要です。女性の結婚条件は安定した収入が必須という人も少なくありません。

6:気が弱っているときに支えてくれた

自分の気持ちが弱っているときに優しくされたり支えてもらえると、この人で間違いないという気持ちが生まれます。これから結婚していくにあたり、この人で間違いないと思えれば結婚を意識するきっかけとなります。

とてもショックを受けていたり風邪など病気になって弱っていたり、人は弱っているときに助けられるとその相手に安心を覚え一生一緒にいたいと自然に思うようになります。それこそが結婚を意識するきっかけになります。

7:転職や遠距離がきっかけ

結婚をするにはさまざまなきっかけがありますが、転職や遠距離も結婚のきっかけになることがあります。たとえば、仕事を変えて転職するタイミングに未来の生活をしっかりと考えるきっかけになったり遠距離になってしまうときに結婚してしまおうと踏み切れたりもします。

遠距離でなかなか会えなかったり転職して忙しくなったり相手のサポートが欲しいと感じたときに永遠のパートナーを求めて結婚を考えるようになることもあります。

8:母性を感じた

男性が女性に対して自然と求めるものは母性です。逆に女性は母性本能で男性を守ってあげたくなったり助けてあげたくなったりします。母のような優しさで包んでくれる彼女と結婚したいという気持ちになることは自然です。

男性は母親が大好きで育ってきた人が多く、母性を重要視する人もたくさんいます。母性を感じているということは相手を頼れているということです。

幸せな結婚をしたい人にオススメの本

「結婚したい」と思われる人の共通点

Amazonで見る

楽天で見る

口コミ

このとおりに意識していたら、プロポーズされて結婚出来ました。

料理ができるなど母性をしっかりと出し幸せな結婚ができるように、幸せな結婚をしたい人のために書かれた本です。結婚するのに大切な本当のことを教えてくれます。結婚したいと思っている人にはぜひ読んでもらいたい一冊となっています。

結婚をしなかった理由3つ

異性が結婚を意識するきっかけ8選・結婚をしなかった理由3つ

結婚をしなかった人は、さまざまな理由で結婚をしていません。どのような理由で結婚をしなかったのかについて「タイミングを逃した」「将来性が見えなかった」「価値観の違い」の3つ紹介していきます。

タイミングを逃した

結婚するタイミングを逃すとなかなか結婚できません。結婚するタイミングはたくさんあります。

結婚したいと思うタイミングは意外と重要で、たとえば長年の交際期間で何年も一緒に同棲している場合など結婚してもしなくても同じと考えてしまったりすると気付いたときにはタイミングを逃しているという場合があります。

将来性が見えなかった

相手と一緒に暮らしていくと考えたときに将来性が見えなかったから結婚しなかったという人もいます。たとえば、相手が子供好きではなく子供はいらないという男性な場合、女性がどれだけ子供が欲しいと思っていても将来性が見えません。

そのため結婚したいという気持ちに踏み切れなかったりする場合もあります。また喧嘩ばかりが続いて、自分は結婚に向いてないと思い込んだりする人もいます。

価値観の違い

結婚する上で相手との価値観は大切です。どちらかが合わせれば価値観も変わっていきますが、全てを相手に合わせるのは大変ですし離婚の原因にもなります。また、長く一緒にいると価値観の違いがはっきりと見えるようになってくるでしょう。

相手との価値観の違いをあまりにたくさん感じるようになってくるとこの人と結婚して大丈夫かと不安になり結婚に踏み切れなくなります。

結婚を意識するきっかけはたくさんある

異性が結婚を意識するきっかけ8選・結婚をしなかった理由3つ

結婚をするきっかけは本当にたくさんあります。そのきっかけは人それぞれ違いますし、いつ訪れるかもわかりません。結婚するきっかけは突然訪れて、意外とタイミングも簡単に逃してしまいます。そのため、しっかりと結婚するチャンスを確実に掴むことが大切です。

結婚するチャンスを確実に掴もう

結婚するチャンスは何度も何度もたびたび訪れるものではありません。これが結婚するチャンスだと思えばしっかりと確実に掴み取りにいきましょう。結婚に対して臆病にならずチャンスはラッキーだと捉えるくらいで大丈夫です。

相手のことが好きでこれからの希望が見えるのならば、結婚できるタイミングで結婚してしまうと良いでしょう。悩まずに幸せな結婚生活を手に入れましょう。

Related