Search

検索したいワードを入力してください

2018年08月01日

夫婦喧嘩の11の原因|仲直り・禁句・離婚しそうなときの対処法

夫婦喧嘩の理由はどのようなことが原因となっているのでしょうか。毎日顔を合わせる人とは仲良くなるに越したことはありません。夫婦喧嘩をせずにいられる方法があったら、夫婦喧嘩も減るのではないでしょうか。今回は、夫婦喧嘩の原因や禁句、仲直りの仕方をご紹介します。

夫婦喧嘩の11の原因|仲直り・禁句・離婚しそうなときの対処法

夫婦喧嘩の実態

夫婦喧嘩の11の原因|仲直り・禁句・離婚しそうなときの対処法

夫婦喧嘩をするカップルは、案外多いのではないでしょうか。

夫婦は、毎日一緒に暮らし、顔をあわせているため、喧嘩をすると生活しづらくなるので、早く仲直りしたいです。

しかし、夫婦とはいえ、もとは他人同士ですので、生活習慣をあわせるのにも摩擦が起きてきそうです。

夫婦間では些細な喧嘩が長引いたりすることもありますが、いったい何が喧嘩の原因になっているのでしょうか。こちらでは夫婦喧嘩の実態に迫ります。

頻度

夫婦喧嘩の頻度は、毎日という人もいれば、給料日前という人まで色々いることでしょう。

夫婦喧嘩の頻度は、夫婦のどちらかに不満や不安があるなど、ネガティブな気持ちが高まる時に起きやすいのではないでしょうか。

結婚情報センター(Nooze) が2008年に20代から60代の既婚男女660人に行ったアンケート調査では、夫婦喧嘩の頻度は、「月に1回」、次に「年に1回」という結果が出ています。

仲直りするまでの期間

夫婦喧嘩の仲直りするまでの期間はどうなっているのでしょうか

夫婦喧嘩の調査を行うサイト、ピントルでは、夫婦喧嘩の仲直りまでの期間で最も多いのは、「翌日には仲直りしている」でした。その次が、「喧嘩の直後には仲直りしている」、またその次が、「2、3日で仲直りしている」ということです。

詳しくは、「夫婦喧嘩by PINTORU」をご覧ください。

夫婦喧嘩の原因

夫婦喧嘩の11の原因|仲直り・禁句・離婚しそうなときの対処法

夫婦喧嘩の原因とは、どのようなものなのでしょうか。人によっても、夫婦喧嘩になる一番の理由は違ってくるので、解決するためにも、夫婦喧嘩の原因をいくつかの在りがちなパターンから見ていきましょう。

こちらでは、夫婦喧嘩の原因に多いことで知られる「家事分担」「生活習慣」「お金の使い方」「部屋の片づけ」「物言い」「意見の食い違い」「子育ての仕方の違い」などに分けた対処法をお伝えします。

原因1:家事分担

夫婦喧嘩の11の原因|仲直り・禁句・離婚しそうなときの対処法

夫婦喧嘩は家事分担においても起きてきます。

家事分担で夫婦喧嘩になるのは、ある考え方が関係しているといわれます。「疲れているのになんで気づかないの」、「忙しいの見てわかるだろう」、「言わなくても手伝うべきだ」というような「依頼心」です。

疲れが怒りに変わった言葉ですが、そのイライラが相手に伝わり、夫婦は喧嘩になりやすいのだといわれています。自分から「手伝ってほしい」と気持ちを伝えるようにしましょう。

原因2:生活習慣

生活習慣の違いは、すれ違いが起きやすく、夫婦げんかになりやすいのだといわれています。

結婚したばかりでは、実家暮らしや一人暮らしが板についていて、すぐには相手に合わせた生活ができないことも夫婦喧嘩の原因として考えられます。

他にも、互いの快適に感じるクーラーの温度が違ったり、片方が夜型だったり、朝食はしっかり食べる派と食べない派であるとか、生活習慣の違いによる夫婦喧嘩は多岐にわたります。

原因3:お金の使い方

夫婦の金銭感覚が合わないと、夫婦喧嘩なりやすいでしょう。

独身時代には、お金を計画性なしに使っていたのに、結婚してしまうと、お金の使い方について、配偶者に文句を言われることも多いでしょう。

やはり夫婦ですから、お金の管理は奥さんに任せている人が多いですが、お小遣いについても、もっとお金が欲しい方と、あげたくない方にわかれるなどし、お金の使い方に不満があると夫婦喧嘩になりがちです。

原因4:部屋の片づけ

夫婦喧嘩の11の原因|仲直り・禁句・離婚しそうなときの対処法

部屋の片づけが苦手だと、夫婦喧嘩が起きやすいでしょう。

旦那さんが仕事から帰ってきても家の中が散らかっていたら、疲れていればいるほど、イライラすると言います。

旦那さんは、自分よりも時間がある奥さんが、部屋を片付けていないのことに怒りがこみあげますし、パートで働きながらの育児で疲れている奥さんの方も、旦那さんが家に帰ってきて早々、一人だけリビングで寛いげいるのを見て不満が隠せないでしょう。

原因5:言葉遣い・物言い

夫婦喧嘩の11の原因|仲直り・禁句・離婚しそうなときの対処法

夫婦喧嘩には、お互いの言葉遣いが、原因になっていることもあります。

とくに女性は「耳で恋する」といわれ、結婚前の旦那さんの言葉遣いに優しさを感じて惚れたり、結婚を決めたのに、なぜ今ではこんな冷たい話し方なのかと、豹変した旦那さんに腹を立てています。

男性は、女性の命令口調や、責める口調が気に入らない傾向にあります。男女とも日ごろの感謝から先に伝えることで、夫婦喧嘩が起きにくくなるでしょう。

原因6:子どもに対する考え方

夫婦喧嘩は、子供に対する考え方の違いでもおきやすいといわれます。

夫婦喧嘩の理由には、自分の育った家庭環境ではこうだったからこうだ、というような、子育てに対しての見方が違うことも、とても大きいでしょう。

教育熱心な父親が、子供を怒りすぎている時にも母親は悩みますし、父親が子供に関心がないことにも母親は頭を悩ませます。また、父親の方は、母親のヒステリックな怒り方に悩むということもあるでしょう。

原因7:コミュニケーション不足

コミュニケーション不足は、夫婦喧嘩になりやすいです。

喧嘩の理由は、「不満」が元になっていることが多いといえます。会社に勤めている人と、家にいる主婦では、共通の会話が見つからないことが長年続けば意外と深刻な問題です。

また、夜の生活がないことの不満や、晩酌の時間の会話が全くなく、どちらかがテレビばかり見ている、どちらか片方が相手に違うことを求めているというような、コミュニケーション不足が原因でしょう。

原因8:帰宅時間の遅さ

夫婦喧嘩が起こるのは、どちらかの帰宅時間が遅いのも原因の一つになります。

夫婦喧嘩になる理由に、帰宅時間が関係してくるのは、食事の用意をして待っている奥さんの不満もあるでしょう。または、奥さんの帰宅時間が遅すぎる旦那さんが、お腹をすかせて怒りを爆発させることもあります。

第三者にも帰宅時間の遅さについて裁かれることもありますし、一人でいるのが寂しい気持ちから、夫婦喧嘩に発展する事もあります。

原因9:些細な意見の食い違い

些細な意見の食い違いから、夫婦喧嘩が起きています。

些細な意見の食い違いで、夫婦喧嘩の理由となる「不満」が生まれやすいでしょう。些細な意見の食い違いは、問題が小さいだけに、話し合いをするのにも、相手になぜそんな些細なことにこだわるのだと言われるなどし、まったく聞く耳を持ってくれないこともあります。

それにより些細な不満が溜まり、この人には何を言っても無駄だと諦めて冷戦状態になることもあります。

原因10:自分の気持ちをわかってくれない

相手が自分の気持ちをわかってくれないことが、夫婦喧嘩の理由になります。

愛情の押し売りが喧嘩の原因になることは多いです。感情的になると喧嘩になりやすいので、強すぎる主張は控え、お互いの気持ちを汲んだ理性的な対処を心がけましょう。

一方的に主張をしたら、相手の言い分も訊くようにすると良いです。気持ちを言いあうように友好的に話すことで、お互いの理解が深まるのだといわれるからです。

夫婦喧嘩にはこれ「決定版 ほめ言葉ハンドブック」

夫婦喧嘩を減らし仲直りしたい方に大変おすすめの「決定版 ほめ言葉ハンドブック」をご紹介します。

普段から、相手を褒めることが少ないということはないですか。普段から相手を貶すことの方が多い人は、夫婦仲が悪くなりがちです。

また、夫婦のどちらかが照れ屋で、日ごろから相手を認めるような言葉をかけてこなかったということもあるでしょう。

こちらのガイドブックを活用して、褒める習慣をつけることもお勧めです。

夫婦喧嘩での仲直りの方法

夫婦喧嘩の11の原因|仲直り・禁句・離婚しそうなときの対処法

夫婦喧嘩での仲直りには、相手の話をよく聞くのも良い方法です。しかし、夫婦にもなりますと、お互いの性格や状況をよく知っていることから、気持ちを聞かれても、相手を気を遣ったり、気恥ずかしくて本音をいえないことがあります。

素直になれなくて、折角の仲直りのチャンスだったのにと、後で後悔したこともあるのではないでしょうか。

こちらでは、夫婦喧嘩で「素直になりやすくなる」仲直りの方法を、ご紹介いたします。

方法1:時間が解決

男性も女性も、怒りでカッとなっている時には、あえて時間が解決するのに任せた方が良い時があります。

しかし、夫婦によっては、片方が納得いくまで話し合いをしたがる場合もありますし、もう片方はそっとしてほしいと訴えることもあり難しいでしょう。

お互いに話し合い、別居を含む冷却期間を「一週間」と期限を決めましょう。別居の期間が長すぎてしまうと、そのまま疎遠になるようなこともないとは言えないからです。

方法2:プレゼント

夫婦喧嘩の11の原因|仲直り・禁句・離婚しそうなときの対処法

夫婦喧嘩をした時には、プレゼントを贈ると仲直りしやすいでしょう。

夫婦喧嘩をするときには、どちらかが自分は大切にされていないと感じているでしょう。時には心を込めたプレゼントをしましょう。

プレゼントに、女性へはアクセサリー、男性へは大好物の手作り料理などはいかがでしょうか。相手へ愛情を示すためには、とても良い方法でしょう。カタログなど活用すれば、お互いにご褒美を与えあえる楽しい時間を共有できます。

方法3:素直に謝る

夫婦喧嘩をしたら、きちんと謝るのが仲直りの秘訣です。

相手から謝られると、自分の言い分が認められたと感じられます。素直に謝ることは喧嘩中には難しいですが、喧嘩の理由も素直じゃないことが原因になっていることもありますので、素直に謝れば、相手の怒りも収まってくる可能性があります。

実際には譲れない思いがあったとしても、素直に謝られると、その問題に固執せずにすむので、仲直りも早くなるでしょう。

方法4:仲直りの合図を決めておく

夫婦喧嘩をしたときのために、仲直りがしやすくなるような合図をあらかじめ決めておきましょう。

夫婦喧嘩は、もはや意地の張り合いになっていることも多いでしょう。そのため、仲直りの合図を先に決めておくと、それがきっかけとなり、仲直りも早まる確率も高くなります。

仲直りの合図には、あまり気恥ずかしさがないことがポイントです。お互いに素直になりやすいような方法を考えて、仲直りの合図としましょう。

方法5:空気を切り替える

夫婦喧嘩をしている最中に、気持ちの切り替えが必要です。

いつまでも同じ喧嘩を繰り返さないためにも、夫婦喧嘩が一旦終結したと感じた時に、相手に「何か飲むか」と聞いたりするのも良いでしょう。

部屋から出て買い物に出かけるときには、「コンビニに行ってくる」「すぐ戻る」ときちんと相手を気遣うことがポイントです。

出掛ける際にも、「何か買ってくるか」、「一緒に行くか」というような声かけをしましょう。

方法6:相手の言い分を繰り返す

夫婦喧嘩の11の原因|仲直り・禁句・離婚しそうなときの対処法

喧嘩の仲直りには、相手の言い分を繰り返すのもお勧めです。

相手の言い分を繰り返すことは、相手に共感し理解を深めることに繋がります。また、相手の言い分を繰り返すことで、相手が意見を言いやすくなると言います。理解を示せば、お互いに肯定的になれ、冷静にもなれるので、仲直りがしやすくなるでしょう。

方法7:明るく挨拶をする

相手と目が合っても合わなくても、喧嘩のあとは明るくあいさつをすることで、仲直りの意思が伝わるでしょう。

喧嘩中でも、基本的なあいさつをきちんと行いましょう。日常的に挨拶をしっかりと行うことで、相手との意思の疎通がスムーズになり、信頼関係が築きやすくなります。

方法8:隣に座る

喧嘩後には、あえて相手の隣に座ることも良いでしょう。

普段から、喧嘩しても同じ空間にいられる工夫をしておくこともポイントです。喧嘩した時には、相手の傍にいた方が、仲直りがしやすくなるでしょう。

椅子はリビングだけにまとめて置くなどし、ベットは一つにしたりと、お互いが傍にいられる工夫をするのがおすすめです。

方法9:スキンシップをとる

夫婦喧嘩の仲直りには、スキンシップがおすすめです。

喧嘩後はお互いの傍に歩み寄りましょう。お互いに素直になりやすくなる効果が期待できます。部屋の隅と隅にわかれて離れていると、スキンシップが取りずらいからとイライラして、余計に怒りを買うこともあります。

自分から肩もみしてみたり、相手の様子を見ながらツンツンしてみたりと仲直りの意思を伝えてみましょう。

方法10:子どもを交えてお出かけする

子どもと一緒に出かけると、夫婦も会話がしやすくなりますし、子供を交えてお出かけする事で楽しくなれるでしょう。

子どもと明るい話題を話しましょう。子供の気持ちを考えて仲直りもしやすくなります。

夫婦喧嘩の禁句

夫婦喧嘩の11の原因|仲直り・禁句・離婚しそうなときの対処法

何気なく言った言葉が原因で大喧嘩に発展する事も意外と多いです。

傷ついた相手から、いつまでも根に持たれることもあるでしょう。あなたは夫婦喧嘩の度に辛辣な言葉を投げかけていませんか。こちらでは、夫婦喧嘩の禁句だといわれている言葉をご紹介します。

禁句1:離婚を持ちだす

離婚を持ち出すと、売り言葉に買い言葉などにより、実際に離婚の話が進みやすいです。

「別れる」、「離婚」という言葉を簡単に口には出さないようにしましょう。仲直りをするにはポジティブな言動が良いでしょう。

禁句2:稼ぎに文句をつける

稼ぎに文句をつけることはしないようにしましょう。

相手のプライドが傷つきます。貶されると人は、頑張る意欲も失ってしまうことでしょう。貶すよりは甘える方がおすすめです。

禁句3:結婚を後悔する発言

結婚を後悔する発言は、相手も自分も傷つきます。

結婚を後悔する発言は、いままでの思いを全否定されたと誰でもすねます。とてもネガティブな言葉として嫌がられます。たとえ本心ではなかったとしても、マイナスな発言はしないようにしましょう。

禁句4:ほかの異性との比較

ほかの異性との比較は、相手から恨まれかねません。

そういうと、じゃあ理想の人のところへ行けばいいといわれかねませんし、愛情を疑われます。

喧嘩の最中に他の異性との比較は、二人の関係に影を落とします。また、自信喪失にも繋がることでしょう。

自分も大切にされたいというような、真意が伝わるいいわけの方が分かりやすいです。喧嘩中は常に、前向きな言葉に変えた方が無難です。

禁句5:相手の人格を否定

相手の人格を否定することは、逆に人格をうかがわれます。

相手の人格を否定するような大げさな言い方をして、相手を傷つけることに躍起にならないように気をつけましょう。傷ついたことを相手に訴えたい時には、その傷ついた気持ちを訴えた方が相手に伝わりやすいです。

禁句6:子どもとの仲を引き裂く発言

子どもとの仲を引き裂く発言は、子どもと離婚を引き換えにした脅しになります。

子どもとの仲を引き裂く発言は、仲直りしてもうまくいかなくなる可能性が高いです。別れたくない時に「子どもは渡さない」というと、ますます険悪になるでしょう。

禁句7:両親の悪口

両親を侮辱されると、相手の怒りが倍増するでしょう。

自分がされて嫌なことは相手にも言わない方が良いです。誰でも自分の家族を守りたい意識が働くので、両親の悪口を言うと、本能的に敵意のある人だとみなされ、家族の中から排除されかねません。両親の悪口を言わないように気をつけましょう。

禁句8:過去を蒸し返す

過去を蒸し返すことはしないようにしましょう。

喧嘩のたびに過去を蒸し返せば、仲直りも難しくなります。過去を蒸し返すというのは、喧嘩中には、より許せない、嫌いという意思表示だと判断されるでしょう。

夫婦喧嘩で離婚しそうなときの対処法

夫婦喧嘩の11の原因|仲直り・禁句・離婚しそうなときの対処法

夫婦喧嘩で離婚しそうな時は、とても焦り、家庭内にもしばらく暗雲が立ち込めるでしょう。そんな恐怖とも思える不安に立ち向かうには、素直になる決心が必要でしょう。夫婦喧嘩で離婚しそうな時には、はたしてどのような対処法はあるのでしょうか。

こちらでは、相手と離婚にならないための、重要なポイントをいくつかご紹介します。

対処法1:離婚したくないと伝える

相手に離婚したくないと伝えましょう。

夫婦喧嘩した後には、離婚したくないとはっきりと伝えて置きましょう。喧嘩中はネガティブな思考に陥りがちですので、別れを連想していることがあるからです。

相手を想う素直な本音を伝えることは、夫婦関係においてとても大切なことです。離婚したくないと伝えなければ、相手が嫌われたと思い込んでしまいかねません。離婚したくないと気持ちを伝え、関係の修復に気持ちを向けましょう。

対処法2:相手を立てる

夫婦喧嘩の11の原因|仲直り・禁句・離婚しそうなときの対処法

お互いの立場を尊重し相手を立てましょう。

長年夫婦をしていると、相手を立てるどころか夫婦喧嘩をして下げてばっかりになりがちです。喧嘩をした後は、相手を立てるようにしましょう。相手の機嫌をよくした方が、仲直りがしやすいです。

対処法3:自分が変わる努力をする

相手への不満があるときにも、自分が変わる努力をしていると、仲直りしやすくなります。

離婚の危機には、自分が変わる努力をすると、相手に伝えることも大切です。お互いの不満を減らすことで仲直りがしやすくなります。

対処法4:相手が求めることを理解して行動する

離婚しそうな時には、相手が求めることを、理解できるまで聞くことです。

相手が求めることを聞くことも思いやりです。自分が相手の求める行動をすれば、相手も同じように理解してくれるといいます。

夫婦喧嘩中も愛情を忘れないで

夫婦喧嘩の11の原因|仲直り・禁句・離婚しそうなときの対処法

夫婦喧嘩中の冷ややかな態度が続けば、愛情も冷めてしまいかねません。

冷ややかな対応を思い出して、嫌われたと思いこんだり、怖いと思ったりし、仲直りもしにくくなるでしょう。

夫婦喧嘩中も愛情を問われていることを頭に入れておくようにしましょう。夫婦喧嘩中であっても相手への愛情を忘れずにいれば、思ってもいないことを言いすぎてしまうようなことが防げて、仲直りもしやすくなることでしょう。

夫婦喧嘩を繰り返して深まる絆もある

夫婦喧嘩を繰り返すことで、相手への理解が深まり絆が深まることもあります。

価値観や性格が違いすぎると、夫婦喧嘩になりがちですが、喧嘩によりかえって仲が深まることもあるでしょう。喧嘩はしない方が良いですが、自分の気持ちを抑えすぎずに、ときには喧嘩になることもあると気楽に考えましょう。

夫婦喧嘩については、以下の記事もぜひ参考にしてください。

Related