Search

検索したいワードを入力してください

2018年08月18日

結婚相手に求める条件・妥協条件6つ/結婚して幸せなのか

あなたは「結婚するなら理想の結婚相手と出会って結ばれたい」と思っていませんか。誰でも一度は理想の結婚相手と結婚をしたいと考えます。では、あなたにとって結婚相手の条件はなんでしょう。妥協できる点は何かも考えて幸せな結婚とはなにかを考えてみましょう。

結婚相手に求める条件・妥協条件6つ/結婚して幸せなのか

理想の相手と結婚した割合

人は誰だって幸せになりたいとおもっています。その一つの手段が「結婚」だという人も少なくありません。結婚をするなら、これからの人生を共に生きたいていくから理想の人と暮らして生きていきたいと思うのは当然の願望です。

理想の相手と結婚できる確率は高くはありません。それでは、どれほどの割合で理想の人と出会って結婚できるのでしょうか。

昔は「三高」

従来より女性が好むお見合い相手の条件として言われていたのが「三高」です。三高は、身長、学歴、年収のすべてが高いという意味です。この条件を備えているのは全男性人口の中でもわずか数%だといわれています。

三高の条件をもった男性は、年齢が高くなるにつれてどんどん少なくなっていきます。それは、独身者が少なくなっていくからです。

今は「三優」

結婚相手に求める条件・妥協条件6つ/結婚して幸せなのか

今の女性たちが結婚相手に求める条件は三高ではなく、三優です。三優とは、家族に優しい、家計に優しい、私に優しいという男性の優しさのことです。

つまり、家事や育児を積極的にしてくれて家族思いのやさしさがあり、仕事を一生懸命頑張ってくれるので家計が安定し、他の女性を見向きもせず私だけに優しいということを、今の適齢期といわれる女性が望んでいます。

結婚相手に求める条件

結婚相手に求める条件は各々違うはずです。稀に女性なら養子をとりたいという両親の想いが結婚条件になってしまうことがありますし、〇〇ができる人と特技を要求される場合もあろうかと想定されますが、こういうケースは本人よりも周囲の人の要求が表にでてしまうことがあります。

そんな稀なケースでななく、一般的には結婚相手にどんな結婚条件を求めたら幸せな結婚生活が送ることができるでしょうか。

1:性格

結婚相手に求める条件・妥協条件6つ/結婚して幸せなのか

一般に、出会ってすぐ「この人は性格が良い人だ」と直感で感じ取れる人は少ないことでしょう。しかし、出会って交際が始まれば相手の考えや行動が日々感じとれる場合があります。

例えばの、荷物をさりげなく持ってくれたり、お年寄りや子供に親切にしている姿をみかけたりする場合もあるでしょう。

結婚相手の友人から彼の性格を聞き出すことも有効な手段といえます。陰日向のない結婚相手の本質を知ることが大事だといえます。

条件2:愛情

結婚相手に求める条件・妥協条件6つ/結婚して幸せなのか

愛情は人によって受け止め方が違う時がありますし、「愛情とは何か」と考えても答えがでないこともあるでしょう。結婚相手に求める愛情は、やはり自分に対しての愛情表現ではないでしょうか。

加えて、自分の両親や兄弟に対しても愛情をもって接して欲しいと思うこともあるでしょう。愛情を思いやりと変えて考えてみてはいかがでしょうか。

条件3:居心地

交際している最中に何かあるとすぐ相談にのってもらったりすると信頼関係を築きやすくなり、安心感も得られることでしょう。

結婚相手が穏やかな性格であり、あなたのことを大事にしてもらえると感じたときから、あなたは安心感から居心地のよさを感じるでしょう。居心地が良いと感じ取ったなら、結婚相手であるのかと疑う必要はありません。あとは2人で話し合いをしながら協力していけばよいことだといえるでしょう。

条件4:金銭感覚

結婚をして、結婚相手と共に家庭を築くうえで金銭感覚は絶対に必要だといえます。

それには、まず価値観が似ているほうがお互いの思いや将来の望みなどの話ががスムーズに進むことでしょう。これから家庭を持つのですから、将来の経済設計をしっかりとたえず話し合える関係であるようにしましょう。

条件5:価値観

結婚相手と2人で食事に行ったり、旅行したりするのは楽しいことだといえます。旅先での感動や料理の関心がほとんど同じなら、楽しさが倍増することでしょう。


つまり価値観が同じなら、お互いに無理することなく、これからの人生を共に生きていけます。結婚相手の好みに無理して合わせるのではなく、なんでも話し合いをしながら決めていくことがよいでしょう。

条件6:年収

結婚相手になる人の年収が高ければ高いほど、これからの生活の選択肢が増えるのでよいことだといえます。しかし、仕事からくるストレスを結婚相手が日頃どう受け止めているのかは、これからの生活のためにも、あなたが知る必要がでてきます。

結婚相手が多忙であるほど、年収も上がるかも知れませんが、健康維持管理のサポートも大事となっていきます。

結婚相手に妥協できる条件

人間は、ロボットのように常にパーフェクトで、行動すれば無駄がなく不安な気持ちに陥らないという人はいません。どんな人でも、いろいろな場面で迷い不安を感じて生きています。

結婚相手に求めるものは自分にない優れたところ、あるいは自分の短所を補って欲しいと思うこともあるでしょう。

いずれにしても、長所だけあって短所のない人はいません。人間同士が結婚相手を求め結婚するのですから、妥協する部分もでてきます。

条件1:顔

第一印象の上位はやはり顔だといえます。もし結婚相手を求めるなら、やはり顔が大事だという人も多いことでしょう。

よく考えてみれば美男美女の条件は顔のバランスが問題なのではないでしょうか。というのも、美男美女の兄弟姉妹が必ず美男美女とは限らないからです。

婚活をする人たちの中には、「顔の条件」をだす人が多いのですが、結婚をした人に尋ねると「顔より性格のよさ」を選んだと答えた人が多いのも事実です。

条件2:身長

身長が高い男性は、高い所のものでもスッと取ってくれそうなので、なんとなく頼りになる気がすると感じている女性も多いでしょう。世間でよく言われる「お姫様抱っこ」は身長の高い男性なら可能でしょうし、絵になるようなシルエットを連想しやすいです。

しかし、身長が高いだけの結婚相手ではあなたとの相性もよいとは限りません。身長は遺伝ですが、その点にこだわらず人柄を重視してみることをおすすめします。

条件3:学歴

学歴は、その人がいかに努力して勉強して頑張ったのかを証明された経歴です。学歴が高いほど社会にでる準備期間が長く、いろんな経験を積んで一般常識も良好だと思う人もおられるでしょう。けれど、それは人によります。

逆に、家庭環境が悪化していた中で早く就職して特殊技能を身に着けて、職場で重宝される人もいます。この方のほうが、後々年収が高くなる可能性もあります。学歴より人物重視のほうがよいといえるでしょう。

条件4:年齢

結婚相手候補に唯一考えなければならない点が年齢だとしたら、あななたはどうかんがえるでしょうか。あなたより年齢を多く重ねた結婚相手候補なら、人生経験も豊かで、あなたに対しても許容範囲も広いことが予想できます。

しかし、これからの家庭生活は同世代の結婚相手と違い、明らかに短いと感じることでしょう。そんな男性をあなたが結婚相手として受け入れるには、相手以上の広い心と慎重な生活設計が必要となります。

条件5:住む場所

結婚生活はアクセスのよい街を住むことを望む女性は多いといってよいでしょう。ショッピングや近所のつきあいなど選択肢が多くあり、どこへ行くにも便利なほうがよいからです。

アクセスのよい街とは違っても、新鮮な野菜や魚が安く手に入るなどの地域によっての利点はどこでもあるはずです。

なによりも近頃は働き方が変わってきており、オフィスなどの職場に通わずに仕事ができる人々が徐々に増えてきています。

条件6:一番好きな人ではない

一番好きな人と一緒にいたいという人は多いことでしょう。でも、一番好きな人だからこそ、人格を含めた人物そのものを本当に見ていないということがあります。

一番好きでない人が結婚相手となったとき、それまでの相手の言動は冷静に受け止められていたことでしょう。お互いが理解しやすい間柄になりやすいのは意外と一番好きでない人のほうだったということもあります。

複雑な恋心に戸惑うあなたにおすすめの音楽

TBS系火曜ドラマ「あなたのことはそれほど」のオリジナル・サウンドトラックです。静かにお茶を飲みながら一人で考え事をするときにもおすすめのアルバムだといえるでしょう。

結婚は理想から現実へ

周囲の人々に祝福されながら結婚式を終えたお二人には、日常の生活が待っています。今まで一人だったときには考えもしなかった問題やうれしいできごとも待っていることでしょう。

結婚してよかった理由

結婚してよかったと思えるのは、結婚相手があなたがおもっていた以上にあなたを大事にしてくれることです。そのうえで、さらに結婚してよかったと思えるのはお二人の間に生まれてきた元気な赤ちゃんを見たときでしょう。

赤ちゃんは新しい家族で、あなたを頼りに育つ可愛らしい姿に愛らしさを感じることができます。あなたと結婚相手とその間に生まれてきた子どもとの日々がきっと幸せな生活を実感できることでしょう。

結婚して後悔している理由

結婚生活に慣れると、お互いの存在が当たり前のように感じてきます。「なにを今さら」と思い、結婚相手との会話が減ってきたという実感さえなくなったころ、不意に相手の冷たい態度に戸惑うことも長い結婚生活にはあることでしょう。

明るく楽しい家庭を望むなら、結婚相手とのコミュニケーションはたえずとるようにしましょう。そうすれば、結婚相手が誤解していたことがあっても解決できるはずです。

結婚相手の条件は冷静に考えよう

結婚相手に求める条件・妥協条件6つ/結婚して幸せなのか

あなたの周囲には、あなたを大切におもって育ててくれた両親や家族がいます。その人たちがすべてはあなたのためだと思い、さまざまなアドバイスをしてくれることでしょう。

しかし、よく考えてみてください。皆さんがよいと思われるおすすめの職業の人は、今後もその業界で活躍する人でしょうか。あなたは結婚相手と幸せな生活を送れそうでしょうか。

幸せな結婚をするために

結婚相手に求める条件・妥協条件6つ/結婚して幸せなのか

幸せな結婚生活を送るには、結婚相手との相性はよくないと成り立ちません。しかし、それと同時に大事なことは、お互いのみならず、お互いの今までの家族や友人を大事にし理解しあい、助け合いながら支えあえる関係が必要になります。

いつか、あなたの子どもに「両親のような夫婦になりたい」と言ってもらえるような夫婦仲になったときこそが「理想の結婚」であったと言い切れることでしょう。

Related