Search

検索したいワードを入力してください

2018年07月24日

夫婦喧嘩の原因5つと仲直りの方法/頻度・禁句

結婚して多くの夫婦が経験することが夫婦喧嘩です。夫婦喧嘩をしたいと願っている夫婦はいなく、できるなら夫婦喧嘩をせずに幸せに暮らしたいと願っている場合が多いです。ここでは、夫婦喧嘩の原因や仲直りの方法を紹介しているので参考にしてください。

夫婦喧嘩の原因5つと仲直りの方法/頻度・禁句

夫婦喧嘩の頻度

夫婦喧嘩の頻度は、夫婦ごとで違います。度々夫婦喧嘩をする場合や今まで一度も夫婦喧嘩をしたことが無い場合もあります。夫婦喧嘩の頻度に違いが表れる理由は、夫婦それぞれ性格が異なっているため、人によって不快に感じたり、何も感じない場合があるからです。

ずぼらの夫と潔癖症の妻では、考えの捉え方が根本的に違うため、夫婦喧嘩をする頻度が他の夫婦より多くなりやすいです。

離婚する割合

離婚する割合は年々増えてきており、現在では5割の夫婦が離婚を経験しています。離婚する割合が増えている理由は、離婚することに抵抗がなくなっているからです。また、以前は女性一人で生活することが困難でしたが、現在では一人でも暮らしていける可能性が高くなっていることも要因の一つです。

そのため、熟年離婚する高齢者の方も増えていき、第2の人生を歩んでいる高齢者も増えています。

夫婦喧嘩の主な原因は5つ

夫婦喧嘩の原因は、主に5つに分けることができます。そのため、夫婦喧嘩をした経験がある人は幾つか当てはまるのではないでしょうか。夫婦関係には夫婦それぞれ違いがあるため、喧嘩の内容も違いがあります。全ての原因で夫婦喧嘩をしている場合は、離婚してしまう危険性があります。

金銭関係

金銭関係で夫婦喧嘩をしてしまう場合があり、主に勝手に借金をしていることがばれた際に夫婦喧嘩に発展するケースが多いです。お金は夫婦共同の資産であるため、勝手に使われると不愉快に感じてしまいます。また、金銭感覚は人によって違うため、買い物内容によって不愉快に感じてしまう事もあります。

結婚前には借金が無かったにも関わらず、結婚後に借金があることがばれてしまい夫婦喧嘩になる場合もあります。

言葉遣いや言い方

夫婦間の言葉遣いはコミュニケーションには欠かせない要素です。相手は悪気がない話し方をしている場合でも、自分は不愉快に感じることはあります。例えば、結婚前は名前で呼ばれていたのに、次第に「おい」や「お前」のように呼ばれることに不快な気持ちが芽生えます。我慢の限界に達した時に夫婦喧嘩に発展してしまいます。

子供の教育方針

子供がいない夫婦や子供が独り立ちしている夫婦には起こらない原因ですが、小さな子供がいる夫婦には教育方針の違いで喧嘩になることもあります。

子供の教育方針は、自分が受けた教育方針を自分の子供にも与える傾向が強く、子供時代の育てられ方が違うと夫婦喧嘩になりやすいです。自分が英才教育を受けた場合は、自分の子供にも同じ英才教育を受けさせたいという気持ちが強いです。

家事・育児

家事や育児が原因で夫婦喧嘩をする場合がありますが、ほとんどの原因は男性側にあります。その理由は、家事や育児は女性がする割合が高く、男性はあまり手を付けないことが多いからです。そのため、妻が夫に不満を爆発させることも珍しくありません。休日に夫がゴロゴロしている姿を見ると、妻は家事や育児への不満を夫に向ける割合が高いです。

浮気

夫婦喧嘩の原因で最も多い理由といっても過言ではないのが浮気です。上記の原因は、日々の積み重ねが原因で夫婦喧嘩まで発展しますが、浮気の場合は一度で夫婦喧嘩になります。浮気は明らかな裏切り行為であるため、怒りが頂点に達するまでの時間が短い特徴があります。また、仲直りすることも難しく、離婚する割合が高いです。

夫婦喧嘩の禁句

夫婦喧嘩になる原因は、相手の行動の場合がありますが、発言から喧嘩に発展することもあります。喧嘩の原因になりやすい言葉があり、夫婦間で使う事は禁句とされています。次に紹介する言葉を使えば必ず夫婦喧嘩になるわけではありませんが、喧嘩になる可能性が非常に高いため、使わないように心がけましょう。

「給料が安い」

給料が安いという言葉は、妻が夫にしてしまう禁句ですが、夫のプライドを傷つける発言なため、思っていても言わないようにしましょう。一生懸命家族のために働いているにも関わらず、給料面で文句を言われると怒りを覚える割合が高く、夫婦喧嘩になる可能性も高くなります。特に、共働きで妻の方が給料が高い状況で給料が安いことは決して言わないようにしましょう。

「離婚する」

些細な喧嘩で「離婚する」と発言してしまう事がありますが、言った本人に離婚する気持ちがない場合が多いです。あくまでも相手の虚をつくことが目的なため、離婚すること望んでいるわけではありません。しかし、受け取った側は真に受けてしまい、離婚の意思を固めてしまう場合があります。このような状況になると、冗談で言ったことが現実になる場合もあります。

「結婚しなければよかった」

「結婚しなければよかった」という禁句は、離婚への道筋を作ってしまう可能性が高い言葉です。そのため、互いの関係が完全に冷え切っている場合は使っても問題ありませんが、上記のように軽い気持ちで発言してしまうと夫婦喧嘩や最悪離婚に繋がります。

「結婚しなければよかった」の言葉は、結婚したことを後悔している意味があるため、相手の心に深い傷を作る可能性があります。

すぐに夫婦喧嘩してしまう人におすすめの本

夫婦の関係はさまざまあるため、すぐに喧嘩をしてしまう夫婦もあります。すぐに喧嘩をしてしまう夫婦は些細なことで喧嘩をしている場合が多く、相手の気持ちを理解することで夫婦喧嘩を未然に防ぐことができます。この商品には、夫婦喧嘩を未然に防ぐコツが紹介されているのおすすめです。

仲直りの方法

夫婦喧嘩をした後には、仲直りをする必要があります。仲直りができないといつまでも険悪な状態が続いてしまい、離婚に繋がる可能性が高いです。仲直りする方法はいくつかあり、状況に合わせて使う事で、より早く仲直りすることができます。

自然に

夫婦喧嘩から仲直りする方法に、自然と仲直りできる場合があります。この場合は、特に仲直りするために行動する必要が無いため、一番良い解決方法です。しかし、自分だけが仲直りできていると勘違いしている場合もあるため注意しましょう。昨日、言い争いをしたにも関わらず、次の日になれば元通りにコミュニケーションを取れることも珍しくありません。

夫から謝る

夫が謝る場合は、言葉で直接謝ることが効果的ですが、素直になれない男性が多くいるため、素直に謝れない場合が多いです。謝りたい気持ちがあるにも関わらず、謝罪の気持ちを伝えないと状況はより悪化してしまいます。言葉で伝えることが難しい場合は、プレゼントなどを妻に贈ることをおすすめします。

プレゼントを渡す

プレゼントをもらって喜ばない妻はいないため、男性が謝る方法では一番手軽にできる方法です。プレゼントを贈る場合は、渡す際に一言でもいいので「ごめん」という事が大切です。また、普段プレゼントをあげない男性が渡すことで、より仲直りできる効果が高まります。

妻から謝る

妻から謝る場合もプレゼントを渡すことでも、仲直りできる場合がありますが、場合によっては状況が悪化してしまう可能性があります。特に、専業主婦がプレゼントを夫に渡しても「プレゼント代は結局俺の金」と思われてしまい、喧嘩に発展する危険性があるため注意しましょう。妻でしかできない方法で謝罪の気持ちを伝えるようにしましょう。

おいしいご飯を作る

男性を気持ちを振り向かせるには、胃袋を掴めと言われているとおり、男性はおいしい食べ物に弱いことがあります。不機嫌な時に夫の大好物を作ることで機嫌を直す可能性が高いです。夫婦喧嘩の仲直りをしたい場合は、おいしいご飯を作り、機嫌が良くなった際に謝ることで以前のような仲に戻ることが可能です。

夫婦喧嘩もコミュニケーションのひとつ

夫婦喧嘩は度を越してしまうと、修復不可能な関係になったり、離婚してしまう原因になります。夫婦喧嘩を回避するために互いに我慢していることは本当に仲の良い夫婦とは言い切れません。そのため、適度に夫婦喧嘩をした方が、長く付き合う事ができたり、離婚する割合が下がります。

夫婦でルールを作ろう

夫婦喧嘩は普段聞けない相手の本音を聞くことができるため、コミュニケーションとしても使う事ができますが、早めに仲直りする必要があります。夫婦喧嘩をしてもすぐに仲直りできるようにルールを作っておくことをおすすめします。例えば、夫婦喧嘩をした場合はその日の内に仲直りする決まりや次の日には喧嘩のことを掘りかえさないことなどです。

Related