Search

検索したいワードを入力してください

2018年07月31日

出産祝いの金額相場|出産祝いの抑えておくべきマナー5つ

出産祝いの金額相場について紹介します。出産祝いには贈る時期や、金額のマナーがあります。せっかく贈る出産祝いがマナー違反とならないよう、マナーを確認して出産祝いを贈りましょう。「出産前に出産祝いを贈れる?おすすめの出産祝いは?」なども紹介します。

出産祝いの金額相場|出産祝いの抑えておくべきマナー5つ

出産祝いの押さえておくべきマナー5つ

出産祝いの金額相場|出産祝いの抑えておくべきマナー5つ

「子供が生まれた」という大事な記念の日のために送る出産祝いは、送る時期や金額についてマナーがあります。っかく出産祝いを送っても、マナー違反で常識を知らない人だと思われては意味がありません。たとえ親しい間柄であっても、必ずきちんとしたマナーで出産祝いを贈る必要があります。

出産祝いにはどのようなマナーがあるのか、詳しく紹介します。

マナー1:出産祝を贈る時期は?

出産祝いを贈る時期は、子供が生まれてから1週間後から1ヶ月以内に贈るのがマナーです。子供が生まれた当日に出産の報告を受けたとしても、出産をした当日や翌日にあわてて渡すものではありません。

なぜなら、生まれた直後の母子の状態は体調も不安定なため、出産祝いを贈る時期としてふさわしくないからです。

出産祝いは、母子ともに健康に退院をする1週間後から、新生児の時期が終わる生後1ヶ月までの時期に贈りましょう。

宅配場合

宅配で出産祝いを贈る場合は、子供が生まれてから1週間後以降を目安に贈ります。出産祝いは、子供が生まれた知らせを聞いてからすぐに贈らなければいけないというものではありません。

宅配で出産祝いを贈る際は、贈る日時についても配慮が必要です。慣れない赤ちゃんとの生活で疲れていたり睡眠不足が続いてインターホンに対応するのが難しい場合もあります。相手の都合の良い日時を確認して日時指定をして贈ると良いでしょう。

直接の場合

出産祝いを直接持参する場合は、子供が生まれてから1週間後以降に相手の都合の良い日時を確認してから伺うようにしましょう。出産で入院している病院ではなく、自宅に戻ってから出産祝いを持参しましょう。

生まれたばかりの赤ちゃんは昼夜を問わず泣いてお世話が必要なため、育児は睡眠不足との戦いでもあります。あまり長居をしないよう、出産祝いを渡したらなるべく早めに帰るのも出産祝いを直接持参する場合のマナーです。

時期を逃した場合

出産祝いは、子供が生まれてから1週間後から1ヶ月までの間に贈るのがマナーですが、時期を逃した場合はなるべく早めに贈りましょう。

子供が生まれてから1ヶ月後までに出産祝いが届くのがマナーなので、出産祝いのお返しにあたる内祝いの準備も子供が生まれてから1ヶ月後あたりから始まります。

1度にまとめて内祝いの準備ができるように、出産祝いを贈る時期を過ぎた場合はなるべく早めに出産祝いを贈ることがマナーです。

マナー2:産前に贈っても大丈夫?

出産祝いの金額相場|出産祝いの抑えておくべきマナー5つ

出産祝いは、子供が生まれる前に贈るのはマナー違反です。子供が無事に生まれてきたことをお祝いするのが出産祝いなので、たとえ臨月や出産予定日直前の方に対してであっても出産祝いを贈ることはマナー違反なので避けましょう。

母子ともに出産は命がけです。出産時になにかトラブルが発生する可能性があります。また、臨月に死産してしまう可能性もあります。必ず子供が生まれた報告を受けてから、出産祝いを贈りましょう。

マナー3:現金で贈る場合は新札?

出産祝いを現金で贈る場合は、新札を用意するのがマナーです。一般的にお祝いごとに贈る現金は、全て新札で贈るのがマナーとされています。新しいきれいなお札で、お祝いの気持ちを包みましょう。

手元に新札がない場合は、銀行窓口で新札に変えてもらうことができます。

マナー4:出産祝いののしは何を使う?

出産祝いののしは、蝶結びののしを使います。何度でも繰り返していいお祝いごとの贈り物に使うのしは「蝶結び」を選び、葬儀などの1度きりにしたい悲しい出来事の場合に贈るときののしは『結び切り』を選ぶのがマナーです。

表書き

出産祝いののしの表書きは、蝶結びの上の部分に「御出産祝」と記入し、蝶結びの下の部分に自分の名前を記入します。

友達や会社の人など、複数人が連盟で出産祝いを贈る場合は、右から順に目上の人の名前を記入するのがマナーです。出産祝いののしに記入する名前は名字のみでも、フルネームでも問題ありませんが、誰からもらった出産祝いか判別しやすいのはフルネームです。

マナー5:贈りものの数に気をつけよう

出産祝いの贈り物が複数に別れてしまった場合は、贈り物の数は奇数になるようにするのがマナーです。割ることができる偶数より、割れない奇数のほうが縁起が良い数字と言われています。

結婚祝いのご祝儀を割れない金額で入れるのと同じように、出産祝いの贈りものも割れない数を意識するようにしましょう。

出産祝いの金額相場

出産祝いの金額相場|出産祝いの抑えておくべきマナー5つ

出産祝いを現金で贈る場合は、金額の相場を参考にして贈るようにしましょう。出産祝いが相場に比べてあまりにも高額だと、出産祝いを送られた相手も気を使ってしまいます。

反対に、お金に余裕がなく相場よりも低額しか出産祝いを用意できない場合は無理のない範囲の金額で出産祝いを包みましょう。その際は、「ほんの少しですが、お祝いの気持ちを贈ります。お返しは不要です。」などと内祝いを辞退する旨を伝えると良いでしょう。

兄弟に贈る場合

兄弟に贈る場合の出産祝いの相場は、1万円から3万円です。義理の兄弟の場合も同じように1万円から3万円で出産祝いを贈るのが良いでしょう。

兄弟に出産祝いを贈る際には、兄弟間で話し合いをして今後のお祝いごとがあった時の金額の相場を決めておくこともおすすめです。内祝いをする・しないなどを話し合っておくと、お祝いごとの度に金額に悩むことがなくなるので便利です。

親戚に贈る場合

親戚に贈る場合の出産祝いの相場は、1万円から3万円です。遠縁の親戚や、伯父伯母などの自分よりも年上の親戚に贈る出産祝いの場合は1万円を贈りましょう。近い親戚や親しい間柄に贈る出産祝いの場合は、3万円を包むのがおすすめです。

友人に贈る場合

友人に贈る場合の出産祝いの相場は、5千円から1万円です。若い方は5千円、30代以上の方は1万円を贈るのが無難です。

出産祝いに対してのお返しである内祝いは、地域によってもらった出産祝いの3分の1から半返しが妥当と言われています。そのため、あまり金額が低いと出産祝いをもらった相手も内祝いを返しづらくなります。友人へ出産祝いは5千円から1万円を包みましょう。

ママ友に贈る場合

ママ友に贈る場合の出産祝いの相場は、3千円から5千円です。子供関係でしかつながっていないママ友の場合は、あまり高額な出産祝いを贈ると相手にとって負担となる場合があります。気軽に贈れる金額にしましょう。

またママ友複数人でまとめて出産祝いを贈る場合は、1万円を包むと良いでしょう。お祝いごとの金額は奇数にするのがマナーです。

会社関係に贈る場合

会社関係の人への出産祝いの金額の相場は、贈る相手と自分との関係性によって変わります。上司が相手だからといって高額を包む必要はありません。贈る相手別の出産祝いの金額の相場を紹介します。

上司

会社の上司に贈る場合の出産祝いの相場は、5千円から1万円です。30代以上の方が上司に出産祝いを贈る場合は、1万円を包むと良いでしょう。

直属の上司か、あまり付き合いがない上司かで金額を変えて問題ありません。目上の人に対して高額を包むのは失礼にあたる場合があります。

また、同僚や他の社員と出産祝いの金額を相談するのもおすすめです。自分の出産祝いだけが高額または低額という事態を防ぐことができます。

同僚

同僚に贈る場合の出産祝いの相場は、3千円から5千円です。また、部署内全体で出産祝い金を徴収して渡す場合は、個人的に出産祝いを用意しなくても問題ありません。

双子を出産した人に贈る場合は?

双子を出産した人に贈る出産祝いは、2人分の金額を贈ります。子供1人ずつに対して平等に贈るのがマナーです。出産祝いを現金で送る場合ののし袋は1つにまとめて構いません。中身の金額のみ2人分入れて贈りましょう。

出産祝いは現金派の方におすすめのアイテムはこちら

出産祝いが現金だけだとなんだか物足りないという場合にもおすすめの出産祝い用ののし袋は、のし袋が便利なガーゼハンカチになっているタイプのものです。

汗をかきやすい赤ちゃんの汗拭き用や、沐浴のときなどガーゼハンカチの出番は多数あります。

出産祝いが現金派の方は、後々になっても有効活用できるガーゼハンカチタイプののし袋を利用してみてはいかがでしょうか。

出産祝いにおすすめのプレゼント

出産祝いの金額相場|出産祝いの抑えておくべきマナー5つ

出産祝いにおすすめのアイテムは、タオルや服などの布系の小物です。デリケートな赤ちゃんの肌に安心な素材でできたタオルや、すぐにサイズアウトしてしまう子供服はいくらあっても余ることはありません。

相手の好みがわからない場合は、シンプルなデザインと色味のものをチョイスすると良いでしょう。

出産祝いで貰って困ったプレゼント

出産祝いの金額相場|出産祝いの抑えておくべきマナー5つ

出産祝いで貰って困ったプレゼントとして、サイズが合わないおむつが挙げられます。消耗品であるおむつをおしゃれに贈ることができる、おむつケーキやおむつ寿司は出産祝いの人気アイテムです。

おむつを贈る際は、使える期間が短い新生児用ではなくSサイズを選ぶようにしましょう。

また第二子以降に贈る出産祝いの場合は、おむつのメーカーにこだわりがある人もいるため、希望のおむつメーカーを確認しておくと良いでしょう。

内祝いが届いたら

出産祝いの金額相場|出産祝いの抑えておくべきマナー5つ

出産祝いのお返しとして内祝いが届いたら、必ずお礼の連絡をするのがマナーです。親しい間柄なら、電話やメール、LINEなどで簡単にお礼を済ませても問題ありません。

上司や会社の後輩など、仕事関係の人から内祝いが届いた場合は、社内であったときにも直接お礼を言うのがマナーです。

出産祝いは喜ばれるものを!

出産祝いの金額相場|出産祝いの抑えておくべきマナー5つ

出産祝いの金額相場について紹介しました。子供が生まれて家族が増えるということは、大変喜ばしい出来事です。お祝いのマナーを守って、相手に喜ばれる出産祝いを贈るように心がけましょう。

出産祝いに現金よりプレゼントのほうが良いのではと気にする方もいますが、子供が生まれたことで今後は出費がかさんでいきます。実用的な現金はもらえて嬉しい出産祝いとして人気があります。相場の金額を参考に、出産祝いを贈りましょう。

出産祝いのメッセージを添えよう

出産祝いには、現金やプレゼントと一緒におめでとうのメッセージを添えるのを忘れないようにしましょう。親しい間柄の出産祝いのお祝いメッセージの場合は、くだけた文章でもかまいませんが、目上の人に対してのお祝いの場合は「ご出産(御出産)おめでとうございます。」と、出産に「ご(御)」を付けるのが出産祝いのマナーです。

正しいマナーで無事に生まれてきた子供と、母子共に健康で退院したことをお祝いしましょう。

Related