Search

検索したいワードを入力してください

2019年02月14日

暗い人の特徴10こ/暗い人から明るい人になる方法5つ

この記事では、暗い人の特徴や、暗い人から明るい人になるための方法、明るい人と暗い人の違いをご紹介しています。ご自分の性格が「暗い人」に当てはまると感じている人や、それを変えたいと考えている人は、ぜひ読んでいただき、明るい人になる一歩を踏み出してみませんか。

暗い人の特徴10こ/暗い人から明るい人になる方法5つ

暗い人は嫌われるのか

暗い人の特徴10こ/暗い人から明るい人になる方法5つ

自分自身の性格が、「どちらかというと暗い方だ」と悩んでいる人は多いでしょう。暗い人は、明るい人と比べて、周りにあまり人が集まってこない傾向にあることが多いです。

全員というわけではありませんが、暗い人よりも明るい人と一緒にいることを好む人の方が多いからでしょう。

ですから、暗い人は、嫌われるというよりは、周りの人から近づきにくい人だと判断されてしまいやすいと言えます。

暗い人の特徴10こ

ここからは、暗い人の特徴についていくつかご紹介していきます。自分がどちらかというと暗い人に当てはまると考えている人も、暗い人になってしまっている原因を、この機会に一度見直してみてください。

明るい人になるための一歩を踏み出すきっかけになり得るでしょう。

特徴1:他人に興味がない

暗い人の特徴10こ/暗い人から明るい人になる方法5つ

暗い人は、明るい人と比べると、一人で行動することを選びがちな傾向にあると言えます。他の人と関わる機会が少ないと、他の人について知ろうという気持ちにはなりにくいので、結果的に他の人に対して興味が薄いか、まったく興味がない状態になりやすいです。

また、特定の少人数の人と一緒にいても、その人たちに関して必要以上に知ろうともあまり考えず、一定の距離を保ちがちな場合もあります。

特徴2:自信がない

暗い人の特徴10こ/暗い人から明るい人になる方法5つ

性格が暗くなってしまう大きな原因の一つとして、自分に自信を持つことができないことが挙げられます。周囲の人から見れば、「自信を持ってもいいのでは」と思える何かがあっても、本人はそれに気が付いておらず、自分を過小評価してしまっていることもあります。

また、自分の得意とすることにまだ出会えておらず、「自分は何が得意なのか」「何に自信を持つことができるのか」が分からないという場合もあるでしょう。

特徴3:マイナス思考

暗い人の特徴10こ/暗い人から明るい人になる方法5つ

マイナス思考の人の場合、何に取り組んでも「ダメだ」「自分にはできない」と、何かをせっかく始めてもすぐに「自分には無理だ」と決めつけがちです。

多くのことは上達するものなので、すぐに辞めたり逃げたりせずに続けていたらできる可能性もあるのに、諦めてしまいがちです。その結果として、特徴2でご紹介したように、自分に自信が持てないことに繋がってしまうこともあります。

特徴4:否定的

暗い人の特徴10こ/暗い人から明るい人になる方法5つ

特徴3でご紹介したマイナス思考についての内容と似ていますが、暗い人は物事に対して前向きに考えるのではなく、悪い方向に考えてしまいがちです。

そのため、他の人が良いところや長所を褒めてくれたとしても、なかなかそれを素直に受け入れられず、「そんなことはない」と自分で自分に思い込ませてしまったり、ポジティブな人が何か前向きな提案や考えを発信しても、それを否定してしまったりする傾向があります。

特徴5:悲壮感が漂っている

暗い人の特徴10こ/暗い人から明るい人になる方法5つ

常に悩み事や不安なことなどを頭の中で考えてしまっていると、それが知らないうちに表情に出てしまっていることがあります。すると、他の人の目には、悲しげな雰囲気が漂っているように映ってしまいます。

自分が普段どのような表情をしているのかは自分では分かりづらいですが、あまり普段話さない人から聞いた自分のイメージが暗い方なら、表情が暗くなっていることが原因でそのような印象を与えてしまっている可能性があります。

悲壮感が漂っている人の18個の特徴

出典: https://seikatsu-hyakka.com/archives/26854 |

特徴6:主張しない

暗い人の特徴10こ/暗い人から明るい人になる方法5つ

暗い人は、できるだけ目立つことや注目を浴びることを避けたり、自分の意見や考えを他の人の前で述べようとしません。自ら何か主張したところで受け入れてもらえないと考えてしまっていたり、自分が主張した内容に対して他の人に悪く思われてしまうことを心配していることなどが原因です。

また、主張しないがために、他の人からは何を考えているのか分からない人だという意味でも「暗い人」と判断されがちです。

特徴7:笑顔が少ない

暗い人の特徴10こ/暗い人から明るい人になる方法5つ

暗い人は、ネガティブな考え方をしたり嫌なことに意識を向けがちなので、自然と表情が暗くなり、結果的に笑顔が少ない人になってしまう傾向があります。

反対に、明るい人が笑顔でいることが多いのは、ポジティブにものを考えることが身についていたり、嫌なことよりも楽しいことを考えることの方が多いからです。

暗い考え方を常にしている状態では、自然に笑顔でいることは難しくなるでしょう。

特徴8:無表情

笑顔が少ない代わりに、表情が暗いことが多いか、無表情でいることの割合が多くなりがちです。暗い人は比較的一人でいることが多く、あまり他の人と関わろうとしないので、感情表現に関しても乏しくなりやすい傾向があります。

また、一人でいることが自然に多くなるというよりも、自分が一人でいることを好むタイプであれば、意図的に無表情を保つことによって、周りの人から近寄って来られるのを防いでいることもあります。

なぜ無表情なのか?無表情な人の抱える心理や改善方法とは?

出典: https://osusume-trend.com/health/expressionlessface/ |

特徴9:口数が少ない

暗い人の多くは、一人でいることに慣れてしまい、人との会話に慣れていないため、話すこと自体を苦手としていることも多いです。そのため、普段から知っている人と話すのも苦手で、誰かと一緒にいても、口数が少なくなってしまいがちです。

また、初対面の人と会った時などは、話すことに自信がないので、人見知りをしてさらに口数が少なくなってしまいます。その結果、第一印象から暗そうな人という印象を残してしまいます。

特徴10:賑やかな場所が苦手

暗い人の特徴10こ/暗い人から明るい人になる方法5つ

賑やかな場所には、明るく活発な人が多く集まってきます。一人で居たい、他の人と関わるのが苦手な暗い人は、そういった人がたくさん集まるような場所へは好んで足を運ぼうとしません。

また、暗い人とはほぼ真逆のタイプである明るく活発な人が集まっている場所は、暗い人からすれば、別世界のように感じられることもあるでしょう。自分とは真逆のタイプの人と交わることは、多くの人にとって至難の技です。

人見知りなあなたにオススメのアイテムはこちら

この「人見知りが治るノート」は、認知行動療法に基づき、「考え方が行動の選択に影響する」という人の仕組みを利用して、あがり症や引っ込み思案を和らげるなどして、人見知りを克服することを目的に書かれています。

あなたが長年の間思い込んでいた常識を変えるための手順が示されていますので、人見知りをこの機会に克服したいという方は、ぜひ手に取ってみてはいかがでしょうか。

暗い人から明るい人になるには

周りの人から暗い人と思われがちな人の中には、「暗い人というレッテルを剥がしたい」「自分の性格を少しでも明るい人に近づけたい」という人もいるでしょう。ここからは、暗い人から明るい人になる方法についてご紹介します。

無理のない範囲で、少しずつ実践してみてはいかがでしょうか。

方法1:明るい人と関わる

暗い人の特徴10こ/暗い人から明るい人になる方法5つ

先述したように、暗い人が明るい人と積極的に仲良くなろうと近づいて行くことは容易なことではないでしょう。真逆のタイプの人への関わり方が分からず、苦労する可能性は大いにあります。

しかし、暗い人をやめたいのなら、自ら行動を起こしていかなければ性格を変えられません。明るい人に話しかけるなどして関わる機会を増やせば、そのうち自然といい影響を受けて、明るい人へと変わっていくチャンスがあります。

方法2:何事も前向きに考える

暗い人の特徴10こ/暗い人から明るい人になる方法5つ

ネガティブな考え方や否定的な考え方、マイナス思考の癖を直す努力をしましょう。ネガティブな考え方のままでは、根本的な問題が解決されません。

表面上、明るい人の真似をしているだけでは疲れてきてしまい、明るい人に変わることに失敗してしまうでしょう。

できるだけ何事に対しても前向きに捉え、プラスに考えることによって、自然と気分も軽くなり、日常生活も過ごしやすくなるでしょう。

方法3:ネガティブな感情を表に出さない

常に明るい表情でいることは、人間である以上難しいことですが、人前ではできるだけ明るい表情でいると、周りの人からのアプローチも増えてくる可能性があります。

不安や恐怖、怒りなどのネガティブな感情を常に表に出していると、周囲の人はあなたに近寄りづらくなってしまいます。

方法4:笑顔を心掛ける

暗い人の特徴10こ/暗い人から明るい人になる方法5つ

笑顔でいると、周囲から好印象を持たれやすくなります。笑顔の人には話しかけやすいですし、周りの人は「明るい人なんだろう」という印象を抱きやすくなります。笑顔の人は人を引き付ける力を持っていると言っても過言ではないでしょう。

方法5:悪口・陰口を言わない

暗い人の特徴10こ/暗い人から明るい人になる方法5つ

人の悪口や陰口を頻繁に言っていると、それだけで周囲には悪い印象を与え、信用されなくなったり表面上だけの付き合いをされてしまうようになります。

悪口や陰口はほどほどにするか、極力言わないようにすることを心がけることで、人からの信頼も得やすくなり、良い人間関係を築きやすくなるでしょう。

変わりたいと思ったら意識を変えていこう

暗い人の特徴10こ/暗い人から明るい人になる方法5つ

暗い人である自分の性格を変えたいなら、何かしらの行動を起こす必要があります。行動を変えるためには、行動を変えようという気持ち、意識を持つことが必要です。意識を変えれば、行動にも移しやすくなり、明るい人になるための一歩を踏み出しやすくなるでしょう。

明るい人と暗い人の違い

明るい人は、積極的に他の人と関わろうとし、多くの人とコミュニケーションをとり、何事に対しても前向きで考え方がポジティブです。対照的に、暗い人はあまり人と関わろうとせず、何事に対してもすぐにネガティブに考えてしまう傾向にあります。

このように、明るい人と暗い人には大きな違いがありますが、「変わりたい」と思うなら、自分にできることから少しずつ始めていってみましょう。

Related

LINEで会話するポイント10選|盛り上がる会話ネタ5つ

LINEは現代において欠かすことのできないコミュニケーションツールと言っていいでしょう。スタンプやアルバム、ノートなど多くの機能があり、相手が読んだことがわかる「既読」機能も大きな強みです。LINEで盛り上がる話題とコツをまとめました。
人間関係
2019年02月22日
LINEで会話するポイント10選|盛り上がる会話ネタ5つ

統率力とは・求められる5つのポイント|統率力のある歴史上の人物

統率力とはなんでしょう。求められる5つのポイントを、統率力のある歴史上の人物を交えて、わかりやすくご紹介していきます。統率力とは、リーダーシップとは違います。これからの時代に欠かせない、人間をまとめていく力です。統率力を身につけ、仕事に活かしていきましょう。
人間関係
2019年02月15日
統率力とは・求められる5つのポイント|統率力のある歴史上の人物

頭が悪い人が持つ特徴24個・頭の悪い人との付き合い方

人の世は大なり小なり「頭が悪い人」で構成されています。信じていたが「エッーっ」と「頭が悪い人」で話題になる世情です。賢く、高学歴、高能力の方でも警察沙汰になり「頭が悪い人」の例になります。今後、益々「頭が悪い人」との円滑な付合いは複雑化になると想定されます。
人間関係
2019年02月14日
頭が悪い人が持つ特徴24個・頭の悪い人との付き合い方

根回しする方法と根回し上手になるためのポイント9個

仕事で根回しをしたことがありますか。なんだか難しそう、裏工作みたい、と先入観を持っている方は、ぜひこの記事を読んでみてください。上の立場になると根回しは必要不可欠な作業になります。根回しの方法やポイントを細かく説明していますのでぜひ参考にして下さい。
人間関係
2019年02月14日
根回しする方法と根回し上手になるためのポイント9個

かまってちゃんな男の特徴8コ・うまく付き合うための対処法5コ

「かまってちゃんな男性」とはどんな人でしょうか。また、どのように対処すれば良いのでしょうか。このぺージでは、「かまってちゃんな男性」について、特徴や対処法を考察・ご紹介しています。かまってちゃんな男性との付き合い方に悩んでいる方は、ぜひ参考にしてみて下さい。
人間関係
2019年02月22日
かまってちゃんな男の特徴8コ・うまく付き合うための対処法5コ