Search

検索したいワードを入力してください

2018年11月09日

カップルの理想の身長差は?身長差別のメリット/デメリット

カップルの身長差は、何cmが理想的なのでしょうか。また、身長差があるとどんなメリット・デメリットがあるのでしょうか。このぺージでは、「カップルの身長差」をテーマにして、キスやハグをするのに理想的な身長差や、各身長差のメリット・デメリットをご紹介しています。

カップルの理想の身長差は?身長差別のメリット/デメリット

カップルの理想の身長差とは

カップルの理想の身長差は?身長差別のメリット/デメリット

お互いが愛し合っていれば素敵なカップルだと言えますが、身長差によっても、カップルの印象などは変わると言われています。カップルの身長差によっては、キスやハグなどのしやすさも変わってくるため、身長差を気にしているカップルも多いと考えられます。

そこで今回は、「カップルの身長差」をテーマにして、さまざまなパターンやケースにおける、理想と言われるカップルの身長差について、考察・ご紹介していきます。

キスをするなら15cm差が理想

カップルの身長差が特に影響を与えるものの1つとして、キスが挙げられます。キスをする際、背が低い人は相手を見上げ、背が高い人は相手を見下ろすことになるため、身長差は重要なのです。

一般的には、キスをするのに理想と言われれているカップルの身長差は、15cmだと言われています。15cm前後だと、自然と相手を見上げたり見下ろしたりする程度でキスをすることができるため、無理なく自然にキスすることが可能です。

ハグをするなら20cmが理想

カップルがする行為や行動は、キスだけではありません。時には、大好きな相手のことを思いきり抱きしめたり、抱き合ったりしたいと感じることもあるでしょう。

カップルがハグをする際は、20cm前後の身長差が理想だと言われています。20cm前後の身長差だと、背が低い人が、背が高い人の腕や胸の中におさまるような体勢になり、ハグしやすいと考えられそうです。

一緒に生活するなら10cmが理想

カップルの中には、結婚を視野に入れてお付き合いしている人や、同棲をしている人もいるでしょう。一緒に生活をする場合、物の配置や部屋の内装のことを考えると、あまり身長差がない方が、暮らしやすいと言われています。

上記のような背景から、カップルが一緒に生活する場合は、身長差10cm前後だと暮らしやすいと考えられます。身長差10cm前後だと、目線が同じくらいのため、物の配置などでも揉めにくいでしょう。

身長差別カップルのメリットデメリット

カップルの理想の身長差は?身長差別のメリット/デメリット

続いては、身長差があるカップルには、どのようなメリットやデメリットがあるのか、身長差の大きさ別に考察していきます。

お互いに相手を思う気持ちがあれば、身長差はあまり問題にはなりません。しかし、各身長差のカップルには、どのようなメリット・デメリットがあるのか把握しておくことで、よりスムーズなお付き合いができるようになる可能性があります。

身長差10cmのカップル

まずは、比較的多いと言われる、身長差10cm前後のカップルについて、考察していきます。

身長差10cmとなると、例えば身長が低い人が160cmだった場合、身長が高い人は170cmということになります。そのため、見た目にしても体感にしても、身長差はあまりなく、2人の目線などもそこまで変わらないと考えられそうです。

身長差10cmのメリット

先述でも述べましたが、身長差10cmのカップルの場合は、見た目としても視点や体感としても、そこまで身長差がないため、お互いに身長差を実感する機会は少ないでしょう。

そのため、身長差10cmのカップルは、同じような目線で物事を見ることができるケースが多く、揉めにくいと言われています。生活をともにする場合も、物の配置などで揉めることが少なく、一緒に暮らしやすい身長差でもあるのです。

身長差10cmのデメリット

身長差10cmのカップルのデメリットとしては、身長が低い人がヒールのある靴などを履いた場合、すぐに身長が並んだり身長が高い人の背を追い越したりするケースがある点です。

中には女性より背が低くなることや、男性よりも背が高くなることに、抵抗を感じる方もいらっしゃると予想できます。ですから、身長差がすぐに埋まったり覆されたりしてしまう点は、デメリットとだと言えそうです。

身長差13cmのカップル

カップルの理想の身長差は?身長差別のメリット/デメリット

続いては、身長差13cmのカップルの場合、身長差でどのようなメリットやデメリットが生じるのか、考察していきます。

身長13cmのカップルの場合は、大きな身長差ではないものの、お互いに身長差を意識できるくらいの身長差でもあるため、キスなどがしやすいと考えられます。

身長差13cmのメリット

身長差13cmのカップルの場合、身長差が大きすぎず、小さすぎるわけでもない、程よい身長差だと言えそうです。そのため、キスやハグなどがしやすいものの、相手との目線や感覚は近いため、暮らしやすい身長差でもあると言えそうです。

上記の洋間はいけいから、身長差13cmは、メリットが多い身長差だと考えられます。

身長差13cmのデメリット

何かとバランスが良いと言われる、身長差13cmのカップルですが、身長差10cmの場合と同様に、身長が低い人がヒールのついた靴などを履くと、すぐに身長が並んだり、逆転したりしてしまいがちというデメリットがあります。

また、相手との体格差などは感じづらいため、キスやハグなどをしやすい反面で、ムードに欠けてしまうこともあるでしょう。

身長差15cmのカップル

続いて、上記でもキスをするのに理想の身長差とご紹介した、身長差15cmのカップルについて、メリット・デメリットを考察していきます。

キスは、カップルの象徴とも言える行為の1つでしょう。そのため、キスが自然とできる身長差である身長差15cmのカップルは、見た目にも理想的な身長差であるケースが多く、バランスが取れたカップルだと言えそうです。

身長差15cmのメリット

何度か述べているように、身長差15cmのカップルのメリットは、やはりキスがしやすく、また絵になりやすい点でしょう。

お互いに無理なくキスができるため、自然とキスをする機会も増え、カップルの関係性や仲も良好になる可能性があると考えられそうです。

また、身長が低い人がヒールのある靴を履いても、相手と身長が逆転しづらいというメリットもあります。

身長差15cmのデメリット

キスがしやすく、何かとバランスが良いと言われる、身長差15cmのカップルですが、一緒に生活をする上では、時折食い違いが生じ始める身長でもあります。

身長が高い人であれば問題なく取れる高さの物が、身長が低い人には届かないなどのケースもあるため、同棲などをする場合、身長差15cmは、お互いに相手への配慮が必要になってくる身長差でもあるのです。

身長差18cmのカップル

カップルの理想の身長差は?身長差別のメリット/デメリット

カップルの身長差が18cmになると、お互いに体格の違いを認識し始める可能性があります。

そのため、ハグなどをした際にお互いの体格差を実感してムードが漂ったり、相手のことを「身長が高くて格好良い」「身長が低くて可愛い」などと感じやすい身長差でもあると言えそうです。

続いては、そんな身長差18cmのカップルのメリット・デメリットについて、考察していきます。

身長差18cmのメリット

身長差18cmのメリットは、やはりハグをしたり一緒に並んだりした際に、お互いの体格差を認識しやすい点だと考えられそうです。

カップルの身長差や体格差は、時には相手を好きになる理由や魅力を感じる要素になることもあり、ムード作りに役立つこともあります。

身長差18cmのカップルの場合は、相手との身長や体格の差を感じ、相手のことをますます魅力的に感じることができるケースもあると言われています。

身長差18cmのデメリット

続いては、身長差18cmのカップルのデメリットについて、考えていきましょう。

身長差18cmとなると、相手との目線や物事の感じ方も、大きく事なる可能性があります。ですから、一緒に暮らしたり、何かを一緒にしやろうとしたりする際に、感じ方や意見が食い違いやすくなります。

また、キスをする際には、身長差があるためにキスしづらくなることもあるでしょう。

身長差20cmのカップル

身長差20cmとなると、上記でご紹介した身長差10cmのカップルと比較して、2倍の身長差があることになります。そのため、相手との身長差や体格差を感じやすくなると考えられます。

また、先述でもご紹介したように、身長差20cmは、カップルでハグがしやすく、周囲の人から見ても、ハグする姿が美しく見える理想的な身長差だと言われています。

身長差20cmのメリット

上記でも述べましたが、身長差20cmは、ハグがしやすい身長差だと言われています。背が小さい人が、背が大きい人の腕や胸の中にすっぽりおさまる身長差となっており、抱き合った時にお互いの身長差・体格差を実感できることが多いと考えられます。

また、背が低い人がヒールの高い靴を履いても、身長が並んだり逆転したりすることがほとんどない身長差のため、背が低い人が自由におしゃれを楽しみやすい身長差でもあります。

身長差20cmのデメリット

身長差20cmのデメリットは、目線などが大きく異なる点でしょう。物事の見方や感じ方も異なるため、物事に対する見解が違うケースも、少なくありません。一緒に暮らす場合は、お互いに相手のことを配慮しないと、揉めることもあります。

また、キスがしづらい点も、身長差20cmのデメリットだと言えそうです。背が低い人が背伸びをしたり、背が高い人が大幅に屈んだりする必要があり、慣れないと気軽にキスができません。

カップルの相性について知りたいあなたにおすすめ

カップルの理想の身長差は?身長差別のメリット/デメリット

今回は、身長差をテーマにして、カップルの相性などについて、考察してきました。しかし、カップルの相性について知る方法は、他にもたくさん存在しています。

カップルの相性について知る方法の1つとして、電話占いが挙げられます。特に「ヴェルニ」は、プロの占い師に気軽に相談などをすることができるため、占いの観点からカップルの相性が知りたいという方にも、おすすめのサービスです。

カップルの身長差の平均は?

カップルの理想の身長差は?身長差別のメリット/デメリット

ここまで、身長差別に、各身長差のメリット・デメリットについて考察していきました。しかし実際のところは、どれくらいの身長差のカップルが多いのか、気になるところです。そこで続いては、カップルの身長差の平均について、考察していきます。

以下の引用は、「マイナビウーマン」が過去に統計したアンケートの結果です。引用から、10cm差のカップルが特に多いということが読み取れます。

Q.恋人との実際の身長差は最大で何センチぐらいですか?

第1位「10cmぐらい」(26.3%)
第2位「15cmぐらい」(22.0%)
第3位「5cm未満」(20.2%)
第4位「20cmぐらい」(14.3%)
第5位「30cm以上」(7.5%)

出典: https://woman.mynavi.jp/article/170217-7/2/ |

好きな人なら何cm差でもいい

カップルの理想の身長差は?身長差別のメリット/デメリット

いかがでしたでしょうか?今回は、「カップルの身長差」をテーマにして、キスやハグをするのに理想な身長差や、各身長差のメリット・デメリットなどについて、考察・ご紹介しました。

どんな身長差のカップルにも、メリットと呼べる部分と、デメリットと呼べる部分は存在しています。ですから大切なことは、身長差を上手くいかして付き合うことと、相手への気持ちの強さだと言えるでしょう。

カップルの身長差をチェック

今回は、カップルの身長差について、さまざまな観点から考察・ご紹介しました。カップルがより素敵なお付き合いをしていくためには、お互いの身長差について理解し、上手くいかしていくことが大切です。

ですからぜひ、この機会に身長差について学んでみることをおすすめします。以下の記事に、関連情報が掲載されているので、チェックしてみて下さい。

Related