Search

検索したいワードを入力してください

2018年10月12日

同棲相手と別れる為のポイント8つ|復縁を迫られた時のポイント

付き合っているときは、ずっと一緒にいたい、一緒に住みたい、別れなんて一瞬たりとも頭をよぎることはありません。しかし、実際に同棲を始めると、こんなはずじゃなかったとガッカリのこともあります。そんな時のために、円満に別れるためのポイントを知っておきましょう。

同棲相手と別れる為のポイント8つ|復縁を迫られた時のポイント

円満に進めたい同棲解消

同棲相手と別れる為のポイント8つ|復縁を迫られた時のポイント

こんなはずじゃなかった、同棲している相手と円満に別れたい、しかし一緒に生活をともにしている相手に別れを切り出すのは、そうとうな勇気が必要です。

また相手が別れることを微塵もおもっていない場合、いきなり別れを告げることは絶対に避けましょう。まずは相手を納得させなければなりませんので下準備が必要です。

コツコツと時間をかけてあせらずに、下準備をしていきましょう。

別れるための準備

同棲相手と別れるための下準備はコツコツと行います。まず最初にやるべきことは、少しずつ生活のサイクルをずらしていき、すれ違いの生活を作っていきます。

たとえば、朝目覚めて準備をして一緒に出勤、夕食はどちらかが作り一緒に食べるといった毎日のサイクルをずらしていきます。

いつも一緒だった生活が少しずつずれてくると、相手の心も少しずつ離れていくでしょう。まずは、ここからはじめましょう。

同棲相手と円満に別れる為のポイント8つ

同棲相手と別れる為のポイント8つ|復縁を迫られた時のポイント

同棲相手と円満に別れたいとおもうでしょうが、なかなかそうもいかないのが現実です。同棲相手と別れたいとおもったとき、急に別れを告げられた相手は怒って逆にトラブルになる可能性があります。

そうならないためにも、円満に別れるための8つのポイントを抑えておきましょう。少なくとも今まで生活をともにしてきた人ですので、嫌な別れ方だけは避けなければなりません。

ポイント1:感情的にならない

同棲相手に別れを告げる場合、絶対にやってはならないことがあります。感情的にならないことです。

感情的に別れを告げると、相手も必ず感情的になりますので、冷静に別れたい理由をわかりやすく伝えます。一方的にただ別れたいというだけでは納得するはずがありません。

わかりやすく納得できるように理由を説明してください。2人の関係が修復できないと言うことを理解してもらえるような理由を説明しましょう。

ポイント2:別れる原因を考える

別れる原因は明確でしょうか。なんとなく別れたいといった漠然とした理由では、相手は納得できません。別れたいとおもった原因を考えてみましょう。

たとえば、相手がダラしない、お金にもダラしない、休みの日はダラダラと寝てばかり、ゲームばかりして会話がないなど、人により感じる原因はそれぞれ違います。

もう1度考えてみて、やっぱりどうしても別れたいと感じたときはおもいを告げましょう。

ポイント3:お金を貯める

同棲相手と別れる為のポイント8つ|復縁を迫られた時のポイント

同棲相手と別れてどう生活をしていくのでしょうか。実家に帰る人もいれば、一人暮らしになる人もいるでしょう。実家に帰るならともかく、一人暮らしになるにはまとまったお金が必要になります。

新しい家を借りるならそれなりにお金がかかりますので、同棲相手と別れたいと感じ始めたらお金を貯めましょう。

別れを告げられた同棲相手はすぐに納得する可能性が高いです。お金を貯めてすぐに家を出られる体勢でいましょう。

ポイント4:同棲している部屋の契約を見直す

同棲相手と別れるとき、どちらが家を出て行くかは部屋の契約状況によります。自分が契約者の場合は出て行くのは相手になりますし、自分が住んでいた部屋に相手が来たのなら当然相手が出て行くことになります。

もしも契約者が自分で、相手がそのまま住み続けるとします。万が一、家賃の滞納があればあなたに請求がきますので、名義が誰なのかは明確にしておきその後の生活を決めなければなりません。

ポイント5:仮住まいを探す

同棲相手に別れを切り出す前に必ずやっておかなければならないことはまだあります。借り住まいを探しておくことです。もし、別れを切り出しすぐに出て行けとなった場合、住むところがなければどうしようもありません。

また、どうしても別れを認めてくれなかった場合、別れを切り出したのに一緒にいるのは少し辛いですので、やはり借り住まいを準備しておくといいでしょう。友達の家などが良いでしょう。

ポイント6:別れ話を切り出す

ついに、別れを切り出しましょう。別れ話はただ、「別れましょう」では相手が納得するはずがありません。

相手がわかるようにきちんと理由を説明し、納得してもらわなければなりません。なるべくならトラブルは避けたいですので、切り出す前にしっかりとシュミレーションを行っておきましょう。また、穏やかに話すことを約束してください。

決して「あなたのこういうところが嫌いなの」と感情的にならないようにしてください。

ポイント7:新居を探す

別れたいという自分の意思が固ければ別れを切り出し、相手の返事がどうであれ新居を探しましょう。

意思が固ければというのは、もし相手がどうしても別れたくないと出た場合、あなたの意思が揺らいでしまうことがあります。そうなった場合に、新居を探し契約までしてしまっていれば、もうあと戻りはできません。

契約金を支払ってしまっていれば、やっぱりやめますということはできませんので、注意しましょう。

ポイント8:家具・家電をどうするか話し合う

一緒に住むときは楽しいことしか考えられません。家具や家電をかわいいものにそろえて夢の同棲生活がはじまるのですが、楽しいことは続くとは限りません。好きで同棲を始めてもいつかは冷めてしまいます。

別れることになれば家具や家電はどうするのかが問題になります。買ったほうが持っていけばいいといえば簡単でしょうが、2人でお金を出し合って買った場合は、どちらがどうするかをしっかり話し合いましょう。

別れを悩んでいるあなたにおすすめのサービス

ずっと生活をともにしてきた同棲相手と別れを考えたとき、本当に別れてもいいのか、もう少し一緒にすごしてみて様子を見るべきなのか、悩むこともあるでしょう。

この人と別れたあと、私の人生はどうなるのだろう、そう思い悩んだときは電話占いに相談をしてみましょう。

復縁を迫られた時のポイント3つ

同棲相手と別れる為のポイント8つ|復縁を迫られた時のポイント

まずは自分の気持ちを確かめてみましょう。相手に同情して一時の感情に流されないことです。まずは自分の気持ちが1番です。

自分の気持ちがこの人とはダメだと感じたなら考えるまでもありませんが、もし少しでも考えるのなら、相手の今と将来を考えてみます。

長い目で見たとき、先が見えなければその相手とのご縁はなかったものだと考えましょう。

ポイント1:自分の事を1番に考える

同棲相手と別れたあと、復縁を迫られることはあります。一方的に別れを切り出したのなら当然相手は諦め切れないでしょう。諦めきれない相手はあなたに復縁を求めてきます。

もし、少しでも気持ちが揺らいだら、今一度考えてみてください。

その相手とはこの先やっていけないと感じ、思い切って別れを決めたのですから揺らいだ感情で決めるのではなく、自分のことを1番に考えてじっくり考えて決めましょう。

ポイント2:一時の感情に流されない

元同棲相手に復縁を迫られたとき、相手の出方によってはかわいそうにおもってしまうこともあります。相手に同情してもう1度やり直してみようと考えがちですが、すぐに返事をしてはいけません。

同棲相手と別れるということは相当な勇気が必要だったでしょう。勇気を出して別れたのに一時の感情に流されてしまい、同じことの繰り返しになる可能性もあります。

復縁を迫られたら、決して一時の感情にながされないようにしましょう。

ポイント3:相手の今と将来を考える

同棲相手と別れ復縁を迫られたとき、きっぱり断る人もいれば心が揺れ動く人もいます。別れた理由にもよりますが、今一度考えてみなければなりません。

その相手の将来は見えるでしょうか。今が見えていても将来が見えない場合は、この復縁はありません。

その相手と長く一緒にいて将来も2人で一緒にいることを想像してみてください。2人の生活が想像できなければ、今すぐにお断りしましょう。

同じ過ちを繰り返さない為のポイント2つ

同棲相手と別れる為のポイント8つ|復縁を迫られた時のポイント

同棲相手と別れたあと、新しい相手が現れ幸せにいくのかとおもいきや、また別れが来てしまったとき、多くの方は縁がなかったのかと諦めるでしょう。

しかし、縁だけの問題ではないとはおもいませんか。もしかすると自分がそう仕向けているという可能性もあります。同じ過ちを繰り返さないためにも、原因をしっかり考えることをおすすめします。

ポイント1:原因をしっかり考える

同棲相手と別れたあと、何度も同じ別れを繰り返していませんか。同じ別れを繰り返しているあなたは、自分に何か原因がないかを考えてみてください。すべての別れが自分に原因がある可能性もあります。

その原因を追求しなければいつまでたっても幸せはやってきません。なぜ別れなければならなくなったのか、もう1度考えてみましょう。

その原因を改善して新しい恋を楽しんでください。

ポイント2:依存しすぎない

同棲をしている上に相手に依存してしまうと、一人になったときに困ります。依存するとはどういうことでしょうか。

同棲相手に起こしてもらわないと起きることができなかったり、身の回りの家事はすべて同棲相手が行ってきたり、生活のすべてが同棲相手に頼りっぱなしであったとしたら、別れた後は当然すべて自分でしなければならなくなります。

自分ひとりで全てすることにパニック、そうならないためにも依存しないことを心がけましょう。

円満に別れるには準備が大切

同棲相手と別れる為のポイント8つ|復縁を迫られた時のポイント

同棲相手と別れる際にもっともトラブルになりやすいのが金銭問題です。

2人のお金の管理のしかたはもちろん、住んでいるところや家具、家電、光熱費の引き落とし口座など、別れた後はどうするのかをまず考えておかなければなりません。誰だって円満に別れたいので、下準備はコツコツおこなっておくべきでしょう。

別れ話を切り出すのは、必ず下準備を完璧にしてからにしなければなりません。

別れ話は慎重にしよう

同棲相手と別れる為のポイント8つ|復縁を迫られた時のポイント

同棲相手に別れ話をするときはタイミングが重要です。相手の機嫌や時間帯、曜日など十分に考えて話をしなければなりません。

もちろん、相手の機嫌の悪いときや残業で疲れているときに話をするのはもってのほかです。タイミング的にベストなのは休日前です。

突然別れを切り出された相手は、仕事が手につかなくなります。ショックを受けた相手のことを考慮して、休日前に必ず穏やかに話しを切り出しましょう。

Related