Search

検索したいワードを入力してください

2018年08月11日

彼氏の気持ちが冷めたかもと思う時のサイン12個と対処法

彼女に対して気持ちが冷めたりすることは、付き合っていれば、たまにはあります。気持ちは、上がったり下がったりするのが普通です。大事なのは下がったり気持ちのときに、どうやって向き合っていけるかで、二人の関係が長く続けられるかが決まります。

彼氏の気持ちが冷めたかもと思う時のサイン12個と対処法

彼女への気持ちが冷める瞬間とは

彼氏の気持ちが冷めたかもと思う時のサイン12個と対処法

大好きな彼女と付き合っていても、気持ちが突然冷めてしまうことがあります。

男性が女性を口説き落とすまで頑張ったから、付き合えたあと急に冷めた訳ではなく、男性側から見て、彼女の性格や二人で過ごしてるときの雰囲気が合わないと感じるポイントが現れ始めます。

些細なことがキッカケだったりする

彼女に対して男性の気持ちが冷めた理由は、些細なことがキッカケになってしまうことが多いです。

かわいい彼女が家の中ではゴロゴロし過ぎ、ご飯が作れない、だらしなさすぎ、部屋の片づけができない、彼氏に対して束縛が激しい、彼氏に優しくない、お互いの趣味を理解してあげれない、など落ち着いて考えてみると冷める原因は、意外とたくさんあります。

彼氏の気持ちが冷めた時に見せるサイン

彼氏の気持ちが冷めたかもと思う時のサイン12個と対処法

彼氏の気持ちが冷めた時に、彼女に対して見せるサインをキャッチできるように、男性の態度を把握できるようになりましょう。

男性の態度を見るだけで考えていることが理解できるようになると、彼氏に対するこちら側の対応策を、考えることができるようになります。

その1:返信が遅くなった

彼女に対して男性の気持ちが冷めたとき一番増える行動が、「彼女からの連絡に対する返信が遅くなる」ことです。

気持ちがあっても二人の関係が長くなって来ると、LINEや電話の着信にトキメキ感が減るのは普通のことで、気持ちが冷めた時は、LINEや電話の着信に折り返しすること自体が面倒くさいと感じるようになってしまいます。

その2:デートに乗り気ではない

彼女に対して男性の気持ちが冷めたとき、デートの張り切り感が減ってしまうことがあります。

デートは、好きな人とするから楽しくなり、気持ちが冷めた相手とのデートは義務的なこと、といった認識に変わってしまい「楽しみ」とは掛け離れた雰囲気が漂ってしまうこともあります。

その3:自分に関心を持たない

彼女に対して男性の気持ちが冷めると、男性は彼女のことを気にしなくなることが多くなります。

彼女のことが好きなときは、彼女の毎日の予定を確認したりする行動があったのに、彼女への気持ちが冷めたあとは、「彼女が外で誰と何をしていても」全く気にならなくなり、彼女の予定や彼女が楽しいと感じた話をしても聞いてないことが増えてしまいます。

その4:笑顔が減った

彼氏の気持ちが冷めたかもと思う時のサイン12個と対処法

彼女に対して男性の気持ちが冷めると、二人で過ごしている時の態度が明らかに変わっていきます。

好きな気持ちがあるときは、会話をするときはお互いの顔を見て話をして笑い合うことが普通だったのに、気持ちが冷めたとき顔を見て話をすることが減り、笑顔で過ごすことが無くなってしまう場合が多いです。

会話は、二人の関係を表す大切な行動の一つです。

その5:他の女性に関心を持つ

彼女に対して男性の気持ちが冷めたとき、彼女よりも他の女の人が気になるようになってきます。

男性は、好きな人がいるときは浮気心が眠っていますが、好きな人への気持ちが冷めると一気に眠っていた浮気心が動き出し、ついつい周りで楽しそうな話題があると自分も遊びたいと感じてしまい、羽目を外してしまうことも増えてしまいます。

この時期に、彼女が彼氏に対してキレてしまうと、逆ギレされて振られることさえあります。

その6:優先順位が低くなった

彼女に対して男性の気持ちが冷めると、今までの優先順位が変わって来ることがあります。

彼女への気持ちがあるときは、彼氏が自分の予定を決めるときに、彼女の予定を聞いてから決めてくれたり、友達との予定が入っていても彼女との誘いが入れば優先してくれたのに、気持ちが冷めたとき周りの人を優先した動きを取るようになってしまう人が多いです。

その7:話をしてもそっけない

彼女に対して男性の気持ちが冷めると、二人で過ごすときの雰囲気が変わってしまうことがあります。

彼女への気持ちが冷めた時、二人で会話をしていても上の空的な感じになることが増え、彼女から話しかけても素っ気ない態度を取ったりするように変わってきます。

これは、誰でも二人で過ごしていたら実感することなので、出会ったときとの違いがハッキリします。

その8:会う回数が減った

彼女に対して男性の気持ちが冷めると、二人で会う回数に変化が起こります。

好きな気持ちがあるときは、彼女の休みに合わせて会ったり、彼女の都合に合わせて会えるようにしていたことも、気持ちが冷めた時は彼女の休みの日だけしか会わなくなったり、彼女や自分の休みの日も、自分の都合を優先して会わずに過ごすことが増えてくるように変わります。

その9:約束を忘れる

彼女に対して男性の気持ちが冷めると、彼女との会話が頭に入って来ないことが増えてしまい、彼女とした約束のこともウッカリ忘れてしまいます。

これは、「その6:優先順位が低くなった」でも説明した内容と同じようなことです。

その10:服装に気を付けなくなった

彼女に対して男性の気持ちが冷めると、一緒に過ごすときの服装にも変化が起こります。

好きな気持ちがあるときは、彼女と一緒に過ごしている間に嫌われたくないし、彼女に恥ずかしい思いをさせたくないからと服装にも気を付けようとしますが、気持ちが冷めると、その気遣いすら忘れてしまうようになります。

男性の気持ちや態度は、よく見ていると分かりやすいです。

その11:扱いが雑になった

彼女に対して男性の気持ちが冷めると、彼女に対する態度も明らかに変わってきます。

好きな気持ちがあるときは、一緒に買い物に行ったときに荷物を持ってくれる姿勢があったのに、気持ちが冷めると、女性としての扱いをしてくれなくなることが増えます。

男性は好きな気持ちが冷めると、女性でなくて、ただの空気のような存在に変わってしまうことが多いです。

その12:スキンシップが減った

彼女に対して男性の気持ちが冷めると、彼女に対するスキンシップに変化が起こります。

男性は、好きな人を追いかけているときは、彼女の身体に触れたいと感じますが、慣れて来ると、その感情も少しずつ減り、好きな気持ちが冷めると性的な気持ちを全く感じなくなってしまうため、彼女の身体に全く触れたいと思わなくなります。

彼の気持ちが知りたいあなたにおすすめのアイテム

この本の作者が出版している本は、どれも恋愛中の女性が知りたいと感じている男性の気持ちの部分をまとめた内容の一冊です。

女心よりも、ある意味複雑な男心を知ることは、長続きする秘訣にもなります。

彼氏の気持ちが冷めたと思う時の対処法

彼氏の気持ちが冷めたかもと思う時のサイン12個と対処法

誰でも、付き合っていく期間が長くなって来ると、気持ちが冷めることもあります。

大事なのは「気持ちが冷めたこと」では無くて、「冷めた気持ちのときにどう接してあげれるか」が重要なポイントになってきます。

対処法1:一方的に問い詰めない

付き合っていれば、気持ちが冷めたことは、お互いに起こることで、誰にでもある話です。

彼氏の気持ちが冷め出したと感じたときは、「何で好きじゃなくなったのか」と問いただしたい気持ちになるのをこらえて、あえて感情の話はしないようにしましょう。

彼氏自身が、自分の気持ちの変化に気づいていても、彼女に別れを切り出さない状態なら、彼氏も自分の気持ちが、どうしたいのか迷っている状態なので責めると別れます。

対処法2:相手に寄り添ってみる

彼氏の気持ちが冷めたと感じたら、彼氏との時間を作るように心がけてみるのも効果的です。彼氏の性格が、穏やかに話しできるタイプの人なら、最近の彼氏の心境の変化を聞いて見るのもありです。

仕事が忙しくなって来ているとか、仕事仲間との付き合いや友達とのこと、二人の関係のことなど、ゆっくりした雰囲気の中で話を聞いてみると、ちゃんと彼の気持ちや考えていることを確認できます。

対処法3:自分磨きをする

彼氏の気持ちが冷めたかもと思う時のサイン12個と対処法

彼氏の気持ちが冷めたと感じたら、冷められた理由を考えるより、自分自身のことを考える方がいい場合もあります。

人は慣れて来ると、トキメキが減ってしまうのはしょうがないことなので、自分の内面磨きや身体のシェイプアップを始めたりして、キラキラした女性になる努力をすると、周りの人や彼氏から意識してもらえる女性に変わります。

対処法4:付き合いたてを思い出す

彼氏の気持ちが冷めたと感じたら、二人の出会った頃の話をしたりしてみるのも効果的です。

二人の出会ったエピソードや、付き合い出した頃のトキメキや、今の二人の落ち着いた雰囲気になった気持ちと順を追って楽しい話題をすると、冷めた感情よりも二人の歩んで来た歴史を大切にしようと感じる場合があります。

対処法5:自分を見つめ直す

彼氏の気持ちが冷めたかもと思う時のサイン12個と対処法

気持ちが冷めたなら、彼なりの理由があるはずです。

彼氏の気持ちを冷めさせてしまうような言動が無かったかどうか、最近の自分の生活習慣など、いろんな角度から考えてみましょう。

意外と自分では気が付かないうちに、彼氏に対して雑な態度や言葉を使ってしまっていることがあります。仕事が忙しくてイライラしていたり、友達との付き合いが重なったりしているときは、とくに、注意が必要です。

対処法6:想いを伝える

彼氏の気持ちが冷めたなら、これ以上気持ちが冷めるのを黙って見ているより、自分から彼氏に対しての想いを告げて見るのも、効果的なときがあります。

お互いに慣れて来ると、自分の気持ちを口にしなくなってしまうことが増えてしまい、愛情確認をするのが恥ずかしく感じたり、億劫になってしまうことがあります。

初心に戻り、彼氏に対して「好き」とアピールしてあげることは、大切なことです。

対処法7:思い切って距離をとる

彼氏の気持ちが冷めたままのとき、どんなに自分から二人の関係を良くしようとしても、悪化していくことも、時には起こり得ます。

気持ちの問題は、タイミングも重要で、片方が努力しても、片方が気持ちを受け取れない心理状態の場合は上手く思いが伝わらないことが多いので、その時は彼氏と距離を置いてみるとお互いに冷静に考えることができることがあります。

思い切った行動を起こしてみるのも、たまには効果的な場合かあります。

彼の気持ちが冷めたとしてもやり直せる!

彼氏の気持ちが冷めたかもと思う時のサイン12個と対処法

好きな気持ちは、上がるタイミングのときと冷めたと思うタイミングのときと「行ったり来たり」するのが当たり前です。好きな気持ちが常に上がり続けている人は、珍しいタイプの人です。

例えば、彼氏の気持ちがどん底まで冷めたなら、あとは時間がかかっても上がるだけです。

冷めた気持ちが、些細なキッカケで盛り上がることも、よくある話で、何度別れてもやり直すカップルが意外と存在しています。

恋愛に積極的になれない心理

どんな人でも、恋愛に付いて前向きに考えれないときがあります。

仕事が忙しかったり、人間関係でトラブル続きだったり、友達のことでバタバタしていたり、過去の恋愛がトラウマになってしまったときなどには、心理状態が恋愛モードにならないときも、たまにはあります。

前向きになれないときには、気持ちが前向きになれる日が来るまで、のんびりと過ごすことで次の恋愛に向けて心の準備が整うように変わってくるので、焦らなくても大丈夫です。

Related