Logo
menu
足元を見るの意味と例文2つ・足元を見る人の特徴と対処法
更新日:2020年08月28日

人の足元を見る人はたくさんいます。足元を見ることで、自分の要求を満たします。足元を見ることは弱点を知ることになります。知られた側は、相手の要求に応えることで弱点を他にさらすことを防ぎます。人に簡単に足元を見られることの無いようにしましょう。

足元を見るの意味と例文2つ・足元を見る人の特徴と対処法

足元を見るの意味

相手の弱点をいろいろ見つけて、その弱みに付け込むことを足元を見ると言います。 人の弱みを掴んだら、弱みをネタにして相手のことを脅したり、馬鹿にしたりすることです。人の足元を見ることで、その人がどれだけの価値があるのかを把握することもあります。
関連
足元を見るの意味と例文2つ・足元を見る人の特徴と対処法
「足元を見る」の意味と例文|足元を見る人の心理とは-自分やみんなの性格を深く知るならuranaru

足元を見るの語源

昔、宿場や街道筋などで旅人に対して、馬方や駕籠かきが足元を見ることで、お金を要求していたことが足元を見るの語源です。たとえ法外な金額を要求されたとしても、長い旅の疲れから、本来なら多く払う必要はないのに、お金を支払ってしまうことが多くありました。

相手を見下して弱みに付け込んで、こちらの要求を満たすこと、満足することを足元を見ると言う表現をします。

足元を見るの例文

足元を見ると言う言葉は、相手の弱点に付け込むということの例えです。事情を相手に知られてしまうことで、相手の要求に答えなければいけなくなってしまう。「足元を見る」を使った例文を少し上げてみましょう。

・商売をしている中で、人の足元を見るような方法をとってはいけません。
・あそこの店はお客の足元を見るから、気を付けて買わなければいけません。

例文を参考にして、同じ状況にあれば気を付けましょう。

足元を見るの例文

足元を見るの例文は、他にもあります。言葉の使い方で、印象や感じ方が違います。「足元を見る」の例文をこれから紹介していきます。足元を見るの意味は、あまり良いものではありませんが、言葉を知っていることで問題の回避になります。

また、足元をみられることがないように自分で対応することもできますので、例文を参考にしながら回避方法も考えていきましょう。

例文1:人の足元を見る

人の足元を見るの例文を紹介していきます。

・会社を辞めたくないならどんな仕事でもやれ
上司などに仕事をしないなら会社を辞めさせられ弱みを握られていることになり、辞めたくないなら要求に応えなさいとなります。よって足元を見ると言う上司の傲慢な態度が表れています。

・不利になる条件で取引をさせられる
こちら側が不利になるような条件ばかりを提示し相手が足元を見ることで要求に応えなければと言う意味となります。

例文2:足元を見て値切られた

人の足元を見ることで、要求を受け入れてもらう人はいます。 「足元を見て値切られた」の場合は、こちらが見下されたために相手の要求額を提示されたことになります。足元を見ることとは、見下すことやプライドの高さから起こる行動です。これくらいはまけてくれるだろうと言う、見下した気持ちが「値切る」と言う態度に出ます。

見下すことで、足元を見る人は自分の立場が上だということを自身で確信したい気持ちもあります。

相談や悩み事がある人にお勧めのサービス

電話占い(ヴェルニ)は、昔から信用と信頼のある老舗の電話占いです。 有名な占い師を日本全国から集めていて、さまざまなジャンルの占いを利用することができます。霊視や霊感に強く、占いの的中率も高いと評価されています。

占い師が多く在籍しているので、個々にあった悩みや相談の先生を探すことができます。また、サポート体制も良く気になる通話料金も携帯そして固定電話は無料で利用できるので、大変魅力的です。
電話占い(ヴェルニ)
関連
足元を見るの意味と例文2つ・足元を見る人の特徴と対処法
無料で当たるおすすめの人間関係占い|生年月日/タロット/悩み - 人間関係の情報ならCutee

足元を見る人に出会ったら

足元を見る人は、相手の隙を見逃しません。隙がある人ほど、足元を見られてしまう傾向が高くなります。妙に暗かったり、何かに不満を抱いた生活をしていたりすると、それが全部態度や顔、雰囲気にまで出てしまいます。

足元を見る人は、そうした雰囲気までも敏感に察知してしまいますので、できる限り明るくそしてイキイキした生活を送ることが重要です。自分を好きになることで、自身がつき生活がたのしくなります。

足元を見る人の特徴

足元を見る人は、弱みを握ったらここぞとばかりに無理と思える要求も平気でしてきます。

そんな足元を見る人の特徴には外見から判断できるものもあれば、話をしていくうちにわかるものもあります。これらの特徴を事前に把握しておけば、足元を見るタイプの人を見破ることができ対応も容易になります。

ここでいくつか紹介していくので、参考にしてみてください。

自信がない

自分に自信がない人は、卑屈になりがちです。自分よりも相手を見下すことが先に立ってしまうので相手の弱みをどうにか知ろうとしてきます。自信の無さから、自分よりも荒んだ人はいないかと、考えます。

隙が無い人の多くは、生き生きとしていますし自分に自信がある人です。足元を見られないように明るく生活をしていくことも良いです。また、自信がない人ほど嫉妬や見下しかたも強いです。
関連
足元を見るの意味と例文2つ・足元を見る人の特徴と対処法
自分に自分がない人の克服方法5つ|自分に自信が持てる本3冊 - 悩み・不安に関する情報ならCutee

計算高い

計算高い人は、相手が考えている事の裏の裏そしてまた裏まで読んで話をしてきます。まったく計算がなく、素直に対応してしまうことでひどい目にあってしまう可能性もあります。しかし、自分も計算高くなってしまうとお互いの関係もうまくいきません。

計算高人に出会ってしまったら、まずはこちらの弱さなどは見せないようにしてあまり本気で話をしないようにしましょう。

ずる賢い

ずる賢い人は、どうにかして自分に利益のある方向へともっていきながら生活しています。損得勘定で物事を決めていくので、人の足元をみるのも得意です。ずる賢い人には勝とうと言う考えを起こしてはいけません。

できれば、話は一応聞きそのあと自分の考えをしっかり断言することです。勝とうとすれば同じ穴のムジナになります。足元を見られる間に、自分の考えはハッキリ伝えることにしましょう。

足元を見る人の心理

足元を見る人の心理には、どのようなものがあるのでしょう。相手の弱点や力、能力そして存在価値などを見て、それに付け込んでいくのが足元を見る人の特徴と言えます。

いつも人を見下した態度をとっている人や、自分が有意義な立場でないと満足できないような人は足元を見るのも得意です。一見してわかる場合と、そうでない場合もあります。ここでは、細かくどのような心理があるのかどうか見ていきましょう。

心理1:優位に立ちたい

優位に立ちたいひとほど、自分の中で優位に立つことが人生では一番大事と言う考えを持っています。また、依存している人たちもいます。社会の中で本当に優位に立っている人は、相手の足元を見ると言うことはしません。

しかし、余裕がなく実際は自分の価値がそれほどない場合は相手を見下して自分が優位に立っている気持ちになります。優位に立ちたいと考えてばかりいることで、本当の豊かさを知らない人です。

心理2:弱みに付け込みたい

自分が得をしたいから、相手の足元を見る場合もありますが損得勘定や優位に立ちたいといった感情以外でも、足元を見ることがあります。弱みに付け込みたいと言う心理には、そもそも嫌いな相手だと言う可能性もあります。

相手の弱い部分が見えた瞬間、弱みにつけこみ得をしようとします。嫌いな相手、そして相手よりも優位でいたいという心理が強い人ほど、人の足元を良くみています。

足元を見る人への対処法

足元を見る人への対処法がわかれば、出会ってしまったとしても回避できます。回避することが難し場合もありますが、ここで対処方法を知っておくことで役立ちますので、参考にしてみましょう。

対処方法を知っているのと、知らないのとでは回避の仕方も違います。また、対処法を知ることで自分への自信になっていきます。

対処法1:意思表示をする

自分の意思表示をはっきりすることで、相手は何も言えなくなってしまうことがあります。足元を見る人の中には、意外にもメンタルが弱い人間が多いです。自分よりも気弱な相手や、能力が低い相手には、めっぽう強いです。

だからこそ、はっきりこちらが意思表示することが大切となります。しどろもどろで対応していては、相手の思うツボになってしまいますのでハッキリ意見を言いましょう。

対処法2:実力をつける

今の自分よりも、もっと向上することを心がけることです。今よりもっと実力をつけることや、能力を高めることをすれば、そう簡単には足元を見られることはありません。実力を高めることで、自分にさらに自信がつきますし周りへの接し方も自然と変わってきます。

実力のつけ方も、人によって違いがありますが今よりさらに向上していきましょう。人につけこまれることが少なくなります。

対処法3:味方をつける

多くの味方がいることで、人は安心できます。また、人の弱みに付け込む人に対しては一人で対応することなく、味方をつけましょう。第三者的な相手を連れていることで、相手の要求どおりにいくことを回避できます。

味方をもつには、自身もしっかりとした人間にならなければいけません。自分も足元を見られないように自信をつけましょう。味方がいることで、時には大きな自信につながることもあります。

対処法4:生きることを楽しむ

人に足元を見られないようにする対処法の一つに、生活を楽しむことがあります。楽しむためには、自分を好きになって生活のリズムを整えて何事にも熱心に取り組んで楽しみましょう。生きることを楽しめば、自然とイキイキしてきます。

イキイキしている人の足元を見る人は、いないにひとしいと考えます。楽しいことで、常に笑って生活していくようにしましょう。

無意識に人の足元を見ていない?

人は無意識のうちに、人の足元を見ていることもあります。自分では意識していない場合でも、相手にとっては足元を見られたと感じることもあります。日ごろから、人を見下したり馬鹿にする言葉遣いなどをしないように意識していきましょう。

足元を見らたと感じた相手は、気持ちよくありません。無意識であっても、人に嫌な思いをさせることが無いようにしましょう。
関連
足元を見るの意味と例文2つ・足元を見る人の特徴と対処法
上から目線の人の特徴19個と上から目線の人への対処方法5つ - 人間関係の情報ならCutee

自分の強みと弱み

自分の強みと弱みを、自分で理解することが大切です。 弱い部分は、少しでも向上させるように努力していきましょう。また、強みである部分をひけらかすことをしないようにします。強みの部分で弱みをカバーしていけば良いです。

短所である弱みばかりを気にしてしまうと、時には人に足元を見られる場合があります。自分には強みがないと考えず、改めて強みはどこかと認識していくようにしましょう。

足しげくの正しい使い方

足しげくの正しい使い方は、同じ場所に何度も足を運ぶさまに使います。例えば、「足しげく店に通う」「足しげく病院へ治療に行く」などです。頻繁に同じところにいく、たびたび行くなどの時に使います。
関連
足元を見るの意味と例文2つ・足元を見る人の特徴と対処法
自分の強みの例・強みと弱みの診断方法・書き方|例文/転職-ビジネスマナーを身につけるならuranaru
関連
足元を見るの意味と例文2つ・足元を見る人の特徴と対処法
足しげくの正しい使い方・読み方・足しげく通うの使い方-ビジネスマナーを身につけるならuranaru
初回公開日:2018年11月01日

記載されている内容は2018年11月01日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

RELATED