Search

検索したいワードを入力してください

大和言葉とは|意味/歴史/特徴・ビジネスで使える一覧15例

言葉の意味・使い方

このページではcuteeに掲載されている「言葉の意味・使い方」に関する記事をたくさんご紹介しています。cuteeで「言葉の意味・使い方」に関する記事をお楽しみください。

Pickup言葉の意味・使い方のピックアップ

「訊く」の意味と使い方|例文3例・「聞く」「聴く」との違い

日本語は非常に難しいです。特に、発音も意味も似通っている言葉が相手となると、日本人でも大苦戦してしまいます。その筆頭が「訊く」や「聴く」や「聞く」でしょう。今回は「訊く」に注目して、この言葉の意味と「聴く」や「聞く」との違いもわかりやすく解説いたします。
「訊く」の意味と使い方|例文3例・「聞く」「聴く」との違い

「拝見」の使い方/二重敬語・「拝見」を使った例文2つ

ここでは、尊敬語、謙譲語、丁寧語などの敬語の違いと「拝見させていただく」という表現が正しい敬語表現なのか、「拝見」という「見る」の謙譲表現に似た言葉である「拝聴」と「拝読」の意味について詳しく解説させて頂きました。敬語にご興味のある方は、要チェックです
「拝見」の使い方/二重敬語・「拝見」を使った例文2つ

いけずの意味と使い方・類語・例文6選|いけず石/ちびまる子ちゃん

このページではいけずの意味を説明しています。どこの方言なのかに始まり、具体的に例文を6つと類語3つ登場作品などから考察さつして、読んでいただいた方にいけずの微妙なニュアンスも含めて理解していて頂き、いけずを自分の言葉として習得してもらうのが目的です。
いけずの意味と使い方・類語・例文6選|いけず石/ちびまる子ちゃん

血は争えないの意味と使い方・例文・シーン6選|類語/英語

「血は争えない」という言葉を聞いたことはありますか。「血」や「争う」という言葉を用いていますが、決して物騒な意味の言葉ではなく、親子は結局似てしまうということを表しています。この記事では、「血は争えない」という言葉について、詳しい意味や使い方を解説しています。
血は争えないの意味と使い方・例文・シーン6選|類語/英語

気立ての意味と気立てがいいと思う条件5つ・器量良しとの違い

気立てがいいとは誰のどのような言動を指すか、すぐに思い浮かべられるでしょうか。そうでない場合今回の記事で気立ての成り立ちから同じような意味を持つ気風までを詳細に解説しているので、役立つことでしょう。それに気立てを身に付ける方法もありますので、是非ご覧ください。
気立ての意味と気立てがいいと思う条件5つ・器量良しとの違い

実際に「ニコイチ」を使った例文9つとニコイチの3つの意味

「ニコイチ」について、三つの意味合いとその使い方、例文の紹介をしています。「ニコイチ」には、仲がいい友達、自動車に使うニコイチ、不動産で使うニコイチの三つの意味合いがあります。その他にも若者言葉としてのニコイチがあり、それぞれの違いをご紹介します。
実際に「ニコイチ」を使った例文9つとニコイチの3つの意味

「往々にして」の意味と使い方例文5例・読み方・類語

「往々にして」は「おうおうにして」と読み、「(悪いこと)がありがち」という意味の言葉です。よくない物事の時にしか使えないので、「往々にして」を使える文は意外と限られています。本記事で「往々にして」の例文と類語をチェックして、正しい表現を使えるようにしましょう。
「往々にして」の意味と使い方例文5例・読み方・類語

「憤慨」の意味と使い方例文5例・読み方・類語・憤怒との違い

人の感情を表した言葉が憤慨です。読み方や意味を紹介します。また憤慨は、憤慨すると憤慨させるとでは、意味が変わります。その意味の違いや、同じ感情を表す憤怒との意味の違いなどを紹介します。意味を理解して、正しく日本語を使いましょう。言葉の幅も広がります。
「憤慨」の意味と使い方例文5例・読み方・類語・憤怒との違い

「試行錯誤」の意味・類義語|試行錯誤を使った例文5例

試行錯誤という言葉は、何度も失敗しても最後には成功すると言う意味につかわれます。試行錯誤には、どのような類語があり、どのような例文があるのでしょうか。また、試行錯誤しなければいけない仕事は、どのようなものなのでしょうか。試行錯誤について解説していきます。
「試行錯誤」の意味・類義語|試行錯誤を使った例文5例

「把握」の意味と使い方例文4例・読み方・類語・理解との違い

把握の正しい使い方知っていますか?間違えやすい理解と認識の違い。「の程」の使い方と意味。飲むと呑むの違いなど普段何気なく使っている言葉についてまとめています。またできる男ビジネスマンの必須アイテムもご紹介さらに鬼門・裏鬼門を把握してさらに運気アップしよう。
「把握」の意味と使い方例文4例・読み方・類語・理解との違い

「驚愕」の意味と使い方5例・読み方・類語・驚愕した人の反応

「驚愕」は「驚愕の展開」や「驚愕のラスト」などのように作品のプロモーションの際に使われることが多い言葉です。「驚愕」は驚いたことを意味する言葉で、細かなニュアンスの違いにより「仰天」や「愕然」のような類語が多く存在します。意味や類語から使い方を確認しましょう。
「驚愕」の意味と使い方5例・読み方・類語・驚愕した人の反応