Logo
menu
チョコレートの賞味期限は?|賞味期限を過ぎても食べられる?!
更新日:2020年08月28日

チョコレートの賞味期限について気にかけたことはありますか。今回はチョコレートの賞味期限についての記事です。そしてチョコレートの正しい保存方法や、賞味期限、性質などについてご紹介していきます。ぜひ、記事を最後までご覧ください。

チョコレートの賞味期限は?|賞味期限を過ぎても食べられる?!

チョコレートの賞味期限

特に「秋冬」の時期になるとさまざまな種類が出る「チョコレート」ですが、「チョコレート」にも賞味期限があるとご存知でしょうか。

賞味期限をまもらないと、おいしいうちにチョコレートをいただくことが出きなくなってしまいます。そもそも賞味期限とはなんなのか、本当にその賞味期限の日を境に腐ってしまうのかなどをご紹介します。
関連
チョコレートの賞味期限は?|賞味期限を過ぎても食べられる?!
バレンタインに本命チョコを渡す4つのポイント/おすすめレシピ - レシピを調べるならCutee

賞味期限とは

「賞味期限」とはそもそもどのような物なのか、いったい何をあらわしているものなのか、知りたいという方も多くいらっしゃることでしょう。

「賞味期限」とは、科学的かつ合理的に企業ごとに定めている、美味しく食べられる期間のことです。「賞味期限」を過ぎても、すぐに食べられなくなる訳ではありません。

3ヵ月以内のものは年月日で表示され、3ヵ月をこえるものは年月で表示されます。

記載されている期限より長持ちする

「賞味期限」は、あくまでも「その商品を、おいしく食べられる(賞味)できる期間」として記載されている日付です。

そのため、余程の期間過ぎていないかぎり数日や一週間であれば、商品は品質上、問題なくいただけます。

しかし「消費期限」は、「その日付までに食べきらなくてはいけない期間」なので、見間違えないように注意してください。

チョコレートを美味しく食べられる期間

「チョコレート」をせっかくなら美味しくいただきたいという方は、たくさんいらっしゃることでしょう。なので今回は「チョコレート」の種類ごとに一年経っても食べられるチョコレートのタイプや、賞味期限に気をつけた方がいいタイプのチョコレートについて、ご紹介していきます。

一年経っても食べられるチョコレートのタイプ

チョコレートで一年経っても食べられるタイプのチョコレートは、「タブレットタイプ」のチョコレートです。

賞味期限が長く、ファットブルームも出にくいです。「タブレットタイプ」のチョコレートでみなさんの目につきやすいのは「板チョコレート」です。もしくは「製菓用のチョコレート」も一年以上保つことが多いです。
関連
チョコレートの賞味期限は?|賞味期限を過ぎても食べられる?!
チョコサラミのレシピ10選|チョコサラミのアレンジレシピ8選 - レシピを調べるならCutee

賞味期限が短いチョコレートのタイプ

賞味期限が短いチョコレートのタイプは、「生クリーム」が入っているチョコレートです。

「生クリーム」は繊細な食べ物なので「プラリネ」や「ボンボンショコラ」などの一粒の形で、中にチョコレート以外のクリームなどが入っているタイプのチョコレートは賞味期限が短いです。

長くても2ヶ月程度しか保たないので、買ったらできるだけ早くいただきましょう。

チョコレートの材料と性質を知る

チョコレートの材料は何かを知っていたり、その材料の性質を知っていればチョコレートを美味しくいただくことができます。材料がわかっていると、逆算をして賞味期限を知る事もできます。

賞味期限を知るためにも材料や性質を知っておくのは、とっても有効なことです。ぜひチョコレートの賞味期限について知っていってください。

材料

チョコレートの材料についてご紹介いたします。

カカオを想像するでしょうが、「カカオマス」という表示を見たことはありませんか。「カカオマス」は「カカオ」をそのままチョコレートに使えるようにしたものなので「カカオ」の事だとおもって良いです。

また、普通に売られている食用のチョコレートには「生クリーム」「砂糖」が入っていることが多いです。

性質

チョコレートの性質で一番に挙げられるものといえば「熱に弱い」です。チョコレートは性質上たいへん熱に弱く、指で持っているだけでも溶け始めてしまいます。

保存は、15度から17度で、湿度50%以下だとかなり安定した状態に保てるでしょう。賞味期限以内でもこの条件を守っていると、風味も落ちにくくて溶ける心配もありません。

食べる少し前に室温に戻しても美味しくいただけます。

ファットブルーム現象とは

「ファットブルーム」という現象をご存知でしょうか。「ファットブルーム」とは「ココアバター」に含まれる脂肪分が、チョコレートが暖かくなっていく事によって表面に浮き出てしまい白く固まった状態のことをいいます。

突然白くなるので、かびてしまったのではないかと思われる方もいらっしゃいますが、水分の少ないチョコレートがかびることはありません。

成分的には問題のない現象なので、そのまま食べられます。

お酒のチョコレートが食べたいあなたにはこちら

芳醇な洋酒の香りと、チョコレートの甘さが寒い冬の体をあたためてくれます。「バッカス」はアルコール分が3.2パーセント入っているので、お子さまは食べることができません。

日本でこんなに簡単に、お安く「チョコレートボンボン」が手に入るのは「バッカス」のシリーズ以外無いのではないでしょうか。

冬季限定なので「バッカス」が出回ると、とっても冬の気分になることでしょう。

チョコレートは腐ることがない

チョコレートは賞味期限を過ぎても、腐ることが無いというのはご存知でしょうか。しかし実は腐る可能性があるチョコレートもあります。

そのチョコレートはいったいどんなチョコレートなのでしょうか。今回は賞味期限内だったとしても早く食べた方が良い、腐りやすいチョコレートをご紹介します。もしご自宅に当てはまるチョコレートが眠っている場合は、注意をしてください。

生チョコやトリュフは腐りやすい

先ほども簡単にご紹介しましたとおり、「生クリーム」や「砂糖」がたっぷりと入っていて、一度チョコレートを溶かしてから作っている「生チョコレート」や「トリュフチョコレート」は腐りやすいです。

そのため購入したら出きるだけ早く食べてしまうことをいたします。賞味期限内でも、少しでも早く食べてしまうことをする、次なる理由を、続けてご紹介します。
関連
チョコレートの賞味期限は?|賞味期限を過ぎても食べられる?!
トリュフの美味しい食べ方7選|白トリュフと黒トリュフの違い - レシピを調べるならCutee

風味を損なうことがある

賞味期限以内だったとしても、少しでも早くチョコレートを食べた方が良い理由は「風味が劣るから」です。

チョコレートはその豊かな風味に支えられています。チョコレートの香り、風味は味に直結するとても重要な成分です。時間が経つとともにその風味はどんどん損なわれていきます。

それを防ぐには、出きるだけはやく食べきってしまうことが1番です。

正しい保存方法

チョコレートの正しい保存方法は意外と知られていません。

タブレットタイプのチョコレートだったら、「20度以下」で保存をし、ボンボンショコラと呼ばれる、中にクリームなどが入ったチョコレートは「15度以下」で保存すると良いでしょう。

ぜひアルミの外装はそのままにして、虫や日光を撃退させましょう。

賞味期限を知ってチョコレートを美味しく食べよう

いかがでしたか。今回の記事でチョコレートの賞味期限を知る事が出きたでしょうか。今回はチョコレートの保存方法についてもご紹介しました。

ぜひ正しい賞味と保存でチョコレートを美味しく食べてください。

この記事に関連する情報もチェックしよう!

賞味期限について、もっと細かく知りたいという方にむけて今回は「賞味期限切れの豆腐をチェックする方法」についての記事と、「食パンの冷凍保存方法について」の記事をご紹介します。

ぜひ参考にして、正しい保存をしてください。
関連
チョコレートの賞味期限は?|賞味期限を過ぎても食べられる?!
賞味期限切れの豆腐をチェックする方法6つ|豆腐のレシピ5選 - cutee
関連
チョコレートの賞味期限は?|賞味期限を過ぎても食べられる?!
食パンの冷凍保存方法・解凍方法・賞味期限・おすすめレシピ4選 - cutee
初回公開日:2018年11月14日

記載されている内容は2018年11月14日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

RELATED