Logo
menu
葵の花言葉7個・怖い花言葉|特徴/原産地・名前としての葵
更新日:2020年08月28日

みなさんは葵という花をご存知でしょうか。名前は聞いたことはあるけれども、実際にどんな花なのかは知らない、見たことがないという方が多いでしょう。この記事では、葵がどんな花なのか、そしてどんな花言葉を持っているのかについてご紹介します。ぜひ参考にしてください。

葵の花言葉7個・怖い花言葉|特徴/原産地・名前としての葵

葵とは

「葵(アオイ)」という花をご存知でしょうか。もともと「アオイ」は、ある特定の種類の花を挿す言葉ではなく、アオイ科のアオイ属とフヨウ属に属する植物のことを総称した呼び名です。

アオイと名のつくものでは、タチアオイ、モミジアオイ、フユアオイなどの種類があり、意外なところでは南国の花ハイビスカスや、野菜のオクラもアオイ科の植物です。日本においては一般的にタチアオイが代表的な葵の花とされています。
関連
葵の花言葉7個・怖い花言葉|特徴/原産地・名前としての葵
ゼラニウムの花言葉4つ・色別花言葉|和名/開花時期/誕生花 - 雑学を知るならCutee

特徴

日本における代表的なアオイの花であるタチアオイは、すっくと立ったように茎をまっすぐ伸ばした姿から、立葵(タチアオイ)と名付けられました。日本へは胃腸や利尿の漢方薬「蜀葵(ショクキ)」として平安時代ごろにはすでに中国から伝わっていたとされています。

きれいな花のため、花弁が一重から八重のもの、色も白から赤、ピンク、黄色、紫など、タチアオイから作られた多数の園芸品種が私たちの目を楽しませてくれます。

季節

タチアオイは、6月初めから、8月いっぱいの夏の盛りまでの時期に花を咲かせます。最大2m超にもなるまっすぐ伸びた茎に沿って、稲の穂のように多数のつぼみを付け、ちょうど梅雨入りの頃に、下方のつぼみから上に向かって順に花を咲かせていきます。

咲き始めが夏の始まりを、そして咲き終わりが夏の終わりを感じさせてくれる、とても季節感にあふれた花です。俳句の世界でも「葵」は「仲夏(夏の半ば)」の季語とされています。

原産地

タチアオイは、もともと中国が原産地と考えられていましたが、現在はビロードアオイ属の東ヨーロッパ原産のアオイ種と、トルコ原産のアオイ種との雑種で、地中海西部沿岸からアジアにかけての地域が原産と考えられています。

遠く離れた場所で誕生した花が、シルクロードを伝わってはるばる日本に伝わり、現在も愛される花となっているのはとてもロマンティックです。

葵の花言葉

葵すなわちアオイ科の花々たちは、それぞれに花言葉を持っています。そして日本の葵の代表格である「タチアオイ」はそれだけで多くの花言葉を持つことでも知られています。

日本で葵を代表的するタチアオイのさまざまな花言葉を紹介する前に、アオイ科の花々の中で、特徴的な赤とオレンジ色の花弁を持ったアオイ科の花の花言葉を少しだけご紹介します。
関連
葵の花言葉7個・怖い花言葉|特徴/原産地・名前としての葵
シロツメクサの4つの花言葉・由来する怖い伝説|花の特徴と種類 - ガーデニングの情報ならCutee

葵の色別の花言葉2つ

品種改良で、さまざまな色の花弁を持つようになったタチアオイとは違って、花弁の色がほぼ決まっているアオイ科の花や、色によって違った意味を持つアオイ科の花もあります。アオイ科の花の中から、赤い花弁を持つ「モミジアオイ」と「ハイビスカス」の中でもオレンジ色の花弁の場合の花言葉をご紹介します。

花言葉1:赤

真っ赤な花弁の色から「紅蜀葵」とも呼ばれる持つ紅葉葵(モミジアオイ)ですが、名前の由来は紅葉のもみじからかと思いきや、実は葉っぱの形が紅葉に似ているというところからきています。

モミジアオイの花言葉は「温和」「穏やかさ」です。センセーショナルな赤い色の大きな花でありながら、上品で気品が漂う、その優しいたたずまいを表した花言葉と言えるでしょう。

2:オレンジ

ハイビスカスというと、南国の太陽や情熱を思わせる真っ赤な花弁の物が思い浮かびますが、かわいいオレンジ色のハイビスカスもあります。

オレンジハイビスカスの花言葉は「繊細な美」です。暑い日差しの中で元気に咲いているイメージですが、実はハイビスカスは熱帯ではなく亜熱帯に適応した植物で、気温が高すぎると花が咲かなくなります。花も一日でしぼんでしまう命の短い花なので「繊細な美」はその特徴をよく表しています。

葵の花言葉7つ

それでは、葵の中でも代表的な品種「タチアオイ」の花言葉をご紹介していきます。「タチアオイ」はさまざまな意味の花言葉を持っていますが、その中でも7つをピックアップして紹介します。

どれも印象的な花言葉ばかりですので、実際に咲いている葵の花を頭に思い浮かべながら、それぞれの花言葉をイメージしてみましょう。
関連
葵の花言葉7個・怖い花言葉|特徴/原産地・名前としての葵
クレマチスの花言葉4つ・クレマチスの人気の種類/品種 - ガーデニングの情報ならCutee

花言葉1:大望

「大望(たいぼう・たいもう)」とは、読んで字のごとく、大きな望みという意味です。「少年よ大志を抱け」と訳されるクラークの有名な言葉「Boys be ambitious」の「ambitious」すなわち「大志」と言い換えても良いでしょう。

いつかたくさんの大きな花を咲かせることを目指して、まだ見果てぬ夢や、大きな目標に向かって努力し、邁進していくことを強く連想させる言葉です。

由来

タチアオイは、真っすぐに伸びた茎に多くのつぼみを付け、夏の暑い盛りに見事な花をたくさん咲かせます。そのようすは、目標に向かって脇目も振らず一心に努力し、ついには大きな夢を果たした成功者の姿を思わせます。

「大望」は、まさに「タチアオイ」にふさわしい花言葉と言えるでしょう。

花言葉2:野心

「野心」も「大望」と同じような「大きな望み」という意味ですが、「大望」より、もっと内に秘めた「野望」や「まだ自分の実力に見合わない不釣り合いな望み」といった、あまりよくない意味で用いられることもある言葉です。

「野心」で表される望みには、権力やお金、高い地位など、即物的、現実的なものを、力ずくでも奪い取ってやろうという感情が込められていることが多いです。

由来

「野心」は「大望」から派生して生まれた花言葉と言ってよいでしょう。「大望」は「大志」という言葉に似ていると述べましたが、「大志」はとても希望にあふれた素晴らしい言葉の反面、どこか若さゆえの未熟さ、青さといった弱い面も感じさせます。

「野心」は「大望」にはない、強烈なパワーやエネルギーを想起させる言葉です。それは夏の盛りに、暑さを跳ね返す勢いで咲き誇る「タチアオイ」の一面を表していると言えるでしょう。

花言葉3:豊かな実り

植物がきれいな花を咲かせ、たわわに実を結ぶ「豊かな実り」も「タチアオイ」の花言葉です。植物の話だけではなくわたしたち人間も、努力の先になにか成果を上げることができれば、それはその人にとっての「豊かな実り」ということになるでしょう。

「大望」や「野心」、そしてその先にある「豊かな実り」という言葉のつながりは、一つのストーリーを表した花言葉たちであるともいえるでしょう。

由来

「タチアオイ」は梅雨の時期から美しい花を咲かせ、私たちの目を楽しませてくれます。見事に咲き誇る花のようすは、まさに「豊かな実り」と言うにふさわしいです。

夏の終わりとともに、いったん花としての生命を終えますが、多年草であるタチアオイが秋、冬、そして春の間に自然のエネルギーをしっかり蓄え、また翌年同じように実りの象徴である花をつける姿に、「豊穣」への願いが込められています。

花言葉4:気高く威厳に満ちた美

「気高い」とは「気品のあること」、「威厳」とは「堂々としていて厳かなこと」で、わたしたち生きるうえで、忘れてはいけない人としての「矜持」や「プライド」、そして目指すべき美しい生き方についても考えさせられる花言葉です。

しかし、そうありたいと願っていても、なかなか思うようにできないのが人間です。「タチアオイ」の姿から、私たちはいったい何を感じ、自らの戒めとするべきなのでしょうか。

由来

「気高く威厳に満ちた美」とは夏の暑い盛りに、凛とした美しい花を咲かせることで、花としての生命を精一杯表現している「タチアオイ」を見事に表した花言葉です。それは、どんな苦境にあってもくじけることなく、自らの役割を果たそうとする強い心を、「タチアオイ」の姿に見出した物です。

「タチアオイ」の花を見ることで、わたしたちは「気高く威厳に満ちた美」という花言葉を思い、自らの生き方を省みることができます。

花言葉5:高貴

「高貴」も「気高い」と同様に、「気品のある」ようすを表した言葉です。「貴」という漢字が使われていますので、「貴さ」のある「気品」ということだけでなく、「高貴」には「貴重で大切」なもの「価値のあるもの」といった意味合いも含まれています。

美しい花でわたしたちの心を癒してくれる花は、わたしたちにとって言うまでもなく価値ある存在ですが、その「価値」の本質はどこにあるのでしょうか。

由来

美しく可憐に咲く「タチアオイ」は、それだけで「高貴」の花言葉がふさわしい花です。他の花言葉である「大望」や「豊かな実り」で表される、「夢」や「希望」そして「豊穣」に至る向上心というのは、わたしたちがより良く生きるうえで大切にしていくべき価値観でもあります。

花言葉の「高貴」は、「タチアオイ」の花に、ただの美しさを見出しただけでなく、私たちが生きるうえでの大切な価値観を内包させています。

花言葉6:神聖

「神聖」も「貴く」「清らかな」ようすを表した「高貴」と似た意味の言葉ですが、「神」という漢字が含まれていますので、宗教的な意味が含まれています。もちろん「タチアオイ」の花の美しさから「神々しい」「穢れのない」美しさを人々が見出したとしても不思議ではありません。

しかしあえて「神聖」という宗教的な響きを持った言葉が花言葉となったのには、どんな理由があるのでしょうか。

由来

「タチアオイ」は、中世のヨーロッパにおいて十字軍がシリアから持ち帰ってヨーロッパに広まったのが始まりで、その際にキリスト教の聖地エルサレムの聖なる花とされたと言われています。「神聖」という花言葉は、この故事にちなんでいるという説があります。

正確な由来は、もう歴史の彼方にありわからないのですが、「タチアオイ」の美しさの中に、人々が人智の及ばない神々しさを見出したのだとしても不思議ではありません。

花言葉7:温和、優しさ

最後の花言葉は「温和、優しさ」です。先に紹介した「紅葉葵(モミジアオイ)」の花言葉「温和、穏やかさ」とほぼ同じ意味の花言葉です。さまざまな花言葉を紹介してきましたが、花という存在にわたしたちが見出す美しさは、「温和」「優しさ」ということにつきます。

わたしたちが生きるうえでも忘れてはいけない、他者への優しさということを「タチアオイ」は、花言葉を持って教えてくれます。

由来

わたしたちは花を愛で、観賞した時に何を思うでしょうか。生命の力強さ、怜悧な美しさなどさまざまな感情を抱きます。しかし、一番は何も言わず健気に、そしてあでやかに咲く花に「温かさ」や「優しさ」を感じるでしょう。

「タチアオイ」の花も、間違いなくわたしたちに「温和」「優しさ」を感じさせてくれる花の一つです。そして感じさせてくれるだけでなく、わたしたち自身の心も優しさで満たしてくれます。

葵の怖い花言葉

一般的な葵の花を指すアオイ科アオイ属の遠い親戚にあたるハンニチバナ科に「午時葵(ゴジアオイ)」という花があり、恐ろしいことに「わたしは明日死ぬだろう」という花言葉が付けられています。

ゴジアオイの午時とは太陽がちょうど南に来る正午のことで、この正午ごろのごく短い間だけ花を咲かせる命の短い花のためこの花言葉がつけられました。日本ではあまり栽培されていませんが病人のお見舞いには最も不向きな花です。

もっと花言葉を知りたいあなたへ

新装版 誕生花と幸せの花言葉366日

口コミ
分かり易く書かれています。 早言葉、お誕生日花、お誕生日の持つ性格と内容も充実しています。
一年366日(うるう日含む)分の、生まれ日にちなんだ「誕生花」とその花の花言葉を解説した一冊です。読むだけで幸せな気持ちになれる花言葉の説明だけでなく、その日に生まれた人の性格についても詳しく紹介しています。大切な人へのお誕生日のプレゼントにもピッタリの一冊です。

名前としての葵

「葵」や「あおい」という言葉は、きれいな花のイメージや、「あおい」というやさしい響きの語感から、女性の名前にもよく用いられます。それでは「葵」という言葉がどのように名前に使われているのか見ていきましょう。

由来

赤ちゃんの名付けは、ご両親ととってはまさに一大事です。すこやかに、そして立派に育ってほしいという強い願いを込めて皆さん名前を考えます。姓名判断の画数を調べたりだけではなく語感や漢字の意味、そして花を表す漢字の場合はその花言葉も参考になります。

花そのものの美しさと優雅さを表した「葵」という言葉は、花言葉のどれをとっても素敵なものばかりで、まさに名前の候補としてふさわしいです。

意味

「葵」という漢字だけを見れば、もちろん葵の花を表しているだけですが、葵の花には素敵な花言葉がたくさんあります。名付けに「葵」を使った方の中には、花言葉を参考にされた方も多くいらっしゃいます。

「大望」で大きな夢を持ち、「豊かな実り」で不自由ない生活を送り、「高貴」で凛とした性格に、そして「温和、優しさ」で人間味あふれる人に育ってほしい、といった意味を込めた愛情あふれる名付けがされています。

女の子

「葵」や「あおい」は女の子の名付けとしてとてもが高いです。さまざまな企業がその年ごとの新生児の名付けでのある名前を独自に調査して発表していますが、「葵」や「あおい」はここ数年、女の子の名付けでもがあります。
「葵」の持つ花としての美しいイメージと優しい語感、そして花言葉の良い意味もあってのの名前になっています。

男の子

男の子の名付けには「あおい」というひらがなではあまり用いられませんが、花言葉の「大望」や「高貴」など女の子だけではなく男の子にも共通する願いが含まれるので、漢字の「葵」は男の子の名付けに用いられることもあります。

「葵」という漢字で、そのまま「あおい」や人名読みで「まもる」と読ませる名付けもあります。また「葵」は音読みで「キ」と読むのでこの読みを使って男の子の名付けに使われることもあります。

葵のプレゼントをしよう

「葵」の花言葉は、どれも素敵な意味を持つものばかりでした。お誕生日やや記念日の贈り物として花束は定番ですが、大切な人への贈り物として「葵」の花束をプレゼントしてみてはいかがでしょうか。

その際には、さりげなく花言葉を書いたメッセージカードなどを添えれば、よりあなたの気持ちが相手に伝わることでしょう。「葵」の花をぜひプレゼントに活用してみてください。

他の素敵な花言葉もチェックしよう

今回は「葵」の花言葉について紹介してきましたが、他にも素敵な花言葉を持つ花々はたくさんあります。以下の記事の「月下美人」も「葵」と同様にいろいろな花言葉をもっていますし、逆に花言葉の面からいうと「希望」という花言葉を持つ花もたくさんあります。

さまざまな花言葉を知っていると、ちょっとした話のきっかけづくりや、プレゼントに役立ったりします。ぜひ以下の記事も参考にしてください。
関連
葵の花言葉7個・怖い花言葉|特徴/原産地・名前としての葵
月下美人の花言葉・由来|英語表現・花言葉が怖いと言われる理由-自分磨きならuranaru
関連
葵の花言葉7個・怖い花言葉|特徴/原産地・名前としての葵
希望の花言葉をもつ花|すずらん/アネモネなど-自分磨きならuranaru
初回公開日:2018年11月29日

記載されている内容は2018年11月29日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

RELATED