2019年02月13日

大学デビュー成功のために知っておきたい成功例と失敗例31個

「大学生デビュー」はイメチェンには絶好のチャンスですが、やりすぎにはご用心。思わぬところですべったり周りから浮いてしまい、評判を落としてしまうこともあるので注意が必要です。ここでは大学生デビューに備えて知っておきたい成功例と失敗例を紹介しましょう。

大学デビュー成功のために知っておきたい成功例と失敗例31個

大学デビューとは

「大学生デビュー」とは、高校時代までいまひとつパッとしなかった自分を脱ぎ捨て、大学進学を機にキャンパスライフを満喫するため、髪型やファッション、化粧や言葉遣いなどを変えることでイメージチェンジを図ることを言います。

大学デビューでの成功例と失敗例31個

しかし、それまであまりファッションや化粧に気を使わなかったり、周囲との人間関係を気にしてこなかった人がいきなりイメチェンしようとしても、なかなか上手くいかないこともあります。

成功例と失敗例を見て、あらかじめ大学生デビューで気をつけたいことを知っておけば、とんだ失敗をすることもなくなります。

成功例

まずは成功例を見てみましょう。とは言っても、なにか特別のことをする必要があるわけではありません。

ファッションや身だしなみ、生活習慣など、ついついずぼらになりがちなことに気をつければ、普通に実現できてしまうようなことばかりです。肩肘張らず、自然な気持ちで自分を見直してみるのが大学デビュー成功の秘訣と言えるでしょう。

成功例1:眼鏡からコンタクトにする

眼鏡って野暮ったくてちょっとオタクっぽく見えてしまいますよね?実は眼鏡を止めてコンタクトレンズに替えるだけで、印象はがらっと変わります。

眼鏡を止めてかわいくなったとか、大人っぽくなったと言われたというケースも多いです。ただ、なんとなくコンタクトレンズに躊躇している人もいるでしょう。まずは眼鏡店に行って相談してみてください。

成功例2:メイクを始める

それまでメイクにあまり興味がなかったという人も、大学デビューしたらメイクに気を使ってみましょう。すっぴんからがらっとイメージを変えることができます。

メイクを始めたことで大人っぽくなったとかかわいくなったと言われて彼氏ができたという人も多いです。ただし、あくまで自然な範囲でのメイクを心がけましょう。似合わないメイクはかえって評価を落とします。

成功例3:ファッションに目覚める

高校までは制服で済ませることができますが、大学デビューとなるとそうはいきません。ファッションに気をつかい、身だしなみには注意しましょう。

ファッション雑誌やネットのファッション系サイトをチェックし、常にトレンドを知っておくことも大切です。TPOに合わせてファッションを変えられれば、あなたを見る周囲の評価もぐっと上がること間違いなしです。

成功例4:髪型を変える

もちろん、ファッションを気にするなら髪型にも気を使うのは大切です。髪型を変えるだけで印象をがらっと変えることができるだけじゃなく、気持ちも大きく変化します。

ロングだった髪をカットしてショートスタイルにしただけで、性格まで明るくなった、なんて声もあります。もちろん、ヘアスタイルのトレンドにも気をつけて自分に似合う髪型を選びましょう。

成功例5:髪を染める

髪を染めてみるのも、大学デビューでイメチェンするのには良い作戦です。黒髪ってちょっと重たい感じがするし、明るく茶髪にするとがらっと雰囲気変わります。

周囲のあなたへの見方が変われば、あなた自身の気分もがらっと軽くなるはずです。雰囲気がかわったといわれて人気者になれた、というような意見もあります。気軽にチャレンジしてみましょう。

成功例6:痩せる

なんとなく、ダイエットを始めても長続きしない人も多いはずです。そんなあなたにとっても「大学デビュー」は最高のチャンスになります。

心機一転、ダイエットにチャレンジすれば、成功確立もぐっとアップします。痩せてかわいくなったよ、と言われることも多いはずです。ジムやフィットネスを始めるのもアリです。身体がシェイプアップすれば、鬼門も軽くなりますよ。

成功例7:サークルを楽しむ

ファッションに気を使い、ダイエットを成功させるだけでは、「大学デビュー」に成功することにはなりません。一番大切なのは、やはり人とのコミュニケーションですので、好きなサークル活動に参加し、思いっきり楽しみましょう。

サークルに参加することで人脈だって作れちゃいます。大手企業に就職した先輩とコネができれば、キャンパスライフだけでなく、就職も有利になるでしょう。

成功例8:彼氏、彼女を作る

サークルは出会いの場になるので、中には特別気になる人があなたの前に現れることもあるでしょう。意中の人が彼氏・彼女になれば、あなたの「大学デビュー」に華をそえてくれます。

気になる人には積極的にアプローチしましょう。最初からガッツいたりせず、まずは友達感覚で付き合うことから始めましょう。相手のグチや悩みの聞き手になれれば二人の距離も断然近くなります。

成功例9:気の合う友だちを作る

恋人探しも大切ですが、気の合う友達を作ることも大切です。まわりに友達が多いということは、それだけその人が人気者であるという証拠です。

「大学デビュー」の成功の鍵は、どれだけあなたが人気者になれるかにかかっています。サークルやバイトで気の合う仲間を見つけ、友情を深めてみましょう。友達に囲まれたあなたはきっと輝いて見えるでしょう。

成功例10:一人暮らしを満喫する

「大学デビュー」したら思い切って一人暮らしを始めるのも一つの手です。家族と同居だと、親兄弟に気兼ねして、心の底からキャンパスライフを楽しめないってこともありがちです。

一人暮らしが不安だと思われる方も多いでしょうが、最近は独身学生向けにセキュリティの充実したマンションも多いですし、防犯グッズも充実しており、注意する点をしっかり押さえておけば、一人暮らしは怖くありません。

男子の失敗例

「大学デビュー」の成功例を見れば、どれもごく常識的なことであるとわかります。でも、それがわかってるはずなのに、失敗してしまうこともあります。

だいたいは、ちょっと思い込みが過ぎたり、勘違いしてしまうところから失敗してしまいます。次は男子と女子にわけて「大学デビュー」にありがちな失敗例を見ていきましょう。まずは男子の失敗例からです。

失敗例1:とりあえず金髪にする

「髪を染める」のはイメチェンに有効ですが、だからと言っていきなり金髪にすというのはNGです。入学式に金髪にして出席する男子とか、時々見かけます。

大学デビューだからと張り切り過ぎてしまうのでしょうが、いきなり金髪というのは、よほどセンスのある人でなければ、たいてい目立ちすぎて周囲から浮いてしまうだけです。

失敗例2:洋服を着こなしていない

これも、「大学デビュー」の成功例を勘違いしてしまったケースです。ファッションは重要なポイントですが、いきなり海外の高いブランド物なんかを買い込んでしまっても、着こなせなければかえってダサく見えてしまいます。

あくまでファッションは自然に着こなすことが基本です。身の丈にあうものを自然に着こなす方が、下手にブランド物を身につけるよりもずっと格好良く見えます。

失敗例3:似合っていない眼鏡をつける

最近はいろいろなデザインのフレームの眼鏡もあるので、無理にコンタクトレンズに変えなくても眼鏡を変えて「大学レビュー」を狙う男子も増えてます。

しかし、中には全然似合ってない眼鏡をかけてかえって周囲から浮いてしまってるケースもあります。「大学デビュー」を成功させる秘訣=目立つことではありません。人目を引こうと奇抜な格好するのは逆効果になる場合もあります。

失敗例4:無理に派手なグループに入る

自分の地味なイメージを変えようと、無理に派手なグループに加わろうとするのも逆効果です。オタクっぽい男子学生にはそんなタイプが特に目立ちます。

かえって「大学デビューに必死」というイメージで見られてしまい、ますます孤立する原因になってしまいます。無理に背伸びしないで、自分の馴染みやすいグループに参加することを心がけるのがベストです。

失敗例5:タバコを吸い始める

「大学デビュー」に必死になってる男子学生が特にやってしまいがちなのがタバコです。タバコを吸って大人っぽさを演じるのは、今の時代では逆効果になることの方が多くなります。

似合わないタバコでイメージ下げるだけでなく、健康にも悪いので、いいことはありません。タバコは止めておきましょう。

失敗例6:自分の武勇伝を語りたがる

これも男子学生に起こりがちです。中学高校の頃の“ワルさ”自慢で周囲の目を引こうとするのは、周りから見れば単なる「イタい奴」になってしまいます。

特にSNSへの投稿は要注意しましょう。高校時代の飲酒喫煙の経験をSNSで自慢したら、その内容が大学に通報され、退学に追い込まれたというケースもあります。大学デビューどころじゃなくなりますので、用心をしてください。

失敗例7:飲み会でとにかく騒ぐ

大学に入ると、とにかく飲み会に参加する機会が増えます。それで多いのが、やたら張り切って周囲のことも考えずに大騒ぎしてしまうタイプです。これも男子学生に多いです。

酒の勢いもあって、つい張り切り過ぎるのはわかりますが、度を越してはしゃいでも周囲に迷惑をかけるだけです。翌日になって「なんであんなことを」と落ち込むことになります。そんなことをしても大学デビューの成功には繋がりませんので注意しましょう。

失敗例8:飲み会で張り切りすぎて潰れる

これも飲み会で注意したいことです。自分の酒量の限界もわきまえず、イッキ飲みを繰り返して潰れたりするのは最悪です。泥酔したあなたを介抱しなければならない周囲にも迷惑かけますし、最悪の場合急性アルコール中毒で救急車を呼ぶ羽目になることもあります。

下手をすれば「大学デビュー」どころでない危険な事態もありえます。飲み会の席では飲み過ぎになりがちですが、潰れるまで飲まないよう、十分気をつけましょう。

失敗例9:女子に前のめりで逆に引かれる

彼女を作ろうと、やたら積極的にアプローチしたり、女子をナンパしまくるような男子学生がいます。せっかくのキャンパスライフで彼女を作りたいって気持ちはわかりますが、周囲は引いてしまいます。

女子に前のめりになりすぎるほど、噂になって周囲からイタい目でみられてしまいます。「大学デビュー」の成功には、そういう行動は百害あって一利なしです。

失敗例10:趣味に没頭し近づきがたい

男子学生にありがちな「オタクなオーラ」を発している人がいます。「大学デビュー」は自分の人生を変える大切なチャンスですが、以前と変わらない趣味に没頭しすぎては、周囲との関係も上手く行かなくなります。

完全に「オタク」のオーラを発していると、近づきがたい雰囲気だと思われてしまいます。「大学デビュー」成功に必要なのは、広い人脈です。自分の趣味のことばかり気にせず、周囲の友人との関係にも気を配りましょう。

失敗例11:サボることがかっこいいと勘違い

これまた男子学生に多いパターンですが、誰かに代返頼んで講義をサボったことを後で自慢げに話してる人がいます。

本人は「学校のいいなりにならない自分がカッコイイ」とおもってるのでしょうが、それははっきり言ってそれは中学生レベルの発想です。結局、そんなことを繰り返して単位が取れずに泣くのは自分です。それでは「大学デビュー」は成功するはずもありません。

女子の失敗例

ここまでは特に男子学生にありがりな失敗パターンを紹介しましたが、女子にもついついやってしまいがちな「大学デビュー」の失敗パターンも当然あります。

「人のふり見てわがふりなおせ」ともいいますが、自分がここに紹介する失敗例にあてはまってはいないか、一度きちんと考えてみることをおすすめします。「当てはまってる」と思いあたることがあったら要注意です。

失敗例1:派手なメイクをする

「成功例2」でメイクの重要性について説明しましたが、逆にやりすぎて派手なメイクにしてしまうのは禁物です。過剰なメイクは「遊んでる」と思われがちです。

場合によっては「水商売してる」と勘違いされる元になってしまいます。メイクのせいで周りにドン引きされては「大学デビュー」を成功させることはできません。あくまで自然で自分に似合うメイクを心がけましょう。

失敗例2:流行の洋服を着こなせていない

「成功例3」ではファッションの重要性を説明しましたが、流行を追いかけるだけではダメです。流行りものでも自分には似合わないものや、意外に着こなしが難しいものもあります。

せっかく最新流行のファッションで決めても、それを着こなせていないとかえってダサく見えてしまい、「大学デビュー」の成功から遠ざかってしまいます。

失敗例3:とりあえずブランドものをもつ

ブランド品を身につければいいというものでもありません。身の丈に合わない有名所の高価なブランド品で身を固めても、品位を欠いて見栄っ張りに見えてしまうこともあります。

ブランドのネームバリュー自体は「大学デビュー」成功には、なんのアドバンテージにならないことを理解しておく必要があるでしょう。

失敗例4:一人暮らしを始めて太ってしまう

「成功例10」では、一人暮らしも「大学デビュー」成功の重要なポイントと紹介しましたが、落とし穴があることにも注意しましょう。特に食生活は注意が必要です。

ついつい誰もいないからと言って食べ過ぎたり、間食が多めになってしまいがちです。結果としてダイエットが必要な程太ってしまえば、「大学デビュー」の成功どころではありません。一人暮らしでも気を抜かず、規則正しい生活を送りましょう。

失敗例5:無理に派手なグループに入る

男子学生の失敗例として「無理に派手なグループに入る」というパターンを紹介していますが、これは女子の場合も同様です。地味な自分を変えたいとおもって無理に派手な人たちのグループに参加しても、あなた自身が派手になれなければ、かえって孤立を招いてしまいます。

「大学デビュー」成功の鍵は、自分の身の丈を知って、自分にあったグループに参加することです。

失敗例6:地味すぎるグループに入る

派手なグループがあれば、そうでない地味な人たちが寄り集まってできるグループも当然あります。派手なグループを避けて地味なグループに逃げ込んでいても、あなたの「陰キャラ」イメージは払拭できません。

ますます派手な人たちとの差がついてしまいます。「大学デビュー」の成功を狙いたければ、人間関係には注意が必要です。

失敗例7:急いで彼氏を作り遊ばれてしまう

大学以前に恋愛経験がない人が、「大学デビュー」を機に恋人をつくろうと焦ってしまうことが良くありますが、これは危険です。特に年上の男子学生には遊びなれている人も多く、恋愛経験の少ない女子を上手く釣り上げるテクニックを知っていたりします。

自分は本気で相手を好きになったつもりでも、結局後になって遊びだったことがわかってしまうと、大きなショックを受けることになります。恋愛に焦りは禁物です。

失敗例8:連絡先を交換しすぎ軽く思われる

確かに「大学デビュー」成功の鍵は人脈を作ることにありますが、かと言って、誰で彼でも電話番号やメールアドレスを交換してまわるのは良くありません。他人から軽く見られる原因になってしまいます。

また、迂闊に自分の連絡先を教えてしまうと、後々それが悪用されることもあるので注意が必要です。自分の個人情報の扱いには十分注意しましょう。

失敗例9:男子に媚びて女子から嫌われる

彼氏を作りたいからと言って男子に媚びるようなことはしないようにしましょう。あまり男子学生に媚を売るようなことをしていると、周囲の女子から冷めた目で見られ、孤立の原因になります。

そうなるともう「大学デビュー」成功どころの話ではなくなってしまいます。あなたに魅力的と思える立ち回りができていれば、あなたの魅力に惹かれた男子が必ず現れるはずです。自分から媚を売って回る必要はありません。

失敗例10:初めに女子グループに入れない

女子の場合、最初にグループができてしまうと、そのまま人間関係が固定しやすい傾向にあります。どのグループに入ろうか迷っているうちに時間が経ってしまうと、ますますグループに入ることが困難になるでしょう。

「大学デビュー」の成功を狙うなら、最初からどのグループに参加するか見定め、積極的にそのグループのメンバーとコミュニケーションを取っていきましょう。

大学デビューの成功におすすめのサービス

大学デビューで成功するには、メイクが大切です。そしてメイクをするならスキンケアの気配りも忘れないようにしましょう。そんなあなたにおすすめしたいのは、「ETVOS(エトヴォス)」のモイスチャライジングセラムです。

人型セラミド配合であなたのお肌をレスキュー、内側からうるおい満ちるみずみずしい素肌を実現します。

大学デビューを成功させるポイント

大学デビュー成功のために知っておきたいポイントを成功例と失敗例に分けて説明しましたが、一言でそのポイントをまとめるなら、「自分らしく自然に振る舞う」ことが一番大切ということになります。

飾りすぎず、自分の個性をさり気なく見せ、自然にあなたの魅力が周囲に伝わるようになれば、大学デビューは成功したも同然です。

髪型

大学生になっても高校時代と同じ髪型では、どうしても幼く見られがちです。思い切って髪型を変えてみましょう。ロングだった人は大胆にショートにするのもイメージチェンジには有効です。ただし奇抜な髪型にしてはいけません。

清潔感を大切にするのが「大学デビュー」成功のための秘訣です。どんな髪型が自分に似合っているか、お母さんや友だちに相談してみるのもいいでしょう。

服装

流行ファッションのチェックは欠かさないようにしましょう。高いブランド物を身につければいいというものではありません。自分に似合うファッションを心がけるのが「大学デビュー」成功につながる秘訣です。

お店の人に見立ててもらい、自分らしさを自然にアピールできるファッションを身につけましょう。

会話

他人の悪口は絶対禁句です。友達同士の内緒話のつもりでも、いつのまにか自分が悪口を言ったことが相手に伝わってしまうこともあります。話題作りのための情報収集も欠かさずにしましょう。

目上の人への言葉遣いも気をつけましょう。あなたの普段の言葉遣いが「大学デビュー」成功の鍵になってることを常に意識することが大切です。

楽しいキャンパスライフを送ろう

なによりも一番大切なことは、あなた自身がキャンパスライフを満喫することです。散々、「大学デビュー」に必要なことを説明しましたが、それで気後れして何もできない陰キャになっては元も子もありません。

なによりまず、楽しいことを見つけ、気の合う友だちを見つけ、キャンパスライフを楽しみましょう。

服装を間違えないようにしよう

大学はパブリックスペースです。遊びに行くときと同じ格好・服装では目立つだけで、周囲から軽く見られてしまいます。「大学デビュー」成功には、TPOに合わせてファッションを選ぶことも大切です。

イベントやバイトを利用しよう

キャンパスの中だけでは、なかなか人間関係が広がりません。また、大学に通っているだけでは、経験値不足に陥りがちです。積極的にイベントやバイトを利用し、いろいろな場所でいろいろな人と関わり合いを持ちましょう。

経験が、大学での人間関係の構築に役立ち、「大学デビュー」成功のためのステップアップになることでしょう。

RELATED
イカの足の数は10本ではない?|イカの生態や特徴4つ
雑学
2019年02月13日

イカの足の数は10本ではない?|イカの生態や特徴4つ

イカの数え方やその理由について|いろんな生き物の数え方4つ
雑学
2019年02月13日

イカの数え方やその理由について|いろんな生き物の数え方4つ

魚の痛覚のメカニズム|痛みを感じさせない3つの「活け〆」
雑学
2019年06月06日

魚の痛覚のメカニズム|痛みを感じさせない3つの「活け〆」

81歳女性のアプリ「hinadan」が注目される7つの理由
雑学
2019年02月13日

81歳女性のアプリ「hinadan」が注目される7つの理由

ニンニクの臭いを消す7つの方法|ニンニク臭いのはダメ!
雑学
2019年02月13日

ニンニクの臭いを消す7つの方法|ニンニク臭いのはダメ!

名言に見る前向きな言葉8選|前向きな言葉を使うメリットは?
雑学
2019年02月13日

名言に見る前向きな言葉8選|前向きな言葉を使うメリットは?

ピンク色の物8選|女性を幸せにするピンクの魔法にかかろう!
雑学
2019年02月13日

ピンク色の物8選|女性を幸せにするピンクの魔法にかかろう!

ゼラニウムの花言葉4つ・色別花言葉|和名/開花時期/誕生花
雑学
2019年02月14日

ゼラニウムの花言葉4つ・色別花言葉|和名/開花時期/誕生花

UFOキャッチャーのコツ16選|UFOキャッチャー損しない?
雑学
2019年02月13日

UFOキャッチャーのコツ16選|UFOキャッチャー損しない?

11月11日の記念日15選|11月11日の花言葉や誕生日占い
雑学
2019年02月13日

11月11日の記念日15選|11月11日の花言葉や誕生日占い

葵の花言葉7個・怖い花言葉|特徴/原産地・名前としての葵
雑学
2019年02月13日

葵の花言葉7個・怖い花言葉|特徴/原産地・名前としての葵

はちみつに賞味期限はあるのか|劣化を防ぐ保存のコツ4つ
雑学
2019年02月13日

はちみつに賞味期限はあるのか|劣化を防ぐ保存のコツ4つ

キャベツの洗い方4つを紹介|そもそも洗う必要があるのか
雑学
2019年02月13日

キャベツの洗い方4つを紹介|そもそも洗う必要があるのか

焼き鳥の種類16選|焼き鳥の魅力とおいしく食べるコツ
雑学
2019年02月14日

焼き鳥の種類16選|焼き鳥の魅力とおいしく食べるコツ

ケーキの種類別賞味期限6つ|日持ちする期間をご紹介
雑学
2019年02月14日

ケーキの種類別賞味期限6つ|日持ちする期間をご紹介

アイスは賞味期限がない?おいしく食べる保存方法3つ
雑学
2019年02月14日

アイスは賞味期限がない?おいしく食べる保存方法3つ

世界中で発見された現存の聖遺物10選と伝説/国内の聖遺物
雑学
2019年02月13日

世界中で発見された現存の聖遺物10選と伝説/国内の聖遺物

スーパーのうずらの卵を孵化させよう!|孵化させるポイント5つ
雑学
2019年02月14日

スーパーのうずらの卵を孵化させよう!|孵化させるポイント5つ

チョコレートの賞味期限は?|賞味期限を過ぎても食べられる?!
雑学
2019年02月14日

チョコレートの賞味期限は?|賞味期限を過ぎても食べられる?!

「金一封」の一般的な金額相場とは|おすすめの封筒と書き方
雑学
2019年02月13日

「金一封」の一般的な金額相場とは|おすすめの封筒と書き方