Search

検索したいワードを入力してください

2019年02月13日

バラの本数が意味する花言葉の違い37こ|色による違い13こ

バラは本数と色でたくさんの花言葉があります。バラをプレゼントするときに役に立つ、バラの本数が意味する花言葉37こや色によるバラの花言葉の違い13こなどをご紹介しますので、参考にして愛の告白やプロポーズのときにふさわしい花言葉のバラをプレゼントしてください。

バラの本数が意味する花言葉の違い37こ|色による違い13こ

バラの花言葉の読み解き方

バラの本数が意味する花言葉の違い37こ|色による違い13こ

花言葉は花に意味をもたせるために19世紀の西欧で生まれました。日本には明治初期に伝わり、日本独自の花言葉が生まれるなどして独自の発展を遂げて来ました。

花言葉は一種類の花につき一つが基本ですが、一つの種類でも花の色によって花言葉が違う場合もあります。バラの花も色により花言葉が違い、さらにバラの本数によっても花言葉が違っています。

読み解き方1:色

バラは色によって花言葉が変わります。バラ花には約1000種類の色があり、赤色、黄色、白色などの代表的なものから、紅色、黒褐色、ゴールドなどの深みのある色までたくさんの色で目を楽しませてくれます。

バラの花言葉は赤系や白系など色の系列によって違っていて、プレゼントとして使用するときに、ギフトカードに花言葉を添えると、もらった人を楽しませることができます。

読み解き方2:本数

バラは本数によっても花言葉が変わります。本数で花言葉が変わる花は他にもあり、ひまわりやチューリップなどもバラほどたくさんはありませんが、本数による花言葉が決められています。

バラの本数による花言葉は、他の花に比べるとたくさんあります。バラは華やかで美しく目立つ花なので人気があり、花言葉もたくさん考えられました。

バラの本数が意味する花言葉37こ

バラの本数が意味する花言葉の違い37こ|色による違い13こ

バラの本数が意味する花言葉は全部で37こあります。1本から1001本までバラエティにとんだバラの花言葉をご紹介しますので、ぜひ覚えてプレゼントのときに、一言添えてみてはいかがでしょうか。

おしゃれな花言葉といっしょに、おしゃれで美しいバラの花束を贈って、もらった人の印象に残るワンランク上のプレゼントを目指しましょう。

意味1:1本

バラの本数が意味する花言葉の違い37こ|色による違い13こ

バラ1本の花言葉は「一目惚れしてあなたしか見えない」です。1本ですっと咲くバラの花のイメージから、ストイックに一目惚れをした人しか目にはいらないという花言葉になりました。

片思いをしている相手に、花言葉を告げずにさりげなく贈って、自分の気持ちに気がついてくれるのを待ちましょう。バラに託したあなたのメッセージが伝わって、相手の気持ちもあなたに向きます。

意味2:2本

バラの本数が意味する花言葉の違い37こ|色による違い13こ

バラ2本の花言葉は「この世界に2人だけ」です。2本のバラが美しく、気高く咲く様子を恋人同士が寄り添って立つ姿になぞらえて、この花言葉が生まれました。

付き合っている相手や、奥さんや旦那さんに日頃の愛情を伝えるつもりで、2本のバラを贈りましょう。バラを渡すときに「この世界に2人だけになっても離れないでいましょう」などと伝えれば、バラの美しさに気持ちも高まり、愛がよりいっそう深まります。

意味3:3本

バラ3本の花言葉は「愛しています、告白」です。バラ2本によって育まれた「2人だけの世界」が、もう1本増えることで愛に変わります。

3本の花言葉は愛を相手に伝えるために一番大事な言葉で、3本のバラをプレゼントするときは、ぜひ「愛しています、告白」の花言葉を添えて渡してください。

あなたの本当の愛を伝えるために、3本のバラの力を借りて、最高の告白をしましょう。相手にもそのパワーが伝わりいい結果になります。

意味4:4本

バラ4本の花言葉は「死ぬときまで変わらない愛の気持ち」です。死ぬときまでということは、一人の人と一生添い遂げるという意味になります。強い愛の気持ちと、ストイックなまでに一人だけへの愛を貫くという、強いメッセージを込めた花言葉です。

4本は日本語で表すと四なので、ごろあわせで死とも読むことができます。ちょっと怖い覚え方ですが、「四本だから死ぬときまで」と覚えておけば便利です。

意味5:5本

バラの本数が意味する花言葉の違い37こ|色による違い13こ

バラ5本の花言葉は「あなたに出会えたことが本当の幸せ」です。バラが5本になると、いよいよ花束らしくなってきます。自分が愛する人に「出会えたことだけで幸せです」と伝えるのは照れ臭いものですが、花言葉にすれば伝えやすくなります。

結婚して長くなるとプレゼントすることが少なくなってきますが、たまにはバラ5本の花束で、自分の幸せな気持ちを伝えると愛を再確認することができ、より幸せを感じられます。

意味6:6本

バラ6本の花言葉は「あなたに夢中、互いに尊敬して愛し合う」です。バラの花言葉は情熱を感じさせるような、愛に関する言葉が多いです。バラ6本の花言葉は、すでに付き合っていたり、結婚していたりする愛するもの同士が、あらためてお互いの気持ちを確かめ合う花言葉です。

6本のバラにこの言葉を添えてプレゼントすれば、相手の気持ちにあらためて気づき、愛には尊敬する心も必要なんだと気づくことができます。

意味7:7本

バラ7本の花言葉は「ひそかに愛する」です。バラ7本の花言葉は6本以下の花言葉とは違います。「ひそかに」とは「内密に」や「こっそりと」、「非公式に」などの意味があり「ひそかな愛」とは、おおやけに認められていない愛の形です。

不倫や親に認められていない愛、駆け落ちの愛などが「ひそかな愛」なので、周りに認められている愛の場合は、バラ7本をプレゼントするのは避けた方がいいです。

意味8:8本

バラ8本の花言葉は「思いやり、励ましへの感謝」です。8本のバラの花言葉は、愛の花言葉ではありません。友人や親などにも使える、感謝の花言葉です。

親は子どもを思いやりをもって育て、壁にぶつかったときには励ましてくれます。8本の花言葉は、いつもは照れくさくて感謝の言葉を言えない親に、感謝を伝えるのに最適な言葉です。ぜひ、8本のバラの花束にこの花言葉を添えて、親に感謝の気持ちを伝えましょう。

意味9:9本

バラの本数が意味する花言葉の違い37こ|色による違い13こ

バラ9本の花言葉は「いつも一緒にいたい」です。9本のバラの花言葉は、恋人や友達、親や兄弟、子どもに対してなど、いろんな人に自分の気持ちを伝えられる花言葉です。

「いつも一緒にいたい」というシンプルで強い気持ちを、9本のバラに託して相手に伝えましょう。9本になるとバラのボリュームもかなりあるので、メッセージとしても力強いものになります。

意味10:10本

バラ10本の花言葉は「あなたは可愛いくて完璧」です。バラが10本になると、ボリューム感もあり、数字的に区切りもいいので、花束としてクオリティの高いものになります。

クオリティの高いバラ10本の花束は「可愛いくて完璧」の花言葉のように、プレゼントする人の完璧さを讃えるのに最高のプレゼントになります。好きな人に告白するときにも、花言葉を教えるふりをして、相手を褒めることができるので便利です。

意味11:11本

バラの本数が意味する花言葉の違い37こ|色による違い13こ

バラ11本の花言葉は「最愛の人」です。最愛とは、一番愛していることや、もっとも深く愛していることです。11本のバラをプレゼントするときは、あげる人が自分にとって、一番大切な人と言っていることになるので、ただの友達や知り合いくらいの人にプレゼントするのは避けましょう。

バラ11本の花言葉「最愛の人」は短くてインパクトがあるので、プレゼントする相手の心を絶対に捉えたいときに11本のバラをオススメします。

意味12:12本

バラの本数が意味する花言葉の違い37こ|色による違い13こ

バラ12本の花言葉は「付き合ってください」です。12本のバラの花言葉の意味を知っている人はほとんどいないので、付き合ってもらいたいが告白する勇気がない場合などに「バラが12本買えたのでプレゼントします」などと、さりげなく本数を伝えましょう。

もらった相手が12本の言葉を気にして花言葉を調べるので、自分で言わなくても相手が付き合ってもらいたいことに気づくことがあります。

意味13:13本

バラ13本の花言葉は「永遠の友との友情」です。自分がもっとも信頼できる相手にたいして、13本のバラをプレゼントしましょう。渡すときに花言葉の意味を伝えれば、友人との絆を深め、長く付き合っていけるための絶好のプレゼントになります。

意味14:14本

バラ14本の花言葉は「プライド」です。渡す相手のプライドを認める場合に14本のバラをプレゼントしましょう。

花言葉は相手に告げても告げなくてもOKです。あなたが自分の中で相手のプライドを認めていることを、プレゼントすることで確認できればあなた自身の心の成長に繋がります。

意味15:15本

バラの本数が意味する花言葉の違い37こ|色による違い13こ

バラ15本の花言葉は「永遠の友情とごめんなさい」です。この花言葉は、相手に対して恋愛感情を持っていないことを示しています。愛ではなく永遠の友情を感じていると伝え、相手と恋人にはなれないことを告げ、ごめんなさいと謝ります。

15本のバラになるとかなり立派な花束になりますが、告げる花言葉はきつい言葉になります。この花言葉を託された相手は、15本のバラの重さと花言葉の重さが心に響き辛い心境になります。

意味16:16本

バラ16本の花言葉は「ころころと変化する不安定な愛」です。16本のバラの花言葉はあなた自身の心が定まっていない場合に相手にその心を伝える役割があります。

愛が不安定な場合は、付き合っている相手も何となく心に不安感やもどかしさを感じています。相手の気持ちを確かめ、自分の不安定さも伝えるために、花言葉を添えて16本の花束をプレゼントし、相手の気持ちと自分の気持ちをリンクさせて、愛を見つめなおしましょう。

意味17:17本

バラ17本の花言葉は「取り戻すことのできない絶望の愛」です。17本のバラの花言葉は愛の花言葉としては、最悪の状態を表現しています。この花言葉をもつバラをプレゼントしたときは、相手との別れを意味します。

自分がプレゼントされたときは、愛していたけれども、何かの事情で絶対にもとの恋人同士には戻れないという相手の悲しい気持ちが表れていると考えてください。花言葉にはこのように悪い意味を表すものもあります。

意味18:18本

バラ18本の花言葉は「誠実な心」です。18本のバラの花言葉はプレゼントする人に自分の誠実な心を示します。一切の嘘をつかず騙さず、誠実な心をもった自分で接しますという心からの花言葉です。

18本のバラをプレゼントする相手は、恋愛相手だけに限らず、誠実な心を示したい恩師や親友などでもいいです。「わたしはあなたに誠実な態度で接していますよ」と言葉で言うのは、わざとらしくなるので花言葉にのせて伝えましょう。

意味19:19本

バラ19本の花言葉は「忍耐と期待」です。19本のバラの花言葉は抽象的なものですが片思いの愛の花言葉です。プレゼントする相手を愛しているが報われない場合にこの花言葉がぴったりと当てはまります。

相手を愛していて、愛が報われるのを待っているときに、バラ19本の花束をプレゼントしましょう。花言葉をさりげなく、メッセージカードに書いて花に挟んでおけば、相手はその意味を考えてあなたの気持ちに気づいてくれます。

意味20:20本

バラ20本の花言葉は「ひとひらの愛」です。20本のバラの花言葉は趣のある素敵な花言葉です。ひとひらとは、一枚、一片という意味があり、バラのひとひらは花びら一枚を表しています。

ひとひらの愛は花びら一枚ほどのはかない愛という意味で、自分の愛がバラの一片の花びらのようにはかなく散ってしまうものだと表現しています。相手が自分に振り向いてくれない場合に自分の気持ちを込めてバラ20本をプレゼントしましょう。

意味21:21本

バラ21本の花言葉は「心から思う愛」です。21本のバラの花言葉はしっとりとして優しい愛の花言葉です。21本のバラの花束は華やかさもありますが、花言葉は相手を思う優しさに包まれた「心から思う愛」です。

21という数字は特別な感情をもつ数字です。21世紀という未来の予感のイメージがあるので、愛の未来や相手との関係の未来を感じさせます。バラ21本は心から思う愛を未来につなげるイメージを相手に持たせます。

意味22:22本

バラ22本の花言葉は「幸運を願う心」です。22本のバラは英語でいう「グッドラック」、上手くいくことを願っていますという思いを伝える花言葉です。

これから田舎から上京して都会の大学に入る人や、冒険の旅に出る人、新しいチャレンジをする人などに22本のバラをプレゼントして幸運を願いましょう。

意味23:25本

バラの本数が意味する花言葉の違い37こ|色による違い13こ

バラ25本の花言葉は「幸せを願う」です。25本のバラの花束は大きなものになり、貰った相手も見ただけで幸せな気分になります。

花言葉も「幸せを願う」なので、視覚と言葉から受ける印象で、貰った相手の幸せな気分がさらに高まります。結婚する自分の子どもや、人生に不幸が多かった人に、幸せを願ってプレゼントしましょう。

意味24:30本

バラ30本の花言葉は「信じることで縁は生まれる」です。縁は人と人の結びつきのことで、偶然なのか、最初から巡り合うのが決まっているのかはっきりと言えるものではありません。

しかし、何もしないでただ縁を待つだけでは、自分のそばにいる縁も逃げてしまいます。縁を生むのは信じる気持ちです。結婚などの良縁を見つけてもらいたい友人などに、30本のバラをプレゼントして縁を逃さないように手助けしましょう。

意味25:36本

バラの本数が意味する花言葉の違い37こ|色による違い13こ

バラ36本の花言葉は「ドラマティックな気持ち」です。ドラマティックの気持ちとは、感動的であったり、印象に強く残る気持ちのことです。36本のバラをプレゼントされたら、それだけでドラマティックな気持ちになります。

大きなバラの花束をプレゼントして、ドラマティックな気持ちを味わってもらいましょう。相手が花束に驚いたら、花言葉を教えてあげてドラマティックな気持ちを一緒に楽しみましょう。

意味26:40本

バラの本数が意味する花言葉の違い37こ|色による違い13こ

バラ40本の花言葉は「真実の愛を誓う」です。40本のバラの花言葉は深い意味を持ちます。この花束を渡すことで、相手に真実の愛を誓い、一生を添い遂げる気持ちがあることを伝えます。

もらう相手も強い意志を感じる花言葉をもつ花束を貰えば、あなたと一生を共に過ごす覚悟が生まれます。婚約者やずっと好きな人に40本のバラの花束をプレゼントして、花言葉と共に自分の気持ちを正直につたえましょう。

意味27:50本

バラの本数が意味する花言葉の違い37こ|色による違い13こ

バラ50本の花言葉は「永遠、偶然の出会い」です。50本のバラになると両手で抱えきれないような大きさになります。

プレゼントされた相手はびっくりさせて、花言葉を伝えれば、偶然の出会いから始まった二人の関係も、永遠につづく愛となり幸せを二人で感じることができます。

50は100の半分なので、二人の愛もマックスの半分まできたと思い、100を目指して二人で寄り添っていきましょう。

意味28:66本

バラの本数が意味する花言葉の違い37こ|色による違い13こ

バラ66本の花言葉は「細い水は常に流れつづける」です。細い水は勢いはないですが常に流れ続けます。太い水は勢いがあり力強く流れますが、水が減るのも早く短時間で流れなくなります。

人生や愛も細い水のように、絶えないで流れ続けていきたいという願いを込めた花言葉が66本のバラの花言葉です。

方丈記の作者である鴨長明の「ゆく河の流れは絶えずして、しかも、もとの水にあらず」の言葉と同じ意味をもつ花言葉です。

意味29:88本

バラの本数が意味する花言葉の違い37こ|色による違い13こ

バラ88本の花言葉は「フォローに気を使う」です。88という無限大を横にしてくっつけたような数字は、見ただけで不思議な感覚があります。

花言葉はフォローに気を使うなので、無限大とは関係ありませんが「88本のバラの花束です」といってプレゼントすると面白い数字と感じてくれます。

自分が支えてゆきたい家族や親友など、常にフォローしていきたい人に気持ちを込めてプレゼントしましょう。

意味30:99本

バラ99本の花言葉は「永遠に続く愛、ずっと好きだった」です。99本のバラの花束で、大台の100本まで後少しで手が届く、100本になったらさらに100本上の200本までずっと愛を続けるという意味で、永遠に次の100本を目指し愛が続きます。

死ぬまで一緒にいたい、死んでからも精神が残るなら一緒になりたいと思えるくらい愛しい人に、永遠の愛の印として、99本のバラをプレゼントしましょう。

意味31:100本

バラの本数が意味する花言葉の違い37こ|色による違い13こ

バラ100本の花言葉は「100%の愛を尽くす」です。100の数字が意味するとおり、100%全力の力と心で相手への愛を尽くすという花言葉です。

例え相手に何があろうとも、自分を犠牲にしてでも相手を守るという強い意志をもった花言葉なので、軽々しく100本のバラをプレゼントすることはできません。

自分よりも大切な人と思えるようになったときに、自分の誠心誠意を込めて100本のバラをプレゼントしましょう。

意味32:101本

バラ101本の花言葉は「精一杯の愛」です。100本のバラの花言葉は「100%の愛を尽くす」でしたが、101本のバラは100本以上の愛を尽くす花言葉をもっています。

100%は力の尽きる限りの愛ですが、101本の花言葉は「精一杯の愛」で、力が尽きても気持ちを古い上がらせて、めいいっぱいの気持ちで相手を愛するという意味です。

100本と101本は僅か1本の違いですが、花言葉の表す意味は大きく違います。

意味33:108本

バラ108本の花言葉は「結婚してください」です。仏教での煩悩は108あると言われています。108本のバラは108の煩悩(欲望)を断ち切ってあなた一人を自分のものにするという意味があります。

結婚とは一生添い遂げる相手とする儀式です。108本のバラをプレゼントするときは、相手を必ず守るという心構えが必要です。

あなたが愛するたった一人の人と結婚するために、花言葉を添えて108本のバラを贈りましょう。

意味34:144本

バラ144本の花言葉は「いつまでも変わらない愛」です。144本のバラは盛大な花束になります。それだけの大きな花束をプレゼントするのは、愛の大きさも宇宙のように大きいからです。

宇宙のように大きく、宇宙の普遍性のようにいつまでも変わらないで永遠に続く愛を144本のバラは表現しています。自分と一生を過ごす人に一生に一回でいいので、144本の大きなバラの花束をプレゼントしましょう。

意味35:365本

バラ365本の花言葉は「毎日あなたが恋しい」です。365本のバラの本数は1年の日数と同じです。

その花言葉「毎日あなたが恋しい」は365日一日も忘れることなく、あなたのことが恋しいという気持ちを表しています。

一日一本づつバラをプレゼントして、毎日ドライフラワーにし、1年間(365日)続けて大きなバラのドライフラワーの花束をつくり、愛の証の記念にするのもおしゃれなプレゼント方です。

意味36:999本

バラ999本の花言葉は「何度生まれ変わってもあなたを愛する」です。999という数字は後1つで1000です。とても大きな数字である1000が生まれ変わるときを表していて、999はもうすぐ生まれ変わることを表しています。

999本のバラは、生まれ変わる直前に「生まれ変わってもあなたを忘れずに愛しつづけます」と誓うスケールの大きな花言葉を持つプレゼントです。

意味37:1001本

バラの本数が意味する花言葉の違い37こ|色による違い13こ

バラ1001本の花言葉は「永遠、無限の愛」です。生まれ変わりを表す1000を1本だけ超えた1001本は、生まれ変わったさらにその先も、永遠にあなたを愛しますという意味の花言葉「永遠、無限の愛」を持っています。

花言葉のあるバラの本数はこの1001が最大になり、この本数をプレゼントすることで、愛は永遠のものとなり、死ぬまで、さらに死んでからも無限の愛に包まれて、永遠に添い遂げることになります。

色によるバラの花言葉の違い13こ

バラの本数が意味する花言葉の違い37こ|色による違い13こ

バラは本数での花言葉の他に、色による花言葉もあります。色による花言葉はバラ以外の花にもありますが、バラは特に多く13こもの花言葉があります。

本数と組み合わせて花言葉を使えば何通りもの花言葉が生まれ、いろんな感情をプレゼントする相手に伝えることができます。

バラの色による花言葉をご紹介しますので、参考にして愛する人や友達、家族などに自分の気持ちを伝えてください。

バラの色1:赤

バラの本数が意味する花言葉の違い37こ|色による違い13こ

赤いバラの花言葉は、美しさ、愛情、燃えるような情熱、熱烈な愛、あなたを愛していますなどです。赤い色のイメージに近い、パッションを感じる花言葉が多くあり、赤いバラをプレゼントすることで、相手に自分の強い愛情を伝えることができます。

バラの色2:白

バラの本数が意味する花言葉の違い37こ|色による違い13こ

ウエディングブーケなどで清純なイメージのある白いバラの花言葉は、純潔、素朴な心、尊敬、無邪気、相思相愛などです。真っ白い色から純潔なイメージだけではなく、何も知らないで素朴や無邪気に見えるという花言葉も生まれました。

バラの色3:ピンク

バラの本数が意味する花言葉の違い37こ|色による違い13こ

ピンクのバラは女性的なイメージの花です。花言葉には温かい心、美しい女性、しとやかな人、美少女、満足するひととき、感銘、待つ愛、幸福、感謝の心などがあります。

ショッキングピンクなら美少女という花言葉がぴったりで、白が多く入った柔らかいピンクならしとやかな人や、幸福、温かい心などの花言葉がぴったりきます。

優しいピンクか派手なピンクか、相手に対する気持ちで色を選んでプレゼントしましょう。

バラの色4:青

バラの本数が意味する花言葉の違い37こ|色による違い13こ

青いバラの花言葉は、不可能を克服する、神の祝福、神秘、奇跡などです。ブルーローズという言葉はあり得ないものを意味しています。青いバラは自然界にはなかったもので、人の手によって開発されました。

花言葉はあり得ないことがかなったとの思いを込めて、奇跡や神秘などのものになっています。

バラの色5:黄

黄色のバラの花言葉は、可憐、平和、愛を告白する、励ます、友情、献身的、さわやかなどです。黄色のイメージが元気で、さわやかなので、黄色のバラの花言葉も元気で可愛いイメージのものが多いです。

バラの色6:オレンジ

バラの本数が意味する花言葉の違い37こ|色による違い13こ

オレンジのバラの花言葉は、魅力的、絆、可愛らしい、信頼、健やかさなどです。赤や黄色に次いで目立つ色すが、落ち着いておしゃれなイメージがあります。花言葉はオレンジの美しい色合いを表すようなものが多いです。

バラの色7:緑

バラの本数が意味する花言葉の違い37こ|色による違い13こ

緑のバラの花言葉は、穏やか、希望を叶えるなどです。緑のバラは珍しく、葉っぱと同じ色をしているので、インパクトがなくバラにしては地味な印象を受けます。花言葉も穏やかなど緑のバラの地味さを表したものになっています。

バラの色8:紫

バラの本数が意味する花言葉の違い37こ|色による違い13こ

紫のバラの花言葉は、気品、上品、王、尊敬、誇りなどです。紫のバラは派手ではなく、不思議さや上品なイメージをうけるので、花言葉も気品や上品などのものが多いです。落ち着いた色なので、目上の方のプレゼントように使うといいです。

バラの色9:緋色

緋色の花言葉は、情事、灼熱のように恋するなどです。緋色とは黄色みがかった濃赤色のことで、深みのある赤です。

真っ赤のように派手ではありませんが、燃えたぎる炎のような色で、情熱を感じる色です。花言葉も緋色の強さを表すようなものになっています。

バラの色10:濃紅色

バラの本数が意味する花言葉の違い37こ|色による違い13こ

濃紅色の花言葉は恥ずかしいです。濃紅色の読み方は「こいくれないいろ」もしくは、「こきべに」です。ピンクがかった濃い赤で日本の伝統色でもあります。

情熱の赤がピンク掛ることで、女性の恥ずかしさを表しているように感じるので、花言葉も恥ずかしいになっています。

バラの色11:紅色

紅色の花言葉は、恋い焦がれるです。紅色は「べにいろ」または「くれないいろ」と読み、ピンクがかった鮮やかな赤色のことです。

愛や恋を色で表したら紅色になるので、花言葉は恋い焦がれるとなっています。片思いの人にプレゼントして自分の気持ちを伝えましょう。

バラの色12:黒

黒いバラの花言葉は、恨み、憎しみです。黒は悪い心を表す色なので黒い色のバラの花言葉は、バラの花言葉の中でも非常にネガティブな印象を持つ、恨みや憎しみになっています。

黒いバラを人にプレゼントするときは、デザインで選びましたと言って問題のないようにしておきましょう。

バラの色13:虹色

バラの本数が意味する花言葉の違い37こ|色による違い13こ

虹色のバラの花言葉は、無限の可能性、奇跡です。虹色のバラは自然界になく、売られているものは人が着色したバラです。

自然のバラにはあり得ないような、レインボーカラーに染めることができるので、花言葉も無限の可能性、奇跡のようなスケールの大きい不思議な言葉になっています。

バラを贈るときは花言葉もチェックしよう

バラの本数が意味する花言葉の違い37こ|色による違い13こ

バラを贈るときには、必ず花言葉をチェックしましょう。バラの花は人気があり、プレゼントとして貰ったら花言葉を調べる人も多いです。

うっかりしてネガティブな花言葉や、相手を不快にさせる花言葉のバラを贈ったら、相手が悪い印象をもってしまうことがあります。

思い出に残るプロポーズの方法

プロポーズのときにバラを贈ることがあります。「結婚してください」の花言葉をもつ108本のバラを贈れば、相手にプロポーズを非常に印象深く感じさせることができます。

さらに印象深いプロポーズをしたい場合は、下の記事でプロポーズの方法をご紹介していますので、ぜひご覧になり、感動するようなプロポーズをして相手の心を掴んでください。

Related