Logo
menu
冷蔵庫の中身の整理整頓の工夫6つ・すっきり見せるアイディア
更新日:2020年08月28日

冷蔵庫の中をどのように整理していますか。よそのお家の冷蔵庫を見る機会や、整理方法が話題になることはほとんどないのではないでしょうか。この記事では誰にでもできる冷蔵庫の整理のアイデアをご紹介しています。もし知らなかったアイデアがあれば取り入れてみて下さい。

冷蔵庫の中身の整理整頓の工夫6つ・すっきり見せるアイディア

冷蔵庫の役割

冷蔵庫は飲食物を冷却して保存するための家電で、各世帯に設置されているところがほとんどです。野菜や肉の鮮度を保つことで調理したおいしさが全然違ってきますし、メーカーは鮮度を維持するための性能を向上しています。冷蔵庫は私達の食生活を支える大変重要な役割を果たしています。

向上している冷蔵庫の機能を知り、冷蔵庫の中を整理することはバランスのとれた食生活の一助となります。

庫内の温度と入れるのに適したもの

冷蔵庫は大きな容量のものになると、野菜室や冷凍庫のスペースもそれぞれ用途に合う充実した機能が備えられているものになります。各スペース内の温度の違いにより、保管する中身も適したものが変わってきます。

何となく入れるものを分けていませんか。入れるもの、入れ方など少し変えるだけで鮮度の持ちが長くなり栄養価を維持することができます。お料理からおいしく栄養を摂るために食材の保管の仕方を確認しましょう。

冷蔵庫内

冷蔵室は日本工業規格(JIS)で0~10度と規定があります。飲料や調味料、卵、お惣菜、調理品など多くの食材を保存できます。

冷蔵室内のチルド室はJISで0度付近と規定があり、冷凍室だと品質が損なわれ易い肉、魚、練り物、野菜の保存に最適です。納豆、味噌、漬物など発酵食品やヨーグルト、チーズの乳製品もOKです。

パーシャル室はJISの規定で-3度付近で、肉や魚を保存します。チルド室より鮮度が長持ちします。
関連
冷蔵庫の中身の整理整頓の工夫6つ・すっきり見せるアイディア
チルド室におすすめの食材7つ|3つの便利な使い方 - 料理に関する情報ならCutee

野菜室

野菜室の温度は約3~8度です。低温での保存が向いていない野菜があり、品質が損なわれてしまうので野菜室には入れないでおきましょう。具体的には、すいか、かぼちゃ、ピーマン、トマト、キュウリ、ナス、たまねぎ、イモ類などです。

また、ほかの野菜を劣化させてしまうエチレンガスを発生させる食材であるりんご、バナナ、桃、アボカドはほかの野菜と保存しない方がよいので野菜室には入れないか、袋に入れて分けましょう。

冷凍庫

冷凍庫は日本工業規格(JIS)でマイナス12度以下と規定されています。冷凍食品やアイスクリーム、氷などを入れるのに適しています。食パンや調理品を入れておくと長期保存ができます。

冷蔵庫の中身を整理整頓する工夫6つ

冷蔵庫のスペースに保存するものを無造作に置いてしまうとごちゃごちゃになり中身を探すのが大変になってしまいます。見た目も汚く見えるし、不快になってしまいます。冷蔵庫の中身を整然と見えるように整理するテクニックがありますので、取り入れてみて下さい。

工夫1:タッパーを利用する

おかずの残り物やたくさん作った調理品などはお皿のままラップをかけて冷蔵庫に入れても良いですが、スペースを取ってしまいますし中身が潰れるので上に重ねることができません。こういう時はタッパーに入れて保存するのがです。

半透明で中身が何かわかるので見つけやすいですし、上に積み重ねられてスペースを有効利用できます。冷蔵庫から取り出してそのままレンジで温めることもできます。
関連
冷蔵庫の中身の整理整頓の工夫6つ・すっきり見せるアイディア
おすすめの使いやすい保存容器7選|保存容器の活用レシピ3選 - 料理に関する情報ならCutee

工夫2:ラベルを貼る

冷蔵庫に入れたタッパーがたくさん詰め込まれるといつ入れたものなのか忘れてしまいます。タッパーに冷蔵庫に入れた日付を書いたラベルを貼っておくと保存期間がわかって便利です。調味料の瓶に開栓した日付のラベルを貼っておくのもいいでしょう。

ラベルに書く内容は日付、中身の食品名、家族の名前などいろいろ活用できますし、楽しんでアレンジできます。

工夫3:取っ手付きのトレイを利用する

冷蔵庫の高い位置に収納する時は取っ手付きのトレイを利用するとしまいやすいですし、取り出しやすいです。手をかけられるような凹凸がついているものや穴があいているデザインのものなどがありますので使いやすいと思うものを選んでみて下さい。

工夫4:ガラス容器を利用する

ガラスの保存容器を使うと透明なので中身がすぐわかって便利です。耐熱性の容器を使えばレンジやオーブンもOKです。丈夫なガラスはタッパーよりも長持ちするでしょう。重さがあるので取り扱いに注意が必要ですが、素材の特性から食品のにおいが容器に移らないこともメリットです。

工夫5:紙袋を利用する

野菜室に入れる葉物野菜や細長い野菜は、立てて収納すると鮮度を保つことができます。お買い物で使った紙袋などを利用して、野菜の種類ごとに仕分けするとすっきりと整理することができます。

工夫6:密閉ビニール袋を利用する

食材をペースト状にしたものやスープや煮込み料理に使うだしなどを作り置きしておいて、調理するたびにストックを使えるようにしておくと、毎日の料理が助かります。そんな時にジップロックなどの密閉ビニール袋を利用するときれいに整理できて良いです。

カットした野菜を冷凍しておく時などにも使えますし、用途はさまざまあります。中身が見えるように透明のビニール袋を選ぶと良いです。

収納グッズ

イノマタ化学 保存容器

¥ 788
口コミ
使いかけのスパイス類や乾物のストックボックスとして使ってます。
保存容器にはハンディストッカーのような取っ手がついたものを利用すると、取り出しやすく収納しやすいので便利です。

上記のイノマタ化学の保存容器は蓋もついており、冷蔵室内のニオイ移りを防止する効果もあります。中身が見える透明性ですので、入っているものやどの位の量が入っているかがすぐわかり料理の時短の助けになります。取り扱いやすい軽さや繰り返し洗って使っていける丈夫さもポイントです。

冷蔵庫の中身をすっきり見せるアイディア

それではさらに冷蔵庫の中身をすっきり見えるようにもうひと工夫してみましょう。工夫の可能性は無限にあり、楽しんで改良ポイントを見つけられればしめたもの。あとはご自身の思うように冷蔵庫の中をデザイニングしてみて下さい。

アイディア1:容器の大きさをそろえる

調理したお料理やカット野菜などを入れる保存容器は、冷蔵庫の中にたくさん置ける便利なグッズです。容器にこだわって同じメーカー、大きさで揃えると積み重ねても整然とした印象になりスッキリします。

アイディア2:容器の色をそろえる

保存容器の色を揃えるとさらにまとまりのよい印象になります。冷蔵庫内のインテリアにこだわる気分で、1色に統一しても良いですし色違いを使うのも良さそうです。中身が見える透明か半透明のもので機能性とデザイン性が両立している容器がいいでしょう。

アイディア3:ラベルをそろえる

保存容器をきれいに揃えたら、ラベルも大きさやデザインを揃えて使いたいところです。気に入ったデザインのラベルを用意すれば、ラベルに書き込むのが面倒でも、楽しい作業に変わるでしょう。

冷蔵庫の外面にマグネットでくっつくポケットをつけて、ポケットにラベルとペンを入れておくとすぐに取り出して書き込むことができます。

アイディア4:詰め込みすぎない

冷蔵庫に中身を詰め込みすぎると奥にしまっているものを忘れてしまったり、取り出しにくくなったりと食材の管理が難しくなります。詰め込まない方が中身が見やすくなり、長い間置きっぱなしになることも少なく消費のサイクルが早く衛生的です。

また、冷蔵室は詰め込みすぎると温度を下げるために電力を使うので電気代が高くなります。逆に冷凍室は中身を詰め込んだ方が、室内が低温を保ち電力を抑えられ電気代を節約できます。
関連
冷蔵庫の中身の整理整頓の工夫6つ・すっきり見せるアイディア
冷凍庫の収納アイデア15選|あると便利な100均グッズ - 収納に関する情報ならCutee

冷蔵庫の中身を使いやすく整理しよう

冷蔵庫は食材を管理するために使う家電です。食材を清潔にわかりやすく整理することと冷蔵庫の中身を使いやすいように整理することは関連しています。冷蔵庫の中身を整理して使うためには、冷蔵庫自体のメンテナンスも必要です。

冷蔵庫の大掃除と霜取り

冷蔵庫内の油汚れやゴミを取ってきれいに拭き掃除をして除菌もして下さい。

冷蔵庫の中身を全部取り出して確認することで、廃棄物が出てきて整理できます。一旦中身を出して掃除をした後、中身を戻す時にレイアウトをより良い位置に変えて下さい。

また、冷気の吹き出し口の周辺に霜がついていないか確認してみてください。食品を詰め込みすぎて吹き出し口が塞がれると、冷気が強く送り込まれ霜がつく原因になるので注意して下さい。
関連
冷蔵庫の中身の整理整頓の工夫6つ・すっきり見せるアイディア
冷蔵庫の霜取りは不要?霜取りをする方法・頻度・対策-家事をこなせるようになるuranaru
関連
冷蔵庫の中身の整理整頓の工夫6つ・すっきり見せるアイディア
霜取りの霜取り機能の役割と霜取りの方法|1ドア/不要-家事をこなせるようになるuranaru
初回公開日:2018年10月04日

記載されている内容は2018年10月04日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

RELATED