Logo
menu
押入れ・クローゼットの収納術・実例5選・お役立ちアイテム
更新日:2020年08月28日

押入れやクローゼットを収納スペースに欠かせない存在なため、マンションやアパートに限らずほとんどの住宅に設置されています。しかし、上手く収納できていない人も多いのではないでしょうか。ここでは、押入れやクローゼットの収納方法を紹介しています。

押入れ・クローゼットの収納術・実例5選・お役立ちアイテム

押入れ・クローゼットを有効活用


押入れやクローゼットがある部屋が一般的で、収納スペースとして使う事が多いです。そのため、押入れやクローゼットが多い方が収納スペースが広く、多くの物をしまうことができます。部屋選びや住居を建てる際に重要視する方も多くいます。

アパートやマンションは既にある押入れやクローゼットを有効活用することで部屋に物が溢れかえることを未然に防ぐことができ、部屋を綺麗に見せることもできます。

押入れの収納術

押し入れはさまざまな広さがありますが、一畳分の広さな場合が多いです。昔の家の押し入れは二段になっている場合が多く、一畳分のスペースを実質2倍にされています。これも押し入れの活用術の一つともいえます。

押し入れの収納スペースが2倍に増えても物が溢れかえってしまう事は珍しいことではありません。そのような状況になってしまう原因は押し入れの収納術がきちんと行えていないからです。

奥行きをうまく使うのがポイント

押入れの収納スペースを最大限使用することで、より多くの物を収納することができます。押入れには奥行きがある場合があり、活用すると今まで押入れにしまうことができなかった物をしまう事ができるようになる可能性もあります。

奥行きを活用するポイントは、使う頻度が多い物は手前に置き、滅多に使用しない物を奥にしまうようにしましょう。また、収納する物の向きを変えて奥行きを有効活用することも重要です。

上段はケースや収納袋で整理

上記でも説明したように押入れは二段になっている場合が多く、上段と下段に分けて収納することができます。上段はケースや収納袋で整理することをします。ケースの中には季節に合わない服を入れ、収納袋には布団類をしまう事が多いです。

どちらもまとめて出そうとすると相当な重さになります。下段の方がよいように思えますが、上段の方が力が入りやすい高く、出すタイミングも少ないため上段がです。

下段は引き出しやキャスターが活躍

下段に物をしまう場合は、キャスター付きの収納棚や引き出しが付いている収納アイテムを置きましょう。キャスターが付いていれば簡単に引き出すことができ、中の物を取りやすくすることができます。

下段は上段との境の板があるため、上から物を出すことに適していません。しかし、キャスター付きの収納アイテムなら一度全体を引き出してから物を出すことができるため、頭を打たずに物を出すことができます。

棚板で隙間をなくす工夫をしよう

場合によっては押入れが二段に分かれて作られていない場合もあります。高さが低い押入れならそのまま隙間がないように物をしまう事ができますが、高さがあるにも関わらず二段になっていない場合は、上の部分の空間を有効活用することが難しいです。

しかし、途中に棚板を設けることで上の空間も有効活用することができ、収納スペースを作り出すことができます。棚板は簡単に作ることができいるため、初心者でも作ることができます。
関連
押入れ・クローゼットの収納術・実例5選・お役立ちアイテム
押入れ収納アイデア5例|あると便利な収納アイテム - 収納に関する情報ならCutee

クローゼットの収納術

クローゼットを押入れのように収納することもできますが、押入れと違って二段になっていない場合が多いです。その代わりにクローゼットには物を吊るせるように棒が取り付けられている場合が多いです。

クローゼットとは、元々衣服を収納するためのスペースであるため、衣服にハンガーを通しポールにかける収納の仕方が一般的です。その他の収納術もあるため、身につけてより収納上手になりましょう。

基本は吊るす収納

上記でも紹介したようにクローゼットの収納術は物を吊るすことが基本です。せっかく吊るすためのポールが取り付けられているのに利用しない手はありません。衣服を吊るして収納することでシワを作りにくくするだけではなく、簡単に取りだすこともできます。

また、最近ではより物を多く収納できる特別なハンガーも販売・開発されているため、ただ単に吊るすのではなくさまざまな方法をすることも大切です。

ポール下のスペースの使い方

クローゼットは衣服を僅かなスペースに収納することができますが、場合によっては下にスペースが産まれる場合があります。その理由は、クローゼットの高さが高いからです。クローゼットの吊るす物は服やジャケットの場合が多く、長い物を吊るすことはあまりありません。

そのため、下にできた空きのスペースを有効に使うようにしましょう。押入れの下段と同じようにキャスター付きの収納箱がです。

天袋の収納術

住宅の収納スペースに天袋という場所があります。あまり聞き慣れない言葉であるため、どのような収納スペースを示しているのか知らない人も多いのではないでしょうか。天袋は主に和風の住宅に設けられることが多いです。

天袋は押入れの上の部分についている戸棚を示しており、収納スペースも狭いです。天袋は収納できる物も限られる場合が多く、取りだしにくいデメリットもあり、出し入れが少ない物をしまいましょう。

押入れ・クローゼット収納の実例5選

押し入れやクローゼット収納方法をご存知でしょうか。「カラーボックスを使おう」「綺麗な収納」「押入れをDIYしよう」「便利なアイテムを使いこなそう」などの実践例を交えながらご紹介していきます。

実例1:カラーボックスを使おう

カラーボックスを使う事で、無駄なスペースを生み出すことを未然に防ぐことができ、収納する物を分けて収納することもできます。また、カラーボックスは収納スペースを有効活用できるだけではなくインテリア風に仕上げるために一役買ってくれます。

そのため、押入れやクローゼットを見えない空間ではなく、見られてもはずかしくない空間にすることもできます。カラーボックスはホームセンターなどで手軽に購入できます。
押入れ&クローゼット 徹底収納術|押入れ&クローゼット収納|収納術|アイリス収納・インテリア ドットコム

実例2:綺麗な収納

押入れやクローゼットの収納の仕方ひとつで見栄えがよくなったり、より多くの物が収納できるようにすることができます。このサイトでは、押入れとクローゼットの上手な収納の仕方を画像付きで紹介しているため分かりやすいです。

また、押入れやクローゼットの中に入れる収納棚の中の収納の仕方まで紹介しています。収納棚には衣服を入れる場合が多く、ロール状にすることで実用性だけではなく可愛く収納することができます。
片付け上手はどうしてる?押入れ・クローゼットの収納術を見習ってみよう。 | キナリノ

実例3:押入れをDIYしよう

押入れにもさまざまな作りがあるため、場合によっては有効に収納することができない場合もあります。しかし、DIYすることで収納しやすい押入れに作りかえることができます。DIYは初心者では無理と感じてしまう場合もありますが、このサイトのとおりすれば簡単に作ることができます。

押入れに上段下段に分ける仕切りを作る方法が紹介されています。また、仕切りを作るだけではなく、壁のアレンジも行っています。
【押入れDIYまとめ】今すぐマネしたくなるような収納アイデア満載!|LIMIA (リミア)
関連
押入れ・クローゼットの収納術・実例5選・お役立ちアイテム
収納棚のDIYアイディア8選|壁を傷つけずに棚を作る方法 - DIYに便利な情報ならCutee

実例4:便利なアイテムを使いこなそう

押入れやクローゼットにより収納スペースを確保するためには、さまざまな知識も必要ですが、便利なアイテムを購入することでより効率よく収納できます。このサイトでは、収納に便利なアイテムを紹介していて、使い方から商品名まで紹介しています。

そのため、収納に困っている人が見るとこんな便利なアイテムがあったことに驚いてしまう場合もあります。便利なアイテムの存在を知り、使いこなすようにしましょう。
テクニックを使ったアイディア収納術で押入れの収納力がグッと上がる|

実例5:失敗例を学ぼう

押入れやクローゼットの正しく収納するためには成功例はもちろんですが、失敗例も知っておくことをします。失敗例を知っておくことで、自分が行っている収納方法の問題点を理解することができ、成功例に近づけやすくなります。

このサイトでは、失敗例を画像と文章で紹介しており、良くない理由まで紹介しているため、より納得することができます。上手く収納できない人は失敗例を行っていないか確認しましょう。
押入れ収納のコツ!収納ケースや伸縮棚で出し入れしやすい空間にする方法 | LIVINGUT MAGAZINE

収納グッズは?

アイリスオーヤマ チェスト ワイド 3段 幅54×奥行40×高さ62.5cm ホワイト/クリア W-543

¥ 3,978
口コミ
寝室の古いタンス2つを撤去して壁面収納にしました。引出しはストッパー付ですが容易に外せる為、踏み台を使い天井側の棚と床側の棚を衣替えするのが目的です。
収納アイテムが欠かせない物が引き出しがある収納箱です。押入れの下のスペースやクローゼットにも使用することができ、万能の収納ケースです。

販売元は大手メーカーのアイリスオオヤマなので、商品の性質を信頼することができます。また、アイリスオオヤマの特徴の一つでもある商品の安さもの一つです。透明なケースになっているため、中身を識別することができ、引き出しを開けてから中身を確認する必要はありません。

押入れ・クローゼット収納のお役立ちアイテム

上記でも紹介したように収納を効率よくするためには、さまざまな収納アイテムを使いこなすことをします。そのためには便利なアイテムの存在を知り、使い方を把握することができます。現在では多くの収納アイテムが販売されているため、より多くのアイテムを見るようにしましょう。

また、自分の部屋の押入れやクローゼットに合う便利な収納アイテムを選び、用途に合わない収納アイテムは購入しないようにしましょう。

ホームセンターや100円ショップを上手に利用

収納アイテムはホームセンターや100円ショップでも購入することができるため、一度来店することをします。また、家具屋にも収納アイテムが販売されている場合もありますが、値段が高い可能性があり、購入する手を止めてしまう要因になります。

しかし、ホームセンターや100円ショップで販売されている収納アイテムはリーズナブルな値段で購入することができ、少しの金額で上手に収納することも可能です。

簡単DIYも

ホームセンターや100円ショップで販売されている収納アイテムをそのまま使用しても問題ありませんが、自分でDYIすることでより愛着が湧く押入れやクローゼットに仕上げることができます。DIYにも難易度がありますが、押入れやクローゼットDIYは初心者でも行う事ができます。

また、押入れやクローゼットは普段目に就くことがないため、例え納得のいかない仕上がりになったとしても他人に見られる心配がありません。

断捨離も一つの収納術

収納を上手くするためには収納アイテムを使いこなすことも大切ですが、物の数を減らすことも大切です。いくら収納スペース確保しても物が多ければ収納する限度があります。そのため、根本的な原因である物を減らすことで収納しやすさを各段と上げることができます。

そのためには断捨離の心得を身につけて、必要のない物を捨てるようにしましょう。いつか使うという考えは持たないことが断捨離を成功させるコツです。

生活を見直し収納力を高めよう

物を減らすためには物を買いすぎないようにすることも大切です。必要ない物ばかり購入してしまうとどうしても物が溢れかえってしまいます。収納力を高めるとともに生活の見直しも考える必要があります。

必要な物だけを購入し、収納スペースをより有効に使う事で部屋全体を綺麗にすることができ、押入れやクローゼットの中も綺麗に物を納めることができます。綺麗に収納して自分の部屋をスッキリさせましょう。
関連
押入れ・クローゼットの収納術・実例5選・お役立ちアイテム
物を持たないを暮らしをする方法11個|メリット6つと意味 - 暮らしに関する情報ならCutee
関連
押入れ・クローゼットの収納術・実例5選・お役立ちアイテム
後悔しない断捨離方法と断捨離で後悔した時の対処法|服/CD/本/漫画-家事をこなせるようになるuranaru
関連
押入れ・クローゼットの収納術・実例5選・お役立ちアイテム
服の断捨離する枚数の目安・処分方法と服の断捨離のコツ|売る-最新トレンドのファッションを知りたいならuranaru
初回公開日:2018年09月13日

記載されている内容は2018年09月13日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

RELATED