Logo
menu
本の収納アイデア26選|本を上手に収納するポイント
更新日:2020年08月28日

本好きの人にとって本の収納は悩みの種ではないでしょうか。今回は、本の収納アイデア26選と本を上手に収納するポイントを紹介しています。本棚が設置できない家庭でも、工夫すれば収納スペースを増やすことができます。ぜひお試しください。

本の収納アイデア26選|本を上手に収納するポイント

本を上手に収納するポイント

本を上手に収納するためには、いくつかのポイントがあります。本はさまざまな大きさや種類があり、本棚があっても綺麗に並べることができないことがあります。また、本好きの人にとっては、本はどんどん増えていってしまうでしょう。

今回は、本の収納アイデアなどを紹介していきます。まずは、本を上手に収納するポイントを紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

ポイント1:本の高さ・奥行きをそろえる

本を上手に収納するポイントの1つ目は、本の高さ・奥行きをそろえることです。本はさまざまな高さ、奥行きがあるため、タイトルや作家ごとに並べると乱雑に見えてしまいます。

そこでなのが、本の高さ・奥行きをそろえる方法です。大きさをそろえるだけで見栄えが良くなるため、難しく考えなくてもすっきりと収納ができます。

ポイント2:本は手前で並べてそろえる

本を上手に収納するポイントの2つ目は、本は手前で並べてそろえることです。本によって奥行きがバラバラなので、全ての本を本棚の奥まで入れてしまうと出っ張ったり引っ込んだりして見栄えが良くありません。

しかし、手前で並べてそろえることで、全ての本がまっすぐに見えるため、すっきりと見えるでしょう。埃が溜まりにくくなるところもポイントです。

ポイント3:雑誌には厚紙を挟む

本を上手に収納するポイントの3つ目は、雑誌には厚紙を挟むことです。雑誌は一般的な本と比べて大きめで表紙が薄いため、縦に収納しづらいという難点があります。そのため、本棚に立てて収納しようとすると、支えがないときれいに収納できません。

そこでなのが、雑誌の表紙の裏に厚紙を挟む方法です。本棚の上下に届くくらいの高さの厚紙を使えば、へなへなの雑誌でも自立します。厚紙はしおりとしても活用できます。

ポイント4:本は読む場所に収納

本を上手に収納するポイントの4つ目は、本を読む場所に収納することです。「本は本棚に入れるもの」という固定観念を捨ててみるのも良いでしょう。

例えばキッチンにはレシピ本を置き、寝室には寝る前に読みたい小説などを置くなどして、読む場所に収納することを心がけましょう。そうすることで置き場所が分散するため、圧迫感がなく収納できます。また、戻し忘れて本が散らかることもありません。

ポイント5:読まない本は手放す

本を上手に収納するポイントの5つ目は、読まない本は手放すことです。気に入って買った本や譲ってもらった本など、捨てられない本もあるでしょう。しかし、本好きの人にとって本は増える一方です。

何年も読んでいない本や、買った当初の思い入れが薄れた本などは、思い切って手放してみてください。そのまま処分するのはもったいないと思う人は、リサイクルショップなどで売ることもできるため、お店に持っていってみましょう。
関連
本の収納アイデア26選|本を上手に収納するポイント
綺麗な部屋にするテクニック12選・断捨離するための見極め方 - 家事に便利な情報ならCutee

本の収納アイデア

ここからは、本の収納アイデア26選を紹介していきます。本は本棚に収納しなくても、さまざまなアイテムを使って収納をすることができます。部屋の広さや間取り、収納する本の数などに応じて収納アイデアを真似してみてください。

アイデア1:ロフト収納

本の収納アイデアの1つ目は、ロフト収納です。家の中のロフトに収納するのではなく、本棚の中にロフトスペースを作る方法です。つまり、本棚の中を1階と2階に分けてそれぞれの高さで本を収納するアイデアです。

段をつけるためには、ボックスティッスの箱などを奥にセットします。その上に本を並べ、手前にも本を並べましょう。そうすると奥の本も見え、ロフト収納の完成です。高さや奥行きは箱の大きさで調節してください。

アイデア2:菜箸とクリアケースでリフト収納

本の収納アイデアの2つ目は、菜箸とクリアケースでリフト収納する方法です。菜箸で本を吊り下げて収納するやり方なので、まずは菜箸とクリアケースを用意してください。

クリアケースはファイルボックスなどでも代用できます。ケースを横倒しにし、上面から入れられるようにします。菜箸はケースより長いものを使います。本に菜箸をとおし、ケースに引っかければ完成です。ケースごと棚にしまえばすっきりと収納できます。

アイデア3:レシピ本はキッチンの吊戸棚に収納

本の収納アイデアの3つ目は、レシピ本をキッチンの吊戸棚に収納する方法です。レシピ本は主にキッチンで使用するものなので、キッチンに収納しておくと便利です。キッチンの吊り戸棚は普段邪魔にならないところにあるため、レシピ本をたくさん収納しておくのにぴったりです。

全面にタイトルが見えるよう、立てて収納してください。本が倒れそうなら、ブックエンドを活用してまっすぐ立てられるようにすると見栄えが良くなります。
関連
本の収納アイデア26選|本を上手に収納するポイント
レシピノートの11のアイデア|レシピノートとは・収納アイデア - レシピを調べるならCutee

アイデア4:カゴに収納

本の収納アイデアの4つ目は、カゴに収納する方法です。あまり読まないけれど捨てられない本は、本棚に並べておくとスペースを取ってしまいます。溜め込みすぎを防ぐためには、カゴを使用するのがです。

カゴには入る量が決まっているため、それ以上増えるようなら何冊か処分しましょう。また、高さのあるカゴなら本がすっぽりと隠れるため、目隠し効果もあります。そのまま棚に入れておけばごちゃごちゃ感を防げます。

アイデア5:ブックスタンドを使う

本の収納アイデアの5つ目は、ブックスタンドを使う方法です。本棚を置くスペースがないけれど、本を立てて収納したい場合は、ブックスタンドが便利です。ブックスタンドはその名のとおり本を立たせるためのアイテムなので、いくつかの仕切りがあり、本を安定させてくれます。

例えば机にセットして数冊収納したり、空いたスペースに小物を置いたりして、インテリア感覚で使用するのも良いでしょう。

アイデア6:あまり読まない本は靴の空き箱に収納

本の収納アイデアの6つ目は、あまり読まない本を靴の空き箱に収納する方法です。本を隠して収納すれば、ごちゃごちゃ感がなく、すっきりと収納できます。読まないのに本棚にずっとしまってある本は、思い切って空き箱に入れてしまいましょう。

本棚がすっきりして余裕がでるため、圧迫感を減らせます。空き箱に入れる場合は中にどの本が入っているかわかるように、タイトルやジャンルを書いたプレートなどを貼っておきましょう。

アイデア7:雑誌はA4ファイルボックスにたてる

本の収納アイデアの7つ目は、雑誌をA4ファイルボックスにたてる方法です。ファイルボックスは、ブックスタンドの代わりにもなる便利なアイテムです。A4以下の雑誌ならすっぽりと入るため、倒れずに収納できるでしょう。

また、入れられる雑誌の定数が決まるめ、それ以上増やさない工夫ができるのもポイントです。ファイルボックスをいくつか組み合わせる場合は、同じ種類のものを使えば統一感が出てすっきりします。

アイデア8:雑誌は種類・発行年月日別に並べる

本の収納アイデアの8つ目は、雑誌を種類・発行年月日別に並べる方法です。バラバラになってしまいがちな雑誌も、種類や発行年月日で並べるだけですっきりと見栄えが良くなります。

また、古い雑誌と新しい雑誌が一目でわかるため、処分する際の目安になるところもポイントです。

アイデア9:壁に本棚を設置

本の収納アイデアの9つ目は、壁に本棚を設置する方法です。本棚は床に置くことが多いですが、床に物を置くと部屋が狭く見え、圧迫感があります。そのため、壁を利用して本棚を設置すれば、床は広いまま収納スペースを増やすことができます。

壁に本棚を設置するためには、壁に穴を開けたり突っ張り棒を使ったりする必要があるため、家の間取りや居住状況によって検討してみてください。

アイデア10:隙間収納ワゴンに収納

本の収納アイデアの10個目は、隙間収納ワゴンに収納する方法です。キャスター付きのスリムなワゴンを使えば、壁と家具の間や押入れの隙間などに本を収納することができます。

最近ではさまざまなサイズが販売されていて、コミックに特化したタイプ、雑誌が収納しやすいタイプなどもあります。用途に合わせてワゴンを選んでみましょう。

アイデア11:ブックケースに収納

本の収納アイデアの11個目は、ブックケースに収納する方法です。本棚に立てておくのではなく、プラスチックのブックケースに並べて入れ、押入れなどに収納するのも良いでしょう。

お気に入りの本だけれど捨てられない、かといって出しておくスペースもないという場合は、ブックケースに入れてみてください。ブックケースは本の高さによってサイズが異なるため、ぴったり入るケースを選ぶことが大切です。

アイデア12:ダンボールに収納する

本の収納アイデアの12個目は、ダンボールに収納する方法です。見えない収納をしたい場合は、ダンボールを使うのも良いでしょう。ダンボールに本を収納する場合は、サイズごとにきれいに敷き詰めて並べるか、種類ごとに小分けにするとあとで見つけやすいです。

また、詰め込みすぎるとかなりの重さになるため、小さなダンボールを使うことをします。中に入れた本のタイトルや種類を書いて貼っておくと便利です。

アイデア13:絵本棚に収納する

本の収納アイデアの13個目は、絵本棚に収納する方法です。絵本棚は表紙が見えるようにする棚と、背面のタイトルが見えるように立てて収納する棚に分かれていることが多いです。

絵本でなくても同じように収納することで、お店のように並べることができ、大変おしゃれです。お気に入りの表紙がいつも見えるようになっていると、気分が上がるでしょう。

アイデア14:タワー型本棚に収納

本の収納アイデアの14個目は、タワー型本棚に収納する方法です。タワー型本棚は、床面積が少ない代わりに、縦に長い本棚のことです。

また、製品によっては本屋さんのようにくるくると回るタイプもあり、壁際に設置しても使いやすいというメリットがありあます。大きな棚を置くスペースがない場合は、タワー型本棚を検討してみてはいかがでしょうか。

アイデア15:カラーボックスに収納

本の収納アイデアの15個目は、カラーボックスに収納する方法です。カラーボックスはさまざまなアイテムを収納できる便利なツールです。製品によって高さや色が違いますが、3段積みか1段、扉付き、扉なしのどれかに当てはまることが多いです。

カラーボックスに本を収納する際は、本の高さを揃えて入れるとすっきりと見えます。全ての本を詰め込むのではなく、空いたスペースに小物を置くなどして空間を持たせるとおしゃれです。

アイデア16:リンゴ箱に収納

本の収納アイデアの16個目は、リンゴ箱に収納する方法です。リンゴ箱は安く手に入る収納ボックスとして大変があります。また、木材なので加工がしやすく、自分好みにアレンジをして楽しむこともできます。

いくつか組み合わせて棚にしたり、ベッドやソファーの横に置いてサイドテーブルとして使用するのもです。また、金属製のフレームと組み合わせれば、ディスプレイケースのように本を飾れます。

アイデア17:ソファの横にサイドテーブルを設置

本の収納アイデアの17個目は、ソファの横に本棚兼サイドテーブルを設置する方法です。低い高さのボックスを用意し、ソファーの近くにセットします。いつも読む雑誌や本などを収納しておけば、いつでも本を手に取ることができます。

インテリアや小物などをおけば部屋のコーディネートもできるため、おしゃれな本棚が欲しい人にもです。

アイデア18:ファイルボックスに収納

本の収納アイデアの18個目は、ファイルボックスに収納する方法です。ファイルボックスはファイルをしまうケースですが、大きさが合えば本の収納ができます。本はもちろん、自立しにくい雑誌も立たせることができるため、大変便利です。

ファイルボックスは斜めにカットされているタイプと箱型のタイプなどがあります。斜めにカットされていればそのまま本棚にいれて見せる収納として役立ちます。箱型なら隠す収納に利用できます。

アイデア19:コの字型ブックスタンドを使う

本の収納アイデアの19個目は、コの字型ブックスタンドを使う方法です。コの字型なので一片が空いていて、背面がありません。そのため、さまざまな使い方ができます。空いている一片を下にし、床に置いて壁につければ本を入れ、上に物を乗せることもできます。

反対に空いている一片を上にするだけでも本棚として使用できます。設置するスペースや使い勝手を考えて工夫してみましょう。

アイデア20:テレビの下に平積み

本の収納アイデアの20個目は、テレビの下に平積みする方法です。テレビボードの下ががら空きという家庭では、本を平積みするのも良いでしょう。

立ててきれいに並べるより乱雑な感じもありますが、それが反対に味になり、おしゃれに見えます。また、普段多くの時間を過ごすリビングなら、すぐ手に取りやすいというメリットもあります。

アイデア21:バスケットに入れる

本の収納アイデアの21個目は、バスケットに入れる方法です。角形のバスケットなら、本を収納するのにぴったりです。立ててきれいに並べ、カラーボックスや床に直置きしておしゃれに収納しましょう。

ナチュラル系のバスケットなら、木のインテリアなどに良く合います。ワイヤータイプのバスケットなら、シンプルなかっこよさがあります。部屋の雰囲気やテイストに合わせて選んで使用してみてください。

アイデア22:マガジンスタンドに収納

本の収納アイデアの22個目は、マガジンスタンドに収納する方法です。マガジンスタンドは表紙を見せる収納ができます。お気に入りの表紙や大好きな作家さんの本などは、いつでも目につくところに置いて、気分を上げてみるのも良いでしょう。

マガジンスタンドはさまざまなサイズがあり、収納数もことなるため、収納したい冊数に合わせて検討してみてください。

アイデア23:ブックハンドでまとめる

本の収納アイデアの23個目は、ブックハンドでまとめる方法です。ブックハンドとは、アートアーツという会社から販売されている商品で、どんな姿勢でも本を楽に開いておける便利なアイテムです。

透明のプラスチックでできていて、本を開いたところに下から差し込み、本を開いた状態でキープできます。付属のスタンドプレートを使えば本を立たせて置くことができるため、見せる収納にぴったりです。

アイデア24:天井近くに棚を設置する

本の収納アイデアの24個目は、天井近くに棚を設置する方法です。床面のスペースは確保できなくても、天井近くのスペースは意外と空いているのではないでしょうか。

木材をDIYして取り付ければ、天井近くに本棚ができます。デッドスペースになりがちな天井を有効活用しましょう。

アイデア25:壁面収納を使う

本の収納アイデアの25個目は、壁面収納を使う方法です。床から天井まで、壁一面を本棚にしてしまうという方法なので、部屋の圧迫感は否めませんが、本好きの人にとって本に囲まれる生活は憧れるのではないでしょうか。

壁面収納では、全ての棚に本を敷き詰めても良いですが、グリーンなどのインテリアを少し入れることで空間が生まれ、圧迫感を軽減できます。引き出しなどを組み合わせて、好みにカスタマイズしてみてください。

アイデア26:棚差しと平積みを組み合わせる

本の収納アイデアの26個目は、棚差しと平積みを組み合わせる方法です。棚差しは本を立てて収納すること、平積みは本を寝せ、積み上げて収納することです。これらを組み合わせて収納することで収納にメリハリがつきます。

普段から良く読む本は棚差しにし、手に取りやすくしておきましょう。読まない本は平積みでOKです。平積みなら棚の天井まで積み上げられるため、スペースが無駄にならないところもポイントです。

圧迫感がない本棚はコレ

圧迫感がない本棚は、東洋事務器工業のクールラックです。背面がないため、本をぎっしり詰め込んでも後ろに空間ができ、圧迫感を軽減できます。また、ブックエンド付きなので、本棚のどの場所でも本を立たせることができるところもポイントです。

組み立て式ですが、レビューでは簡単に組み立てられたという声が多いため、女性でも安心して購入できるのではないでしょうか。

簡単組立!クールラック(大)(15kg/段)(高さ180cm)(IVアイボリー)

口コミ
私は1Kですが、圧迫感もないのに、大量収納できます。 また市販DVDなら1段で50枚収納できます。 本棚をお探しの方には是非お奨めです。

手放す本を決めるポイント

本を上手に収納するポイントやさまざまな本の収納アイデアを紹介してきましたが、本がどんどん増えていく場合は、全て収納しきれないことも考えられます。そのような時は、思い切って本を断捨離してみましょう。

以下で手放す本を決めるポイントを挙げてみました。どの本を手放すか迷ってしまって整理できないという人は、ぜひ参考にしてみてください。

ポイント1:読む頻度

手放す本を決めるポイントの1つ目は、読む頻度です。何年も読んでいない本は、本の存在すら忘れていることもあるでしょう。そのような本は、なくても問題ない本と割り切って手放すことを決断しても良いのではないでしょうか。

ポイント2:気に入っているかどうか

手放す本を決めるポイントの2つ目は、気に入っているかどうかです。最近は全く読んでいなくても、お気に入りの作家さんの本はなかなか処分できないでしょう。反対に、買ってみたけれど内容があまり気に入らなかったという本は、手放す本とするのも一つの方法です。

ポイント3:価値

手放す本を決めるポイントの3つ目は、価値があるかどうかです。価格的な価値のほか、自分にとって価値があるかどうかを判断することが必要です。大切な人に譲ってもらった本や、お気に入りの著者の本などは無理に手放さなくても良いでしょう。

しかし、そこまで思い入れのない本をいつまでも持っていてもスペースが無駄になるだけです。思い切って手放しましょう。

ポイント4:表紙デザイン

手放す本を決めるポイントの4つ目は、表紙デザインです。素敵な表紙の本は、読まなくても飾るという楽しみがあります。インテリアとして活用すれば部屋の雰囲気が変わるでしょう。

マガジンスタンドなどに表紙を見せるように飾って楽しんでみてはいかがでしょうか。反対に、そのような本に該当しない本は、手放すのも一つの方法です。

ポイント5:出版年月日

手放す本を決めるポイントの5つ目は、出版年月日です。初版やプレミアなどで価値がある本は、なかなか手放したくないのが一般的でしょう。反対にありふれている本や古本で買った本などは、価格的な価値が下がってしまいます。手放す基準として価値を見直すのも良いでしょう。

本をきれいに収納しよう

今回は、本の収納アイデア26選びや本を上手に収納するポイントなどを紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。どんどん溜まっていく本はできるだけ整理して、きれいに収納するように心がけましょう。

そうすることでいつでも取り出しやすく、目当ての本を見つけやすくなります。今後も増えていきそうな場合は、今回紹介した収納アイデアなどを参考に、収納スペースを増やす工夫をしてみてください。
関連
本の収納アイデア26選|本を上手に収納するポイント
真似したい6つの本収納アイデア/ポイント・耐震アイテム - 収納に関する情報ならCutee

種類別に最適な収納方法を選んで

以下のリンクでは、おしゃれな雑誌の収納方法や漫画を収納する方法などを紹介しています。
本の大きさや厚み、種類はさまざまなので、種類別に最適な収納方法を選んですっきりと収納してみてください。
関連
本の収納アイデア26選|本を上手に収納するポイント
おしゃれな雑誌収納の方法・アイデアとおすすめの雑誌収納ケース-家事をこなせるようになるuranaru
関連
本の収納アイデア26選|本を上手に収納するポイント
漫画を収納する方法とおすすめの収納ボックス・棚・DIY方法-家事をこなせるようになるuranaru
初回公開日:2018年08月29日

記載されている内容は2018年08月29日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

RELATED