Logo
menu
使いやすい下着の収納アイデア7コ・下着のたたみ方
更新日:2020年08月28日

ついつい増えてしまう女性の下着の使いやすい収納アイデアについて7コご紹介します。ちょっとしたコツを知っておくことで、取り出しやすく、見た目もおしゃれでかわいい下着の収納ができます。下着のたたみ方の工夫についてもご紹介します。

使いやすい下着の収納アイデア7コ・下着のたたみ方

下着収納の悩み

女性にとって、下着をどう収納するかは悩みの種と言えます。

下着は人目に触れるのは恥ずかしいから、引き出しやクローゼットの中にしまう人が多いです。でも、毎日使うものだから、必要な下着が見つけやすく、さっと取り出せるよう収納する工夫が必要です。

今回は、さまざまな下着の収納アイデアと下着のたたみ方についてご紹介します。下着の収納上手になって、便利でおしゃれな暮らしをしましょう。
関連
使いやすい下着の収納アイデア7コ・下着のたたみ方
おしゃれな見せる収納グッズ10選|見せる収納アイテム - 収納に関する情報ならCutee

女性の下着は増える一方

気に入った下着があると、色違いでそろえたくなったり、キャミソールとショーツをコーディネートしたくなったりする人も多いでしょう。

柄やカラー、デザイン重視の下着、補正下着、着心地が良い素材の下着など、女性の下着にはさまざまなタイプがあります。ブラジャーにキャミソール、パンストにショーツと、女性の下着はもともとアイテム自体が多いので増える一方です。

型崩れしないように注意

下着がかさばってしまうからといって、収納時にぎゅうぎゅうに押し込むのはいけません。型崩れしてしまうので避けましょう。

ブラジャーは繊細な立体構造になっているので、無理に押し込んで収納すると、カップの部分などが型崩れしてしまいます。また、ブラジャーやショーツ、キャミソールなど下着にはレースが使われているものも多く、取扱いが悪いとレースの部分が傷んだり、折り目が付いてしまったりすることがあります。

使いやすい下着の収納アイデア7コ

下着がぐちゃぐちゃにならず、上手に収納できるアイデアを7コご紹介します。

毎日使う下着の収納方法を工夫するだけで、あなたのぐっとオシャレ度がアップします。しかも取り出しやすく、お気に入りの下着もすぐに見つかるようになるので便利です。
関連
使いやすい下着の収納アイデア7コ・下着のたたみ方
おすすめの便利な収納ベンチ7選|おすすめの色3つ - 部屋・インテリアを考えるならCutee

アイデア1:タンスの引き出しに収納

タンスの引き出しに収納する時には、仕切りを入れることが大切です。仕切りがないと、たとえ下着をきれいにたたんでいても、たたんだものが広がってスペースを取ってしまうからです。

きれいに洗った牛乳パックや、100均のプラケース、お菓子が入っていた小箱などで引き出しを仕切りましょう。引き出し専用の仕切りBOXを使うのもです。

アイデア2:衣装ケースに収納

最近の衣装ケースは半透明で引き出し式になっているものが多いです。このタイプは中にあるものが探しやすく、取り出しやすいです。しかし、下着は小さいので衣装ケースの中で広がらないようにやはり仕切りがあったほうがよいでしょう。

スペースを効率よく使うためには、入れる下着の種類やたたみ方にあった仕切りを使うことです。仕切りの高さや実際の収納例の写真を見て、自分にとって使い勝手のよい仕切りを工夫しましょう。

アイデア3:かごに収納

下着をかごに収納するのもです。

引き出しや衣装ケースの仕切りとして使う場合は、百円アイテムの定番商品などの、深さが浅めで大きさが小さく、直方体型のかごを複数並べると良いでしょう。

また、カラーボックスや棚に引き出し代わりにかごを使う場合は、持ち手があり引き出しやすいかごや、中の下着が見えない蓋付きのかごを選ぶと良いでしょう。

アイデア4:ハンガーにかける

下着をハンガーにかける場合は、キャミソールやブラジャーの肩紐部分を掛けると良いでしょう。ブラジャーの前中心をハンガーの水平部分に掛ける方法では、1つのハンガーに5枚程度収納できます。

キャビネット用の省スペースハンガーも販売されているので上手に利用しましょう。

ハンガー付のウォールポケットなら、ショーツやパンスト、靴下といった小さな下着をまとめて収納できるので便利です。

アイデア5:洗面所に収納

ショーツなどを洗面所に収納する場合は、洗面所そばの隙間を利用できる薄型の収納ラックを利用しましょう。薄型でも高さがあるものなら収納力も大きいです。

さまざま幅や高さのラックが販売されているので、まずは設置したい収納場所のスペースの寸法に合わせて選びましょう。引出し付きのラックでは引き出しの深さもポイントです。

キャスター付きのワゴンタイプなら、奥行きがある場所でも簡単に引き出せます。

アイデア6:仕切り板を活用

100円アイテムの仕切り板を活用すれば、下着がすっきり収納できます。仕切り板は簡単に手で折ったりハサミでカットしたりできます。カットしたあとは切込みをつけ、もう一つの仕切り板を取り付けて十字型にして使いましょう。

これでパンストや靴下なども引き出し内に広がらずにすみます。

アイデア7:100円アイテムを活用

既にご紹介した仕切り板やミニかご以外にも、仕切りボックスなども収納に活用できます。収納用品にちょうど良い大きさのものが見つからなくても、キッチン用品や文房具の中に、使える100円アイテムが見つかることもあります。よく探してみましょう。

下着収納に必要な仕切りが簡単にできるBOX

タイトルを東洋ケース チェスト 仕切りボックス 15マスタイプ

口コミ
下着の引き出しがいつも混乱した感じになって、軽くストレスだったのですが、スッキリ見事に沢山のショーツ(ワンホールに二枚は入ります!)が収まりました。(^^)
折角たたんだ下着が、引き出しや衣装ケース内で広がらないように、仕切りが簡単につくれる仕切りBOXを活用するのも良いでしょう。

写真は同じ大きさに仕切られているBOXですが、これ以外にもさまざまな大きさの仕切りBOXが発売されています。収納したい下着の大きさや引き出しの大きさに合わせて選びましょう。

下着のたたみ方

折角収納を工夫しても、たたみ方が良くないと、型崩れの原因になってしまいます。変な折り目が付いたり、ゴムが伸びてしまったりという悲惨な事にならないように、下着のたたみ方を知っておきましょう。

お気に入りの下着がさっと見つかり、スペースを取らず、ぐちゃぐちゃにならないためには、収納するための上手なたたみ方も大切です。

ブラジャー

ブラジャーは繊細な下着なので、たたみ方に工夫が必要です。

まずホックを留めて、肩ひもをそれぞれのカップの裏に入れ、カップを外向けに2つに折り、一方のカップを他方のカップにそっと合わせましょう。動画はワイヤーのあるブラですが、ワイヤーの無いブラも同じようにたためます。

収納に余裕があれば、カップを2つ折りしない状態で、次々と他のブラジャーを並べるのも良いでしょう。ぎゅうぎゅうに押し込むのは避けましょう。

ショーツ

ショーツは、平らな所に置き、左右の部分をそれぞれ内側に折り返した後、三つ折りにするイメージでウエストと股の部分を折り、股の部分をウエスト部分に差し込みます。

この方法でたたんだショーツを、同じ幅の仕切りに順に並べると、ぐちゃぐちゃにならずに見やすい収納になります。

トランクスタイプの場合は、股の部分を少し折り返した後、左右を四つ折りになるように(観音扉のように)折り返した後、くるくると丸めます。

キャミソール

キャミソールは平らなところに背中が上になるように置き、両脇をそれぞれ三つ折りになるようにします。すその部分を少し折り返した後、残りが三つ折りになるようにします。最後にすその折り曲げた部分を胸の側に押し込んで形を整えます。

このたたみ方の良いところは、収納した後広がってしまう心配がないことです。

両脇を三つ折りに折った後、くるくると丸める方法もあります。収納場所に合ったたたみ方をしましょう。

靴下・ストッキング

左右の靴下をぴったり重ねた後、足首のところで半分に折り、つま先の部分を片側の靴下のゴムに押し込みます。

ストッキングは、股の部分を折り両足を重ねます。そのあと収納によい大きさになるまで、二つ折りを繰り返します。

下着をおしゃれに可愛く収納しよう

毎日出し入れする下着だからこそ、取り出しやすさに加えて、おしゃれに可愛く収納したい人も多いでしょう。収納用品を上手に選ぶこと、仕切り板や仕切りBOXを活用すること、たたみ方を工夫することで、おしゃれでかわいい下着収納が実現できます。
関連
使いやすい下着の収納アイデア7コ・下着のたたみ方
快適に生活する収納法5つ|収納のアイディアのサイト3つ - 収納に関する情報ならCutee

小物収納についてもっと知ろう

下着に加えて、小物収納のアイデアについても知っておきましょう。さまざまな収納アイデアを知ることで、自分のライフスタイルに合った収納を使い分けることができます。

収納についてもっと知り、おしゃれなライフスタイルを楽しみましょう。
関連
使いやすい下着の収納アイデア7コ・下着のたたみ方
下着の綺麗な収納方法・収納アイデア|手作り/仕切り/diy-家事をこなせるようになるuranaru
関連
使いやすい下着の収納アイデア7コ・下着のたたみ方
100均の商品を使った引き出しの収納方法・小物収納の仕切り・収納ボックス-家事をこなせるようになるuranaru
初回公開日:2018年09月03日

記載されている内容は2018年09月03日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

RELATED