Search

検索したいワードを入力してください

2018年11月10日

大葉味噌のおすすめレシピ10選|アレンジレシピ5選

「大葉味噌」という料理をご存知でしょうか。大葉を買いすぎてしまったとき、薬味として買った大葉が余ってしまったときなどに作っておけば、常備菜としても、毎日の料理の調味料としても、便利に活用することができます。大葉味噌の基本レシピとアレンジレシピをご紹介します。

大葉味噌のおすすめレシピ10選|アレンジレシピ5選

大葉味噌とは

大葉味噌のおすすめレシピ10選|アレンジレシピ5選

「大葉味噌」とは、名前のとおり、大葉と味噌から作られるごはんのお供になったり、調味料として使えたりする料理です。

大葉味噌は、大葉と味噌をベースに、ショウガやニンニク、そのほかいろいろな調味料を加えて作られています。大葉が収穫できる夏には、夏バテ対策の一品としてもおすすめです。

常備菜として保存可能で、ちょっとしたおつまみや、おにぎりの具としても便利に使える大葉味噌を活用してみましょう。

賞味期限

自作した大葉味噌の賞味期限は、1週間程度と考えておきましょう。この「1週間程度」も、煮沸消毒をした清潔な保存容器に入れ、冷蔵庫で保存した場合の賞味期限です。

常温で放置する場合は、1日程度しかもたないこともあるので注意が必要です。

大葉を乾煎りしない場合や、大葉以外の野菜を入れた場合など、大葉味噌としての水分量が多い場合は2日くらいが目安になります。

日持ちする工夫

大葉味噌の保存期間は、保存容器の煮沸消毒を行ったうえで1週間程度とされています。保存容器の消毒ができていない場合は、2,3日程度と考えた方が良いでしょう。

1週間よりもさらに保存期間を延ばしたい場合は、煮沸消毒した容器に移した後、すぐに冷凍することです。使う場合は、常温解凍で食べることができます。

冷凍にすれば、期限なしで保存可能と勘違いしている人が多数いますが、2週間程度で食べ切りましょう。

大葉味噌のおすすめレシピ10選

大葉味噌のおすすめレシピ10選|アレンジレシピ5選

薬味として大葉を購入した場合も、薬味として使い切れなかったときには、さっそく大葉味噌を作ってみませんか。

ここでは、大葉味噌のレシピをご紹介します。同じ「大葉味噌」という料理でありながら、調味料や食材の割合などを少し変えるだけで、味わいの異なる料理になります。

色々な大葉味噌のレシピを試してみて、お好みの味を見つけてみましょう。

レシピ1:常備菜・大葉みそ

まず、大葉味噌の基本ともいえるレシピをご紹介します。基本のレシピで大葉味噌を作ってみて、「大葉味噌」の味を確認しましょう。

基本のレシピに、調味料の調整を加えたり、食材を加えたりすることで、自分に合った大葉味噌を作ることができます。

アレンジを加えていくうえでも、まずは基本の大葉味噌の作り方と味を確認しておきましょう。

・大葉 20枚
・青唐辛子 2本
・サラダ油 小さじ1
・みそ 大さじ5
・みりん 大さじ2
・砂糖 大さじ2
・酒 大さじ1

大葉と青唐辛子はみじん切りにして、サラダ油で炒めて調味料を加え、とろっとするまで、中火で混ぜて完成。

出典: http://www.recipe-blog.jp/profile/83252/blog/13441539 |

レシピ2:ごまたっぷり!大葉みそ

ここでご紹介する大葉味噌は、基本の大葉味噌にたっぷりのゴマを加え、香ばしい味わいになるレシピです。ゴマにはセサミンが含まれ、活性酸素を撃退されるといわれています。

毎日、ゴマ入りの大葉味噌をごはんのおかずに添えて、アンチエイジング、生活習慣病予防、栄養バランス補助、ダイエット促進を期待できる可能性もあります。

ごまたっぷり!大葉みそ(作りやすい分量)

<材料>
大葉 15g

油 大さじ1
味噌 大さじ3
酒 大さじ1
みりん 大さじ1
砂糖 小さじ2

すりごま(黒) 大さじ2
ごま(あれば金) 大さじ1

<作り方>
1.大葉はみじん切りにし、水分をおさ え、全体の1/4程度をわけておく。

2.フライパンに油をいれ、大葉の3/4量を炒める。

3.フライパンを傾け、大葉を火から遠いところに避難させ、砂糖と味噌を加え油となじませながら炒める。

4.香りがたってきたら、酒とみりんを加え、馴染ませながら煮詰める。

5.水分が飛んできたらごまを加え、仕上げに取り分けておいた大葉を加える

出典: http://www.recipe-blog.jp/profile/13774/blog/13494364 |

レシピ3:ピリ辛大葉みそ

ピリ辛な感じの大葉味噌の作り方をご紹介します。味噌にはもともと麹の甘みがあり、辛味としては「塩辛さ」くらいです。

基本の大葉味噌にニンニクやショウガを加えることで、ごはんのお供や酒の肴の薬味としてうってつけの大葉味噌ができあがります。レシピでは大葉を20枚以上使うので、手元にある大葉の数に応じて、適宜調味料を調整しましょう。

《 材料 》

大葉 20~25枚
味噌 大さじ4
酒 大さじ1
味醂 大さじ1
砂糖 大さじ1.5
生姜、ニンニク適量

1.グレープシードオイルと少しのハバネロオイルを
入れ、みじん切りしたにんにく、生姜を炒めます。
2.1に酒、みりん、砂糖と長さ2.3cmくらいに千切りした
大葉を入れ、4.5分煮詰めて仕上げます。

*グレープシードオイルはサラダ油でハバネロオイルを
ゴマ油にして作ってもOKです

出典: http://www.recipe-blog.jp/profile/142178/blog/14918658 |

レシピ4:ニンニク大葉味噌

今度は、ニンニクをたっぷりと使った大葉味噌をご紹介します。ニンニクとオリーブオイルはよく合います。

オリーブオイルでニンニクを炒める際に、ニンニクの香りがオリーブオイルに移る程度まで炒めると、味噌の風味としてニンニクを効かせながらも、カラダの臭いとして残ることはありません。

少しイタリアンな香りのする大葉味噌に仕上がります。

材料
ニンニク 150g
大葉 20〜30枚
みそ 500g
オリーブオイル 適量
料理酒 大さじ6
みりん 大さじ3
はちみつ 大さじ3〜4
作り方
1.ニンニクと大葉はミジン切りにする。
2.フライパンにオリーブオイル適量をひき、ニンニクを中火で炒める。
3.ニンニクがきつね色になったら、大葉を加えてさらに炒める。
4.大葉に火が通ったら、みそ、はちみつ、料理酒、みりんを加えてよく混ぜ合わせる。
5.焦げ付かないように弱火でじっくり煮詰めていく。

出典: http://www.recipe-blog.jp/profile/147849/recipe/927655 |

レシピ5:大葉みそで【厚揚げの大葉みそ焼き】

ここからは、大葉味噌を使ったお料理のレシピをご紹介します。このレシピは、大葉味噌さえ作ってあれば、超簡単にできあがる、酒の肴としてもよく合う料理です。

厚揚げに大葉味噌と調味料を塗り、オーブントースターで焼くだけの簡単料理。急な来訪者への急ごしらえの料理としても、居酒屋料理っぽくて気にいってもらえることでしょう。

【材料】2人分
・厚揚げ………2枚(300g)

・味噌………小3
・みりん………小2
・マヨネーズ……小1
・しょうがすりおろし(チューブ)……小1/2
・大葉…………4枚(細かくちぎる)
【作り方】
① 厚揚げはペーパーで油を吸い、4等分に切ったら、オーブンシートに並べる。
② Aを混ぜ合わせ、①の表面に塗り、トースターで焼き色が付くまで焼く。

出典: http://www.recipe-blog.jp/profile/123285/blog/17594854 |

レシピ6:揚げだし豆腐-大葉みそ餡かけ-

ここでご紹介するのは、大葉味噌を調味料として使って揚げ出汁豆腐の「出汁」を作るためのレシピです。

通常の揚げ出汁豆腐とは異なり、「味噌ベース」であること、しかもそこに「大葉の風味」がプラスされていることで、大人の酒の肴としてとてもおすすめの一品になります。

もちろん、ごはんのおかずとしても、おいしくいただけます。

材料(2人分)
絹ごし豆腐-------------------200グラム
片栗粉-----------------------適量
大葉みそ---------------------大さじ1
和風だしの素-----------------少々
お湯-------------------------100cc
しょうゆ---------------------少々
水溶き片栗粉-----------------適量
油---------------------------適量

作り方
-下準備-
・豆腐は半分に切ってから、しっかりと水切りしておきます。
1)しっかりと水切りをした豆腐に片栗粉をまぶして、少量の油で揚げていきます。 全体にこんがりとしてきたら、器にもりつけます。
2)小さめのフライパン、または鍋にお湯、大葉みそ、和風だし、しょうゆを入れてひと煮立ちさせます。
3)水で溶いた片栗粉を加えて、好みの硬さのトロミにします。
4)器に盛り付けておいたお豆腐にかけたら完成です

出典: http://www.recipe-blog.jp/profile/7446/blog/10538511 |

レシピ7:チーズと大葉味噌を挟んだチキンかつ

ここでご紹介するレシピでは、レシピ中で大葉味噌を作っていますが、あらかじめ常備菜として大葉味噌を作ってあれば、この過程を省くことができます。

チーズと味噌、チーズと大葉、いずれもよく合う食材なので、チーズと大葉味噌を合わせるのも、おいしい組み合わせであることは想像するまでもありません。

チーズと大葉味噌を挟み込むことで、肉の臭みけしとなるばかりでなく、大葉の風味の良い、大人のチキンカツに仕上がります。

--材料(1人分)--
鶏胸肉 1枚
明治北海道十勝贅沢スライスチーズ3wayタイプ うまみ濃厚チェダーブレンド 1枚
味噌 小さじ2
大葉 3枚

小麦粉、卵、パン粉、揚げ油

1.鶏胸肉の厚みに切れ目を入れ、観音開きに開く。浅い切れ込みをいくつか入れ、全体の厚みが均等になるようにならす。
2.大葉を細かく刻んで、味噌と混ぜる。
3.明治北海道十勝贅沢スライスチーズ3wayタイプ うまみ濃厚チェダーブレンドの上に大葉味噌を塗り、鶏肉の上におく。
4.チーズをつつむように鶏肉をたたんで爪楊枝で止める。
小麦粉→溶き卵→パン粉の順につけて、からりと揚げる。
たっぷりの油を使わなくも、1cmくらいの深さの油でじっくり揚げればOK。

出典: http://www.recipe-blog.jp/profile/2205/blog/15316945 |

レシピ8:大葉味噌on焼きおにぎり

ここでご紹介するレシピは、大葉味噌をおにぎりの表面に塗り、焼いただけの簡単レシピです。「簡単レシピ」とはいえ、大葉味噌という常備菜を使っているので、手作りのありがたさも感じられます。

味噌を塗った焼きおにぎりは、香ばしさの中に甘さもあり、子供も好きな焼きおにぎりのスタイルですが、大葉味噌を使うことで、大葉の風味まで楽しむことができます。

焼いてしまうので、まだ大葉は苦手な子供でも苦にならないでしょう。

★材料(おにぎり2個分)★
・ご飯 300g  
→今日は5/9に掲載した鶏ゴボウの炊き込みご飯を使ってま~す
 詳しいレシピはそちらを見て下さいね!!
・大葉味噌 小さじ4
→5/8に掲載した大葉味噌を使ってま~す
詳しいレシピはそちらを見て下さいね!!
 
★作り方★
①ご飯を握っておにぎりにする
②オーブントースター1000Wで2~3分 両面をカリッと焼く
③大葉味噌を片面に塗ってオーブントースター1000Wで2~3分 カリッと焼く
④おにぎりをひっくり返し、裏面にも大葉味噌を塗ってオーブントースター1000Wで
 2~3分 カリッと焼いて完成

出典: http://www.recipe-blog.jp/profile/134590/blog/14369045 |

レシピ9:ふっくら柔らかな☆ささ身の大葉味噌焼き

ここでご紹介するレシピでは、焼きあがったささみにつけだれとして大葉味噌を使っています。

レシピでは、ささみを使っていますが、胸肉やもも肉を使っても、それぞれ少しずつ味わいの異なる「焼き鳥」として、大葉味噌で美味しくいただけます。

大葉味噌は、他の食材に対しても「つけだれ」として応用ができます。ふろふき大根や田楽などでも、甘みや辛味を調整しながら、試してみてはいかがでしょうか。

材料(2人分)
・ささ身・・3本、・薄力粉・・適量、A一汁一菜亭・大葉味噌・・大さじ1、1/3、A酒・・小さじ1、A水大さじ1・油・・少々

作り方
1 ささ身は筋を取り除き、観音開きにし、薄力粉をまぶす。

2 フライパンに油をひき熱し、ささ身を中火で両面焼く。

3 2のささ身に火が通ったら、一度火を止めて、合わせたAを加える。
再度加熱してささ身に照りからませる。

出典: http://www.recipe-blog.jp/profile/52736/blog/12808934 |

レシピ10:大葉みそバーグ

ここでご紹介するレシピも、レシピ中では大葉と味噌を材料・調味料として使用していますが、大葉味噌があればそのまま使ってしまいましょう。

大葉味噌があれば、料理のひと手間が減ります。他にも、味噌を調味料としている料理に対しては、大葉味噌が使えます。大葉味噌を使うことで、少し大人の料理にランクアップさせることができます。

材料 7~8個分
合いびき肉 330g
長ネギ 1本
大葉 20枚
卵 1個
※味噌 大さじ3
※砂糖 大さじ2
※酒 小さじ1
※こしょう 少々
大葉(飾り用) 7~8枚
サラダ油 大さじ2

作り方
1.合挽き肉を粘りがでるまで混ぜ、みじん切りにした、大葉、長ネギ、※の調味料、卵を加えてまぜる。
2.丸型に成型し、大葉を貼りつける。
3.フライパンにサラダ油をいれて、2を大葉を貼り付けた方から弱火で焼く。
4.ひっくり返して、今度は蓋をして、弱火で約5分蒸し焼きにする。

出典: http://www.recipe-blog.jp/profile/22449/blog/10859178 |

大葉みその味見をしてみたい人におすすめ

会津天宝 大葉みそ 120g

Amazonで見る

楽天で見る

口コミ

1年くらい前に食べておいしかったので再度注文しました。コーヒーをブラックで飲むようになってから甘くて食えなくなった(笑) 感じ方には個人差がありますが砂糖抜きのがあれば注文したい。

大葉味噌に興味はわいたものの、作るのはやっぱり面倒だとか、保存用の煮沸消毒が面倒だというひとも少なからずいることでしょう。

そういった人には、市販の大葉味噌を試してみることをおすすめします。自分で大葉味噌を作ってみようという人にとっても、市販の大葉味噌は「参考」になります。

本商品は、大葉の香りとピリ辛の唐辛子、会津甘みその旨みが重なって、美味しくいただける大葉味噌です。おにぎりの具にも最適です。

大葉味噌のアレンジレシピ5選

大葉味噌のおすすめレシピ10選|アレンジレシピ5選

大葉味噌を使ったレシピでは、大葉味噌が常備されていなくても、レシピの料理の中で大葉味噌を作りこむこともできます。

レシピの中で、食材に「大葉」と「味噌」が使われている場合、大葉味噌が常備菜としてあれば、直接大葉味噌を使ってしまえるレシピが多いので、臨機応変に使ってみましょう。

大葉を使う料理で、調味料が「味噌」ではなく「醤油」や「塩」の場合も、大葉味噌に置き換えて、風味の違いを楽しむこともできます。

レシピ1:野菜が美味しい~大葉味噌

ここでご紹介するレシピでは、大葉味噌と同じ材料を食材として使い、和風バーニャカウダともいえるサラダソースを作ることができます。

あらかじめ大葉味噌が常備菜として保存されていれば、大葉味噌をあわせるだけで、ひと手間減った手順で調理することができます。

ショウガやニンニクの利いた味付けが好みの人は、あらかじめショウガやニンニクを混ぜ込んだ大葉味噌を常備しておけば、料理のレパートリーを広げることができます。

★材料★
・大葉 20枚
・みそ 100g
・生姜 チューブ2㎝
・にんにく チューブ1㎝
・かつお節 2.5gパック全部
・サラダ油 小さじ1
・ゴマ油 小さじ1
・みりん 大さじ1
・砂糖 小さじ2

★作り方★
①大葉はせん切りにする
②鍋にサラダ油とゴマ油を入れて弱火にしてチューブのにんにくと生姜を加える
香ばしい香りがして来たら大葉、味噌、砂糖、みりんを加える
③弱火のまま練りこむように3分~5分ぐらい混ぜる
④火をとめてかつお節を混ぜて完成

焼きおにぎりやご飯にのせて食べても美味しいですよ

出典: http://www.recipe-blog.jp/profile/134590/blog/14368972 |

レシピ2:甘海老のたたき

ここでご紹介するレシピでは、大葉味噌と同じ食材を使って味付けします。大葉味噌が常備されていれば、大葉味噌を調味料として用いることができます。

甘エビを大葉味噌を混ぜてたたき状態にするレシピなので、「甘エビのなめろう」ともいえるでしょう。ご飯のおともにも、酒の肴にもよく合う料理です。

また、材料さえあれば調理時間はほとんどかからないので、急なお客様や、どうしてももう一品欲しくなったときにもおすすめです。

【甘エビのたたき】 2~3人分
甘エビ 100g
ねぎ 刻んだもの大さじ1程度
大葉 3枚
みそ 小さじ2
塩、酒 適量

1.甘エビは殻を剥き、塩、酒をふりかけ少し置いて臭み抜きをして洗う。
2.ねぎ、大葉はみじんぎりにする。
3.甘エビ、ねぎ、大葉、みそをまぜ包丁でたたく。

出典: http://www.recipe-blog.jp/profile/82346/blog/13959394 |

レシピ3:大葉みそ風味の椎茸の肉詰め

ここでご紹介するレシピは、大葉味噌をあらかじめ作っておかなくても、調理しながら大葉味噌と同じ風味・味をシイタケや肉につけることができるレシピです。

大葉味噌の材料ともなる、大葉と味噌を、シイタケに一緒に詰め込んでしまいます。結果として、大葉味噌で味付けをしたのと同じような味で、シイタケの肉詰めを味わうことができます。

<材料4人分>
●豚ひき肉 250g
●椎茸(大) 8個
(※直径8cm程度のもの)
●大葉 20枚
●赤みそ 大さじ1と1/3
●片栗粉 大さじ1
●酒 大さじ1
●ごま油 大さじ1
1.椎茸は汚れをキッチンペーパーでぬぐってから石ずきを取り除いておきます。
2.大葉はみじんきりにします。
3.ボールに豚ひき肉、2の大葉、赤みそ、片栗粉、酒、ごま油を入れ、よく捏ねて混ぜておきます。
4.1の椎茸の傘の部分に3を敷き詰めてから山盛りに盛っていきます。
5.250度のオーブンで20~25分焼いたら出来上がりです。

出典: http://www.recipe-blog.jp/profile/136042/blog/15966609 |

レシピ4:蒟蒻とズッキーニの大葉味噌煮

これからご紹介するレシピでは、大葉と味噌を材料・調味料として使っていますが、個々の材料とするせずに、大葉味噌を調味料として使ってしまえば良いでしょう。

普通の大葉味噌を使っても、ピリ辛、ニンニク入り、ゴマ入り、などアレンジした大葉味噌を使っても、おいしい料理に仕上がります。

材料
・コンニャク――――1袋(短冊切りになったものが楽チン♪)
・ズッキーニ――――1/2本(半月、薄切り)
・大葉――――――小さければ10枚、大きければ6枚位(粗みじん切り)
・太白胡麻油――――小さじ2/3
★水―――――――――1/2カップ
★薄口醤油―――――小さじ1~
★信州味噌―――――大さじ2~

つくり方
1コンニャクは洗ってから、いったん茹でこぼす。
 鍋にコンニャクを入れて中火にかけ、から炒りする。
(塩ふたつまみ入れて炒めると早く水分が飛び、下味も付きます)

 「ブリブリ きゅきゅっ」と音がしますが、
 水が跳ねたりとかしないので安心してね!
 表面が白っぽくなるまでしっかり炒りましょう。

2火を止めてズッキーニを加え混ぜます。
 混ざったら太白胡麻油を加えて、再度中火にかけ、ズッキーニが温まるまで炒めます。

3合わせた★の調味料と大葉を加え混ぜ、2分ほど煮たら
 火を止めて鍋留めをします。

出典: http://www.recipe-blog.jp/profile/19529/blog/14564412 |

レシピ5:いんげんの豚しそつくねとメンチカツ

ここでご紹介するレシピでは、つくねの焼きだれをしょうゆベースにしていますが、しょうゆの代わりに大葉味噌を使うと、食材の大葉ともマッチし、味噌だれ独特の香ばしさもプラスされます。

しょうゆベースから味噌ベースに変えることで、焼きだれとしてではなく、つけだれにするのもおすすめの使い方になります。

【材料】2人分
・いんげん………8本
・大葉…………4枚(大きめ)

・豚ひき肉………300g
・玉ねぎ………1/2個(みじん切り)
・しょうが(すりおろし)……小1
・塩………小1/3
・片栗粉………大2

・砂糖……大1
・醤油……大2
・酒……大1
・みりん………大1
【作り方】
① いんげんはヘタを折り筋を取る。大葉は粗みじん切りにする。
② ボウルにAと①の大葉を入れ、滑らかになるまでしっかり混ぜ、8等分にする。
③ ②の空気を抜いて、上下は少し出るようにし、①のいんげんにくっつける。
洗い物を減らすため、ラップの上に並べてます(笑)
④ フライパンを熱し、③を中火で焼く。全体に焼き色がついたらフタをして弱火で3分ほど蒸し焼きにする。
くっつかないよう間隔を空けて並べて下さいね、、
ぎゅうぎゅうですけど、、
⑤ 焼けたら余分な油を拭き取り、Bを回し入れ、軽く煮絡める。器に盛り、好みで卵黄をつけて頂きます。

出典: http://www.recipe-blog.jp/profile/123285/blog/17601728 |

大葉味噌を作ってみよう

大葉味噌のおすすめレシピ10選|アレンジレシピ5選

大葉味噌の作り方と使い方のレシピをご紹介しましたが、いかがだったでしょうか。「なんにでも使える」と印象を持たれたのではないでしょうか。

大葉味噌は、大人の調味料としても、つけだれ、焼きだれなどとしても、手軽に料理に使える便利な常備菜です。

材料もスーパーなどで簡単に手に入り、調理方法も特に難しいものではありません。日々の料理に手軽に用いるためにも、常備菜として作り置きし、どんどん活用しましょう。

この記事に関連する情報もチェックしよう!

大葉味噌のほかにも、わりと簡単に作ることができて、日々の料理に活用できる常備菜というのは、たくさんあります。

常備菜を作ることに時間がかかるものもありますが、大葉味噌のように手軽に作れて大いに活用できる常備菜もあります。

以下の関連記事も参考に、大葉味噌と同じように使いやすくて美味しい常備菜をたくさん作り置きしてみましょう。

Related