Search

検索したいワードを入力してください

2019年02月27日

日本に生息する鯉の外来種3種と在来種の特徴12個

日本に生息する鯉は外来種と在来種がいて、外来種は3種類いると言われています。そんな日本に生息する鯉の特徴について気になる方も多いのではないでしょうか。この記事では外来種の鯉3種と在来種の特徴について紹介します。鯉について知りたい方はぜひ読んでみてください。

日本に生息する鯉の外来種3種と在来種の特徴12個

鯉とは

日本に生息する鯉の外来種3種と在来種の特徴12個

鯉は、こい科の淡水魚です。口は小さく片側2本計4本のひげがあります。観賞用・食用が主な用途で種類が多いです。日本では観賞用として錦鯉が有名で、赤、白、黄色と鮮やかな色をしていて、高額で取引されています。

食用としては日本や中国で扱われています。古来からいる日本固有の在来種マゴイと外国から持ち込まれた外来種がいて、現在世界中に広く分布しており、世界の侵略的外来種ワースト100の1種に数えられています。

生態

鯉の生態は雑食でミミズやタニシ、水草など何でも食べ、病気に強く生命力が強いのでどこにでも棲めます。その上、長寿で100年生きた鯉も記録されています。

主な生息地は川の中流や下流、池、沼、湖、用水路などの淡水です。外来種の鯉は警戒心も低く、浅く水流のある場所でも動き回りますが、警戒心の強い在来種の鯉はあまり水流のない茂みや底に潜んでいます。

いま、その生命力から鯉が世界中で環境問題を起こしています。

原産地

鯉の原産地は黒海・カスピ海沿岸の中央アジアと中国です。日本にいる鯉の多くは、はるか昔に中国から日本に伝わってきました。一般的な鯉の原産地は中国とされていますが、近年日本において、化石なども見つかり、日本古来の固有種とされています。

日本には化石なども見つかったことから、日本列島が分裂する前からいた固有種で、南は沖縄から北は北海道まで広く生息していた形跡があります。

外来種の鯉の種類3種

日本に生息する鯉の外来種3種と在来種の特徴12個

本来日本には存在しない海外から持ち込まれた外来種の鯉は、大きいく分けて3種類あり、それは大和鯉、錦鯉、ドイツ鯉です。それぞれ持ち込まれた時期、原産地、飼育目的などで特徴が違います。

この3種類の外来種は、原産国(輸入元)や飼育先(日本国内のどの地域で飼育されたか)、外見、用途などで特徴が異なります。それぞれ、その特徴を解説していきます。

種類1:大和鯉

一般的に川や湖などで生息している鯉を「野鯉」、養殖されたものは「大和鯉」と区別されます。総称で「真鯉」と読んでいます。

以前は「大和鯉」と言うと「ヨドゴイ」や「サクゴイ」と同じように地方種の総称でした。現在「大和鯉」は、食用養殖鯉の総称を指します。大和鯉は色彩が少ない黒ずんだ色をしています。

英語表記では食用鯉は「Carp」と表記しますが、錦鯉は「Koi」、魚の病気の学術名も「Koi」と表記します。

種類2:錦鯉

日本に生息する鯉の外来種3種と在来種の特徴12個

錦鯉は鮮やかな色彩や斑点から日本の新潟で観賞用に品種改良して養殖された鯉の総称です。以前は色鯉(イロゴイ)、花鯉(ハナゴイ)、変わり鯉(カワリゴイ)、模様鯉(モヨウゴイ)などの別称がありました。

現在は、その外観から「生きた宝石」や「泳ぐ芸術品」とも称され、外国に輸出され愛好者も多くいます。

現在、錦鯉は審美性の良さから、斑点模様や色彩、体型、太さを対象にしてランク付けされ高値で取引されています。

種類3:ドイツ鯉

もともとはドイツやオーストリアで食用に品種改良された鯉で、日本には1904年に輸入されて養殖されました。

ウロコが大きくて少なく背部や側線部の一部にだけになった鏡鯉(カガミゴイ)とウロコが殆ど無くなった革鯉(カワゴイ)などです。鏡鯉は革鯉と野鯉の交雑種です。

体高が高く、成長が早いのが特徴です。ウロコが殆ど無く、成長が早いのも食用の特徴ですが、現在は食用としての需要は無く、観賞用として需要があります。

錦鯉について多くの写真を見たい方に

錦鯉 大型本

¥ 3,996

Amazonで見る

口コミ

錦鯉に関する写真集が今までなぜなかったのか、マニアだけが知る鯉の美しさをもっと皆さんに見てもらいたいと思います。

錦鯉について詳しく知りたい方は「鯉型 大型本」を御覧ください。錦鯉について数多くの種類の写真が載っています。錦鯉の特徴である色彩鮮やかな様々な種類の錦鯉の写真が載っています。

錦鯉はその色合いと組合せから種々の呼称があります。紅白、大正三色、昭和三色、浅黄(あさぎ)、秋翠(しゅうすい)、べっ甲、写り物、五色、黄金、孔雀、変わり物とよばれる色鮮やかなこれらの錦鯉の写真を集めた写真集です。

在来種の鯉の特徴12個

日本に生息する鯉の外来種3種と在来種の特徴12個

在来種の鯉は外来種の鯉と比べると、違いがいくつかあります。その違いについて以下に解説していきます。外来種の鯉はもともと輸入された鯉なので在来種の鯉と特徴が異なります。

さらに、日本にもちこまれて100年近く経っているので、野生化した外来種の鯉に至っては日本の環境に順応して外観や特徴が変化しています。その典型的な例が在来種と外来種の交雑種です。交雑種に至っては在来種と外来種両方の特徴を有しています。

在来種の生息地

日本に生息する鯉の外来種3種と在来種の特徴12個

在来種の鯉の生息地は、琵琶湖、霞ヶ浦、児島湾、四万十川などの日本を代表する大きな湖などに生息しています。明治時代以降養殖用の外来種が入り込み在来種との交雑種が増え、純粋な在来種が減少しています。

日本古来からいる在来種は、主に流れの緩やかな川や沼、湖などに生息しています。そして在来種は警戒心の高さから深水40~50メートルの深いところにいます。

一時期コイヘルペスが流行して在来種が激減しました。

在来種の特徴12個

外来種の鯉というのは、もともと日本にいなかった鯉なので、在来種と体つきが違います。在来種の鯉は、体を日本の風土や気候、環境に長い年月をかけてあわせて変化させ、現在の体つきになっています。

在来種の鯉と外来種の鯉を比較した場合、いくつかの違いが見つかります。見た目や骨格、色彩、体型など、在来種の特徴12個を以下に示します。

特徴1:体高が低い

外来種と比べて在来種の鯉は、体高が低くなっています。頭部から背びれにかけて外来種の鯉は盛り上がっていますが、在来種の鯉はなだらかに高くなっていて、外来種とは明らかに違います。

養殖用の外来種と違い天然物の在来種は厳しい自然の川の流れにさらされているので、抵抗の少ないように体高が低くなっています。在来種は外来種よりも全体的に体高が低く長く、シャープな体型をしています。

特徴2:断面が丸っこい

魚の体型において、多くの魚が左右に潰れた形をしています。これを側扁(そくへん)と呼んでいます。外来種の場合、断面が楕円形の形をしていて側扁になっています。一方、外来種に対して在来種は、側扁の形をしておらず、断面が丸くなっていて細長いスリムな体型をしています。

特徴3:頭長が短い

在来種の鯉は外来種の鯉と比べ、頭長が短くなっています。鰓耙(さいは)とよばれる頭長のエラの部分が短く数が少なくなっています。人間でいうと首の部分が長いようなイメージです。

特徴4:ひれが短い

在来種は、尾びれ、腹びれ、胸びれ、背びれ、臀びれなどほとんどのひれが外来種と比べて短いです。同じくらいの大きさの在来種と外来種の鯉を比較すると見た目でわかるくらいひれの大きさが違います。

よく日本で鯉というと、滝をのぼったり、流れの早い川でジャンプしたりすることをイメージしますが、在来種の鯉は、流れの緩やかな川や湖、沼の深水にいるのでひれが短くても問題ありません。

特徴5:背びれが前方に位置する

在来種の鯉は外来種と比べ、背びれが前にあります。人間で例えると、おでこが短いイメージです。在来種の鯉は、背びれが前にあり体高も低いのでよけいに体型が細く見えます。

特徴6:眼経が大きい

在来種の鯉は外来種と比べると、骨格的にわずかに目が大きいです。見た目ではあまり分かりませんが、在来種と外来種の眼経を計測して統計をとると、数値で「在来種の方が眼経が大きい」という結果がでています。

特徴7:尾柄部が細い

尾柄部とはビヘイブと読み臀鰭(しりびれ)から尾びれまでの部分を指します。在来種の鯉は外来種と比べ、見た目だけでなく、計測して数値化した統計上でも、尾ひれの付け根が細いです。

特徴8:尾柄部が急に尻すぼみとならない

外来種の鯉は尾柄部が急に尻すぼみとなり、くびれて尾びれが広がります。一方、在来種の鯉は尾柄部が外来種のようにくびれることはなく、わずかに細くなるくらいで寸胴になっています。

特徴9:背びれ軟条数が多い

魚のひれには枝のようなものがあり、これを鰭条(きじょう)とよんでいます。

鰭条には硬い棘条(きょくじょう)と柔らかい軟条(なんじょう)があり、鯉には軟条があります。軟条は柔らかく折れにくく、抵抗を逃がす働きがあります。在来種の鯉の軟条の数は外来種と比べると多いです。

特徴10:尾びれの先端が尖っている

在来種は背びれの先端部分だけが突出して尖っていて尾びれの先端が尖っています。そのため外来種よりも泳ぐ力が強くなっています。

一方、外来種は背びれの後半が歪曲していて尾びれの先端も丸くなっています。そのため、在来種よりも水を掻く力が弱いので泳ぐ力が弱くなっています。

特徴11:体色は金色を帯びている

外来種は全体的に色が黒ずんでいます。一方、在来種は背部が深い黒ですが、腹部は光が当たると鱗が金色を帯びた黄色です。天然のうなぎと同じで在来種の鯉も金色を帯びた輝きをしています。

外来種の錦鯉の中には黄金と呼ばれる種類があり、この錦鯉は全身金色で金属光沢のないものとあるものがあり、赤、クリーム、プラチナ、黃色、橙色なども帯びています。在来種のように腹部が部分的に金色を帯びるような色彩とは異なります。

特徴12:側線鱗数が少ない

魚の体を横からよくみると、エラから尾びれに向かって線のようなものが見えます。これを側線と呼びます。この側線が水の流れや水圧の変化を感じる触覚のような役割をしています。

そして、側線にある鱗を側線鱗(そくせんりん)といい、在来種の鯉は外来種と比べ側線鱗数が少なくなっています。

魚を育ててみよう

日本に生息する鯉の外来種3種と在来種の特徴12個

興味のある方は、ぜひ魚を育ててみましょう。魚の飼育は簡単で、設備も簡易なもので済ませられれば、費用もあまりかかりません。

魚の調達方法としては「金魚すくいで手に入れる」や「川や湖で釣ってくる」、「ペットショップなどで購入する」などがあります。この中でも「金魚すくいで手に入れる」が一番簡単でおすすめです。

初めて魚を育てるなら金魚がいいです。金魚は育てやすく病気にも強いので、簡単に育てることができます。

家庭で育てられる魚類

家庭で育てる魚としては熱帯魚や金魚がいいでしょう。家庭で育てるのならば簡単な設備で育てられる入門用の魚から育ててみましょう。

熱帯魚は暑さに強いので夏の猛暑の温度管理の心配が少なく、家庭でも育てやすいです。熱帯魚ならばネオンテトラ、カージナルテトラ、グッピーなど家庭でも育てやすい種類があります。

川や湖、沼などでとった野生の魚を家庭で育てるならば、コブナやタナゴなどの小型の魚が育てやすくおすすめです。

外来種外来種

Related

モルモットの寿命は何年なのか?育てる時に気を付けたい注意点

皆さんは動物を飼っていますか。犬や猫など飼っている家庭が多いことでしょう。しかし最近ではモルモットを飼う家庭が増えてきています。そこで、モルモットについて、モルモットの寿命や種類、飼う時の注意点などをご紹介します。是非飼うときの参考にしてください。
ペット
2019年06月06日
モルモットの寿命は何年なのか?育てる時に気を付けたい注意点

猫が頭突きをしてくる理由10コ|相手別心理・対処方法

猫の頭突きは良く見られる光景です。しかし、慣れない人はその意味が分からずに不安を覚えることがあるでしょう。猫の頭突きの意味は相手によって違うことをご存知でしょうか。ここでは、猫の頭突きの理由とその対処法をご紹介します。この記事で、猫との良い関係を探って下さい。
ペット
2019年06月06日
猫が頭突きをしてくる理由10コ|相手別心理・対処方法

ウーパールーパーの生態・成長過程と成体の特徴7コと飼育方法

ウーパールーパーは姿も可愛く女性に人気のペットです。ほとんどすべての個体が成体せずに幼体で成長します。ウーパールーパーは幼体のまま成体しないために変態せずエラを持っていて、水槽だけで簡単に飼育できますので初心者にもおすすめのペットと言えます。
ペット
2019年06月06日
ウーパールーパーの生態・成長過程と成体の特徴7コと飼育方法

キジの鳴き声の特徴と鳴き方の種類6コ・生態・日本人との関係

キジは国鳥として日本人にとってなじみの深い鳥です。肉は淡泊ですがしっかりとした味わいで、身は硬いので熟成させて食べるのに向くといった特徴があります。そんなキジの鳴き声のパターンはひとつではなく幾つかあります。今回はそんなキジについて紹介します。
ペット
2019年02月27日
キジの鳴き声の特徴と鳴き方の種類6コ・生態・日本人との関係

恐竜の種類7つ・人気度ランキングTOP10を紹介!

子たちが大好きで、大人もはまる恐竜はさまざまな種類がいます。人気の恐竜が何かを知るために、肉食類や草食類、翼竜などの種類の中で、有名な恐竜の人気ランキングをトップ10をご紹介します。また、恐竜の7つの種類についても詳しくご紹介していますので、ぜひご覧ください。
ペット
2019年02月27日
恐竜の種類7つ・人気度ランキングTOP10を紹介!

てんとう虫の名前の由来|星の数模様から14種類・毒性なの?

てんとう虫は身近な昆虫ではありますが、その生態や種類についてはあまり良く理解されているとはいえません。てんとう虫の種類や見分け方を知ることでガーデニングや家庭菜園などの虫の駆除の判断などに生かすことができるので、一考の余地があるといえるでしょう。
ペット
2019年02月27日
てんとう虫の名前の由来|星の数模様から14種類・毒性なの?

チンチラの寿命とは|性格や価格・育て方・カラー6種

可愛いくて人懐っこいネズミの仲間のチンチラですが、その生態は一般にはあまりよく知られていません。そんなチンチラの特徴やカラー、購入や飼育するときの注意点などを簡単にまとめてみましたのでチンチラに興味がある方は読んでみてください。
ペット
2019年02月27日
チンチラの寿命とは|性格や価格・育て方・カラー6種

猫がすりすりしてくるときの意味5つ|しつこい時の対処法5コ

飼い猫や野良猫が足にすりすりしてきた経験はありませんか。猫がすりすりしてくると、甘えられている感じがして嬉しくなります。この記事では、猫がすりすりしてくるときの理由と、しつこいすりすりの対処法をお伝えします。猫の行動の意味を知り、もっと仲良くなりましょう。
ペット
2019年02月27日
猫がすりすりしてくるときの意味5つ|しつこい時の対処法5コ

鶴の平均寿命と最長寿命4種・寿命の長い生物|亀/鯉/ミル貝

「鶴は千年亀は万年」とありますがこれは実際の鶴や亀の寿命に基づいたものなのでしょうか。そうでなければ実際の鶴や亀の寿命はどれくらいでしょうか。また地球上には想像を超す長寿の寿命の動物もいます。今回記事では鶴や亀の寿命やそのほかの長寿動物をご紹介します。
ペット
2019年02月27日
鶴の平均寿命と最長寿命4種・寿命の長い生物|亀/鯉/ミル貝

うさぎは寂しいと生きれないのか・うさぎの特徴8コと注意7コ

うさぎは寂しいと死んでしまうという話を、誰もが一度は聞いたことがあるでしょう。うさぎは寂しいとストレスで体調不良を起こすことはありますが、寂しいだけで死ぬことはありません。この記事では、うさぎが寂しいと死ぬと言われる理由や、その生態・特徴についてご紹介します。
ペット
2019年02月27日
うさぎは寂しいと生きれないのか・うさぎの特徴8コと注意7コ

猫が丸くなる時の気持ち6つ・猫にとっての快適な温度

猫が丸くなるのは単なる習性だと思っていませんか。きちんとした理由があります。気温にストレスを感じているのでしょう。飼い猫により快適な生活を届けたいのなら、行動の意味を理解する必要があります。この記事では、猫が丸くなる気持ちについてご紹介します。
ペット
2019年02月27日
猫が丸くなる時の気持ち6つ・猫にとっての快適な温度