Logo
menu
家族構成で見る食費の平均値|食費の節約の工夫5選

初回公開日:2018年12月10日

更新日:2020年08月28日

記載されている内容は2018年12月10日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

食費の平均は一人当たり、1日1000円ほどです。自炊をするのかそうでないのかでも食費の平均は変わってきます。自分の普段の食生活を見直してみて、無理をせず食費を管理していきましょう。家族や夫婦で協力できることがあれば一緒に楽しみながら節約をしていきましょう。

家族構成で見る食費の平均値|食費の節約の工夫5選

エンゲル係数の意味

エンゲル計数というのは、家計支出の食費の割合を示しています。家計の支出で食費の割合を多く占めれば、エンゲル計数が高いという表現をするようになっています。

自分の家庭のエンゲル係数が高ければ、それだけ生活に潤いを持たせていないことになるので自分なりに工夫をしてエンゲル係数を下げるようにしていきましょう。

理想的なエンゲルは?

理想的なエンゲル係数の数値はその家庭の消費支出の20%の食費だと言われています。理想的なエンゲル係数に保つには、収入を増やすことや食費を抑えることを考えましょう。

自分の家庭の食費を上手に抑えることで、エンゲル係数を低くすることができるので節約をして、買い物も良く考えてする必要があります。

家族構成で見る食費の平均値

自分の住んでいる地域や家庭によって月の食費の平均の食費は変わってきますが、一人で暮らしている場合、1日の平均の食費は千円ほどでしょう。もちろん、自炊ができるのかそうでないかも大きく影響しますが、なるべく平均に近づけるように抑えていく必要があります。

そのためには、収入を増やしたり食費を抑える工夫をする必要があり、自分にできる方法で食費を考えていくことが必要でしょう。

1:ひとり暮らしの食費平均

ひとり暮らしの人の1ヶ月の食費は、2万5千円から3万円ほどになります。食費は一人分しかかかりませんが、自炊をするのかそうでないのかでも食費は大きく変わってくでしょう。またひとり身なので、料理を作っても食べきれないこともあるので外食の人も多くなってます。

ひとり暮らしの場合は、1日1000円ほどに食費を抑える努力をして、家族がいない分自由なので平均食費に近づけるようにしましょう。
関連
家族構成で見る食費の平均値|食費の節約の工夫5選
一人暮らしの食費平均は?食費を20,000円に抑える節約術 - cutee

2:2人暮らしの食費平均

夫婦2人で暮らしている場合は、平均月4万円ほどの食費がかかります。夫婦共働きになれば、妻が家庭にいる時間が減るので、食費に気を使えなくなります。そうならないためにも、月々の平均食費を決めておき支出を管理する必要があるでしょう。

ふたり暮らしの場合は、食べ盛りの子供がいない分食費を抑えることに気を使うようにしましょう。手作りお弁当を持って行ったり、将来のことを考えて食費を考えるようにします。

3:3人家族の食費平均

3人家族の家庭の平均の食費は5万5千円から6万ほどになります。3人という家族構成は夫婦と子供といった場合が多いので、安い食材で自炊をすれば残りものを出すこともないので、工夫次第では食費を管理しやすくなるでしょう。

3人家族の場合、月の食費を平均6万円に抑えることを目標としてまとめ買いや手作り弁当などを利用するようにします。

4:4人家族の食費平均

4人家族の場合、月の平均食費は6万円ほどになり、1日2千3百円ほどで食費をまかなうことができます。その家庭が住んでいる地域や家族でも食費は違ってきますが、4人の場合きちんと管理しないと食費が多くかかることになるので考えて食材を買うようにしましょう。

4人家族ならば、一人一人ができることは何かを考えながら平均の食費に近づけるために努力をしていきましょう。

5:5人以上の家族の食費平均

5人以上の家族ならば、その家庭の総収入にもよりますが、平均食費は7万円から8万円になります。5人以上の家族の場合は、それだけ収入が増えるので食費に回せるようにしていくことが大切になり、そのためにはどんぶり勘定にならないようにします。

5人以上の家族がいる場合は、食費だけでなく普段の生活で無駄な出費がないかをよく確かめていきましょう。一人一人の収入を明らかにすることも必要になります。

外食費の平均値

外食をする家族の平均額は、3人ほどならば1万5千円、4人以上になれば2万5千円以上になるでしょう。どのような食事が好きなのかでも外食費の平均値は変わってくるので、身分相応の外食をしているのか考えながら店を選ぶ必要があります。

外食の平均額をある程度家族で決めておき、外食と自炊のバランスを取りながら外食を楽しみましょう。

外食の回数

家族での外食の回数はその家族の考え方や収入にも変わってきますが、月に1度か2度家族で外食すれば平均的な外食の回数となります。外食について前向きな考え方を持たない家庭もあるので、平均を満たすというよりも、普段の食事の時間を楽しく過ごせるようにしましょう。

家族での外食も子供の誕生日や夫婦の記念日、イベントの際に外食をするようにして普段の食費を考えていくようにします。
関連
家族構成で見る食費の平均値|食費の節約の工夫5選
食費の節約のポイント8つ|一人暮らし/二人暮らし/四人暮らし - cutee

「食費が減るおかず」を読んで楽しく節約しよう

食費が減るおかずBEST500

口コミ
500アイテムもレシピがあるので、好みがあるものの、毎日の献立に活躍してくれています。
料理をする人が安い食材で500ものレシピを作ることができる本となっており、食費を削りながら楽しく節約できることを実践できる本です。食費を減らしながら、楽しんで食事が楽しめるので節約することが苦になないでしょう。

この本以外でも、ママ友や友人に食費の減らし方を聞いてみて自分に実践できることを試していけば食費を減らせます。

食費の節約の工夫5選

食費を減らすには自分なりに工夫をする必要があります。例えば、安いときに多くの食材を買っておき保存することや、安売りの期間を把握することも必要でしょう。そのために家族の協力や一人一人でできることをしていきます。

自分に合った節約法を見つけて、平均食費を減らせるようになることが大切でしょう。そのためには無理をして辛くなるような節約法は選ばないようにします。

1:冷凍保存の工夫

安い食材や残った食材を冷凍保存をすることで長く食べ物を持たせることができるので手軽な節約法になります。自分で冷凍保存をする癖をつけるようにして、食費に関心を持つようにしましょう。

自分の田舎から送られてきたものを冷凍保存したり、また両親や知り合いからどの食材がどのぐらい冷凍で持つのかを聞いて自分なりに冷蔵保存節約を試してみます。

2:まとめ買いの工夫

食材が安く売っているときに家族皆で買い物に行き、安い食材をまとめ買いするという節約法があります。まとめ買いをするにはスーパーで何がいつ安いのかを把握しておく必要があるでしょう。まとめ買いは冷凍保存よりも手軽な節約法です。

自分でまとめ買いをする癖をつけて、買い物をする際もポイントが多くもらえる時期を狙うようにしましょう。またテレビのニュースを見て何が高騰しているのかを覚えておきます。

3:手作り弁当の工夫

職場に手作りの弁当を持っていくことで、お昼の食費を減らすことになります。食費の平均を下げていくには手作りのものを利用しなければ、食費を減らすことはできないでしょう。本などのレシピを見て手作り弁当を作るようにすれば、食事の時間が楽しくなります。

自分が外出する際は、手作り弁当を職場に持っていくだけでなく、水筒を持参したり、子供にも水筒や手作り弁当を持たせる習慣をつけさせましょう。

4:家庭菜園の工夫

家族構成で見る食費の平均値|食費の節約の工夫5選
※画像はイメージです
自分の家のベランダや庭で野菜を作ることで食費を節約することがでるでしょう。自分で栽培することで楽しんで食材を節約できるので、スーパーで買って食べている食材よりも美味しく感じることができます。

思春期や多感な時期の子供にどう接すればいいのかわからない場合には家庭菜園を始めて、家族で楽しい時間を過ごしましょう。
関連
家族構成で見る食費の平均値|食費の節約の工夫5選
プランターで家庭菜園を始めよう!|12種の野菜の栽培法とコツ - cutee

5:物々交換の工夫

知り合いと食材を物々交換することで、いらないものを処分できるだけでなく、交換するだけで食材が手に入ります。物々交換をすることで家庭では何が必要なのかが理解できるので、交換する知り合いがいれば食費の節約になるでしょう。

友達や知り合いと食材を物々交換するだけでなく、生活用品なども交換して無駄なものをなるべく効率的に利用するようにします。

平均を知って食費の使い方を見直してみよう

自分の家の食費の平均値を知るには、家の収入を把握しておき、食費そのものを見直すことが必要になるでしょう。毎日の食事にいくらかかっているのかを家族で話し合うことも必要になります。

家族でできる節約法を見つけて、食費の平均値を下げる努力をしてみましょう。そのためには必要な情報を集めて、できることを実践することが必要です。

この記事に関連する情報もチェックしよう

食費を節約するには家族の理解が必要です。どうすれば夫婦や家族で仲良く楽しく過ごせるのかを考えて、節約法を選んでいきましょう。他の記事をチェックしてできることを見つけることが大切です。

夫婦や家族でできる節約法を探し、無理ない方法を見つけるためにも他の記事をチェックしてみましょう。
関連
家族構成で見る食費の平均値|食費の節約の工夫5選
二人暮らしの夫婦の生活費の平均と簡単節約術4選・光熱費 - cutee
関連
家族構成で見る食費の平均値|食費の節約の工夫5選
お金の管理を上手にできるおすすめの方法11選・管理する手法 - cutee

RELATED