Logo
menu
冷凍庫の温度って何度?温度が下がらない時の対処法6つ
更新日:2020年08月28日

冷凍庫の温度が下がらずに困ったことはありませんか。夏場は気温が暑いために、ドアの開け閉めが多過ぎると温度が下がり難くなるでしょう。冷凍庫の温度が下がらない場合の対処法をご紹介します。また、冷凍庫の賢い使い方をお伝えしますので、上手く温度を下げてみてください。

冷凍庫の温度って何度?温度が下がらない時の対処法6つ

今では生活に必需品の冷凍庫

今では毎日の生活に冷凍庫は必需品となっています。一度にたくさんの冷凍食品をまとめて安く買っておき、冷凍庫にストックして、好きな時に好きな冷凍食品を食べたい人が増えている理由でしょう。

作りおきしたい料理をタッパーに入れて冷凍庫へ保存し、好きな時に電子レンジで温めて食べるのも便利です。そんな生活に必需品の冷凍庫についてお伝えします。

冷凍庫の温度は何度なのか

冷凍食品をしっかり冷凍し、保存しておける最適な冷凍庫の温度は何度なのか考えることはありませんか。一般家庭用の冷凍庫の温度はわかるけど、業務用の温度は何度なのか分からないという人も多いでしょう。温度について知りたい人のために、業務用の冷凍庫の温度についてご紹介します。

業務用の冷凍庫の温度

業務用の冷凍庫の温度は、家庭用の冷凍庫よりも低く設定しているのが特徴的です。大抵は-20℃から-30℃に設定されていることが多いでしょう。

なぜ、低めに温度が設定されているかというと、業者は頻繁にドアを開け閉めすることが多いからです。開けるたびに冷凍庫の温度が上がってしまい、食品が溶けてしまい、味が劣化、または腐敗するのを避けるため、18℃以下の温度に保っています。

冷凍庫の温度が下がらない場合の対処法6つ

気温の暑い夏場は冷凍庫の温度が上がってしまい、中に入れた食品が腐りやすくなってしまうことはありませんか。

冬場でも家族が多く、頻繁にドアを開け閉めするから温度が上がりやすくなり、溶けてしまうなど、悩みは多いでしょう。温度が下がらなくて悩む人のために、対処法を6つご紹介します。

対処法1:ドアを開けている時間を少なくする

冷凍庫のドアを頻繁に開け閉めしているから中の温度が上がってしまうなら、ドアを開けている時間を少なくしてみましょう。ドアを開けない時間が多くなれば、それだけ中の温度が急に上がってしまい、温度が上がってしまうこともなくなります。

またドアを開けてしまうとしっかり凍る時間も短くなり、冷凍食品は溶けやすくなってしまいます。ですから、温度を低くする状態を保つため、ドアの開ける回数を減らすことが大事です。

対処法2:ドアのパッキンの点検

ドアのパッキンの点検をすることで冷凍庫の中の温度を低く保つことができます。冷凍庫のドアのパッキンが劣化していると、ドアを閉じた時に隙間が開いてしまい、冷気が漏れてしまうことで温度が低くなりにくい状態となってしまいます。

ですから、ドアのパッキンの点検を定期的にして、パッキンが劣化していればすぐに交換をしましょう。

対処法3:詰め過ぎていないか確認

食品を詰め過ぎていないかを確認することが冷凍庫の温度を下げない対処法です。食品を詰め込み過ぎていると、食品を冷凍するための冷気吹き出し口からしっかり冷気を冷凍庫内に流すことができなくなり、温度が下がらない原因となります。ですから、冷凍庫の温度を下げるためには、冷凍庫内の4分の3ほどの量を入れることがポイントです。

詰め過ぎを解消すれば、食品と食品の間に隙間を作り、冷気をしっかり循環させて温度を下げましょう。

対処法4:霜が付いていないか確認

冷凍庫の冷気吹き出し口に霜が付いていないかを確認しましょう。出口に霜が付いていれば上手く冷気を送り出すことができず、冷凍庫内の温度が上がってしまいます。冷気を出す口に水が付かないように、こまめに拭き取りましょう。

霜の取り方

霜が付いていたら自動霜取り機能で取り除くか、タオルをお湯に浸し、絞ってから霜に当てて溶かして取り除きましょう。

すぐに霜を取り除きたいなら、出てくる水分を受け止めれるように冷蔵庫の下にタオルを敷き、霜にお湯をかけて溶かしてみてください。最後に、キッチンペーパーやタオルで水気を拭き取ることが大事です。

対処法5:冷蔵庫の配置を確認

冷蔵庫の配置を確認して、温度を下げましょう。冷凍庫を配置する場所に直射日光が当たるような場所に配置していては冷蔵庫全体が温まってしまい、冷凍庫内の温度が下がりません。ですから、冷蔵庫に直射日光が当たらない場所を選び、日陰になるような場所に配置してみてください。

場所的には日光が入り難い窓の反対の場所がいいでしょう。どうしても窓の近くに置くなら、太陽の動きをチェックすることが大事です。

対処法6:冷凍庫の寿命を確認

使っている冷凍庫の寿命を確認することが大事です。長年使っているその冷凍庫は寿命が過ぎていると電気系統や部品が劣化し、上手く冷凍庫内の温度を低くすることができず、冷凍庫をしっかり冷凍することができなくなることがあります。

しっかり温度を下げたいなら、冷凍庫の裏側か買った時の保証書、領収書などを確認して、寿命が過ぎていないかをチェックし、過ぎていれば買い換えた方がいいでしょう。
関連
冷凍庫の温度って何度?温度が下がらない時の対処法6つ
冷凍庫が冷えない?その原因とすぐできる5つの対処法 - cutee

冷凍庫について知りたいあなたにはこちら

時間もお金も上手に節約・ムダなし!冷凍庫活用ライフ

口コミ
おいしく楽をするための冷凍保存が出来るようになりました。
いつも食材で冷凍庫内がいっぱいで霜ができ易い、収納の仕方が分からずに詰め込み過ぎて、温度が保てない悩みを持つ人は多いのではないでしょうか。悩めるあなたに商品は時間もお金も上手に節約・ムダなし・冷凍庫活用ライフです。

この本には冷凍庫の使い方から食費のムダを減らすレシピ、収納方法などを学ぶことができます。効率よく収納し、冷凍保存した食材で美味しい献立を作ってみてください。

冷凍庫の賢い使い方

なかなか冷凍庫を上手く使っていないという人は多いのではないでしょうか。なにか有効活用できる方法はないかなと感じる人のために、冷凍庫の賢い使い方についてご紹介します。

食材の置き方を変えて電気代をおさえる

食材の置き方を変えて電気代をおさえてみましょう。食材を上手く置くことでしっかりと冷気が循環するようになり、電気代がかからなくなります。

冷気が上からくるタイプの冷凍庫の場合は奥に凍りやすい食材を入れ、上には凍りにくい物を入れることで冷凍し易くなり、電気代を抑えられます。冷気が奥からくる場合には奥に凍りづらいものを入れて、手前には凍りやすいものを入れれば冷凍しやすい状態になり、電気代を抑えられるでしょう。

冷凍庫の収納方法

賢く冷凍庫に食材を収納するには、冷凍食品は立てて入れてみましょう。立てることで冷気が隙間に入り込み易くなり、温度を一定に保つことができます。専用のスタンドを使い、立ててみるのもいい方法です。

または仕切りを入れて、タッパーや冷凍食品をわけて入れ、冷気を上手く循環させるのも収納方法です。
関連
冷凍庫の温度って何度?温度が下がらない時の対処法6つ
冷凍庫の収納アイデア15選|あると便利な100均グッズ - cutee

きちんと管理して賢く使おう

きちんと温度管理して冷凍庫を賢く使うことが大事です。冷凍庫の温度を管理して、一定に保てば、食材をしっかり新鮮なまま冷凍でき、いつも美味しく冷凍しておくことができます。

霜降り状態であればすぐに溶かしてとる、パッキンが劣化していれば新品に交換する、詰め込み過ぎないなど、しっかり管理して、快適な状態で冷凍庫を使いましょう。

この記事に関連する情報もチェックしよう!

冷凍庫の温度が下がらない時の対処法についての記事に関連する情報もチェックしてみましょう。情報を色々集めることで上手く冷凍庫の温度を下げるヒントやコツを掴み、電気代も節約し、美味しく食材を保存することができるようになります。
関連
冷凍庫の温度って何度?温度が下がらない時の対処法6つ
冷蔵庫の重さ5つ・容量別|平均的な冷蔵庫の重さ - cutee
関連
冷凍庫の温度って何度?温度が下がらない時の対処法6つ
冷蔵庫の収納のコツ7つと冷蔵庫の収納をするときの心得5つ - cutee
初回公開日:2018年12月06日

記載されている内容は2018年12月06日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

RELATED