Logo
menu
冷凍庫が冷えない?その原因とすぐできる5つの対処法

初回公開日:2018年11月16日

更新日:2020年08月28日

記載されている内容は2018年11月16日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

日ごろ特にメンテナンスの意識もなく使っている冷凍冷蔵庫ですが、冷凍庫に入れた食品がある日いきなり溶けていて故障かと思って慌てたことはありませんか。買い替えるにしても高価な冷凍冷蔵庫、この記事では故障と断定する前に確認すべきチェック項目と改善方法を紹介します。

冷凍庫が冷えない?その原因とすぐできる5つの対処法

冷凍庫が冷えない?まずチェックすること6つ

冷凍庫が冷えない?その原因とすぐできる5つの対処法
※画像はイメージです
長く使っていたり、冷凍庫だけが冷えない状況だったりすると、買い替えたくても高価なので悩んでしまうのが、高価な家電の1つである冷凍庫でしょう。

メンテナンスや設置の仕方など、使い方の改善をすることで、再び冷凍庫がきちんと冷えるようになる場合もあります。故障と断定する前に、次の6つの点をチェックしてみましょう。

1:コンセントは刺さっているか

コンセントが何かの拍子で抜けているという場合があります。足許にあるコンセントを利用している場合、掃除機をかけているときにコード同士が引っかかり合って抜けていた、ということがあります。

まず冷凍庫のプラグがコンセントに刺さっているかを確認し、足許に刺していた場合は、上のコンセントに差し替えるか、冷凍庫のコードと絡んで抜けることがないよう、動く家電のプラグは別のコンセントを使うようにしましょう。

2:冷凍庫の温度設定

冷凍庫が冷えない?その原因とすぐできる5つの対処法
※画像はイメージです
温度設定が「弱」になっていないかチェックしてみてください。冬場だと寒いから節電のために「弱」にしておこうと考える人もいるでしょう。しかし、「中」にしておいても、冬場は寒いのでコンプレッサーの稼働頻度が下がるため、「中」のときと消費電力に大きな差はないとのことです。

冷凍庫の温度を通年「中」にしておくほうが、冷凍庫が冷えないというトラブルを回避できるでしょう。

3:冷凍庫のドアのパッキンに隙間はないか

冷凍庫のは、お互いの冷気が冷しあうため、詰め込んだほうが節電になるとのことです。そういった知識を知っている人は、冷凍庫にたくさん物を詰めていることがあります。

このとき、ドアやパッキンに品物の包装が挟まるほど詰め込んでいたり、パッキンが汚れていたり、密着が弱くなったりしていると、冷凍庫が冷えない状態になります。冷凍庫の中を整理して時間を置いてから、もう一度冷えているかどうか確認してみてください。
関連
冷凍庫が冷えない?その原因とすぐできる5つの対処法
冷蔵庫を開けっ放しにしてしまった時の対処方法6つ - cutee

4:冷蔵庫は冷えているかどうか

冷蔵庫の部分が冷えているかどうかの確認も忘れてはいけないチェック項目です。冷蔵庫も冷えない状態であれば、コンプレッサーが故障している可能性が高いので、買い替えか業者に修理を頼むしかありません。

冷蔵庫は冷えているけれど、冷凍庫が冷えない状態であれば、この記事で紹介する対処法を試してみてください。それでも冷凍庫が冷えない場合は、メーカーに相談して修理か買い替えを検討するのをします。

5:冷凍庫に霜がついていないか

冷凍庫が冷えない?その原因とすぐできる5つの対処法
※画像はイメージです
冷凍庫だけが冷えない原因の大半が、霜だと言われています。

きちんとドアを閉めているのに冷凍庫が冷えない場合は、日ごろからドアの開け閉めが多かったりするなどの原因で、冷凍庫内に湿度が入り込み、それが冷凍庫の奥にある冷却装置付近のパイプに霜となって溜まってしまうためとのことです。

霜が溜まってしまったときの対処法は後の項目で紹介しますが、日ごろからドアの開閉を頻繁に行わないなどの対処もしていきましょう。

6:冷蔵庫の周りにすき間があるかどうか

物を冷やすということは、その物が持っていた熱を他へ逃がすということです。冷凍庫も同じ原理なので、冷凍庫を冷やすために放熱の必要がありますが、周りにすき間がないと熱の逃げ場がないため、物が冷えない状態になってしまいます。

効率よく放熱させるため、本体の上は5cm以上、左右は05cm以上のすき間を確保しましょう。メーカーによって必要なすき間がmm単位程度ですが異なります。取扱説明書を確認しましょう。

冷凍庫が冷えない?修理に出す前にしたい5つのこと

冷凍庫が冷えない?その原因とすぐできる5つの対処法
※画像はイメージです
冷凍庫が冷えないときにチェックすべき6つの項目を紹介しましたが、修理や買い替えを決定するのはどのタイミングがいいのでしょうか。

次に紹介する5つのことを試すのに必要な期間を目安にし、改善されないようであれば修理に出しましょう。

1:電源を抜いて放置する

電源を抜いて放置するのは、冷凍庫が冷えない原因の大半と言われている霜を取り除くためです。霜と言っても氷になっているので、完全に溶けて蒸発するまでに、冬場で3日間ほど、30度を超す夏場でも1日は掛かると言われています。

冷蔵庫や冷凍庫の中身は、電源を抜く前に処理する必要があります。電源を抜いたあとは、すべてのドアを開けたままの状態にして、中の湿度や水分を完全に取りぬきましょう。

2:ドライヤーで霜を溶かす

冷凍庫が冷えない?その原因とすぐできる5つの対処法
※画像はイメージです
そこまで時間を掛けられない、という人もいるでしょう。その場合は、ドライヤーで霜を溶かして時間短縮を図る方法もあります。ドライヤーで霜を溶かすこと自体は1-2時間程度で済むとのことです。

しかし、どの部分をドライヤーで乾かせばいいのか分からないなど、構造に詳しくない場合は控えたほうがよいでしょう。また、霜をこそぎ落とす方法も、パイプを損傷させてガス漏れを起こす危険が伴うのでやめましょう。

3:冷凍庫のものを整理する

冷凍庫が冷えない?その原因とすぐできる5つの対処法
※画像はイメージです
パッキンやドア、上の棚に引っ掛かってドアがきちんと閉められない状態になっている場合は、冷凍保存用のタッパや密封袋などを利用して、すき間なく並べたり重ねたりすることで冷凍庫内の無駄なすき間を埋めましょう。

冷凍食品の未開封物は積み重ねるよりも、できるだけ平らになるように形を整えてから並べると、ドアを開けたときに何の食材か一目でわかるので、ドアの開閉時間短縮にもなります。
関連
冷凍庫が冷えない?その原因とすぐできる5つの対処法
冷蔵庫の収納のコツ7つと冷蔵庫の収納をするときの心得5つ - cutee

4:設定温度を変えてみる

冷凍庫が冷えない原因の1つになっている温度設定は、通年「中」にしておくほうがよいと前の項目で述べました。温度調整を「中」にした上でも冷蔵庫が冷えず、ほかの項目を試しても冷えない場合は、温度調整の設定を「強」に切り替えてみましょう。

それでも冷えない場合は、経年劣化や部品が故障している可能性が高いのでメーカーに相談してみましょう。故障個所によっては、買い替えるほうが費用を抑えられる場合があります。

5:冷蔵庫の周りにあるものや張ってあるものを取る

冷凍庫が冷えない?その原因とすぐできる5つの対処法
※画像はイメージです
冷蔵庫の周りにシールやポスターなどを張ったり、マグネットでメモをびっしり張り付けている場合は、これを外して様子を見てみましょう。

ドア部分に小さなメモをとめる程度なら問題ありませんが、放熱器が設置されている側面にびっしりとシールが貼られていたり、ポスターを飾っていたりする場合は、それらによる放熱の妨げによって冷蔵庫が冷えない状態になっている可能性が高いでしょう。

冷凍保存からレンジでチンまでこの容器1つでOK

イノマタ化学 電子レンジ容器 楽ちんパック 角型 6個セット

¥ 864
口コミ
いろんなサイズがあり、お弁当用の保存おかず等に利用 蓋をしたままレンジも出来るのでとても便利です。 買ってよかったです。
100円ショップでもこのような透明で中身を確認しやすいタッパを取り扱っています。サイズや用途も数多くあるので、用途や冷凍庫のサイズに適したサイズを自由に選べます。購入のときは冷凍可能かどうかを確認してから買いましょう。

こちらの商品は、冷凍からレンジで温めるまでの激しい温度差に耐え、茶碗1杯分だけ残ったごはん程度のサイズから、下ごしらえ済の食材を1つにまとめられる大きさまでをセットで買える商品です。

冷凍庫を故障させないための対策3つ

冷凍庫が冷えない?その原因とすぐできる5つの対処法
※画像はイメージです
冷蔵庫が冷えないときに、すぐ買い替えたり修理に出したりする前に対処を試みるのも大切ですが、冷凍庫が冷えない状況を未然に防ぐことが何よりの対策と言えるでしょう。

冷えない状態になってからの対策で食材を無駄にする前に、日ごろから次のような呼称させない対策を心掛けましょう。

1:冷凍庫をいつも整理する

忙しい毎日の中、まとめてやろうとすると負担を感じてしまいます。食材を取り出したり収めたりするたびにこまめな整理をすることで、冷蔵庫が冷えないトラブルを防ぐだけでなく、食材の使い忘れや買い過ぎなども防ぐことができます。

こまめに整理することで、あまり負担を感じることもないので、冷蔵庫を長持ちさせるためだけでなく、自分の負担を軽くするという面からも、こまめな整理に努めましょう。

2:霜取りを定期的にする

冷蔵庫が冷えない状態になってから気付くと、ここまでで対策を述べてきたように、大変な手間や時間が掛かってしまいます。日ごろからこまめに霜取りをすることで冷蔵庫や自分にかかる負担が格段に減らせます。

うっすらと霜がつき始めたら、40℃くらいのお湯で湿したタオルでおしぼりを作り、霜の部分に当てて霜を溶かしたあと、乾いた布でしっかりと水分を拭きとりましょう。

3:熱いものは冷ましてから

調理したての熱い料理を冷まさないで冷蔵庫に入れると、その料理の温度によって冷蔵庫内の温度が上がってしまい、冷蔵庫が元の温度に下げようとして過剰に働き、急に冷まされたことで蒸気や料理の水分が水になって冷蔵庫内に溜まります。

その水が霜に変わって冷却装置の周りに溜まると、冷蔵庫が冷えない原因になるので、熱いものは必ず粗熱を取って冷ましてから冷蔵庫に入れましょう。

冷凍庫が冷えない時は対処法を試してみよう

冷凍庫が冷えない?その原因とすぐできる5つの対処法
※画像はイメージです
冷蔵庫が冷えない時のチェック項目や改善対策を紹介してきましたが、いかがでしたか。

冷蔵庫は高価な家電の1つです。急に冷えなくなっても買い替えが難しいこともあるので、日ごろから整理して大切に使い、冷えないときは適切な対処とチェックで、少しでも長く使っていきましょう。

この記事に関する情報もチェックしよう!

この記事では、主に冷えないときの対処法を述べてきましたが、冷蔵庫が冷えないトラブルを予防するために、以下の記事も参考にしてみてはいかがでしょうか。どう整理したらいいのか悩んでいる人に記事です。
関連
冷凍庫が冷えない?その原因とすぐできる5つの対処法
冷蔵庫の寿命を延ばすアイデア7つ|おすすめのメーカー5選 - cutee
関連
冷凍庫が冷えない?その原因とすぐできる5つの対処法
冷蔵庫の中身の整理整頓の工夫6つ・すっきり見せるアイディア - cutee
関連
冷凍庫が冷えない?その原因とすぐできる5つの対処法
100均グッズを使ったオススメの収納のアイデア59選 - cutee

RELATED