Logo
menu
年収200万円での生活|手取り・結婚/一人暮らし
更新日:2020年08月28日

年収200万円の生活はどのようなものか気になる人もいるでしょう。年収200万円では一人暮らしもできますし、節約すれば貯金もできますし、ローンも組むことができます。できるところで節制をしなければならないでしょうが、うまくやりくりして幸せに暮らしましょう。

年収200万円での生活|手取り・結婚/一人暮らし

年収200万円

年収200万円と聞くと収入が多い方か少ない方か感じ方は人それぞれでしょう。年収200万円の人は単純計算すると月に17万円前後の収入ということになりますが、実際はその収入からいくつかの税金をひかれるので手取りはもっと少なくなります。

年収200万円の人でも独身と既婚者では生活は違いますし、子供がいるかいないかでも支出には違いがあります。境遇別で年収200万円の生活がどのようなものか見ていきましょう。

単純計算で月に約17万円

年収200万円の人の月々の給料は単純に計算すると額面17万円いかないくらいです。手元にまるっと約17万円が入るかというとそうではありません。なぜなら給料の中から所得税、雇用保険や社会保険が引かれたりするからです。年収200万円の人は実際には手取りいくらになり、どのような生活を送っているのでしょうか。

税金を差し引くと14万円ほど

年収200万円の人は月々17万円届かないほどの給料ですが、税金等を差し引くと手元に残るのは14万円ほどになります。所得税、厚生年金、社健康保険、雇用保険などが大体3万円前後天引きされることになります。

月の手取りが14万円程度となると一人暮らしはできるのでしょうか。また結婚を考えている人は可能な収入なのでしょうか。不安に感じている人もいるでしょうから、一つずつ紹介していきます。

年収200万円未満の労働者は日本に1700万人

日本の労働者数は8500万人前後と言われていますが、年収200万円未満の労働者は1700万人なのでおよそ2割となっています。年収200万円の人の大半は非正規社員が多い傾向にあります。

居酒屋、コンビニエンスストア、カフェやガソリンスタンドでのアルバイトで働く人の中で自給1000円以上で1日8時間、週に5日働いて年収200万円に到達します。正社員で年収200万円という人もいるでしょうが少ないです。

年収200万円の生活・税金

年収200万円の人は何にいくら使って、税金でいくら払わなければならないのでしょうか。実家暮らしなら余裕のある生活ができそうですが、1人暮らしだとどうでしょうか。また結婚していたり子供がいる世帯での生活はどのようなものでしょうか。

そして生きていくうえで納めなければいけない税金は何があるのか、年収200万円の人はその税金をいくら納めなければいけないのかなど詳しく見ていきましょう。

1人暮らしの場合

年収200万円で一人暮らしをしている人の生活には余裕があるのか疑問に思う人もいるでしょうが、自分で気を付ければ余裕は作れます。一人暮らしは家賃や光熱費などで支出の大半を占めるので、家賃の低い所へ住めば生活を圧迫することはないです。

年収200万円の人の平均的な家賃は4万円前後と言われています。その他生活にかかる費用は節約次第で手取り14万円程度あれば十分と言えるでしょう。
関連
年収200万円での生活|手取り・結婚/一人暮らし
食費の節約のポイント8つ|一人暮らし/二人暮らし/四人暮らし - cutee

比較的余裕があるが節制を心がける

一人暮らしの場合は年収200万円あれば余裕のある生活は送れます。ただ一人暮らしの場合は自分のためだけにお金を使う場合が多いので、自分で節約したり我慢しなければ、給料日までにお金を使い切ってしまうことも考えられます。

家賃でおよそ4万円前後、税金等で約1万円、光熱費で約1万円、食費に約3万円だとしても5万円前後は自分のために使えるお金があります。残りを計画的に使えば余裕が生まれます。

一人きりなので自制が効かないと危険

結婚していれば家計を支えてくれる相手がいるので、計画性をもってお金を使えますが、独身の場合はすべて自分でやりくりしなければなりません。上でも述べましたが年収200万円の月に自由に使える5万円という金額は使おうと思えばすぐに使い切ってしまえる金額です。

一人暮らしだとお金の使い方を注意してくれる人もいないので、計画性なく使っているとすぐにお金が無くなり生活に余裕がなくなってしまうので注意が必要です。

結婚している場合

結婚している場合、年収200万円で家族を養っていくのは難しいでしょう。家賃を4万円前後で抑えると言っても、その金額で2人が住むことのできる十分なスペースを確保するとなると、郊外や駅から離れているところなど条件が限られてしまいます。

また食費を1人で3万円と計算していたところ2人分になれば単純に食費も2倍になります。そうなると自由に使えるお金はほぼ無くなると考えて良いでしょう。

共働きという選択肢が増えるが出費も増える

1人の年収200万円だけでは夫婦が生活していくのはギリギリでしょうが、共働きすれば年収も増えるので生活に余裕がでてきます。旦那さんが年収200万円でも奥さんがパートなどで月に7万円前後稼ぐだけで世帯年収は280万円前後になります。ここまであれば自由に使えるお金もできるでしょう。

問題なのは共働きしていても、2人分の出費が増えるので使い方を考えなければ生活に余裕がなくなっていきます。

子供ができると特にお金がかかる

子供ができるとさらに出費が増えるので、年収200万円で家族を養うのは難しいでしょう。子供ができると子供用の衣類やミルク、おむつなどの必要なものが増えますし、育っていくにつれて学費や食費もかさんできます。

児童手当など補助金はあるにしても微々たるものなので、家族全員を養うとなると共働きをして年収200万円以上にする必要があります。子供の保険などもしっかりしたければなおさらお金がかかります。

税金

年収200万円で払わなければならない税金はどれくらいでしょうか。年収200万円の人が月々給料から引かれる税金は約3万円と言われていますが、何にどれくらいかかっているのか、また給料から引かれず個別に納めなければならない税金もいくらほどあるか気になる所です。

ここでは年収200万円の人の所得税、住民税、自動車税について詳しく見ていきましょう。

所得税

所得税とは個人が1月1日~12月31日までに得た所得に対して課税される税金です。累進課税制度というものがあり、年収195万円以下であれば5%の税率がかかり、それ以上であれば10%が課税されます。

年収200万円の人の所得税は年間102,500円となり、月々では8,500円となります。大体は会社員であれば源泉徴収と言って会社が給料から天引きして年末調整までやってくれることが多いです。

住民税

住民税とは道府県民税と市町村税を足したものです。住民税は所得に関係なく道府県民税6%と市町村税4%を合わせた10%を納めなければならず、翌年に課税されるようになっています。

年収200万円だと所得税で102,500円が引かれるので、のこり89万円の10%、つまり8,9万円が翌年に課税されます。月々で計算すると約7,000円です。住民税も会社員であれば給料から天引きされることが一般的です。

自動車税

毎年4月1日に自動車を保有しているとその自動車にかかってくる税金が自動車税です。総排気量によって金額が変わりますが、一般的な自家用車では3万円前後となっており、毎年5月末尾に納めます。

月々で考えると2500円前後ですが、基本的には1年分を5月に納めることとなっているので5月の支払いに関しては年収200万円だと厳しいでしょう。車を所持したければ軽自動車にしたりエコカーにすれば節税にもなります。

年収に悩んでいる方にです!

自分の年収は世間でどのくらいの位置なのだろう、このままの年収で結婚できるだろうか、子供ができたが年収が低すぎるのではないか、と悩んでいる人になのが電話占い(ヴェルニ)です。

自分の年収についての悩みなどは友人にするのも憚られる人も多いでしょう。電話占いなら実際にその場に行かなくても空いた時間に電話一本で相談することができます。モヤモヤ悩んでいる人はぜひ一度電話してみてください。
電話占い(ヴェルニ)

年収200万円での貯金・ローン

年収200万円でも貯金はできますしローンも組めます。ただ月々手取りが14万円前後でどのように貯金していくのか不思議に感じている人も多いでしょう。またローンが組めるのか疑問に感じる人もいるでしょうが、うまくやりくりしたり我慢するところを決めて我慢すれば、貯金もできるしローンも返済できます。

ここでは年収200万円の人がどのように貯金して、どのようにローンを返済していくのかを見ていきましょう。

貯金の余裕はある

年収200万円でも貯金は出来ます。全世帯の平均貯金額は650万円程度と言われていますが、年収200万円の人の貯金額は650万円よりもかなり少ないといえるでしょう。

実家暮らしであれば月に3、4万円貯金にまわせる人もいますが、1人暮らしの場合は自由に使えるお金は5万円前後なので貯金に回せるが額は1万円前後でしょう。急な出費がある月は1万円も貯金できないでしょう。
関連
年収200万円での生活|手取り・結婚/一人暮らし
30代夫婦の3つの世帯別貯金の金額と貯金の4大目的 - cutee

切り詰めすぎない程度に貯金していく

貯金ができることは良いことですが、貯金をするために生活を切り詰めすぎるのはやめましょう。貯金しておかなければならない、と血眼になって食費を削りすぎたりして体調を崩してしまっては元も子もありません。貯金は必ずしなければならないものではないので、できる範囲で貯金してください。

外食を減らして自炊をしたり、電気をこまめに消したり、たばこを少し減らすだけでも貯金にまわせます。自分にあった貯金をしましょう。

年収200万でもローンを組める

年収200万円でもローンを組むことは可能です。ローンを組む時には審査がありますが、年収200万円で通らないことはほぼないです。審査が通らない時はすでに借金があったり、過去に債務整理や自己破産をしていたりする場合です。審査はその人の返済能力を見るので、年収200万円でも月々に返せる金額なら審査は通ります。

あとは自分がローン返済に当たり月々いくら返済していくかを考えてやりくりしていく必要があります。

金額や返済期間をきちんと把握しておくこと

年収200万円でもローンは組めますが、自分が総額いくらローン返済しないといけないかを把握しておきましょう。年収200万円だと車のローンも組めますし、住宅ローンは900万前後組めると言われています。月々の返済金額と返済期間を把握しておかないと、毎月の返済が厳しくなります。

毎月いくらで何年間で返済しなければならないかを考えておけば、毎月の支出やその先の買い物も計画的にやりくりできます。

年収200万円でも生活していくことは可能

年収200万円でも一人暮らしはできますし結婚もできます。支出が増えるようであれば自分のできる範囲で節約して無理なく生活していきましょう。結婚もできるし家庭を持つこともできますので安心してください。その場合は共働きをするなり、余裕をもてる生活になるように工夫しましょう。

出費を抑え自分なりの幸せを掴もう

年収200万円の人が不幸かといわれるとそんなことはありません。自分の使いたいところにお金を使えるように他の部分で節約して、日々の暮らしが満足いくものになるように考えてみてください。十分に生活できる収入なので安心してください。

以下にの関連記事もチェックしてみてください。
関連
年収200万円での生活|手取り・結婚/一人暮らし
一人暮らしの節約術30選|NGな節約術・平均貯金額 - cutee
関連
年収200万円での生活|手取り・結婚/一人暮らし
一人暮らしの節約方法・おすすめの本・貯金方法|料理/高熱費-趣味を見つける・深めるならuranaru
関連
年収200万円での生活|手取り・結婚/一人暮らし
倹約家になるにはどうしたらいいのか・節約家との違い|ケチ-家事をこなせるようになるuranaru
初回公開日:2018年11月14日

記載されている内容は2018年11月14日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

RELATED