Logo
menu
ダウンジャケットを洗濯する時のポイント8つ|手洗い・その他
更新日:2020年08月28日

かつてダウンジャケットは「洗濯できない」のが常識でした。しかし今は違います。高いお金を出してドライクリーニングに出すのではなく、自宅でダウンジャケットを洗濯する人が増えています。今回は、家庭でも失敗しないダウンジャケットを洗濯するコツと注意点を紹介します。

ダウンジャケットを洗濯する時のポイント8つ|手洗い・その他

ダウンジャケットの洗濯方法

ダウンジャケットは汚れやすいです。また皮脂やホコリなどがつくことで、中の羽毛がつぶれて保温性が低下するため、汚れを感じたら洗濯した方がいいでしょう。

ダウンジャケットを洗濯する時は、必ず「水洗い不可」の表示がないかを確認しましょう。

水洗い不可の表示がある場合はドライクリーニングに出した方が無難ですが、「ユニクロ」や「モンベル」などでは品質保持のため、適度な水洗いを推奨しています。

ダウンジャケットは自分で洗えるのか

ダウンジャケットは本来ドライクリーニングで洗うとされていますが、複雑な飾りなどがないシンプルなものなら、自己責任で水洗いすることは可能です。

ドライクリーニングは羽毛本来の油脂を落としすぎるため、ダウンジャケットの水洗いをすすめるメーカーもあります。

自宅で洗う場合は、ダウンジャケットをネットに入れて洗い、脱水を2回したうえで形を整えてすぐ陰干しするといいでしょう。

ダウンジャケットを手洗いするときのポイント8つ

ダウンジャケットを自宅で洗う場合、「洗濯表示を確認する」ことは必須です。ここで水洗い禁止のマークがあれば、洗濯は避けた方が無難でしょう。

ダウンジャケットを洗濯する時は、乾燥後に中の羽毛がつぶれないようにしましょう。

特に天然の羽毛は、洗いすぎることで油脂分が取れてダウン本来のふくらみがなくなります。ネットに入れる、早めに乾燥させる、刺激の強い洗剤を使わないなどは重要です。

ポイント1:洗濯表示を確認する

ダウンジャケットを自宅で洗濯する場合、ジャケットのタグについている洗濯表示を必ず確認しましょう。

洗濯表示に水洗い禁止のマークがあっても自己責任で洗うことは可能ですが、ウールマークがある場合は家庭で洗濯できません。

ジャケットの表面素材がウールの場合は、水洗いすると縮んでしまいます。必ずドライクリーニングに出しましょう。自宅で洗濯できるのはナイロンまたはポリエステルです。

ポイント2:ダウンジャケットの形を整える

ダウンジャケットが温かい理由は、中の羽毛がよくふくらんでいるからです。ちょうど寒い時期に公園のハトが羽をふくらませて、体温をため込むのと一緒です。

ダウンジャケットの保温性を維持するには、形を整えることが大事です。

脱水もこまめに形を整えながら、2回するのがです。長い間湿った状態では羽毛の質が落ちるからです。また形を整える際には、羽毛に空気を入れる感覚でダウンジャケットをバサバサさせましょう。

ポイント3:専用洗剤を使用する

ダウンジャケットを洗濯する場合は、一般的な洗濯洗剤では刺激が強すぎます。生地が傷むばかりか羽毛の油脂も奪うので、できません。

ダウンジャケットを水洗いする場合は、おしゃれ着洗い専用の中性洗剤を使いましょう。

また、おしゃれ着洗い専用の中性洗剤を販売している会社では、ダウンジャケットを手洗いする時の負担が少ない方法などを紹介しています。

ポイント4:水温を確認する

ダウンジャケットを洗う時は「中の羽毛を傷めない」ことが大事です。そのため本来は水に濡らすのを避けるべきですが、洗濯をする場合は水温を調節したうえで、外の汚れだけを落とすようにします。

ダウンジャケットを洗う場合の水温は、40℃前後を目安にしましょう。

人間の皮脂と同じく、羽毛の汚れもぬるま湯で落とすのが効果的です。生地や羽毛を傷めるため、高温のお湯で洗うのは避けましょう。

ポイント5:水の量・洗剤の量を確認する

デリケート専用洗剤といっても、皮脂や汚れを剥がす効果のある「界面活性剤」などの成分は含まれています。そのため洗剤も適量を守ることが大切です。

専用洗剤でダウンジャケットを洗濯する場合は、水4リットルに対し、洗剤は多くの場合、10ミリリットルほどです。

メーカーによって洗剤の適量は異なります。また、界面活性剤は水分との兼ね合いで汚れを落とすため、洗剤を多く入れても汚れが落ちるわけではありません。

ポイント6:優しく押し洗い

ダウンジャケットを洗濯するうえで重要なのは、いかに羽毛を元のふわふわした状態に戻すかです。乱暴にゴシゴシ洗っては、羽毛がつぶれてしまいます。

ダウンジャケットを水洗いする時には、中の羽毛をつぶさないよう水中で押し洗いするようにしましょう。

洗濯機で洗う場合には、水をためた状態で優しく沈める・浮かせるの動作を数十回繰り返すか、ドライクリーニングコースで洗うのがいいでしょう。

ポイント7:絞らない

「羽毛が偏ってしまって直せない」というのは、ダウンジャケットを手洗いした時によくある失敗例です。羽毛の偏りを防ぐためには、ダウンジャケットを絞らないことが大事です。

手洗いしたダウンジャケットの水分を取る際には、脱水機を使いましょう。

ダウンジャケットの洗濯は、いかに羽毛を傷めず元とおりにするかが大切です。乾燥を早めるためにも脱水機にかけることをします。

ポイント8:しっかり乾燥させる

『手洗いしたダウンジャケットが臭い」といった失敗もよくあります。湿気が多く雑菌が繁殖しやすい環境では、ダウンジャケットも臭うようになります。

ダウンジャケットの臭いを防ぐためには、陰干しで2~3日よく乾燥させましょう。

直射日光に当てたり、乾燥機を使ったりすると生地や羽毛が傷む原因になります。また、素材によっては乾燥機で火災を起こすこともあるので、乾燥機を使用する時は必ず説明書を確認しましょう。
関連
ダウンジャケットを洗濯する時のポイント8つ|手洗い・その他
部屋干しの臭い対策|原因と防ぐ方法7つ・臭いの取り方4つ - cutee

ダウン選びに悩んでいるあなたにサービス

「毎年挑戦するけど失敗する」と、ダウンジャケットが似合わなくて悩む方は多いです。

似合うダウンジャケットが分からないと悩むあなたには、SHOPLISTがです。

豊富な品数と、バリエーション豊かなダウンジャケットを数多く取り揃えています。またコーディネートも参考にすれば、きっとあなたにピッタリのダウンジャケットが見つかります。
ファッション通販サイト(SHOPLIST)

手洗い以外のダウンジャケットの洗濯

ダウンジャケットは生地や羽毛を傷めないよう、なるべく濡らさず汚れだけを洗う方が無難です。とはいえダウンジャケットを手洗いするのは面倒です。そんな時は洗濯機かクリーニングを利用しましょう。

ダウンジャケットをきれいにするには、クリーニングに出すのがです。

多少クリーニング代はかかりますが、汚れや素材に関する専門知識や技術を持ったスタッフが洗濯するので、ダウンジャケットの傷みも少なく安心です。

洗濯機の利用

ダウンジャケットは、洗濯機のドライコースなどでも洗うことができます。洗濯表示を見て、手洗い・ぬるま湯洗いの表示があるものが対象です。

洗濯機でダウンジャケットを洗う場合は、機種によってコースの名称が異なります。

基本的にダウンジャケットは汚れを手洗いした後、すすぎや脱水を洗濯機で行うのがいいでしょう。ちなみに「洗濯王子」として有名な中村祐一氏が、スポンジと洗濯機を使った洗濯方法を紹介しています。

コインランドリー

安物のダウンジャケットをクリーニングに出すのはもったいない場合は、コインランドリーを使うのもいいでしょう。

ダウンジャケットをコインランドリーで洗う場合、30分間の洗濯コースの後に、ナイロン・ポリエステル素材であればドラム式乾燥機の「低温乾燥」を選びます。

予算は洗濯と乾燥で1,000円前後かかると考えましょう。もちろん他の衣類も一緒に洗えば安く済みますが、慣れない場合は単体で洗った方が安全です。

クリーニング

ダウンジャケットを最も安全に洗濯できるのは、クリーニングと言ってもいいでしょう。クリーニング店には汚れや素材に詳しい専門のスタッフがいるからです。

一般的なナイロン・ポリエステル素材のダウンジャケットをクリーニングに出した場合、1着2,000円から4,000円前後かかります。

クリーニングの値段は素材やデザイン、汚れ度合いでも変わってくるため、予算内で落ちるか気になるようなら店に相談した方がいいでしょう。
関連
ダウンジャケットを洗濯する時のポイント8つ|手洗い・その他
ナチュラルクリーニングに使われる5つ素材の特徴|お掃除の方法 - cutee

ダウンジャケットの洗濯方法を知ろう

ここまでダウンジャケットを家庭で洗う方法や注意点、洗濯機を使う場合のコツなどを紹介してきました。

ダウンジャケットは家庭で洗えますが、なるべく羽毛を濡らさないのが長持ちのコツです。

目立つ汚れなどは研磨剤の入っていないスポンジで洗う、部分的にもみ洗いするなどして、 ダウンジャケットを水に浸ける時間を少なくしましょう。

お気に入りのダウンジャケットは長く着たいでしょう。素材に合った洗濯方法を知ることが大切です。

ダウンのコーデをチェック

「ダウンを着ると太って見える」といった悩みはありませんか。ダウンジャケットはコーデ次第でかわいくもカッコよくも着こなせます。

ダウンをスマートに着こなすコツは、縦長のシルエットを意識することです。

襟元にボリュームのあるデザインで視線を上にする、ヒールの高いブーツや細身のボトムで脚長に見せるなどでスッキリ感が出ます。今年のトレンド「ウールリッチ」も意識して、大人のコーデを楽しみましょう。
関連
ダウンジャケットを洗濯する時のポイント8つ|手洗い・その他
オシャレで暖かいおすすめダウンジャケットブランド10選 - cutee
関連
ダウンジャケットを洗濯する時のポイント8つ|手洗い・その他
ダウンベストを着る時期と合わせ方・選ぶポイント4つ - cutee
関連
ダウンジャケットを洗濯する時のポイント8つ|手洗い・その他
ウルトラライトダウンの基本コーデ7選・着こなしのコツも紹介! - cutee
初回公開日:2018年10月26日

記載されている内容は2018年10月26日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

RELATED